締切済み

賢い返済計画を

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8468271
  • 閲覧数208
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/4)

頭のいいかた・計算の得意な方↓の返済計画を考えていただけないでしょうか、

(1)a銀行カードローン
借入額 ¥500,000
返済額 ¥ 20,000
金利14.6%

30万以下になった時点で返済額が¥10,000になる。

(2)b銀行カードローン
借入額 ¥300,000
返済額 ¥ 5,000
金利14.8%

(3)c銀行カードローン
借入額 ¥500,000
随時返済方式で毎月利息だけが落とされるため毎月10,000円の入金をしている。
金利13.9%

(4)a社クレジットカードキャッシング
借入額 ¥300,000(枠350,000)
返済額 ¥ 15,000
30万をきった時点で返済額が¥10,000になる。
金利12.0%

(5)a社クレジットカードショッピングリボ
借入額 ¥200,000

金利12.0%

返済額については借入金によって返済額が変わるため、以下の通り

1~60,000円3,000円
60,001~80,000円4,000円
80,001~100,000円5,000円
100,001円~は 20,000円増すごとに1,000円ずつ加算

の合計4社5件180万の借入があります。
その前は6社270万の借入がありましたがひとまずここまで減らしました。
借金の原因は元夫が自営業をしておりうまくいかず、バカな私は旦那にお金出して欲しいとうまく言われ気付いた頃には遅く借金が膨れ上がっていました。マイカーローンはしたことあるものの(延滞なく返済)その他一切借金をしたこともなく独身時代の貯金も300万あったものも水の泡となりました。そして離婚、もう一切関係を絶ちたいと思いお金の請求などはせず人生の勉強代だったのだと思うことにして自分で返していくことに決めました。

結婚した時に正社員を辞め、離婚後今はエステでアルバイトをしています。
月収16~17万です。
旦那にお金をつかう以外は借入をしたこともなく返済中また借りるということは一切していません。債務整理することなく返していきたいと思っています。

おまとめローンはどこも通らない状況です。ひとまず毎月の返済額の負担を少なくしたいと思っています。今後借入をすることはありませんが、借入額が減ってきたらこれとこれをまとめて、とかはしたいと思っています。

どこをどう返していくといいとか優先順位はありますか?

どうぞよろしくお願い致します。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 0% (0/0)

以下のサイトを参考にされるとよいでしょう。

http://kashicasin.exblog.jp/
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.3

ベストアンサー率 0% (0/6)

初めまして!
借金の額は大して大きくないですから、気持ちを楽に持って下さいね!
回答した皆さんは真面目で返済することを中心にアドバイスしている
ので違う切り口で回答致します
元夫は事業に失敗しましたと有りますから見返す目的に起業されては
如何でしょうか?
逆転の発想です
消費者金融から15%近い金利で借りるより起業目的に低利融資を
受け、金利の高い消費者金融へ一括返済します
同時に落ち込み気味の気持ちも一揆に晴れます
今のまま消費者金融に真面目に返済しても苦しい思い出だけ残ります
逆境を羽根にして頑張れば道は開かれます
  • 回答No.2

ベストアンサー率 37% (1785/4800)

本当の優先順位は金利の高い順番で元金を減らすのが一番です。つまりC銀行の元金返済よりはB銀行に任意返済して元金を減らして行き、可能ならばA信販のカードローン枠を追加してでもB銀行に充当するのです。
事業目的の融資は実は事業ローンと言う専用の大型ローンがあります。それを使わずに貴女に依頼した時点で「経営破綻」を疑うべきでした。街金の手形割引の方が担保があるだけマシです。
もし解約返戻金がある生命保険・所得補償保険があれば、契約者貸付を受けて一先ずは銀行ローンを返済する事も検討しましょう。生命保険の貸付は担保がある為年利6%以内(加入時期により変わる、変動金利)ですからかなり金利が節約出来ます。毎年契約応答日に利子を元金に組み入れますから必ずこの金利分(振込用紙は元利合計で記載だが1回1万円以上で訂正可能)以上は入金して契約維持を心掛けます。
  • 回答No.1

タイトルでは賢い返済計画をお尋ねの質問のようですが、ひとまず毎月の返済額の負担を少なくしたいという要望が一番にあげられています。

金利の大きな借金で返済額を少なくするということは、支払期間を延ばし、支払総額が増大するということです。
どこかに支払いを集中させて借金を減らした後、本来はその分を全部他の返済に回すのがセオリーですが・・・6万の返済は無理があるということですよね。

そうなると、もう「債務整理すべき」というのが第一優先の答えになります。
支払いも圧縮でき、利息負担も減りますから、一番現実的で、無理なく返していくためにはこれ以外ないでしょう。
(債務整理=破産と短絡的に考える方もいますが、債務整理にも色々な手法があります。一度専門家に相談されるとよろしいかと)


さて、それでもどうしても任意整理はイヤというならば・・・

1.金利の高いところ

2.残高の多いところ

の返済を優先させるのが基本でしょうか。

特に(2)は月5000円の返済を続けていけば9年以上かかりますので、他の返済の都合が付き次第増額しなければ大損です(ざっと試算してみると、返済総額55万超)。

残高が減ると返済額が減るものについても、よっぽど返済が苦しくて生活が立ちゆかないものは別にして、返済額が減ったラッキーと甘えることをせず、増額返済するのがよろしいでしょう。


優先順位を付けるとすれば、私なら下記の対応。

(2)返済額増額必須。そのままでは返済10年近く、返済総額が借入額(30万)の2倍弱にもなる。

(3)これも返済額増額を強く推奨。そのまま(毎月利息込みで1万返済)だと返済6年強、返済総額は借入額(75万)の1.5倍程度。

(1)そのままでも大損はしない。ただし返済額減額は絶対NG(金利が高いので)。

(4)そのままでもOKかな。3年程度、返済総額は借入額の1.2倍程度。

(5)金利は安いが返済額減額がクセモノ。こまめに減っていく分、返済期間が長い。4年程度、返済総額は借入額の1.2倍程度。余裕がないなら放置で現状のままもやむなし。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ