• ベストアンサー
  • 困ってます

透湿防水シート2枚張り

新築中です。 サイディングのメーカー在庫が無いらしく外壁工事は1ヶ月以上延びると言われました。通気胴縁まで施工してあります。 そこで透湿防水シートの養生をお願いした所、工務店がシートメーカーに太陽に晒した場合の耐久度を聞いた結果、2ヶ月と言われたそうです。 工務店が考えた養生は、通気胴縁の上からもう1枚透湿防水シートを貼るという提案でした。 サイディングは2枚貼りのまま施工するそうです。 この施工はありなのでしょうか? 上から覆ってサッシ周りに貼り付けると通気の妨げになるような気がして不安です。サイディング施工前にサッシ周りはカットしてもらうのがいいでしょうか? 又、サイディング施工後に通気により重ねじろがばたついて異音の元になりそうな気がします。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1778
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

透湿防水シートの耐久性について回答した者です。対策がとられることになり良かったですね。その費用はサービスなのですよね。 透湿防水シート2枚張りは稀に行なわれる工法です。縦胴縁の上だけに張り、外からの雨水侵入を防止して胴縁材木を腐敗から守るだめです。全面に2枚張るのはさらに稀なことです。通気をきちんと確保するならば、雨水浸入のリスクは無くなります。 透湿防水シートの重ね合わせの部分にはテープが貼ってあると思いますが、きちんとテープ貼りすればバタつくことはありません。外壁サイディングのシール部分が切れても雨水が侵入して胴縁が腐ることが無く安心です。具体的な方法は職人が良く知っていますので任せれば良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 シートを胴縁にタッカーで適当に留めてあるだけなのと、サッシ周り、土台水切りの通気部分をシートが被ったまま施工するらしく隙間がなくなってしまうので剥がすことにしました。 サッシ周り、水切り部分の2枚目シートを10センチ程カットの提案は却下されました。この会社は通気について無頓着のようです。

質問者からの補足

ありがとうございます。 現場監督に詳しく聞いたところ、2枚貼りというか主に南面に養生として胴縁にタッカーで留めるだけらしいです。サイディングを貼る時に剥がしてもそのままでもどちらでもいいと言われました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>この施工はありなのでしょうか? 即答 有り。です。(^^ 注意すべきことは通気胴縁(縦)の上でサイディング目地継ぎラインが入りますので、そのシーリング部の劣化漏水でダイレクト木部が腐食したりシロアリ経路などになるケースを良く見かけます。 その木部の上をもう一層防水コーティングしておくこと自体好ましいことです。 窓周りの通気は、通気工法の意味合いは縦胴縁を窓下に密着させないで数センチすきま、つまり横方向に空気の通り道をつけておくことにあります。胴縁とはその通気立体空間をつくるためのものですから、透湿防水シートがその上下層にあることと無関係。 >重ねじろがばたついて異音の元 そんな空気の流速が壁内に入ることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 シートを胴縁にタッカーで適当に留めてあるだけなのと、サッシ周り、土台水切りの通気部分をシートが被ったまま施工するらしく隙間がなくなってしまうので剥がすことにしました。

  • 回答No.4

お勧めは出来ません多分窯業系でしょう?  サイディングの裏すぐにシートがあると蒸れます→多少でも結露→乾燥しない→痛みやすい 窓周りの胴縁が腐るのは内側からの結露ですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 シートを胴縁にタッカーで適当に留めてあるだけなのと、サッシ周り、土台水切りの通気部分をシートが被ったまま施工するらしく隙間がなくなってしまうので剥がすことにしました。

  • 回答No.3

二枚とは贅沢ですね。 本当は、1枚ですぐに仕上げ材貼ったほうがいいですけど。 だって、2か月で表面が劣化するでしょう。 その下にあるシートは、劣化シート貼るせいで穴だらけですよ。 細かいことを言うと、こんな感じですが、 基本問題ないと思いますよ。 我が家も夏場一か月放置してましたけど、そんなに劣化してなかったかな。 今の時期は太陽光線も少ないし大丈夫でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 シートを胴縁にタッカーで適当に留めてあるだけなのと、サッシ周り、土台水切りの通気部分をシートが被ったまま施工するらしく隙間がなくなってしまうので剥がすことにしました。

  • 回答No.2
  • kamapan
  • ベストアンサー率41% (98/235)

全く問題ないですよ! 「透湿シート」の「透湿抵抗値」と言うもの自体が 極めて小さいので、2枚重ねにしても「問題は無い!」のですよ。 http://www.ads-network.co.jp/dannetu-keturo/naibu-keturo-03.htm この一覧表の一番下に「透湿シート」が書かれていますが その「数値」が極めて小さい事が分かりますか? 余談ですがアメリカで販売されている「タイベックス」は 日本仕様の「2倍の厚み」があるそうですから、 ここでも問題が無いみたいですよ。 「補足」があれば「追記」が可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 シートを胴縁にタッカーで適当に留めてあるだけなのと、サッシ周り、土台水切りの通気部分をシートが被ったまま施工するらしく隙間がなくなってしまうので、10センチくらいカットの提案は却下されたので剥がすことにしました。

関連するQ&A

  • 透湿防水シートの張り方

    現在、外張り断熱工法で家を建築中ですが、壁の施工について工務店の施工方法に疑問が残るので質問させて頂きます。 まず、透湿防水シートを張る順番についてなのですが、私は「柱→構造用合板→ネオマフォーム→透湿防水シート→どう縁→サイディング」 と考えていたのですが、工務店からは「柱→構造用合板→透湿防水シート→ネオマフォーム→どう縁→サイディング」 と説明されました。 そちらが正しい施工法なのでしょうか? それから「ネオマフォーム→透湿防水シート」の順番の場合張り方というか止め方はテープなのでしょうか、タッカーなどの金具なのでしょうか(構造用合板に付ける場合はタッカーだと思うのですが・・・。)? 施工直前でかなり急いでおります。よろしくご教授下さい。

  • 透湿防水シートの施工法

    こんにちは。現在木造二階建てで建築中です。 外壁は、一部(和室まわり)のみ土壁+防水シート+杉板張りで、そのほかは、防水シート+サイディング+吹き付けの予定となっております。 現在、和室周りは防水シートのみですが、そのほかはサイディングを張り終えております。 防水シートを張って二ヶ月ぐらいたつのですが、当初より和室の部分に雨漏りがしており直してもらえるように頼んでおりました。工務店側がいうには、防水シートが軒の部分にきちんと張られていないところと、梁が一部壁を突き抜けて(なぜか長かった)いたところを外装屋さんがその周りを切ってシートを施工したため、その隙間から雨漏りしたとのことでした。 工務店は、雨漏りしていたところから、つぎはぎをするようにシートを重ね、テープ(表がガムテープのようなもので接着面が黒色)でとめて「これで大丈夫」といいます。 シートの上にサイディングなどを張るのならこの方法でも安心ですが、上に胴縁、板張りのみなので、この方法で20年、30年心配ないだろうかと思っております。 雨漏りに対する、この施工法はどうなのでしょうか? ご教授ください。

  • 透湿防水シート

    透湿防水シートの事で質問です。サイディング施工業として13年頑張ってきましたが、昨年あたりから透湿防水シートの劣化が発見されるようになり、お施主様からのクレームで悩まされております。施工業者さんで同じ悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

  • 透湿防水シートの重ね張りについて

     現在、木造2階建てにて壁体内換気方式の住居を新築中です。  当初、構造用合板の壁面に遮熱機能がついた透湿防水シートをはってもらう予定だったんですが、担当者が間違って普通の透湿防水シートを発注してしまいそれをすべて施工した後で間違いが発覚しました。  その後の対応として、もう張ってしまった普通のシートを剥がすのももったいないし、その上へ遮熱機能のついたシートを重ねても問題ないので重ね張りさせてほしいと言っていますがそんなことをしても本当に大丈夫なのでしょうか。  担当者は問題はなくむしろ重ねた方が防水の面では良いと言っていますが、私はむしろ透湿面の方が心配です。  透湿防水シートを2枚も重ねてしまって本当に壁面から通気層まで湿気が逃げるのでしょうか。  すみませんが誰が教えてください。

  • マイナーな会社の透湿防水シートに問題はないですか?

    家を注文住宅で検討しています。 工務店の見積の中で、透湿防水シートがアビス(ABSS)というものでした。 「??? 透湿防水シートっていったらタイベックとか有名なところじゃないの?」と思い、ネットで色々調べましたら、やっぱり最近、透湿防水シートの粗悪品みたいなものも多く、性能劣化が問題になっているという内容を目にしました。理由は透湿防水シートは規制などがユルユルで、新規参入をしてカタログ性能だけ良くして耐久性が持たないものが横行しているというものでした。とても重要な建材なのでタイベックを扱うデュポンに直接電話しちゃいました(爆 そうしたら「よく気付きましたね。もの凄い大問題になっている。新築3年で水漏れでダメになった家なんかも多い。最初、あまりに多いので保険会社が調査したところから始まったが、国交省が透湿防水シート協会に指導に入っている。ハッキリ言って新規参入メーカー品なんて恐ろしいもの絶対使わないほうがいいですよ。うちのじゃなくてもそれなりに真面目に防水シート作っているところのじゃないと家ダメになりますよ。」と言われ、恐ろしくなりました。でもお願いしようとしている住宅会社さんはこの透湿防水シートを逆にPRしています。信用してないとかそういう次元ではなく、大丈夫という根拠がほしいのですが、ちょっと過敏に反応しすぎでしょうか?タイベックさんは「気づいたあなたはラッキーだった。たかがシートですが舐めてかかると一生後悔しますよ」といっておりましたが自社製品を肯定したいだけの話でしょうか?

  • 透湿防水シート

    外壁下地の透湿防水シートについて、よく見るのはシートの表面に「タイベック」などメーカ商品名が書かれているものが多いと思いますが、近所で建築中の家(木造軸組)を見ると無地(真っ白)のものを張っているところがありました。これって透湿防水シートとは違うのでしょうか?

  • 防水シートのテープ貼りについて

    防水シートの施工について質問です。 防水シートの施工は、下からシートをかぶりを取って、一層ずつ施工しますが、契約したメーカーさんによると、一層目と二層目しか、横に防水テープを施工しないらしいのですが、自分的には、テープを貼ってないとサイディングの隙間から強風が入ってきた時に、シートがよれたり、伸びたりして、サイディングの隙間をふさぐような事になったらいやだと思い、横も縦もテープを貼ってもらいたいとお願いしました。 ですが、工務さん的には、詳しい説明は出来ないが、それはしな方がよいということでした。 何故なのかわからないのですが、後になって、万が一防水しトートに敗れなり破損があった場合、雨が侵入した先に逃げ道があった方が良いという事なのかな?と思ったのですが、どうなんでしょうか? どちらの方が良いのでしょうか?ご教授お願いいたします。

  • 防水透湿シートと壁のベニヤの水濡れ

    5月末から基礎工事に入り、棟上も無事終了し、現在サイディング貼り真っ最中なのですが、サイディングを貼る前(防水透湿シート→同縁の状態)に一度雨が降りました。 その際、基礎から上1メートルの部分(家全体)の防水透湿シートと下地のベニヤ(壁)に雨水が浸入し、雨水で防水透湿シートがベニヤに張り付いている状態になっていました。 工務店側の説明では「透湿なので乾けば問題なし。サイディングを貼れば、そのような事は起こらないし、雨水の浸入もありえない。」と言われましたが、本当に大丈夫なのでしょうか? このまま、サイディングを貼れば見えなくなる部分ですし、まして雨が降る度に現状のようになるのであればベニヤが腐ってくるのではないかと不安です。 また、一部、防虫剤が防水透湿シートに染み付き茶色くなっている箇所もあります。 かなり不安です。 御教授宜しく御願い致します。

  • 気密シートの施工

    押出法発砲スチレン(ミラフォーム)を使った外張り断熱の住宅を新築しています。 充填断熱は天井にはしません。勾配天井で室内側から垂木、天井材兼野地板材(杉板10mm)、ミラフォーム、透湿防水シート、通気胴縁(高さ18mm)、野地板(構造用合板12mm)、金属製の横葺き(横断ルーフ)となっています。 発砲系の断熱材で、躯体の外側ですが、天井材と断熱材の間に気密シートを施工すべきでしょうか? また外壁においても、枠組み構造でPBボード漆喰塗り仕上、構造用合板、90mmのツーバイ材、構造用合板、断熱材、透湿防水シート、通気胴縁、金属製サイディングとなっていますが、 同様にPBボードと内側の構造用合板の間に気密シートを施工すべきでしょうか。 気密フィルムの施工をすると、シートの中にどうしても水蒸気が侵入し、フィルムの外側に水滴がつく現場がよく見られると聞きます。 どなたかよいアドバイスをいただけないでしょうか。

  • 法23条 外壁板張りの下地構成について

    以前法23条、外壁の準防火性能について質問させていただきました。 杉板張り外壁の下地の構成を、H12建告1362号によりクリアさせるつもりです。 室内側   1.厚さ9.5mm以上の石膏ボードを張る。  2.厚さ75mm以上のグラスウール等を充填した上に厚さ4mm以上の合板 屋外側  3.石膏ボード、木毛セメント板(準不燃材料で、表面防水処理済みのもの) でクリアさせようと思います。 下地として直に耐水石膏ボード等は使えないでしょうから、防水紙を張る事になるかと思われます。 ネットで施工事例を見ますと、透湿防水シートに直張りしている例もありますが、やはり胴縁は必要な気がします。 ■そんな事を考えますと、以下のような構成になりますが、ご意見または問題点があればご指摘下さい! また、胴縁が2重、防水シートも二度貼り・・・・過剰な気もしますが、仕方がない事なのか?他にもっと良い方法(よりコストがかからない)あありましたらご教授願います。 <延焼ラインにかかる部分> 外側から・・・・ 杉板t=15(横張り)⇒縦胴縁(15×40 @455)⇒アスファルトフェルト430⇒石膏ボードt=9.5⇒通気胴縁(縦胴縁)20×40 @455⇒透湿防水シート⇒耐力面材・・・・ <延焼ラインにかからない部分> 杉板t=15(横張り)⇒通気胴縁(縦胴縁)20×40 @455⇒透湿防水シート⇒耐力面材・・・・ ■また、胴縁は縦胴縁としていますが、縦横に分けた方が良いのでしょうか? 板張りは横張りですから必然的に縦胴縁になります。 そうしますと、通気用胴縁を横胴縁にする事になります・・・。 通気のしやすを考慮しますと、縦胴縁の方が良いと思われま すが、どちらを優先すべきでしょうか? もしくは、どちらでも問題ないでしょうか? ■上記構成では耐水石膏ボードではなく、石膏ボードに防水シートとしています。告示の規定による「表面防水処理済みのもの」には該当しないでしょうか? 理屈で考えますと・・・ 「準不燃材の石膏ボード」が準防火性能を満たす要件であり、告示要件としては、外部使用のために防水処理済みと限定している・・・・かと思います。 そこで、「防水シート」を「表面処理」と置き換える事が可能との認識ですが、いかがでしょうか? ■そもそも、22条地域は多いでしょうし、そんな中で板張り仕上げとされている方はどのように準防火性能を満たしているのでしょうか? 以上、アドバイスよろしくお願いします。