• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

助教ってなじめますか?

昔は大学の先生序列は 教授>助教授>>講師>>>助手 でした。 つまり助教授って偉かったのです。 ところが今は 教授>准教授>>講師>>>助教>助手 となります。助教授はいないのですね。 ところが昔の助手の多くが助教という役職になりました 昔の助手のことと言ってもよいレベルなのでちっとも えらくありません。40台で助教など無能の証明です。 にもかかわらず助教授と似ているので偉い人なんじゃないかと 誤解を生むようです。反原発で有名な京大助教などまさに その典型です。 一刻も早く助教って名前は変えてほしいと思うのですが、 なぜこんな紛らわしいことをしたのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数706
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Nebu3
  • ベストアンサー率29% (114/386)

 確かに言葉になじみにくいですが、保母さんを保育士に 言い換えがなれたようにいずれは普通になるでしょう。 (1) まず、助教授 ⇒ 准教授  助教授とよばれたころ、現実に彼等は教授の雑用を助ける  仕事が多く呼称もそれを意味しますね。ところが米国英語  では(正教授)フルprof.>(准教授)アソシエイトprof.>  (助教授)アシスタントprof.なので教授に次ぐ研究職という  意味をこめて准教授の呼称が登場したはずです。詳しくは  知りませんが確か文科省の大学に関する条令か国会の法令で  決まり通達されたはずです。 (2) ついで、助教ですよね。仰る通りの違和感ありありの呼称  です。   (旧)助手 ⇒ (新)助教・助手   簡単に言えばかつて広く存在し位置づけが曖昧だった助手を   授業を担当する助教と担当しない助手に分化させたもの。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 准講師ぐらいにしておけばよかったのに・・・ですね。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • kusirosi
  • ベストアンサー率32% (2838/8861)

自分で正解書いているジャン(^-^)/ ・助教授と似ているので偉い人なんじゃないかと と思う人いるからだよ。 「給料は、上がらんけどら 助教にしてやるから我慢して働け」 というと、みんな 何となく 誤解して WINWIN三方一両損なわけだ\(^^;)...マ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、そういうことですか。 詐欺のような行為ですね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 大学教員の序列について

    以前大学教員の序列は教授、助教授、講師、助手であったかと思いますが、助教授が准教授に助手が助教に変わったようです。何故変わったのでしょうか。

  • 准教授、助教、って?

    一昔前までは、大学教師の肩書きと言えば、教授、助教授、講師、とそれに名誉教授くらいしかなかった様に思うのですが、最近は准教授、助教、特任講師、大学院教授、などなど、たくさんの種類があって、序列というか、それぞれの名称のよって立つ基盤が分かり難いのです。 どなたか、教えてください.

  • 教授・准教授・助教について

     これまでの助教授が准教授に、 これまでの助手が助教及び(新しい)助手になったと理解しています。  准教授と助教の違いは、条文上、 「優れた知識、能力及び実績を有し」ているのが准教授だと思いますが、 教授と准教授の違いは、何なのでしょうか?

  • 「助教授」→「准教授」になって

     この四月からでしたでしょうか、従来の「助教授」が廃止されて、「准教授」と呼ぶようになったと、聞き及んでおります。  そこで質問なのですが、私が学生時代は、大学の先生の出世のコースは、 助手→講師→助教授→教授 という序列だったのですが、これが今は 助手→講師→准教授→教授 になったと理解していいのでしょうか。正確な情報を、お願いします。

  • 准教授と助教の違いは?

    大震災のニュースで、テレビや新聞等で、大学の先生達がコメントしていますが。 気になるのが、先生達の肩書きです。 助教授って准教授って言うように変わったように思っていたのですが、助教という方がいますよね。 准教授と同じ意味なのだとしたら、なぜ呼び方が違うのでしょうか? ずっと気になっているのです。

  • 助手は英語でなんといいますか?

    助手は英語でなんといいますか? 教授 professor 助教授(4月から准教授) associated professor 講師 assistant professor と思うのですが 助手(4月から助教)は assistant professor? Instructor? でしょうか。

  • 助教→講師→准教授

    大学で助教のポストについたあと、そのまま講師になれればよいですが、助教から講師になるまではいくつかの他の大学に自分で公募しながら、常に上のポストを探すのが一般的なのでしょうか。任期付きでなければ、ずっとその大学に残る方が一般的なんでしょうか。助教→講師→准教授とステップアップしていくのにはどのような過程を経るのが一般的なんでしょうか。具体的に教えてください。

  • 助教から准教授への昇進

    現代の流れとして私立大学では文系の教員は助教→准教授→教授というのが普通だと思いますが、 国立大学の場合は、いまだに講師→准教授→教授の流れが残っている感じがします。 文系(英語)の教員で、地方国立大学で最初が助教スタートの場合は講師を飛び越えて准教授ということは可能なものでしょうか? 20代で博士号保持・赴任後2年で全国誌以上査読論文が6,7本あり、教育業績も問題ないのですが、やはりこの次は講師をまたがないといけないのでしょうか 詳しい方よろしくお願いいたします。

  • 大学の教授職について

    いつだったか、大学の教授は、教授と助教授から、教授と准教授になったかと 記憶していますが、まだ助教授ってあるのですか? というか、テレビで「助教」と紹介されているのを見ました。 また、変わったのでしょうか?

  • なぜ、海外の大学には教授しかいないのですか?

    なぜ、海外の大学には教授しかいないのですか? 日本の大学では、教授、准教授、講師、助教という階級制になっています。 しかしながら、アメリカなど他の国では教授しか教員がおらず、 准教授、講師、助教というポストが存在しません。 (代わりにテクニシャンと呼ばれる人もいるそうですが、これは教員ではありません。) このように日本とは異なり、准教授、講師、助教というポストが存在しないのはなぜなのでしょうか? それと、日本以外に准教授、講師、助教という階級制を採用している 国は存在するのでしょうか?