• ベストアンサー
  • 困ってます

長文で形容詞句などについてわからない部分が・・

it is a very personal choice you are making and only you can take responsibility for yourself and for realizing your ambition. これの、for your self and for realizing your ambitionがresponsibilityに形容詞句としてかかっているのはどうしてですか?responsibilityを見た時点で次が形容詞句とわかるんでしょうか? i have frequently been asked to explain this magical thing called talent,which everyyone is looking for. これはwhichがthis magical thingをwhich everyone is looking forが修飾しているようです。 どうしてto explain this magical thingを修飾ではなくthis magical thingだけを修飾しているんでしょうか?また、which everyone is looking forも形容詞句になるのは非制限用法でlooking forのあとの名詞が抜けているからでしょうか? どの部分が形容詞になっているかというのがわかりません。前置詞+形容詞で形容詞というのはわかっていて、長くなれば名詞の後ろが形容詞がくるというのもわかっています。読んでいてfor yourself・・ときたら副詞だとおもいどこも修飾しないと思ってしまって意味がぐちゃぐちゃになってしまいます。また、どこを勉強すればこういった部分がわかるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数162
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3500/7231)

> It is a very personal choice you are making and only you can take responsibility for yourself and for realizing your ambition. > これの、for your self and for realizing your ambitionがresponsibilityに形容詞句としてかかっているのはどうしてですか?  意味の上からそう読めるから、ということではないかと思います。そういうふうに解釈しないと意味のある文にならないので。  また、for の後ろが文でないので、前の単語にかかってるんだな、と考えるのが自然なことだと思います。つまり responsibility for X という形をとってるなと考えて読んでしまいます。 > responsibilityを見た時点で次が形容詞句とわかるんでしょうか?  それはほとんど無理だと思います。only you can take responsibility で言葉を切ってしまうかもしれないし ・・・  私なら、まず It is a very personal choice という文を見て 「それはあなたの個人的な選択だ」 ということを言ってるなと内容を把握します。  次に you are making と来るので、「あなたがやってるのはあなたの個人的な選択だ」 という意味のことを述べているなと把握します。  次に and only you can take responsibility という部分を見れば、and でつないで別な文が始まってることを把握します。「責任を取れるのはあなただけだ」  しかし次を見ると for yourself とあるので前の単語と結びつけて only you can take responsibility for yourself として 「あなただけがあなた自身に対して責任を取ることができる」 と少し修正します。  さらに次を見ると and for realizing your ambition とあるから、前に出た for とこの for とが響きあっているのを感じますから、前の for と同じものにつながっているな、と考えます。すなわち responsibility for realizing your ambition ということで、文字で表せば 「自分の願望を認識することに対する責任」 みたいな意味だろうと把握します。  全体としては 「あんたがどんな望みを抱こうがあんたの勝手だが、その責任は自分で取れよ」 ということを言いたいんだろうな、というように感じます (文脈にもよるでしょうけれども)。 > I have frequently been asked to explain this magical thing called talent, which everyyone is looking for. > どうしてto explain this magical thingを修飾ではなくthis magical thingだけを修飾しているんでしょうか?  which は文法用語で 「関係代名詞」 と呼ばれますが、それは 「名詞」 の代用をする関係詞だからでしょう。this magical thing は名詞ですが、to explain this magical thing は動詞と目的語を含む表現で、名詞ではありません。もちろん動名詞というものもありますが、その文の場合は I have been asked to explain ... となっていて 主語 + 動詞 という構文の動詞の一部をなしています。  ですから、ひと言で答えれば 「this magical thing は名詞だが to explain this magical thing は名詞ではないから」 ということになります。 > which everyone is looking forも形容詞句になるのは非制限用法でlooking forのあとの名詞が抜けているからでしょうか?  これも関係代名詞にかかわる問題ですね。「looking forのあとの名詞が抜けている」 というより、名詞が which で置き換えられているわけです。looking for this magical thing の this magical thing が which に置き換えられて冒頭に置かれたという形です。 > 前置詞+形容詞で形容詞というのはわかっていて、長くなれば名詞の後ろが形容詞がくるというのもわかっています。  それはすごいことだと思います。私なんかは、そんなややいこしいことを聞いても何のことやら分かりません (笑)。だから、ちょっと答えられません。 > 読んでいてfor yourself・・ときたら副詞だとおもいどこも修飾しないと思って  これも私にはよく分かりません。副詞は動詞や形容詞を修飾するものだと思いますが ・・・ > どこを勉強すればこういった部分がわかるのでしょうか?  これも私のような、素人で、自己流で読んでいるだけの者にはきちんと答えることができませんが、文意を取って、それが不自然な感じがする、あるいは文脈にそぐわないものであれば、どこかで取り違えをしている可能性があると思って読み直します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

日本語では前置修飾が絶対に原則ですが、英語では後置修飾が当たり前だということをご理解ください。"responsibility for xx" と来ればその後に名詞(句)が来て「xxへの責任」という意味になることを瞬時に受け止める必要があります。日本語では「xxへの」と前置するところを英語では後置します。 ”talent, which” と名詞に続いて which が来る場合普通は talent = which と理解します (例外もあるとは思いますが)。ただし文末に for があるので、talent for which という風に which は for の目的語と理解せねばなりません。そこが英語のややこしいところ。 蛇足:talent を which everyone is looking for は後置修飾しています。日本語に訳す時は「誰もが探す才能」と前置修飾に直します。 勉強のヒント: (1) 後置修飾に慣れる、一つの文章の中にどれほど後置修飾が多用されているか理解する。 (2) 文法書あるいは辞書の関係代名詞 (which) のところをよく読む。詳しい辞書なら which のところは2頁位書いてあります。それを全部読めば随分理解が進みます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

#2 でも申し上げたように,コンマ which の場合,節や不定詞句が先行詞になり得ます。 He asked me to explain the matter, which I found impossible. このような which の先行詞は to explain the matter です。 He said he was sick, which was not true. とあれば,he was sick が先行詞です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>どうしてto explain this magical thingを修飾ではなくthis magical thingだけを修飾しているんでしょうか? というのは,コンマつきの which は前の文やかたまりを先行詞とすることがある, という意味でおっしゃっているのでしょうか? となると,やはり >looking forのあとの名詞が抜けているからでしょうか? とおっしゃる通りではあります。 それを,皆が探し求める。 このそれというのは「説明すること」などではなく,「この不思議なこと= talent」 コンマなしの関係代名詞では thing の方が先行詞になりやすいですが, コンマありなら,talent が先行詞でいいと思います。 コンマがあることからも,talent が先行詞でしょうね。 まあ this magical thing と=なんでどっちも同じですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

1) take responsibility for ~で「~に関する責任を負う」の意味です。 take → responsibility → for ~ときて,for ~を自然に感じればいいです。 「ために,とる」でもか,「~に対する責任」なのか。 普通には responsible for ~で「~への責任」となりますが,英語の流れのまま,感じることです。 日本語で考えるから,名詞に対する後置修飾,などと考えないといけない。 英語では戻ったりしません。 2) 一応,which は関係代名詞なので,先行詞(名詞)に対して形容詞節(厳密には句ではないです) ということになり,関係詞である以上,必ず先行詞はあります。 しかし,コンマつきなので,かかる,形容詞的,というより,前から読んでいけばいいです。 which を先行詞に置き換えて,あるいは「それ」くらいにして, そして,それを,皆が探している(追い求めている) for はもちろん,look for it(→ which)「~を探す」というつながりです。 才能と呼ばれる,この不思議なものを説明するように~。 そして,それを,皆は追い求める。 英語では which の(ほぼ)直前にあるので,先行詞はわかりやすいですが, 日本語で前から訳すと,つながらないので, 「皆が追い求める,才能という不思議なもの」と後ろからかけた方がわかりやすいだけです。 ~説明する,この不思議なものを,才能と呼ばれる,(そして)それを,皆が追い求める。 英語のまま理解することです。 後置修飾,というのは日本語で考えるから。 そして,日本語では this magical thing というのが真ん中の方にくるので つながりがわかりにくくなる。 which は関係代名詞で,=となる先行詞がある。 関係代名詞なんだから先行詞を説明するに決まってる,というだけです。 特に,コンマがあれば,切って読み,ただ,逆に言うと,前から訳すと 先行詞とのつながりがあいまいになる。 すべてが日本語で訳を考えるからであり,この英文はどこかの私立大学の入試問題でも出ていて, 何回も生徒に教えました。 だから,今すぐ意味がわかる,というのもありますが, 私立だから,細かく訳すことなど必要ありません。 私くらいになると,その長文自体,すらーと読めますが,後の方にもっとわかりにくい部分があったと思います。 私立の長文はそんなふうに考えていたら時間がいくらあっても足りません。 ただ,そういう修飾関係からこつこつやりながら,いつか速読できるようになるのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • この修飾語は、形容詞句ですか?副詞句ですか?

    Adversity is the first path to truth. のような 第2文型と修飾語という形のことわざや名言をよく見かけますが、 この修飾語は the first path を修飾する形容詞句でしょうか? それとも文全体を修飾する副詞句でしょうか? どちらを修飾しているかによって意味合いが変わるように思いますが、 一般的にこの文型はこう解釈すると言うような法則はありますでしょうか? 【形容詞句】 逆境は、真理に到達する第一番の道。 【副詞句】 真理に到達するには、逆境が一番の道。 形容詞句の場合は Adversity is the first path to truth. で 副詞句の場合は To truth adversity is the first path. といった感じで 使い分けているのでしょうか? それとも、文を見ても分からないけれども、 発音を聞けば分かると言った感じなのでしょうか?

  • 関係副詞の前置詞は熟語からくるものですか?

     I went to the park where I saw a suspicious person. はin whichで関係代名詞に書き換えることができますよね。 I went to the park which I saw a suspicious person in. でいいのでしょうか?  こうなると関係詞の文でもparkはinの目的格になるように見えます。  関係詞と関係副詞の書き換えをできない文はないのですか? This is the thing which I'm looking for.とThis is the thing for which I'm looking.はlook forという熟語から来ていますが、このようにlookとforを切り離していいのでしょうか。一番上の文に習うとThis is the thing for which I'm looking for.になります。

  • 前置詞+名詞 形容詞句?副詞句?

    The computer room is on the third floor of our school. コンピュータールームは学校の3階にある。 解説に、この文の"is on the ~"の前置詞onが導く句は、 形容詞句であり、 補語となっている。 と書かれていましたが 、 私には"I'm here."のように副詞であり、修飾語のように思えます。 なぜ形容詞句で補語なのでしょうか。 どなたかご教授ください。

  • 副詞句か形容詞句か

    Both musicians had a mutual respect for each other.(2人の音楽家はお互いを尊重していた。) という文で質問なのですが、これは文型で言えば第3文型の文ですよね(間違ってたらすみません) 書き換えると、 Both musicians respect each other mutually. という文になりますよね。 ここで疑問なのですが、下の文ではrespectが他動詞のためforがひらないということで納得できるんですが、そうすると上の文でわからなくなるんですよね。a mutual respect は明らかに名詞ですよね。 というこで後ろのfor以下は第4文型(第4文型は作れそうにないけど。。。)を第3文型に書き換えたときにつける副詞句か、もしくはeach other を修飾する形容詞句かという疑問が生じるわけです。 ある人はこれを形容詞句だと指摘しますが、そうなると今度はなんであえてforなんだという疑問がわきます。 わかりやすく解説お願いします。

  • 修飾語Mは副詞以外に形容詞もあるんですか?

    修飾語Mは副詞以外に名詞を修飾する形容詞的な物もあるんですか? Mは副詞だけだと思ってました。 だとすると修飾語Mは形容詞ということもあるということですよね? We are looking at the fish (in the fish tank). This is a bag (made in Italy). Do you have something (to drink)? I know the woman (who is singing on the stage). The computer (on the desk) is mine. カッコ内は形容詞らしいんですが、だとすると、 This is a bag (made in Italy). I know the woman (who is singing on the stage). これらふたつはsvocではないですか?

  • 英語の文法

    これはそれとは違うものです。 This is a different thing from that. This is a thing (which is ) different from that. どちらの文が自然ですか? 自分はdifferent fromというつながりを一固まりとしたいので、関係代名詞を省略して 今まで後者を使っていましたが、どうなんでしょうか? 名詞+形容詞+前置詞の表現(他にはa thing necessary for a necessary thing for)などです。 ご教授ください。

  • 形容詞的な修飾語句

    We are looking at the fish (in the fish tank).前置詞句の形容詞的用法? This is a bag (made in Italy).過去分詞の形容詞的用法? Do you have something (to drink)?to不定詞の形容詞的用法? I know the woman (who is singing on the stage).関係代名詞の形容詞的用法? The computer (on the desk) is mine.前置詞句の形容詞的用法? これらはすべて修飾語で形容詞的用法ですよね? カッコ内についてかっこの右側にそれぞれ役割を書いたのですがあっていますか?

  • 形容詞句や副詞句のかかりうけ

    形容詞句、副詞句などのかかりうけがどうもよくわかりません。 (1)Technically sophisticated products are products with special technical development requirements, special quality demands, special technological features compared to competetitors and special requirements in terms of the supplier's development performance. 技術的に高度な製品とは、特別技術開発要求事項、特別品質要求、競合会社と比較して特別な技術機能、および仕入れ者の開発実績を勘案した特別要求事項を満たす製品である。 たとえば、(1)のような英文の場合、compared to competitors は、special technical developmet requirements, special quality demands, special technological features まで全部にかかるのでしょうか、それともspecial quality demandsだけでしょうか。 そして、その理由も教えて下さい。英語は直近の語句を修飾すると考えてよいのでしょうか。 それとも内容から判断するしかないのでしょうか。(私は直前のspecial technological featuresだけにかかると判断しました。) また、文末のin terms of the supplier's development performanceは、文全体にかかるのか、special requirementsだけにかかるのでしょうか。その判断の根拠を教えて下さい。 (私は直前のspecial requirementsだけにかかると判断しました。) (2)The potential analysis is for the evaluation of the develpment and process capability of the applicant in terms of the parts specially listed and processes specified by Purchaser. 将来性分析は、購入者により特別に指定された部品や仕様を定められたプロセスに関して、応札者の開発及びプロセス能力の評価のために実施する。 また、(2)についても同様にかかりうけの質問ですが、by Purchaserは、processesだけを修飾していますか、それともthe partsも修飾していますか?その根拠はなんでしょうか。 拙訳も書き添えましたので、おかしなところがあれば、ご指摘下さい。 長くなりましたが、どうぞよろしくお願いします。

  • 関係形容詞

    Whatever results follow , Iwill do my best. という英文でwhateverは形容詞として譲歩を表すみたいなのですが。 この場合副詞節の中の主語resulsの形容詞として働いてるのでしょうか? また Related to this is the sense each friend gives the other of being a special individual,on whatever grounds this recognition is based. という英文についてですが、of being a special individualはthe otherを修飾しeachの前に関係代名詞がはいっているんですよね?

  • 補語か分詞構文か形容詞句か?

    例文:Kobe is a romantic city having a port, nice restaurants and bars and old forein houses. この文の「 having a port, nice restaurants and bars and old forein houses.」が 主語「Kobe」の補語なのか、付帯を表す分詞構文なのか解りません。 又「a romantic city」を修飾する形容詞句と考えるのは的外れでしょうか? 以上お願いします。