-PR-
締切済み

メモリ在駐のウィルスとは?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.8448
  • 閲覧数108
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 3% (22/569)

メモリ在駐のウィルスとはどういういみなんでしょうか?
64MB、128MBなどのメモリに在駐するのでしょうか?

メモリというのは電気が来てないと中にある情報がなくなってしまうのではないのでしょうか?
だから電源を切ったらウィルスがなくなってしまうのではないのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 41% (44/107)

①ウィルスに感染したファイルを実行すると、DOSのメモリ(領域)や、上位メモリ(64MBとか)に常駐します。

②そして、未感染ファイルが実行されると、そのファイルにも感染します。

もちろん、電源を切ればウィルスの活動は停止しますが、感染したファイルを実行すると、再びメモリに常駐し、活動を開始します。

htokitaでした。
  • 回答No.2

 htokitaさんの回答以外にも、パソコンのバックアップメモリであるCMOSに常駐してしまうものがあります。ここに入られると電源を切っても消えないので、発見が遅れた場合、最悪メーカー修理しかなくなってしまうことも考えられます。
 また、パソコンが起動する際に必ず読み込まれる「IPL」という部分に進入されてしまうことも考えられます。

 ただし前者の場合はほとんどの機械が停止状態になるのですぐに分かりますし(もっとも停止してからじゃ遅いんですが)、後者にしてもBIOSメニューののVirus WorningをEnableに設定しておけば進入されそうになっても排他することができます。
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 34% (23/66)

ものすごく簡単に言ってしまうと、ウィルスプログラムが一度起動すると、そのまま終了しないで(mosikoさまのおっしゃるとおり 64MB とか 128MB とかの)メモリに『居残る』タイプのウィルスです。で、居残ったウィルスは計算機の動きを監視し、適当なタイミング(ある時刻になるとか、あるキーを押すとか、なんらかのイベント)を待ち、ウィルスの『お仕事』、つまりデータの改竄や自己複製などを行います。一方、メモリ非常駐タイプは他のプログラムにくっついて同時起動し、その瞬間にやりたいことをやってそのまま(メモリからは)消えます。
どちらにせよ、ふつうはディスク上にはしっかり残り、なんらかの方法で再度起動しますので電源を切ればおしまい、というものではありません。
一般的にメモリ常駐型の方が作るのに技術を要し、より高度で危険です。
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

その昔X68000というシャープのパソコンにはSRAMという電源切れても色々保存しておけるRAM領域がありまして、そこに常駐するやつがいました。
16kbしかない領域でしたが、結構便利に使えました。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ