• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

事業主貸、事業主借について

お世話になっております。 フリーランスをしています。 事業用の振込先に口座をもっており、そちらへ振り込みがされます。 で、実際の生活費は振込先口座から別の口座へ移します。 財布は特に分けておりませんので、ごっちゃで使用しています。 そこで以下のご質問がございます。 1) 口座から生活費を引き落とす場合、事業主貸なのでしょうか?現金でしょうか? やよいの青色申告14を使っておりますが、簡単入力を使うと現金扱いになってしまいます。 色々調べると、どちらも正しい?みたいな感じだったのですが……。 例えば、5万円を生活費として引きとすと、下記のA/Bの場合、どちらが正しいのでしょうか? A) 事業主貸 50,000 / 普通預金 50,000 B) 現金 50,000 / 普通預金 50,000 2) 初歩的な質問で申し訳ないのですが、経費で使うものについては、毎回 「現金(事業主貸) xx円/ 普通預金 xx円」とした後に「交際接待費 xx円/現金(事業主借) xx円」仕訳しないといけないのでしょうか? それとも「交際接待費 xx円/現金(事業主借) xx円」だけでも良いのでしょうか? 例えば、接待が3日連続で突発的に続く等の場合、毎回上記処理をするのが適切でしょうか? 通帳記帳してますので、それを見れば何とか分かるのですが、財布が生活費と一緒なもので生活費から使ったのか、事業用の現金をつかったのか分からず……。 良いことではないですが、通帳の引き出しを見ながら帳尻を合わせるのが良いのでしょうか? お手数おかけして申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数409
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ruu0420
  • ベストアンサー率53% (291/548)

1) A)個人的に使うお金を、普通預金から下ろした。    B)会社の小口現金を、普通預金から下ろした。   という意味なので、(A)です。 2)領収書ごとに、仕訳が必要です。毎回、普通預金から下ろしませんよね。財布は分けてなかったとのことですので、   12月1日 交際接待費 xx円/事業主借 xx円   12月1日 交際接待費 xx円/事業主借 xx円   12月2日 交際接待費 xx円/事業主借 xx円  ※1日に2枚の領収書、2日に1枚の領収書とすると。 会社用に小口現金を用意しておくと、右が現金。足りなかったら、事業主借になります。 フリーランスだから、経理係なんて居ないのだから、右が事業主借が続いたって、しょうがないですよ。 私は月に1度、給料日を設けて、自分用の口座に移して、その時に会社用の現金を別に下ろしてます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 事業主借り

    主人が個人事業主をしており、昨年度(21年)から青色申告で会計ソフトを 使用し帳簿を付けております。 仕訳についての質問なのですが、 事業用の口座から生活費と事業用の小口現金を引き出す際の仕訳を 事業主貸し5000(生活費)    / 普通預金10000 現金   5000 (事業用小口現金) と一度処理して、事業主貸し(生活費)の5000を個人口座(光熱費・通信費引落)へ一度入金して、個人口座から引き落とされている光熱費・通信費を按分計算した金額を事業用の経費として計上してます。 通信費 100/事業主借100  今現在このように仕訳していたのですが、このような仕訳以外に簡単な 仕訳の仕方があったら教えて下さい。 たとえば、個人口座は無いものとして 通信費 100/現金100 と仕訳したらまずいのでしょうか? 御回答御願い致します。

  • 事業主貸?

    金曜に質問しましたが回答がいただけなくて再度お願いします!! 現金出納帳の残高を合わせるのに事業主貸とする場合、事業主貸/現金OR普通預金だと思うのですが、普通預金だと通帳から引き出さないといけないのでしょうか?現金だと事業用の通帳以外の事業用のお金という事になるのでしょうか? 遅くにすみません! 回答していただいた方でもし金曜の質問にも回答していただけたら有難いです! 宜しくお願いします!!

  • 生活費の仕分帳記入(個人事業主)

    今年初めて青色申告をするものです。 条件は下記の通りです。 ・売掛金は個人の預金口座に入金されます ・事業用の預金口座を開設していません。 ・生活費はクレジットカード主体のため個人の預金口座から引き落とされます。 事業用口座以外の個人の預金口座に売掛金が入金され、 それを現金として引き出してないため 売掛金の入金については、 (借方)事業主貸(貸方)売掛金 としています。 生活費を個人の預金口座から引き落とされる場合に 売掛金から使用したいのですが、 売掛金を現金として引き出してないため、 個人の預金口座から生活費を借りるという形になり A:(借方)事業主借(貸方)売掛金 とするべきなのか? B:(借方)事業主貸(貸方)普通預金 とするべきなのか? Bの場合は、貸方の普通預金は事業用の口座の場合に該当するため 今回のケースでは該当しないのではないか? と考えています。 A,B共に違うのか、それともAでよいのか等 ご教示ください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

>財布は特に分けておりませんので、ごっちゃで使用… それならその財布が仕訳でいう「現金」であり、米を買っても記帳、大根を買っても記帳、自治会費を払っても記帳しなければなりません。 >口座から生活費を引き落とす場合、事業主貸なのでしょうか?現金… 使途が何であれ、預金から現金を引き出したのなら現金勘定になります。 >A) 事業主貸 50,000 / 普通預金 50,000… これは、札束を拝まずに、口座から自動振り替えあるいは振り込みで家事費を支払ったことを意味します。 >経費で使うものについては、毎回 「現金(事業主貸) xx円/ 普通預金 xx円」… 何で事業主貸? 事業主貸と事業主借の意味がぜんぜん違いますよ。 預金から引き落とされる、あるいは振り込む経費支払いなら 【○○費 100円/普通預金 100円】 現金払いの経費なら 【○○費 100円/現金 100円】 >良いことではないですが、通帳の引き出しを見ながら帳尻を合わせるのが… 良い悪いの話ではありません。 通帳も財布もすべて帳尻は合っていないといけません。 --------------------------------------- まとめると、 ・事業用の財布や預金から家事費を支出・・・事業主貸 ・事業用の財布や預金に事業とは関係ない入金・・・事業主借 ・家事用の財布 (あなたはないが) や預金から事業関係の支払い・・・事業主借 ・家事用の財布 (あなたはないが) や預金に事業上の入金・・・事業主貸 ということです。 いずれにせよ、財布は 2つ持って事業用の現金と家事用の現金を区別しないと、仕訳と記帳がとてもたくさんになりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 現金仕訳で、事業主貸と事業主借の仕訳で困っています

    個人事業主で本年度から青色申告者です。現金の仕訳についてですが、事業主貸と事業主借の仕訳に困っています。 現金の仕訳についてですが、 (1)事業用の通帳から必要に応じて 「事業主貸し/普通預金 (適用)引出し」で処理して、 (2)給料日には 「給料賃金/現金 (適用)月分給料 」 「・・・・・・・ /預り金(適用)預り金 源泉所得税」 (3)事業用の接待につきましては 「接待交際費/現金」などと仕訳を行っています。 しかし、勘定科目の「現金」はマイナスが増えて行くだけで困っています。 自分なりの考えとしまして、(1)預金から引出した後、必要に応じた金額を「事業主借/現金」の仕訳を行ってから(2)(3)の仕訳を行う のかとも思っています・・・ それとも、根本的に全く仕訳方法が間違っているのでしょうか? 生活費や個人的嗜好品などの購入も(1)の仕訳で預金から引出した現金を使っています。 これに対しても何かの仕訳をしなければいけないのでしょうか? どうか良いご回答をお願いします。

  • 個人事業主 事業口座を素通りした金の出し入れの記帳

    個人事業主 事業口座を素通りした金の出し入れの記帳を教えて! お世話になります。 個人事業主の簿記記帳で質問があります。 まず、個人事業主において、「仕事で使う金が個人事業主個人の財布から出て行った場合は以下のように記帳します。 まず、 例)105円のボールペンを事業用の現金で買った場合 借方 貸方 文房具 105  現金 105 次に上記の支出が、事業主個人の現金で立て替えた場合はこうなるはずです。 借方 貸方 文房具 105 事業主貸 105 上記の事業主貸について、事業用の現金を事業主の財布に返して解消する場合はこうなるはずです。 借方 貸方 事業主貸 105 現金 105 合ってますよね・・・? --- さて、ここに個人事業主本人名義のA銀行の口座があります。 事業用にメインに使っているものの、時々以下のような金の動きがあったとします。 そういう場合はどう記帳するのでしょうか? パターン1 事業に必要な金10000円を、まず事業主個人が立て替えて自分の財布からA銀行普通預金口座に預け入れ、その口座から事業上の仕入れ先に仕入れ代金を支払った場合の記帳。 以下で合っているでしょうか? 借方 貸方 A銀行普通預金 10000 事業主貸 10000 仕入れ代金 10000 A銀行普通預金 10000 振込手数料 105 A銀行普通預金 105 さらに、この立て替え分を現金で解消するなら・・・ 事業主貸 10000 現金 10000 A銀行普通預金口座から事業主本人に支払って解消するなら・・・ 事業主貸 10000 A銀行普通預金 10000 多分、あっていると思いますが・・・ --- パターン2 事業とは全く関係のない事業主個人の金30000円をA銀行の口座に振り込み、事業とは全く関係のない支払先に支払った場合。 (なぜこんなことをするかというと、直接現金を振り込むよりもこの口座を使ったほうが振込手数料が安くなる、とか、金の出入りの記録を通帳に残しておきたい、とか、いろいろ理由があってこの口座を通したい場合、などです。) 借方 貸方 A銀行普通預金 30000  事業主貸 30000 事業主貸 30000    A銀行普通預金 30000 振込手数料 105    A銀行普通預金 105 A銀行普通預金 105   事業主借 105 これによってこの30000円はA銀行普通預金を「素通り」したことになります・・・よね? とにかく、この金は事業とは一切関係のない、事業主の個人の金なので、 期末に1円たりとも残高に残っていてはなりません。 残っていてもいいのは振込手数料のみであり、それは事業主借(事業主が個人事業から借りた)として、であります。 もしこの振込手数料の事業主借を事業主がポケットマネーで事業に返済するならば以下の記帳を付け加えるべきでしょう。 借方 貸方 現金 105 事業主借 105 あるいは 借方 貸方 A銀行普通預金 105 事業主借 105 これであっているでしょうか? ただし、こういう金の動きが多くなると、 通常の事業主貸(事業用の金を事業主本人が一時的に立て替えた場合)と こういう特殊な「事業主の個人的資金が事業用の口座を素通りした場合」との区別がつかなくなります。 こういう場合は何か別の勘定科目を使うのでしょうか? -- 簿記に詳しい方、お願いします。

  • 青色申告の仕訳について

    お世話になっております。 根本的なところだと思うのですが、教えて頂けますと幸いです。 個人事業主です。 初年度の確定申告ということで色々戸惑っておりますが、下記の点教えて頂けますでしょうか? (1)健保と年金について 健保は任意継続ではいっており、年金は国民年金です。 これは、個人の財布から支払っていますが、仕訳不要で、「申告書B」第1表の社会保険料控除に健保と年金の合計金額を書けば宜しいでしょうか? (2)事業用の口座情報と実際の引き出しが一致しないと問題でしょうか? 例えば、接待があるたびに事前にお金を20000円用意しますが、実際には5000円とした場合、もう一度口座に戻します。 この場合、仕訳を毎回下記のように書かないとダメでしょうか? 現金/普通預金 支払手数料/普通預金 接待交際費/現金 普通預金/現金 普通預金/支払手数料 ※そもそも最初に20万とか引きだして現金化しておけと言われればそれまでなのですが……。 (3)事業用の出費について(個人事業主の場合) 例えば、急な接待で金額が分からない⇒個人の財布からとりあえず出費 の流れで3日ほど続き、領収書が3枚でました。 月末に領収書 3枚分の合計が 12345円だとします。 ところが、12345円と引き出すとします。 財布は個人と事業と分けていません。 この場合、下記のような処理をしても問題無いのでしょうか? 2/1 交際接待費 6520円/普通預金 6520円 2/6 交際接待費 2330円/普通預金 2330円 2/23 交際接待費 3495円/普通預金 3495円 それとも、下記のようにしないとダメでしょうか?(支払手数料は省いてます) 2/1 現金 6520円/普通預金 6520円 2/1 交際接待費 6520円/現金 6520円 2/6 現金 2330円/普通預金 2330円 2/6 交際接待費 2330円/現金 2330円 2/23 現金 3495円/普通預金 3495円 2/23 交際接待費 3495円/現金 3495円 宜しくお願い致します。

  • 年度をまたいだ事業主借の返済

    個人事業主を始めて経理を自分でやっているのですが、何をどうしたらよいのか分からず有識者の方に教えていただきたく質問いたします。 先日、確定申告を終わらせたのですが、今年になって経理を色々調べていたら、事業主借の返済作業をしなければならないことに気づき、もう個人事業主の年度1/1~12/31が終わっていたのですが、    12/31  事業主借  10万円  現金  10万円 と言うように、帳簿に入れました。 それで、実際には3/16に、帳簿に12/31に実行するはずだった振り込み作業を行ったのですが、 なにか変です。 実際には、どうするべきだったのでしょう? 年度をまたいでも、無理に事業主借の返済を年度末に入れる必要はなく、実際に振り込みを行った3/16に    3/16  事業主借  10万円  現金  10万円 とすればよかったのでしょうか? もうひとつ、貸方のほうですが、実際には自分の私用口座に振り込んだのですが、 経理ソフトには、振込口座と言う項目が無く   現金  普通預金  その他の預金 の3つ。 ”普通預金”とすると、事業用の口座に振り込んだことになってしまうかと思い、 分からないので”現金”としたのですが、これもどうもしっくりいきません。 ”普通預金”にすると、補助科目に事業用の口座が自動的に出てくるのですが。、 これを”補助科目無し”に設定すればいいのでしょうか? 以上、二点について教えてください。 お願いいたします。

  • 事業主借 事業主貸

    今年から個人商店を開業をしました、事業用の口座を作り 事業にかかった経費はすべてそこから取るようにして 月末に自分の必要な生活費は事業主貸で 1/31 事業主貸100,000円/普通預金100,000円 としております。 月にかかる経費もすべて一旦自分の財布から出し領収書をとっておき (事務所と住居は完全に別) 1/20 消耗品費3,000円/事業主借3,000円 1/25 地代家賃80,000円/事業主借80,000円 1/31 事業主借83,000円/普通預金83,000円 と処理して月末には事業主借が0になるようにしています。 あまり事業主借勘定は使わず、月の初めに決まった現金を 口座から手元においておき、必要経費はそこから使う形のほうが 帳簿上はきれいなのでしょうか? 個人的にはいったんすべて立て替えたほうが金銭が混同せず 計算しやすいのですが、簿記上の決まりごとあるいは税務上の 決めごとがあればご教授願います。

  • 事業主貸が総売上より多い

    今年青色の記帳を始めました。 校正などの仕事で今年は年収100万~130万ぐらいになりそうです。 パソコンで記帳していて、決算をみたら事業主貸が総売上より多くなっていました。 こういうのって税務署に何か聞かれたり、通帳見せろとか言われたりするでしょうか。 なんでそうなるかというと、 事業用の口座に入った報酬はすべて生活費として生活費用の口座に移して事業主貸にしています。 生活費用の口座のが金利が高いからです。 そして国民年金の引き落としが事業用口座になっています。 その引き落としは事業主貸として記帳したわけです。 そういうわけで、「総売り上げ+国民年金代」が事業主貸になっています。 (ちなみに事業用口座に国民年金代を振り込んだときは事業主借になっています。) ・・・ときちんと説明はつくのですが、「事業主貸のが多いなんておかしいじゃないか」と思われ、電話がきたり税務署に通帳もってこいとか言われるならちょっと生活費への移し方を変えようかと思いました。 振り込みにしないで現金で出金して、生活用口座にそれを入金するとか。 すると現金残高が今度は異様に多くなってしまうのですが・・・。 今までもたまには「生活費に移した」じゃなくて「現金に出金した」記帳にしていたのですが、手持ちにそんなに現金ももってられないので、ついつい振込で事業主貸にしていたら、国民年金代を追い越してしまいました。 後者の方がいいのなら、今まで事業主貸としてつけてきた資金の移動を現金出金だったことにして付け直そうかとかも思っています。 この収入だったら、正直だが変だと思われる記帳より、ちょっと変えてるけど目立たない記帳のがいいのではと思いまして。 いかがなものでしょう。。。

  • 事業主借について

    いつもお世話になっております。 今個人事業で青色申告しています。仕訳についてお尋ねします。 簿記は初心者ですよろしくお願いします。 売り上げが事業口座に入ってきます。そのお金を家事費(事業主貸)で毎月使う分だけ出して 残ったお金を 帳簿にはのせていない 事業とはまったく関係の無い自分の口座に貯金しています。 このような場合自分の口座から(事業用じゃない)ほうから お金を借りて事業用口座に入金する時は   現金/事業主借 普通預金/現金 でいいのでしょうか? 税理士さんとかは 事業主借を使わないほうがいいといいますが なぜなのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 青色申告決算書の記載(と素朴な仕訳時の疑問)

    青色申告決算書の記載((1))と素朴な仕訳時の疑問((2))についてお聞きさせてください。 フリーランス(エンジニア)です。 初めてですので、勘違いしておりましたら申し訳ございません。 (1)期首について。 2014/1月に届け出をだしましたが、2014/7月まで会社勤めが長引いた為、7/1から動き始め、実際に売上が発生したのは8月末です。 この状態ですと、賃借対照表の期首や損鋭気計算書の自の箇所は、1/1ではなく、8/10でしょうか? それとも、1/1のままで大丈夫でしょうか? 仕訳は7/1 以降で付けております。 (2)事業主貸/借 基本的に事業主貸で一括で生活費(+経費代)を事前に引き出し、経費等は全て事業主借で処理しております。 財布も家事用と事業用で特に分けているわけでもないので、実際の現金の支出もそうなっております。 一応、本年から事業用として別に引き出して管理しようとは考えております。 で、少し思ったのですが……費用処理を全て下記Aにした場合、下記Bに比べると何かダメで事はございますでしょうか? そもそも事業と家事をごっちゃに~というのは一応ですが理解しているつもりなのですし、そんな経理じゃダメっていうのも分かるのですが……。 ただ「事業主借を乱用するべきでない」みたいな話も聞かないので……。 <A> 事業主貸/普通預金 交際接待費/事業主借 <B> 現金/普通預金 交際接待費/現金 ※一応税務局の方に聞きましたところ、実際そうなる人が多いから無理に仕訳するよりも何かあった際にちゃんと説明出来れば特に問題ないと言われましたが……。 (2)については、ツッコミどころあると思いますが、申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

  • 事業主借りでしょうか?貸しでしょうか?

    個人事業主です。青色申告をします。 ・家賃が個人の通帳から引き落とされている場合は以下の仕訳でよいでしょうか? 家賃70000円、振込み手数料420円、按分率50%の場合 (借方)普通預金 35210 (貸方)事業主 借 35210 ・今後事業用の口座を作り、切り替えた場合は以下でよいでしょうか? (借方)地代家賃 35000 (貸方)普通預金 70420 (借方)手数料 210 (借方)事業主貸 35210 ・個人口座からの引き落としの仕訳では、按分率は帳簿だけではわからないですね。 やはり事業用口座から引き落とすようにしたほうがいいのでしょうか?

  • 事業主貸の返金処理について質問です。

    事業主貸の返金処理について質問です。 事業用の口座から国民健康保険料を支払っていて、口座から引き落とされたときに 事業主貸 \XX,000 / 普通預金 \XX,000 という仕訳をしています。 昨年、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した為、保険料の減免を受けて、既に支払っていた分の保険料に関して返金がありました。 その場合、返金時の仕分けは下記のどちらにすればよいのでしょうか? 1.普通預金 \YY,000 / 事業主貸 \YY,000 2.普通預金 \YY,000 / 事業主借 \YY,000 事業主貸で支払ったものに対しての返金なので1にすれば良いのか、事業と関係ない入金なので2にすれば良いのか、どちらが正しいのでしょうか? アドバイスをお願いします。