• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「ご+名詞+ください」は西洋文法的には

「名詞+を」と、名詞に目的格の助詞をつけなければ 他動詞「くれ」に対応せぬ欠陥文になると思います。 慣用ということで済ませるとすべて終わりなので 納得できる説明を研究者にお尋ねしたいなと。

noname#200115

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数294
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

西洋文法で説明するには、二通りの方法があります。 第一に、西洋語の文法に無理矢理当てはめる。 かつて、英文法をラテン語文法で記述しようとしたように、多少の無理には目をつむる。 第二に、西洋言語学の概念で説明する。 目新しい専門用語が増えるのには目をつむる。 まず西洋語の文法に無理矢理当てはめてみましょう。 日本語には「名詞+スル」と「名詞-ヲ+スル」という二つの形がある。 「名詞+スル」は英語の -ize に相当し、動詞を作る。 「ご説明する」であれば、 敬語の接頭辞「ゴ」+名詞「セツメイ」+動詞化接尾辞「スル」 これで一語。 英語で、 nationalize 名詞 nation+形容詞化接尾辞 al+動詞化接尾辞 ize これで一語であるのと同じ。 また、「スル」は敬語として活用する。 スル―イタス―クダサル 「ご説明くださる」は 敬語の接頭辞「ゴ」+名詞「セツメイ」+動詞化接尾辞「クダサル」 「ご説明いたす(いたします)」も同様。 「名詞-ヲ+スル」のほうは、英語の give/make an explanation などに相当する。 つぎに、西洋言語学で。 「説明をする」 give/make an explanation これらの「スル」give/make は軽動詞(light verb)と呼ばれる。 時制などは軽動詞が、実質的な意味は名詞が担う。 さらに名詞が動詞と一語化する。 これを編入(incorporation)という。 アフリカやネイティブ・アメリカンの言語でよく見られ、一文が一語化することもよくある。 「説明をする」「説明する」のペアも名詞「セツメイ」が動詞「スル」に編入したと考えられる。 なお、軽動詞は英語では give, get, make, have, do など、多数存在するが、日本語も「スル」以外に「イタダク」「クダサル」「イタス」などいくつもある。 「ご説明くださる」であれば、「ご説明」が「くださる」に編入したものである。 「軽動詞」も「編入」もありふれた言語学用語ですので、検索してご確認ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お手数をおかけしました。感謝します。 一般動詞と思って辞書を調べませんでした。 御回答で特殊用法の用語が有ったので辞書を調べたら 「くださる」はいろんな用法が書いてあり、 御+動作性漢語に付くときは補助動詞でした。 ようするに1語化するという御説明と合致しております。

関連するQ&A

  • 名詞構文の疑問

    名詞構文の文なのですが He quit the baseball team without his parents\' knowledge. という文のwithout以下を訳すと、両親に知らせずに、となるらしいのですが、knowに「知らせる」という他動詞の用法がないのにこの形をとれるのでしょうか? 名詞\'s+動詞がある名詞 は動詞がある名詞の主語にも目的語にも補語にもなれるのでしょうか? どなたか解説お願いします。

  • 疑問副詞なのに名詞節?

    I don't know when he will come. 「私は彼がいつ来るのか知らない。」 when は疑問副詞で名詞節を導いているんですよね? その名詞節は他動詞 know の目的語になっていますよね? なぜ疑問副詞 副詞なのに 名詞節を作るんでしょうか?

  • tailoredの前後の文法的解釈の仕方

    With over 30 years in business, we know how to plan vacations tailored to our clients’ specifications. With over 30 years in business(前置詞句), we know how to plan vacations tailored to our clients’ specifications. 上の文について1つだけでも教えて下さい 1,With over 30 years in business,はwithが前置詞で前置詞句の副詞的用法ですよね? Withは前置詞 overは形容詞 30yearsは名詞ですか? 2,We(S) know(V) how(O) to plan vacations tailored to our clients’ specifications. この文はSVOの第3文型 単文ですか? 3,How は名詞節を作る関係代名詞で to planはto不定詞で他動詞でvacationsを目的語に取っている? 4,Tailoredは過去分詞で形容詞の役割で名詞vacationsを修飾している? tailored以下は特によくわからなくなりました。 よろしくおねがいします

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

 「くれる」ですが、授与を意味する他に「どうしてくれようか」などの意味で使う場合もあります。この場合は「どの様に対処しようか」との意味であり、単純に物の授与を示唆することとは少し趣も異なります。  原点からすれば「どの様な判断を下そうか」との意思判断ともとれます。 Yes or Noの二項的判断で括る性質の問題とは言えないのではないでしょうか、しかも一方の原理に基づく形での。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

 「日本語の動詞」には自動詞と他動詞の他に「自他同型」と呼ばれる形のものがあります。これは文字どおり「動詞の終止形」として、見かけ上は同じであるが、それに付属する助詞によって自動詞として使うケースもあれば他動詞として使うケースもあるとの二つの側面を持つ動詞の性質に基づく分類といえ、例えば「開く(あ・く)」があります。  この動詞を活用変化させますと「開かない・開きます・開く・開くとき・開けば・開けろ」と「開けない・開けます・開ける・開けるとき・開ければ・開けろ」との二つの活用形式があることもわかります。  なぜこの様な話をするかといえば、日本語の文法と外国語の文法を同列に並べて一概には語ることができない、否適切ではないとの前提もあるからです。  外国語と一括りにすることにも疑義があり、ドイツ語では冠詞と名詞の組み合わせを語尾の違いで示し、それが二格であるならば、文中の何れに置こうともそれが所有を示すことを明示することとなり、英語ならばそこまでの詳細な規定に拘泥するとはいえません。  英語ならば文型によって、SとC、OとC、OとOの関係を知ることが特徴付けられてもいます。そしてこれら外国語には「助詞」がないことも日本語とは全く性質を異にするともいえます。  むしろ冠詞や語順が全てを規定するといってもよいでしょう。  話を元に戻しますと、「ください」が必ずしも授与動詞であるとは限らず、~してください、などの様に指示命令をするとのケースもあり、この「ご+名詞+ください」を例にするならば、「ご自愛下さい」との文の意味をとるならば、「ご自愛して下さい」との謙譲語と同じになります。意味を通じさせることに問題もありません。  「ご連絡下さい」も同様です。「ご連絡して下さい」との「動詞を名詞化して使う」とのケースです。「ご寛恕下さい」は「お許しを願います」との意味になります。こうした形は「ご+漢語動詞+ください」の形です。  ですから西洋文法を基準とするとの考え方からすれば、それは前提が異なりもしますので、欠陥文であるとは言えないのでは疑問符の付く問題ではなかろうかと存じます。  因みに「ご」は敬語的表現であり、それに対応するのが文末の「ください」となります。花屋に行って「バラの花を下さい」と店員に伝える時には「バラの花を売って下さい」との意味であり、「バラをくれ」といっても「ただでくれ」という意味ならば、それは相手から奪い取るとの意思を示すとの理解もあれば、ぞんざいな言い方で「バラの花を買いたい」を示しているととらえることも可能です。  杓子定規や金科玉条の形で西洋文法を緩用されることは如何なものかと存じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • OKAT
  • ベストアンサー率38% (247/639)

> 「下され」は漢字を使っていてもかなで書けば解るように和語なので 自他動詞区別困難の問題が無く、明らかに他動詞機能だけです。 何ゆえ「を」が入らぬか不思議。 質問の組み合わせでは役割が補助動詞に変わったからですかね。 <補助動詞≠他動詞>⇒目的語不要⇒「を」無しかなあ。 確かに、「くれる」の命令形が「くれ」です。「くれる」は「人がわたしに~をくれる」のように使います。(こちらが相手に「くれる」場合がありますが、説明は省略)その尊敬語が「くださる」で命令形が「ください」です。  あなたがおっしゃるとおり、「やる」→「さし上げる」・「もらう」→「いただく」などと 同様に敬語を表す補助動詞となりました。だから「ものをくださる」のような実体があるものではありません(なにもくれません)。ただ、『誰の動作か』を保持しながら、(相手の動作だから)尊敬語の意味のみを表します。ついでに言えば、「さし上げる」はこちらの動作で「謙譲語」、「いただく」もこちらの動作で「謙譲語」。  これらは「やり・もらい動詞」とか、「授受表現」と言われます。  「あっちへ行ってください」と言えば、「行く」という動作が主体で、「行く」という自動詞が問題になるだけです。「ください」はただ尊敬を表すのみです。(命令の意味は残ります)  「この本を買ってください」なら、「買う」の他動詞が主体ですから、「本を」という目的格を持つことになります。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#201242

研究者ではありませんが、 「西洋文法的には」という点については、西洋の言語(いろいろ系統がありますが、主に印欧語として考えると)、そもそも助詞というものが無かったりしますので、日本語文法として考えるしかないのではないかと思いますが・・・・。 文法用語を用いて解釈すると、という意味なのでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • OKAT
  • ベストアンサー率38% (247/639)

「ご連絡ください」「ご説明ください」「ご信用ください」を「ご連絡をください」「ご説明をください」「ご信用をください」とするべきだとおっしゃるのですね。  わたしは、「連絡せよ」「説明せよ」「信用せよ」というサ変複合動詞の命令形を尊敬語にすると、「ご連絡ください」「ご説明ください」「ご信用ください」になるのだと思います。(その時に「サ変」動詞の部分が「くれ」になりますがーこれが慣用だといわれればそれまでです)  対して、あなたは「連絡をくれ」「説明をくれ」「信用をくれ」のように「くれ」を尊敬語にして「連絡をください」「説明をください」「信用をください」とし、さらに尊敬の度合いを高めるため「ご」をつけたというお考えのようですね。しかし、そうして出来た「ご連絡をください」「ご説明をください」「ご信用をください」のなかで、日本語として明らかにおかしい、「ご信用をください」というのが出てしまいます。  元来、これらの例のように頭に「ご」が付くのはその後の名詞が「漢語」である場合で、あとの名詞が「和語」である場合は、「お」がつきます。例 「お話しください」「お信じください」これらには「を」が入り込む余地はありません。 結論として、あなたは「述語の部分」の中に「目的語」をいれるべきだとお考えになっていますが、目的語(西洋文法的にいえば)は(日本語の場合)述語の前にを置きます。    <わたしどもを> ご信用ください(お信じください・信じてください)  もう一つ大事なことは、漢語を用いた動詞(漢語+する)が自動詞か他動詞か、はっきりせず、その両方を兼ねているものが多いことです。明らかに自動詞と考えられる場合は、目的格(西洋文法でいう目的語)を取りません。(当然のことですが。)例 墜落する・死亡する・逝去する(なんでこんな変なのばかりでてくるの!)・勝利する・抵抗する・登校する・当選する等々。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「下され」は漢字を使っていてもかなで書けば解るように和語なので 自他動詞区別困難の問題が無く、明らかに他動詞機能だけです。 辞書にもそう書いて有ります。 何ゆえ「を」が入らぬか不思議。 質問の組み合わせでは役割が補助動詞に変わったからですかね。 <補助動詞≠他動詞>⇒目的語不要⇒「を」無し かなあ。

  • 回答No.1
noname#227653

他動詞「くれ」? 「くれ」という動詞があるのですか。 納得できる説明を質問者にお尋ねしたいなと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

送信前の点検でその点は疑問に感じましたが、 専門家ならばそれも加えて説明ができるはずと 考えて放置しました。 他動詞命令形「くだされ」と打つのが面倒なので 同じ「与える」の意味で短くしました。 質問の組み合わせ型では補助動詞と言いますね。 補助動詞だと「を」は要りませんかね。 専門家をお待ちします。楽しみ。 なお「くれ」は「くれる」が終止形です。

関連するQ&A

  • 「移動」を他動詞として使うには

    次の説明が正しいことを確めてください。 名詞「移動」を動詞化して使う場合、基本形はサ行変格活用の自動詞「移動する」である。目的語とともに使いたい場合は必然的に他動詞になる。名詞「移動」を単純に動詞化すると上記のごとく、他動詞には成らぬ。それゆえ、他動詞にするには「サセ使役」の形「移動させる」にすることになる。

  • Be hero.は文法的か

    風男塾(旧・腐男塾)の曲に「BE HERO」というのがあります。冠詞aを入れずに、このように可算名詞---手元のどの英和辞典を引いても、【hero】のいくつかの意味の全てにCountable記号がついています---の単数形を使うことは、実際の英語運用上 あり得ますか? 「(そもそも)英雄なるものは~」と抽象化した意味で、“Hero is ....” ということはあったかな、と思いますが、(その場合もTheを冠するかもしれません)、ここではbe動詞やbecome、remainなどの補語、もしくは他動詞の目的語となっている場合についてご回答ください。 aを入れると音節と音符の数が合わなくて歌いにくいからわざと省いた という理由が考えにくいことは曲を聞けば明白であり、いくらでもBe a hero.またはBe heroes.と歌えるので、作詞者(はなわ)の意図は不明ですが、詞にケチをつけているのでなく、”Be hero.”が正しい英語か日本人英語か、が知りたいだけです。正しい英語だとすると、不定冠詞をつける場合とどう意味が異なるか、もご教示ください。 よろしくお願いします。

  • 名詞のraiseとrise

    動詞のraiseとriseの違いは、他動詞と自動詞の違いでわかりました。 が、名詞の意味での違いがわかりません。 a 5 % pay raise a sharp rise in sales 使い方はなんとなくわかるのですが、理由がわかりません。 文法的にどう説明つきますか?

  • 中国語の文法

    中国語の文法について教えていただきたいことがあります。中国語の独学学習者です。 中国語には名詞が並んだだけの動詞のない文章構造があります。名詞述語文というのでしょうか。中国語を習い始めたときに、とても違和感を感じました。つい必要のない動詞を入れてしまったりします。例えば 今天星期三。 那些一共多少銭? 他二十八歳。 現在几点? 外国語学習に「何故」は不要かも知れません。でも、どうしてこのような文ができたのか気になります。他の外国語で名詞が2つ並んだだけの文章(話し言葉ではなくて)があるでしょうか。時代と共に変容して、是や有などの動詞が省略されてこうなったのでしょうか。納得できる説明はないでしょうか。

  • [文法] 他動詞・名詞 "visit to"

    ふだん他動詞で使われている単語を、名詞として用いる時、 前置詞を置かなければならないケースがあるそうですが、 たとえば、 I visited Japan for the first time. が This is my first visit to Japan. となるように… (この文自体に誤りがあるかもしれません…) 私はこの例しか知らないのですが、 他にどのような例がありますか? 気になってしまったので、文法に詳しい方いらっしゃれば 教えていただけますか?

  • 他動詞の動名詞と現在分詞の違い

    Studying English is important.このstudyingは他動詞studyの動名詞として名詞のEnglishを目的語に取っているのか それとも、現在分詞studyingの形容詞的用法として名詞のEnglishを修飾しているのか どちらですか?

  • 自動詞と他動詞

    辞書で意味調べをしていてわからないことがありました。 自動詞と他動詞の違いがよくわかりません。 同じ動詞で意味が違うだけかとおもっていたら、 名詞にも他動詞になるものがあるようでびっくりしました。 「文化の特質を揶揄したものと考えられる。」 この中の揶揄を辞書で引いたら 名詞・他サ変と書いてありました。 上の文の場合、揶揄は他動詞ですか? 僕は、「~を」がつくのは他動詞だと思ってました。 違いますか?

  • 文法の作り方

    1 She taught English to us. 彼女は私達に英語を教えた 2 We found the book very easy. 私達はその本がとても簡単なことに気がついた 1はこの文は主語+動詞+名詞+目的語? 2は主語+動詞+名詞+形容詞? 上の説明違ってるかもしれませんが英単語の順番が何故こうなるのかよくわかりません 調べてみると第1文型や第2文型などそういうのをきちんとわかってないからだと思いますがいまいちピンときませんでした 宜しくお願いします   

  • これは第何文型??+英文法について詳しく解説しているサイト

    言うまでもなく英語の文の4要素として主語(Subject)、動詞(Verb)、目的語(Object)、補語(Complement)があり、また文型にはSV,SVC.SVO,SVOO,SVOCの5つがありますが・・・ 次のような文は一体どうなるのでしょうか? I am against(for) the plan.(私はその計画に反対だ) そもそもbe動詞は不完全自動詞(存在を表す場合は完全自動詞ですが)ですからbeの後は補語(名詞または形容詞)がなければおかしいですよね? ですがこの文ではbeの後に前置詞であるagainstがきています。と、言う事は前置詞以下の語句は文の4要素にはなりませんから主語が[I]、動詞が[am]の第1文型、と言う事になってしまいますよね?ですがbe動詞での第1文型というのは聞いた事がありません。 そこで考えたのですが[am against]が句動詞であり、この2語で他動詞的な役割をしているのではないか、と言う事です。確かに「動詞+前置詞」の句動詞は[look at]などのように他動詞的な役割をする事もありますし、また I am afraid that he will not come.(私は彼が来ないのではないかと心配している) といったような文のbe afraid(sure,sorryなどのbe+形容詞の形)で他動詞的な役割となりthat節(目的語)を率いるような文もあります。ですからbe+前置詞(この場合はagainst)で他動詞的なものとなり、目的語(the plan)を率いているのかとも思ったのですが・・・いまひとつ不自然な気がしてなりません。 また、英文法について詳しく解説しているサイトをご存知であれば教えてください、 そういうわけなのですが納得のいくように根拠・文法などを明確に示した上で説明して頂きたいです。 ではどちらか一方でも構いませんのでよろしくお願いします。

  • 他動詞の目的語を教えて下さい

    他動詞の目的語として名詞相当語句がくるんですんよね? 名詞相当語句として、 不定詞の名詞的用法 動名詞 That節 名詞節 間接疑問文 これらの例文を教えて下さい