• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

韓国軍への銃弾の譲渡について

  自衛隊の銃弾がPKO活動中の韓国軍に譲渡されたとのことで、その際、国連と現地の韓国軍から要請があったとのことです。   私は、日本政府のこの発表については、信じていますが、「国連から要請があった」ことについて、私たち一般国民も知りうるような証拠はありますか?あるいは要請文書のような明確な証拠が公開、報道されていますか?それとも、要請はあったけれども、具体的内容については、「国家機密」ということなのでしょうか?  それと、国連からの要請ということであれば、当然、国連の事務総長(たしか韓国人だったと思いますが。)は承知していますよね。何か発言はありましたか?あったら、その内容を教えて下さい。  現地の韓国軍から要請があったかどうかということについては、どうでもよいです。どうせ、「要請していない」という話になるだけでしょうから。

noname#205122

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数290
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

今朝の新聞では 「韓国軍の現地司令官から電話で要請があった」と報道されていました。事実だとしたら証拠はないでしょう。 しかしこの話が事実なら現地司令官の身の安全が心配になります。最高司令官は大の反日です。ご老人が日帝時代はよかったというだけで撲殺される隣国ですから…。 現国連事務総長は韓国人の潘基文です。国連が一国のたま切れを心配して独自に行動することなんてあり得ません。国連事務総長が自ら動いたのではないでしょうか?若しくは無能で知られているので、国連の韓国人スタッフが勝手に動いたのかもしれません。 しかし上でかいたような事情がありますから誰が動いたのかは闇のなかでしょう。特に支持率が低迷しており、就任式で1000年恨みますと言った現大統領としては一切の関与を否定するでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございました。ご回答から察するに、韓国軍から要請があったという具体的証拠はないし、これに関する国連事務総長の発言は無いということですね。

関連するQ&A

  • 韓国の国連影響力

    国連の事務総長は韓国人ですが、事務総長を決める際は出身国のことはどれ位考慮されるのでしょうか?また、韓国が安保理非常任理事国投票で1票しか取れなかったというのは事実なのでしょうか?

  • 韓国軍レーダー照射事件

    韓国軍レーダー照射事件にて、日本側はレーダー照射を受けた証拠は機密だから出せないとの立場を取っています。 この機密とはどういった内容のものになるのでしょうか?少なくとも、韓国軍がレーダー照射した証拠を取れる程度の能力を持っていることは既にバレているわけでして。

  • 返さねばならないのは銃弾だけでしょうか?

    韓国が銃弾を国連に要請し、日本が支援した事で、紛糾していました。支援物資が到着次第、弾丸は返却するとの事ですが、コイツらに返却して貰うモノは、銃弾だけなのでしょうか?この際、オリンピックスタジアム建造費も、精査し、遺恨の残らぬよう返却して貰ってはどうでしょうか?せっかく注目されているのだから、いつものような恥晒しも出来ないのでは?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

(1) 両方正しい 日本側は「現地の韓国軍の大佐から現地の自衛隊に要請があった」と言い、韓国側は「UNMISS(国連南スーダン派遣団)に要請し、UNMISSが日本に要請した」と述べた。そして、国連事務総長は韓国側の発表内容を追認した(ニュースをググれ)。 これは両方正しいに決まってるじゃん。現場、上層部の両ルートということである。現地の部隊同士で話が付いても、シビリアンコントロールの鉄則から言って、上層部の文官同士で了承されていないと、責任問題になるよ。 また、上層部同士で了承されたからといって、現場同士で電話の一本も掛けなければ、仕事が雑な無礼者ということになるだろう。軍に限らず、一般の社会人なら、それくらいの社会常識は知ってるよね。 (2) 定量的に考えよう 私も学がないから、偉そうに語るつもりはないが、「定量的思考」って大学で習わなかったか? 定性的に考えるのも、定量的に考えるのも大切である。 今回、自衛隊が無償譲渡した銃弾は、小銃用のもので1万発だったらしい。この1万という量に注目しよう。 今どきの小銃はアサルトライフルで、単射もできるが、全自動の連射もできる。1分間に600発も800発も連射できるそうだ(計算上)。というか、いざとなったら連射するに決まってるよね。一発一発狙って撃つよりも、連射して敵をなぎ倒すのだ。 兵隊一人当たり、30発入りの弾倉を6個とか身に付けているらしい。小銃に充填しているのと合わせて7個だ。そして、現地の韓国軍は280人ぐらいいるらしい。つまり、兵隊が身に付けている分だけで6万発ぐらい必要だ。 さらに、基地の武器庫(?)にはその10倍とか蓄えてないといけないだろう。つまり、数十万発必要だ。 したがって、1万発の譲渡なんて「お付き合い」程度のやり取りでしかない。本当に危険が差し迫って銃弾が不足しているんだったら、撃ちまくらなくちゃならないんだから、1万発程度もらっても話になりゃしない。 なお、現地の韓国軍は工兵が主で、工兵というのは道路建設などが仕事だから、武器弾薬を豊富に持っていなかったことは事実らしい。現地の自衛隊も工兵が主だが、ご存知のように自衛隊は危険な場所をなるべく避けるので、あまり銃弾が必要でない。 (3) アメリカの手前 したがって、現地の韓国軍は、「予備の銃弾が多いに越したことはないから」一応自衛隊に頼んだ、ということだろう。それを、日本側が「韓国から緊急の要請があった」などと話を「盛って」いるんだよ。武器輸出三原則をゆるめるために、利用してるんだ。 一方、これまで韓国の現政権は日本との首脳会談を拒否したりして、アメリカの不興を買っている。アメリカ親分にしてみれば、子分同士が喧嘩するのは困るのだ。 そこで、韓国は「実務レベルでは適宜日本と協力し合うことに、やぶさかではありませんよ」と示す必要があった。アメリカの手前、ポーズ(見せかけの態度)として日韓協力の事例を見せようとしたのだろう。 つまり、日本にも韓国にも魂胆(こんたん)があった。ネットでは、とかく「日本は優秀で韓国は愚劣だ」とか、その真逆とかの論調が多いが、現実には日本も韓国もずる賢いのである。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございました。大学では「定量的思考」というのを習うのですか?私は大学に行っていないので、その辺のことは……???

  • 回答No.5

部隊間での弾薬の貸し借りなど日常茶飯事ですからいちいち事務総長などに伺いを立てたり報告するような案件ではありません。 ですのでUN,UNMISSとも報道は当然ありませんね。 韓国も日本で報道されたからそれに反応しただけですね。 せいぜいUNMISSの司令官の決裁事項。 命令系統から韓国軍から日本軍へ直接要請ではなくUNMISSの司令部を通すのも当然。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございました。  そうですか。少し分かりかけたように思います。友だちの間で、「煙草1本頂戴」という程度のことということなのですね。  武器や弾薬のことは全く分かりませんが、たまたま、韓国軍の使っていた武器に、日本の持っていた銃弾が使用できるということだったのですかね。

  • 回答No.4

私たち一般国民も知りうるような証拠ーー>ありません。 国連の事務総長は承知?ーー>しるすべもありません。 今回かぎらず、政府の行動なんて報道で知る以外、「私たち一般国民も知りうるような証拠」なんてないのが普通ですが。 「私たち一般国民も知りうるような証拠」もないからインチキだていう論法かい?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。  「私たち一般国民も知りうるような証拠」もないからインチキだていう論法かい?……???「インチキだ」なんて言っていません。ちゃんと「日本政府のこの発表については、信じています」と書いてあるじゃありませんか。ただ私が、報道を見逃している可能性があるので、2点についての事実関係を知りたかっただけです。

  • 回答No.3

そうそう!!! 日本人は自国が嘘をついてるなんて思うわけがないんですよ。でも、それは韓国国民だってそうでしょう。 韓国が「不足していない」と言わなければならない理由はすごくよく分かるんですが、 日本が「兵器売買の既成事実」を作るために、頼まれてもいないのにプレゼントした。 という説だって1%ぐらい可能性あるんじゃないかとも思います。 で、これはすごく簡単な結論で 「国連が事情説明すればいい」 ですよね。 今日にでもニュースになるのではないでしょうか。 本当に必要ないなら日本国民の血税なんですから返してもらわないといけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございました。私の2点の質問に答えて欲しかったのですが……。

  • 回答No.1

今朝のニュースで韓国の報道官が「予備のためである」と言ってました。 予備のためとはよく考えました。 不足して日本に泣きついたと言えば国民から怒りの声を上げられるし、頼んでないと嘘を言えば日本から返還要求されるし、答えに窮したのでしょう。 こちらとしては予備なんだったら返せと言いたいですが、大人げないからそのままにしてやるかというところですかね。 まあ日本サイドも今回の無償人道的支援で武器の輸出に道ができた。これからは武器の輸出もそこそこやったほうがいいでしょう。日本はアレルギーを軽減すべきです。優秀な武器をもっているのなら悪評がたたない程度に売って外貨を稼ぐべきです。 フランスなんか平和国家っぽいイメージをもっていますが、武器を売りまくっています。アフリカの元植民地にはフランスの武器が溢れています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございました。私の2点の質問に答えて欲しかったのですが……。

関連するQ&A

  • 何なんだ!!コイツらは!!!

    PKO活動中の自衛隊と、韓国軍との間で、国連を通じ、自衛隊へ弾丸の供与をお願いされ、韓国側へ弾丸を供与し、日本国内でも物議を醸しだす問題に発展した件ですが、韓国国内で安閑としている政府とは違い、韓国軍のPKO実行部隊は、日本の自衛隊へ感謝の意を述べておられるそうです。しかしながら韓国紙の朝鮮日報は、日本政府が銃弾の提供を【政治的に利用している】として、韓国政府が外交ルートを通じて日本に強い遺憾の意を伝えたとの事です。これはもう救いようの無い国家であり、十二分に国交断絶の理由になりうるのではないでしょうか?何故、内向きと外ズラでこれほどまでの問題にせねばならないのか?もう冬季オリンピックなど、夢の話は断らせ、一切の援助を停止する事を望みます。『国連を通じて銃弾を迂回支援してもらっただけなのに、日本が軍事的役割の拡大につなげようとしていると不快感を示した』という事らしいのですが、おおよそ日本は同じ弾丸を使用している事くらいは知っていたであろうし、計算ずくで、国連に頼み込んだと思われますが(事実、直接の要請もあったとの事ですし)、何の世話をしてやったところで、謝意の一つも表わさないこの国は、とっととスーダンからお引取り願い、打倒朴クネで立ち上がって欲しいものですが、どうでしょうか?

  • 韓国に自衛隊の弾が…第三国に渡るオチ

    自衛隊の銃弾1万発余がPKO活動中の韓国軍に譲渡されました。 しかしずるがしこい韓国の事 間違いなく余った数千発は中東の国に譲渡するはずです 日本はそれをわかっていて韓国に銃弾を渡したのでしょうか? それとも安倍の祖国の偉大な大韓民国(笑)はそんな事をするはずは無いという全幅の信頼でしょうか?

  • 韓国・ロシアは先進国ですか?

    韓国やロシアは経済面での先進国に該当しますか? 次期国連総長は韓国の前外相が就任するそうですが、事務総長は途上国・非先進国から選任されるのが近年の通例かと思っていました。 韓国は分野によっては日本企業より優っているようですが、G8メンバーでもないようですが先進国とはいえないのでしょうか。 素人の質問で恐縮ですが、ご教授頂けると幸甚です。

  • 日本は国連人権委員会の勧告に反論すべきでは?

    日本はあっさり謝罪を断りましたが、まあそれは正しいとして若干の説明を加えるべきではないでしょうか。 そもそも70年も前のことをなぜ今になってまた謝罪しなくてはいけないのか? 国連は事務総長が韓国人だから職員たちが一方的に韓国側に肩入れしているように見えますが・・・

  • 竹島奪還の最も現実的な手段は?

    チョン総長の母国では、チョン総長の 権限を最大限に生かそうと韓国寄りの 歴史感で日韓関係を国連でアピール したが、いやいやいや~まずは、領土 問題を国連主導で国連の機関でもある 国際司法裁判所で話合えや!見たいな こと言わんかい!チョン総長さん!! こいつ何の為に国連で事務総長の席に 座ってんの?国連の一番の仕事を知らない のでは?やはりチョンだけに能力なし? アホが事務総長の席に座ってる限り 韓国が国際司法裁判所には出てくる ことは無いだろうが、近い将来、日韓 での領土問題を国際司法裁判所で 白黒ついた場合 もし、日本が負けたら潔く、判決を呑むと 思うが、韓国が負けたら絶対呑まね~だろ~? 国際司法裁判所の判決って強制力あるの? 竹島奪還の最も現実的な手段は?

  • 次期国連事務総長

    今年末にアナン事務総長が任期満了になります。 次期国連事務総長は誰になるとおもいますか? 次はアジアの人が有力ということなのですが、なんか韓国の外交通商相の人や中国の駐米大使が立候補するみたいです。他にもタイの人とかも・・・ やっぱり事務総長は世界の代表となる人ですから、中国や韓国の人にはなって欲しくないです。 あと、人口が多いからって常任理事国というのも謎です。その分、国連資金も出すべきだと思います。拒否権もあって影響があるのですから(まぁ、これは個人的な意見です)

  • 次期国連事務総長選出について

    新聞やTVで得た情報では、国連の次期事務総長に韓国の外相(だったと思いますが)が有力及び決定的とありましたが、反日至上主義の韓国からそのような大任が選出されれば日本の常任委入りはもとより、アジアでの日韓の立場はどうなってくると予測されますか?また、その人物は国連の事務総長にふさわしい人物でしょうか?私個人の意見としては到底友好国とは言えずに、しかも反日活動・デモが盛んな国家から選出されるのはあまり嬉しいとはおもえませんが・・。以上ご返答よろしく願います。

  • 国連事務総長が、こんな事でいいのか !

    まったく怒ってはいませんが、韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長が26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本政府に注文を付けたとの事です。  具体的な点には言及しなかったが「侵略の定義は定まっていない」とした安倍晋三首相の発言などを念頭に置いているとみられるようでして、国家間が対立する問題で、国連事務総長が一方の態度に問題があるとの認識を強い表現で示すのは異例の事だそうです。自らの出自は韓国です。国連事務総長に選出されるほどの優秀な人間ですら、この程度の認識しかないようです。 潘氏は、歴史認識を正しく持つことが未来志向的な隣国同士の友好関係につながるとの認識を示しながら、日本政府を名指しして態度変化を促したそうですが、それでは誰が得をすると言うのでしょうか?少なくとも日本人ではありません。日本は韓国の言ってる事が解からないから無視をしようとしています。理不尽と感じているからこそ、一旦関係を絶とうとしています。いつまでオンブに抱っこだ!!と突き放そうとしています。それで考えるべきは、態度を変えねばならぬのは、韓国側だとまだ、わからんのでしょうか?

  • 国家機密を知った自国民を政府が暗殺するなんてあり?

    国家機密を一般国民が知ることは出来ませんが、 半ばアクシデント的(災害時のドサクサなどで)に マニアなどの一般国民に知られることは、 ごくごく稀にないとは言い切れないと思います。 しかし実際に市民が機密保持のために 自国政府に暗殺されるなど、 映画の中だけの話だと私は考えています。 (日本はイギリスじゃないんだから。) だけど、とある場所で聞いたら、 「あなたの考えは青臭い。一体何人死んでるのやら。」 などと2ちゃんねらー並みに 意味不明な陰険な発言をされました。 皆様はどう思いますか? 戦後の日本政府が自国民に手を出すなどあり得るでしょうか?

  • 南スーダンの韓国軍の哀れについて

     韓国の新聞社、朝鮮日報/朝鮮日報日本語版では、南スーダンの韓国軍を、非難して、次の様な社説を書きました。  しかし、戦場で、命をかけて戦っている韓国軍に対して、あまりにも無慈悲、突き放した扱いでは、ないですか。  戦場で弾薬が足りなかったのは、国が貧しいから、弾薬は賞味期限があるから、必要以上には、持てない。  そんな、国の事情を棚に上げ、韓国軍を悪く言うのは、国内で内紛を招くだけ。  ここは、言いたくてもじっと、我慢し、内紛を抑えるべきだと、思います。  命を懸けて戦っている韓国軍を支えるべきだと思いますが、みなさんどう思われますか。  戦っていて、身内の後ろから、鉄砲が飛んでくるようじゃ、任務を遂行したくなくなるじゃ、無いですか。  みなさんどう思われます?  長くなりますが、朝鮮日報/朝鮮日報日本語版の社説を記載します。 これを読んで、ご回答下さい。 【朝鮮日報/朝鮮日報日本語版の社説】日本に集団的自衛権の口実与えた韓国軍の無能さ  国連南スーダン派遣団(UNMISS)の一員として現地に派遣されている韓国軍の「ハンビッ部隊」が23日、国連を通じ現地で日本の自衛隊から小銃用の弾丸1万発の提供を受けていたことが分かった。  韓国は今年3月、南スーダンに210人の工兵部隊とその警護に当たる70人の兵士を派遣。 自衛隊も主に工兵を中心とする320人規模の平和維持部隊を派遣している。  韓国と日本は兵力の構成や部隊の規模ではほぼ同じだが、韓国軍は個人で携帯が可能なレベルの実弾のみを保有していたのに対し、自衛隊は不測の事態に備えて余分の実弾や火器を所持していたことが分かった。  今月15日以降、南スーダンでは現職大統領と前副大統領のそれぞれが率いる部族間の紛争が内戦にまで発展し、国連平和維持軍の安全まで脅かされるほどになってしまった。  これは7月に大統領が副大統領を解任した時点である程度は予測できていたことだ。 だとすれば10月に現地に到着し、第1陣と交代した韓国軍の第2陣は、自分たちを守るための最低限の武装は当然しておくべきだった。  ところが韓国軍の上層部は派兵に先立ち、当然やっておくべき現地の状況把握やその分析さえ怠っていたのだ。  韓国軍は当初、現地に展開するUNMISSに実弾の支援を要請したという。  UNMISSの一員として南スーダンに派遣されている11カ国のうち、韓国軍が使用する5.56ミリ口径の実弾を保有する国は米国と日本しかなく、最終的に国連軍が中間に立って米軍と自衛隊から実弾を確保し、韓国軍に提供されたというわけだ。  これについて韓国国防部(省に相当)は「現地にいる責任者の判断を尊重し、国防部の次元で決定を下した」と説明している。  日本は韓国からの要請を受けると同時に、安倍首相を中心に関係閣僚による会議を開き、直ちに官房長官が会見を開いて実弾提供の事実を公表した。  日本の各メディアはこれを大きく報じ、一部では「安倍首相が推進している『集団的自衛権』の必要性を示す最初の事例」といった評価まで出ている。  今回の一連の事態を受け、日本は首相が直接会議を主宰したが、韓国は現地にいる責任者の提案に基づき国防部が単独でこの重大な決定を下した。  しかしこの韓国の対応についてはどうも納得がいかない。今回の決定が呼び起こす外交面での影響について、韓国政府は誰も検討さえせず、頭を悩ますこともなかったのだ。  これでは何のために毎週のように外交安全保障の関係閣僚会議を開催し、また何のために大統領府に韓国版国家安全保障会議(NSC)事務局を新たに設けたのか、理解ができない。  日本は今回の事態について、安倍政権が掲げる「積極的平和主義」に韓国が同調したかのように主張するだろうが、そのようなことは絶対にあり得ない。  しかし日本がこのような主張を行う口実を与えたのは、間違いなく韓国国防部と軍の無能さにある。 今回明らかになった韓国政府の外交安保政策における意思決定プロセスの問題点は、必ず早急に修正しなければならない。