• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

薬事法で小容量にできない理由

ある会社の商品で、小容量の販売をしてほしいと要望したところ、 「薬事法上の厳しい規制を受けており、現在のところ、 仰せのような小容量の製品は製造が許可されていない」 との回答をいただきました。 大容量にするのが許可されないなら理解できるのですが、 なぜ小容量にすることが許可されないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数508
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

NO.1で回答した者です。 薬事法で規制されているのは、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」の4種類です。 「化粧品」でないとするなら、容量という概念には適応しない「医療機器」も除外されます。 ということは、「医薬品」か「医薬部外品」のどちらかですね。 「補足」の項で、「化粧品」ではないとのご指摘ですが、本当に正確な回答を得たいのであれば、具体的に製品名を明示すべきと思います。 それはともかく、仮に「一般用医薬品」だとして考えてみました。 医薬品を市場で販売するには、厚労省に「医薬品製造販売承認申請」をして、承認を受けなければなりません。 承認基準の一つとして、「包装単位」が制限されている場合があります。 例えば、風邪薬のシロップ剤では、  最大容量:6歳の1日最大量の2日分  最少容量:6歳の1日最大量の1日分 となっています。 この範囲内の容量しか包装単位は認められません。 このような「包装単位」の制限は、他の薬にもいろいろと設けられています。 仮に製造販売承認を、この最大容量で承認されてしまったとしたら、 最少容量に包装単位を変更もしくは追加しようとする場合には、「一部変更承認申請」を行い、承認を受けてからでないと正式な販売行為はできません。 このような申請作業は結構手間と時間がかかるため会社としては、あまりやりたくないのが実体です。 対象となっている商品が、既に承認基準の最少容量であるのなら、法的に申請することはもともと不可能なのです。 また私は別業界で、最終製品の生産ラインの管理をしていた経験もありますが、製品の包装単位を追加することは、新しい機械を導入するか改造を行わなければならず、現場にとっての負担も大変なものがあります。 勿論、その製品の販売見込みが大量のもので利益が上がりそうだということであれば、有無を言わさず実行されることは当然ですが。 従って、一つは既に法的な制限範囲の最少容量になっている場合、もう一つには会社としての損益を評価して実施に至らない場合とが、考えられるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 製品名を出さないのは、理由があってのことであり、 意地悪をしているわけではありません。 どうぞお気を悪くなさらないでください。 とにかくご回答はNo.1と共にとても丁寧でよくわかりました。 ロングセラー商品なので、会社が保守的になっているであろうことは十分想像がつきます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 薬事法について

    kawakawaさん、ご回答どうもありがとうございました! 継続質問があります。どなたか薬事法をわかりやすく要約したようなサイトをご存知でしたら教えていただけませんでしょうか? 薬事法によって規制される商品のリストのようなものがありますと大変助かるのですが、、、 よろしくお願いいたします! 前回質問URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=95781

  • 薬事法について

    質問です。薬事法において医療機器の製造にあたり、(具体的に言いますと使い捨てゴム製手袋)留意する点を教えていただきたいです。例えば、届け出が必要であるか、製品表示の必要項目、製品仕様等・・・。何卒宜しくお願い申し上げます。

  • 薬事法に関する英語訳についてです。

    薬事法に関する英語訳についてです。 以下の専門用語はなんと訳したらよいのでしょうか? 1.高度管理医療機器 2.製造販売業許可 3.品質管理責任者 4.安全管理責任者 5.出荷判定 6.責任技術者 どなたかよろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

具体的な商品の種類が説明されていませんが、質問のカテゴリーが「美容・健康」で「薬事法」が適用されるものだということから、恐らく「化粧品」と推察します。 薬事法には、「直接の容器等の記載事項」規定があります。 この規定を満足させるためには、小容量の商品の場合、表示できる面積が狭過ぎて不可能だということが考えられます。 化粧品の場合、薬事法だけでなく、「化粧品公正取引協議会」が定める「化粧品の表示に関する公正競争規約」の規定も満足させなければ、商品を市場では販売できないのです。 また表示できればよいというだけでなく、手に取った消費者がはっきりと読むことのできる文字の大きさというものの指定もあります。 勿論、小容量容器で表示面積が狭い場合の省略可能項目も多少はあるのですが、その会社ではそれらを総合的に判断して、実際の商品化は無理だとの結論になったものと思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

化粧品ではありません。 表示面積も小さくはないので、お答えのものではないようです。

関連するQ&A

  • オークションでサプリメントを販売していますが、薬事法は?

    オークションでサプリメントを販売していますが、薬事法などで 許可、届け出などは必要でしょうか。 (薬事法もよく知りません。) よく分からないため宜しくお願いします。

  • せっけんの販売について 許可 薬事法

    色々調べていましたが、いくつかよく理解できない箇所がありまして、どなたかご回答いただけたら助かります。 インターネットや自宅で石鹸を販売しようと思っています。 石鹸は手作りではなく、ある会社で製造されていて、化粧品製造認可を 取得している石鹸です。 その、化粧品製造認可を取得というのは、「化粧品」ということで販売しても薬事法の違反にはならないということでしょうか? しかし、販売する私はなんの許可も免許も持っていません。 その場合、石鹸自体が化粧品製造認可を取得していても、 販売形態は化粧せっけんではなく雑貨扱いになるのでしょうか? どなたか詳しい方おしえていただけたら大変助かります。 よろしくお願いします。

  • 薬事法

    歯科医院で使うドリルを海外から輸入し販売する際、薬事許可を取る必要がありますか? 口の中に入らないもので一般工業用でも使っているものですが、同じ製品でも薬事登録は必要でしょうか?

  • これは薬事法違反になるでしょうか

    いつもお世話になっております。 サプリの口コミサイトや,自分が使ってみて良かったと思うサプリを紹介するサイトを作成してみたいと思っています。あるいは情報提供サイトとして,色々な病気についての情報を載せたいと思っています。それで,薬事法について色々と調べているのですが,下記のような場合に薬事法違反になるのかどうかを知りたいと思っています。 健康食品を「販売する者」が効能効果を謳うと薬事法違反となると理解しておりますが,たとえば,一使用者が自分の使った健康食品の効能や効果についてサイト上に記載し,自分も試して良かったので悩んでいる方は是非試してみたらどうでしょうか,といった形でも効能効果を謳う事は禁止されているのでしょうか? さらには上記の形式に加えて,自分が販売する訳ではないのですが,その製品を販売しているサイトに,ここで買えますよ,といった感じでリンクを貼る場合などはどうでしょうか?リンクを貼ってしまうと違犯なのでしょうか? アフィリエイトのように業者からお金を受け取る場合は,やはり自分も販売業者の一部だと思うので,それは薬事法に触れていると思うのですが,お金のやり取りがないような上記のような場合はどうなのでしょうか? どなたかご存知の方がおられましたら,ご教授くださいませ。 よろしくお願いいたします。

  • 薬事法における製造販売業者の責任

    薬事法において製造販売業者の責任とはどこまであるんでしょうか? 品質に何らかの問題が生じた場合、実質の製造を行っていないOEM製品などを販売するだけの製品なんかはどうなんでしょうか? どの法律に書かれていますか?

  • 薬事法改正に伴う対応

    物流関連の仕事に携わっています。H17.4月より薬事法が 改正されるということで、対処をどうすればよいのかわかりません。 某医療機器メーカーと取引が有り、製品の保管・輸送・輸出入を受け持っています。取引先会社からも“改正薬事法 施行規則第26条第5項第4号で規定する製造業”の許可を取得して頂く事が必要になると 連絡を頂いています。 まず“規則第26条・・・”を素人にも分かる簡単な言葉で教えてほしいのと、このまま保管・輸送の仕事を受け持つとすれば何か新しく 申請・許可又は資格を入手する必要が あるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 薬事法について

    すいません、質問があります。今度髪に付ける(トリートメント効果のある泥などや薬草)製品を輸入販売したいのですが、この髪に付けるという部分で薬事法に違反するでしょうか?それとも効果効能などを言わなければよいのでしょうか?それとも髪に付けるという売り文句だけでやはり違反となるのでしょうか? 詳しい方いましたらアドバイスください。

  • この場合薬事法違反になりますか

    薬事法に関して質問があります。 アメリカの医療器具(日本でも認可済)を【アメリカのあるA社】が ネット販売しています。 それを日本人がネット注文した場合(個人輸入)に該当しますが その【アメリカA社】はEMS国際郵便で直接、日本のお客様へ配送せず 日本の【配送代行業者】へ配送を委託しているので *注文された商品は、A社から直接お客様の自宅へ配送せずに  まずA社から日本配送代行業者へ商品を送り、日本の配送代行業者が  お客様の自宅へ配送手続きをする この場合、配送代行業者や海外のA社は日本の薬事法に違反しますか? もちろん【輸入代行業者ではありません】ので配送代行業者は 商品の代金などには一切関与いたしません。 配送業者はアメリカA社に【配送代行料+契約料】をいただく形です。 ですので個人輸入された方とは契約などは結びません。 薬事法には輸入代行業者が店舗で商品を販売すると違反だとありますが 上記の場合は薬事法に該当しないような気がしますがどうでしょうか? 配送業者は商品をお客様に配送する業務のみですから、 輸入代行業者とも違いますし 配送代行業者は個人輸入されたお客さまと商業上契約するわけではなく アメリカのA社と配送契約を結ぶようになります。 また上記の事が薬事法に該当する場合、どういう理由で該当するのか お教えてください。よろしくお願いします。 また、輸入医療器具は日本で販売する場合、許可や資格が必要であり、 許可がない場合は薬事法に違反します。 ではA社がネット販売する際、店舗の住所も発送もアメリカで アメリカ人が販売しているお店の場合、日本人ではないし、 住所も日本ではないのですが、日本のネットオークションで販売したら これも薬事法に違反し、通告されるのでしょうか? 発送自体は上記に書いたとおり、日本から注文がきたらA社がお客様(個人輸入)と契約し A社はお客様から商品代金をいただき、日本にある配送代行業者へ配送手続きをする。 配送業者はA社からEMS便で発送した荷物を引き取り、お客様へ配送手続きを行う。 (1)アメリカのA社と (2)日本の配送代行業者 それぞれ薬事法違反に該当しますか? 同じような質問ばかり書いて申し訳ありません。

  • 薬事法の広告規制について

    よく分かっていないのですが、雑貨などを 販売する時、薬事法は関係あるのでしょうか? 薬事法の目的は、医薬品、医薬部外品、化粧品及び 医療機器の品質、有効性及び安全性の確保のために 必要な規制を行うとともに、指定薬物の規制に関する 措置を講ずるとあります。 現状の分類が雑貨であれば、効果効能を謳うことは 問題ないのでしょうか。

  • 薬事法と雑貨

    「雑貨」は、薬事法には関係ないでしょうか? 薬事法によれば、対象品は下記のようになりますように「歯ブラシ」の関していえば、分類は医療用具でもなく、「雑貨」になります。 しかし楽天ショップなどの歯ブラシを販売しているサイトで、優れた効果を謳っていたHPが最近、薬事法云々で削除しておりました。「歯ブラシ」で効果・効能を謳うことはできないのでしょうか。例えば、歯垢が取れるという効果は当たり前なのですが・・・。 厳密に美白になるとかいきすぎがだめなのでしょうか。 雑貨である「歯ブラシ」に薬事法は関係ないように思いますが、小売サイト運営者は知らないだけなんでしょうか。 よろしくお願いします。 薬事法の規制対象は医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具、動物用医薬品、動物用医薬部外品、動物用医療用具とありました。 http://www.houko.com/00/01/S35/145.HTM