• 締切済み
  • 困ってます

同情するなら・・・

「お金などいりません。パートナーになってくれれば、それだけで、とても嬉しいですし、感謝の気持ちもたくさんわきます。一生の伴侶にしたいくらいです。」 恋愛にかんする質疑応答のやりとりにおいて、「肝心な部分」、あるいは、「質問者がほんとうに回答者に伝えたいこと」とは、「とにもかくも、わたしのパートナーになってほしい!」ということではないでしょうか? 恋愛にかんする質問をたくさんしました。そして、たくさんのコメントから、多くのことを学びました。なかには、どうしようもないコメントもありましたし、一部の人々にたいしては、コメントをお断りしたこともありました。 これまでのやりとりをとおして、可視化することができたことは: ・アドバイスしてくれることは非常にありがたい、深く感謝している、しかし、そのアドバイスが問題解決の糸口であるとは限らないこと。 ・恋愛経験のない人々へのアドバイスは、その多くが、アドバイスとしては素晴らしいものであっても、まともな解決策にはなっていない。 ・アドバイスをしてくださるのなら、アドバイスではなく、実際にパートナーになってくれたほうが、よっぽど効果的なアドバイスであるはずだ。 ・つまり、ここでアドバイスを書いてくれるくらいなら、実際にオレの彼女になってくれ!、損はさせない!、ということではないでしょうか?

noname#189117

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数22
  • 閲覧数180
  • ありがとう数22

みんなの回答

  • 回答No.22

お男でもいいのですか? それならば少し考えますが

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

関連するQ&A

  • ネット上での暴言は快感?

    ネット上の質疑応答の際、齟齬による多少の憤りはつきものです。 ところがごく稀に、好戦的で枝葉末節にこそやたら拘る人がいます。 本来の問題解決の為には互いに手間暇のムダのはず。なのにどうしてそのように振舞うのでしょう。 また、その場合の暴言の類は愉快で快感を伴うのでしょうか。 ご教示よろしくお願い致します。

  • 真剣に付き合うことはバカなのか?

    恋愛にたいして,真剣に考えていない人々は,恋愛のことを考えずに,ホストクラブやキャバクラ,あるいは,ソープランドに通ったほうがましなのでしょうか? 先日,このような質問をしました。 「もしも,あなたのパートナーに,何かしらの「問題」が発覚したとき,あなたはパートナーとの関係を維持し,パートナーを支援しますか? それとも,別れる?」 この質問にたいして,このような回答がありました。 「愛する相手であっても,別れる。」 ひとりのコメントとはいえ,同じような考え方の人々がいることは,容易に想像できます。はっきりと申し上げると,そのようなコメントに,ひどく失望しました。人間関係とは,とても安っぽいものに思えたからです。 しかしながら,どのような状況であっても,愛する存在がいるのであれば,その人のことを想い,その人のことを助けます,とコメントした人々もいました。 あまりパートナーのことを考えずに,ただ単に,交際していることを,まるで「クンショウ」のように認識している人々の存在が,この日本社会全体において,少なくないことを考えると,恋愛経験のない,いわゆる恋愛弱者にとっては,何かしらのオルタナティブが必要になるのではないでしょうか?

  • 最も歓迎されるアドバイス法

    最も歓迎されるアドバイス法 ・あなたにとって,恋愛の悩みにたいする,最良のアドバイスとは,どういったものでしょうか? 恋愛にかんする質問のなかには,生まれてからずっとパートナーに恵まれなかったので,どうすればパートナーに恵まれるのか?,あるいは,パートナーをつくるための,具体的な「方法」を教えてください,といった主旨の質問が少なくありません。 そして,親切心から,恋愛経験のない質問者にたいして,恋愛のイロハを教えてくださる人々も,少なくありません。 しかしながら,ふと,思うところがありました。質問者は,パートナーが欲しいので,質問をしたわけです。そういった「ご事情」があるのであれば,回答者が,善意で回答文をしたためることよりも,質問者のパートナーになってあげたほうが,ほんとうの意味において,具体的な解決法になりうるものと思いますが,それ以上のアドバイスは,存在するのでしょうか?

  • 回答No.21

違います もう一度よく考えてみましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.20

アドバイスは、あくまでも個人の主観です。 「こんな考え方もあるのか~」っていう感じで、軽く考えた方がいいです。 あとは、自分を信じましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.19

楽に行きましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.18

正直、他人のアドバイスなど気休めにすぎません。あなたもそのくらいの認識でいると楽になりますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.17

同情するなら金をくれっていうのは安達由実の有名なセリフです。 懐かしいなー・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.16

たしかにあなたのいう通りですね。私の長年の心の棘が今取り除かれました。ただ一つあなたにいうのであれば文章が長いことです。それではパートナーはできないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.15
  • efuyama
  • ベストアンサー率1% (14/843)

アドバイスは気休めと考えてみたらいかがですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.14
  • klzvb
  • ベストアンサー率5% (2/39)

恋愛にはそれぞれの形があるので、みんながみんな違う恋愛観を持っています したがって、あなたがした質問に対する答えはおそらく回答者なりの恋愛観だったのでしょう ですがどうかんがえても、見ず知らずの人とパートナーになるのはむりがあるとおもうんですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

  • 回答No.13
  • lololu
  • ベストアンサー率1% (3/210)

そうじゃないですか。 間違いないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

コメントありがとうございます。

関連するQ&A

  • 「ビジネス」抜きの「出会い」は可能か

    現代日本社会においては,他者―とくに,恋愛や結婚など,「親密な人間関係」によってつながるパートナー―と出会うことが難しい社会とされています。 「仕事が忙しい」,あるいは,「生活のリズムが異なる」など,さまざまな「理由」があって,他者と出会う「チャンス」をつかむことに悩んでいる人々が多くいます。 そのようななか,なかば「慈善活動」の一環ということで,他者との「出会い」をサポートする人々が注目されました。「経済的な利益」は見込めませんが,「社会貢献」という点においては,とても興味深い活動をしていると,わたしは思います。 そのような人々の活躍の一方で,「出会い」が,「ビジネス」と化していることも指摘されています。「出会い」を求めている人々にとっては,「ビジネス」と化した「出会い」という存在にたいしては,「仕方がない」という気持ちが「心の内」にはあると,わたしは思います。 「高額な参加費」を支払い,「意味のない儀式と化したゲーム」や「ワンパターン化した質疑応答」をくりかえすことに,「出会い」とはこんなものなのか…,「出会い」の「意味」とはどのようなものなのか…などと,激しく自問自答した人々は多くいると思います。 「ビジネス」と化した現代日本社会における「出会い」。このような社会事情のなかにおいては,パートナーを求めている人々にとっては,「非常に不都合な時代」なのかもしれません。 「ビジネス」抜きの「出会い」は,いまの日本社会に存在しますか?

  • 「既製品」のようなパートナーを見つける意味

    わたしはこれまで、恋愛にかんする質問を多くしてきましたが、わたし自身が理解に至ったコメントをいただいたことは、ほとんどありませんでした。わたし自身の理解力によるものではなく、一部の回答者の説明不足によるものでした。 回答者の皆さんには、建前のコメントは一切お断りすることを、あらかじめ申し上げておきます。 パートナーを探している人々にとって、パートナーの学歴や収入を重要する人々は少なくありません。 一方で、パートナーとの人間関係は、毎日の積み重ねが重要とされます。 高学歴や高収入の人をパートナーにしたい人々は、パートナーとの人間関係が積み重ねによるものであることを軽視しているのでしょうか? 交際開始当初、あるいは結婚当初は、例えば、無職であったが、その後就職して、財産を築く人物であっても、パートナーとして立派な存在であるはずです。 この質問は、回答者がパートナーの本質、あるいは付加価値、どちらを重んじているのかがわかる質問だと思います。

  • 質問者のココロの内,どうやって「想像」してますか?

    恋愛にかんするカテゴリーにおいて,出された質問にたいして,コメントする人々は,少なくないと思います。 コメントをされる方々は,質問をした人がおかれている「状況」を,どのようにして「想像」していますか? つまり,どれだけ,質問した人に寄り添って,コメントできているか,ということでもあります。 たとえば,わたしは,これまで30年以上生きてきましたが,パートナーに恵まれたことは,一度たりともありませんでした。他人からみたら,わたしは,周囲に流されることがなく,また,完全主義者であって,さらには,独特の世界観をもっていることから,近づき難い印象があるそうです。 しかしながら,わたし以外にも,周囲に流されない人,また,完全主義者はたくさんいますし,さらには,独特の世界観をもっている人々も,たくさんいます。わたし自身のキャラクターが理由で,パートナーに恵まれなかった,というわけではないと思います。周囲の人々の,人を見る目が成熟していないことが,問題なのです。 パートナーがいないことに,「負い目」を感じるときがあります。この「負い目」を,あなたはどこまで,的確に,適切に,「想像」できますか? パートナーをもつためには,学校の成績,会社の成績,稼ぐお金の量,それらは,基本的に,無関係です。「論理的な世界」とは,まったく異なる,「感情」や「業」の支配する「セカイ」を,あなたはどこまで,的確に,適切に,「想像」できますか?

  • 自己PRの添削お願いします

    工学系大学、技術系の会社志望です 私は、問題解決に向けた行動力が強みです。私は自治寮で委員長をしていました。 よりよい寮生活を送るためには、寮生同士の交流が必要であると考え、 交流を深めるためにそれぞれの季節に行事を行おうと考えました。 そのために予算・企画を立て、寮生の参加と承認をお願いする議題で寮生集会を開きました。 様々な質疑応答の末、200人中3/4以上から承認が得られたため、議題が通り行事を行うことができました。 その結果、寮生間の交流が深まり、寮内の一体感を強くすることができました。 社会人になっても、困難なことに対してすぐに諦めず、問題解決に向かって行動していきたいです。 (243文字)

  • 建前論でしか恋愛を語れない人々

    恋愛にかんする質問にたいするコメントの多くは,建前論を前提にしたものが少なくありませんが,なぜ,多くの人々は,恋愛という観点においては,建前論を語ることが多々あるのでしょうか? 過去の,わたしの出した質問にたいしては, (1)パートナーはお金で「買う」ものだ →(建前)お金で人心は買えない。 →(本音)お金の切れ目が愛の切れ目 (2)パートナーのわがままを聞くことは良いことだ →(建前)おたがいの要求を聞き,おたがい歩み寄ることが重要だ →(本音)与えるよりも,与えられるほうが嬉しい,あるいは楽だ (3)パートナーのことが,ほんとうに好きなら,愛しているなら →(建前)パートナーの全てを受け入れられる →(本音)パートナーの過去が気になる

  • 恋愛に悩む人々への,ほんとうの解決法

    この場では,数多くの人々が,恋愛や人生に悩む人々のために,さまざまなアドバイスを提供しています。(なかには,単にポイント稼ぎのため,宣伝のための「書き込み」をしている人々も少なくありませんが。) 恋愛に悩む人々による質問には,パートナーを見つける方法にかんするものが少なくありません。わたし自身も,確実にパートナーを見つけることのできる方法を,過去に質問したことがあります。 しかしながら,パートナーを見つけることにかんする質問への回答の多くは,「身だしなみを綺麗にしなさい」,「趣味を持ちなさい」,「合コンやオフ会に行きなさい」といった,あまり具体的ではない回答が多くみられます。(わたし自身のことですが,清潔な身だしなみを心がけていますし,収入源にしてもいいくらいの「趣味」があります。また,合コンやオフ会などの「場」に行ったとしても,参加者によるつまらない話題ばかりで,「自分の世界」をもたない人々が集まることが少なくありません。つまり,ありきたりの回答に,わたしは納得しないのです。) 「何月何日の何時に,どこに行って,どんな人に,どんなことを話しかければ,必ずパートナーになってくれる。その場で,ふたりの関係がはじまる。別れることなどない。」 そのような回答を,今まで一度も,いただいたことがありません。そして,ほんとうにパートナーが欲しいと思っている人々は,「具体的なアクション」を求めているものと思います。(同時に,わたしは,ほんとうに信頼できる人物であれば,パートナーとして受け入れる「覚悟」ができています。)

  • 苛め、あるいは苛められ経験者へ

    学生時代に苛めにあった経験もしくは、実際苛めをやったことのある経験者に質問です。 苛めにあった事のある方は、振り返ってみて何故自分が苛められたと感じますか? もちろん理由などなく苛めに遭われた方もいるでしょう。現在大人になり、どういった心が備わりましたか?苛めに遭う子供の気持ち、傷ついた心が理解してあげられる優しさが備わったのか・・あるいは、弱い立場の人間は苛められても仕方ないと理解してしまい、職場などで自分より弱い立場の人間を無意識に攻撃してしまうような性格になった・・など。 逆に苛めをした方・・何故苛めに走ったと思いますか? 今現在、幼少時に弱いもの苛めをしたことを当然と思っていますか? それとも何であんなことしてしまったのかと後悔していますか? いろいろな方の体験談や大人になった今現在の感想などお聞かせください。 質疑応答の中で、今、苛めに遭われている方の何か現状打開や悩み事の解決の糸口などが見つかる事を祈りつつ、質問を終えます。

  • 転職の面談での質疑応答書

    在職中に転職を考えていてスカウトを受けました。まずは会社説明のような面談をするのですが、その時に現在の会社より給料や待遇が良ければ転職しようと考えています。が、面談の時にこちらからの質問を「質疑応答書」として、相手の会社からの答えを書面にて残してもらうのは失礼でしょうか。 過去の質問を見せてもらいましたが、面接官との口答のやりとりがほとんどだと思うのですが、2年後に正社員とか、6ヶ月後は給料が上がるなどの返答だと、確実な物として残しておきたいのは私だけでしょうか・・・。 書面で残された方はいませんか?できれば書き方などもアドバイスをいただけたら幸いです。

  • 回答者のみなさんへ。みなさん他人事だと思って「別れろ」って言い過ぎなんじゃないですか?

    以前からここの板で何度か相談させていただいています。 その度に、 「質問者さんには合ってないんだと思います。別れた方がいいですよ」とアドバイスを頂きます。 毎回、レスをいただけるだけでもありがたいとは思いますが、 みなさん他人事だと思って少し無神経過ぎるんじゃないですか? それが出来ないから相談してるんです。簡単に出来たらこんなところで相談してないですよ? もう少し言うなれば、 ここに来ているという時点でみなさん何かしら恋愛に関してドラブルを抱えている訳ですよね? こんな所に来る前にさっさと問題を抱えたパートナーと別れたらいいじゃないですか? それで問題解決。すっきりですよ? ・・・そんなのそう簡単に出来ないでしょ? 酷いパートナーに捕まってしまって相談している人に 共感してあげて、「別れた方がいいですよ」と救いの手を差し伸べる。 それを間違っているとは言いません。 でもどんなに酷い人だったとしても惹かれる部分があったからこそ好きになったわけじゃないですか。 それを別れろ、別れろと・・・。 ただでさえモチベーションが下がっているのにますます下がります。 もっと少し明日に繋がる活力を、下がりきったモチベーションが高まるような言葉をかけてあげて下さい。 少なくとも僕にはかけて欲しいです。 どんなに酷い彼女でも、それでも自分のたった一人の恋人です。 たくさん愛してあげて幸せにしてあげたいと思っています。 だからそこ相談させていただいています。 だらだらと書きましたが共感していただける方、何言っているんだ!と反感を買った方もいると思います。 よろしければ率直な意見をレスでいただけると幸いです。

  • 恋愛から家族愛

    私43歳、妻44歳、子供二人で結婚13年目になります。 一生愛し合って行きましょうね!と誓ったあの日から9年目頃でしょうか、妻の愛情が感じられなくなってきました。当然セックスも減ってきました。(月1~2回)(涙)ただし普通に会話もありますし、愛想も悪くなく、寝室も一緒です。 その後夫婦の愛情について何度か話し合いをしてきましたが、先日の話し合いでやっと問題解決の糸口が見えてきました。 妻の考え(私に対する愛情とは) 1.いつからか私を男性として見れない。 2.恋愛感情では無く、家族愛的な感情。 3.大きな不満があるわけではなく空気的存在。 4.子供たちのお父さん。 5.恋愛をしたいとは思わず現状で満足。(夫以外も含む) 私の考え(妻に対する愛情とは) 1.妻を女性として見ている。 2.昔と変わらない恋愛感情。 3.生活の中で多少の不満はあるが、一番の不満が妻の愛情が感じられない事。 4.子供たちの母親としては尊敬に値するほど頑張っている。 5.妻以外は今のところ愛せないでしょう。 妻と私の愛情バランスが崩れているのが問題解決の糸口なのですが、現状を受け入れたとしても今後の人生、寂しいものです。恋愛→家族愛→大恋愛というのが私の願いなのですが・・・・ 皆々様のご意見をいただければ幸いと存じます。