• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

小説の登場人物の台詞に就いて

お願いします。 ある作品の書評・後書きを読んで思ったのですが、憶えているもので2例ありまして、何と書かれていたかと申しますと、要はふたつとも同様に、「登場人物の台詞を使って作品の設定をさりげなく語らせているところが良い」ということでした。 これはいったいどういうことでしょうか。 私は常日頃、小説の登場人物というのは、どうして読者に対してこんなに親切なのだろうと感じている口です。現実の世界の日常会話には当事者同士のやり取り以外に余分な要素は一切入らないのが普通ですよね。それを物語の中でリアルの表現しようと思ったら、設定や説明に関わることは、極端な話、全て地文・語り部の作業でなければならないはずです、と思うのです。ですが、書評というのは専門家の意見ですから、そう書いてあっては、やはり正論・常識というものがあるのだろうかと、ちょっと不安になりまして……、 小説というのは、やはり会話から読者に内容を読取らせるというのが作者のテクニックになるのでしょうか? それとも、地文でだらだらと説明ばかりするのが面白くないということなのでしょうか? 何が正論ということもないかとは思うのですが、このような観点から、ご回答、もしくは登場人物の台詞というものに就いて何かご存知でしたら教えて下さい。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数152
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

「さりげなく」という所がポイントなのかな、と思います。地文で説明するとクドくなってしまいそうな部分を、自然なセリフのやり取りで上手く流れに乗せている…そういう感じの評価じゃないでしょうか。 作品を読んだわけではないので、それが正当な評価かどうかは分かりませんけれど… 個人的に、巻末に載っている書評は基本的にあまり信用していません(^^;)(たまに「ほんまに読んでんの?」と思うような書評に当たったりもしますし;無理矢理褒めてるみたいな印象を受ける事も多々あります) 出版社から依頼されたものに辛口な事を書ける書評家さんは殆ど居ないだろうと思うからです。大変な仕事だと思います。 人それぞれ、好みは違いますよね。結局は面白いと感じるかどうか、作者から読者にきちんと伝わるかどうかが全てです。 主人公目線は安易でイヤだ!と言う人もいれば、主人公目線でなければ感情移入できない、と言う人もいると思います。誰がどう評価しようとも、「セリフで説明なんてリアリティがない」と思う質問者さんのご意見も頷けます。どれが正論という事はないのだと私は思います。 押し付けがましくなければ、セリフ説明でも地文説明でも、私は気にせず読めますね。話が面白ければ多少アラがあってもいいかなとも思ってます(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほど、仰る通りですね。 私が書評を読むのは、作品に就いて自分が感じたこと、読取ったことが合っているのかどうかを確認したいからなのかも知れません。私が皆さんにお伺いしたのもたぶんそういうことで、それで「正論・常識」なんていう質問になってしまったんですね。 文句は付けたものの、実は不安 (^ぅ^; おかげさまで、大分素っきり致しました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • mon-roe
  • ベストアンサー率38% (330/852)

こんにちは。 ある作品、というのが何か分からないので、実際にその作品を読んだ時どう感じるかは私には分かりません。 ただ、日常の会話でも人に何かを説明するのはよくある事だし、むやみに説明的台詞が多いとか説明の仕方が唐突で不自然でない限り、違和感を覚える事はあまりありません。台詞の中で説明するよりは、主人公の目線で見える事を主人公の心で語るのが自然な手法かなとは思いますが。 状況や設定を語るのが登場人物の誰でもなく、しかも淡々としていたら無機質で野暮ったく感じるかも知れないし、正直なところどうであれば違和感がないか私にはピンと来るものがありません。 ただ、作品を読んだ時に情景なり状況なりが、漠然とした映像で頭に浮かんだなら多分書き手の意思は伝わっているのだろうし、それが自然に浮かぶ事が私にとっての良い文章です。 ご質問に対する回答にはなっていないかも知れませんが、違和感なく状況が理解できるならその説明は誰の口から語られても構わない。というのが私なりの考えです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほど、登場人物の心の動きで読取らせるというのも、これまた「スマート」ですね。 それから、回答を拝見していま気付いたのですが、もしかしたら、私は無機質で淡々としたのが意外と好なのかも知れません(ちょっと変わってますよねえ)。

  • 回答No.2
  • rightegg
  • ベストアンサー率41% (1357/3236)

こんにちは。 それは映像(ドラマ、映画)でも同じ事が言えますね。何故か饒舌な役者、状況説明が多い。 これはどちらかといえば脚本家が「下手」なんだと認識しています。 だって、「リアル」に感じなければ下手くそと言われても仕方ないですからね。 で、小説の世界。 ほとんど筆者(あるいは語り部)による描写が存在せず、さらに、読者に違和感を与えることもなく(つまり不必要な台詞ではなく、必要な台詞で描写する)、状況を説明しているのであれば「上手い」と思うでしょう。 場合によっては筆者の説明だってリアルじゃないと感じますからね。 例えば、ふと気が付くと、この小説には筆者による説明文がほとんど無く、しかもそのことに違和感を感じないばかりか、非常に奥深い世界観を味わった。などという感想を持った場合は、素直に「上手い」と言えます。 ま、その作品を読んでませんので何がどうとは言いにくいですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「上手い」というならば、やはり「リアル」という要素は省けませんよね。台詞でも、地文でも、必要に駆られて造ってしまうというのが違和感のモトなんでしょうかねえ。

  • 回答No.1
noname#8090
noname#8090

こんにちは。 小説のコトはあまり分かりませんが、やっぱり 登場人物のセリフなんかにさりげなく語らせて 読者に悟らせる方がスマートではないかなぁと 思います。 私は、説明がましいと読む気がしなくなってしま う方だから、そういうのが上手な人だと、やっぱ りテクニックだなぁと感じると思います。 物語の結末なんかでも、さりげなく前の方にあった セリフを思い出して、後からそういうコトだったの かぁって思うの、結構好きです、私。(^.^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なるほど「さりげなく」というのは、「スマート」ということなんですね。

関連するQ&A

  • 小説を書く上で登場人物の台詞にカッコは必要ですか?

    小説を書く上で登場人物の台詞にカッコは必要ですか? カッコを付けないと台詞度に○○は言ったと成りますが、それだと登場人物が二人で会話してる場合ではジェニーが言ったキャロルは言い返したなどの文章になり見苦しい感じが致します。 登場人物の台詞はどの様に書いたら良いんでしょうか? ヨロシクお願い致します。

  • 登場人物が少ない小説

    短編とか中篇ではなく普通の小説なのに、登場人物が4人以内という作品はあるでしょうか? 主だった人物が4人以内というのではなく、ちょい役であっても台詞のある人物は登場人物とみなします(台詞の全くない通行人みたいなものは人数外とします)。あと、ハードSF・ファンタジー・時代ものは除外して下さい。 ご存知の方がいらしたら教えて下さい。 (その小説の粗筋なども教えて頂ければ助かります) よろしくお願いいたします。

  • 登場人物が極端に少ない小説を探しています。

    登場人物が極端に少ない小説を探しています。 登場人物が一人あるいは数人しかいないような小説を探しています。 ジャンルは問いません。 お願いします。

  • 登場人物の多い小説

    バルガスリョサの「緑の家」を読んだときは、その登場人物の多さに苦労しました。50人くらい出てきてます。 他にもトルストイの「戦争と平和」が300人以上出てくるらしいですね(笑) 他に登場人物が多すぎる小説ってありますか?

  • 登場人物が生きることに葛藤する小説

    登場人物が生きることに葛藤する小説を教えて下さい。

  • 登場人物を

    小説を書いているのですが、 登場人物を普通に名前で書く時と、「彼・彼女」と書く時がありますが、 どっちにしていいかわからないことがあります。 別に、どっちでもいいんでしょうか? 「彼・彼女」と書くのには、何か意味のようなものはありますか? お願いします!

  • 森博嗣氏の小説の登場人物??

    森博嗣氏の小説で「北村健」という名前の登場人物が出てくる作品をご存じありませんか? よろしくお願い致します。

  • 登場人物が全員狂っている小説

    登場人物が全員狂っている小説教えて下さい。 宜しくお願い致します。

  • 性同一性障害の登場人物が出る小説を教えてください

    タイトルの通りです。 性同一性障害の登場人物が出てくる小説を探しています。 よろしくお願いします。

  • 独特で魅力的な正義感を持った登場人物が出てくる小説

    伊坂幸太郎さんの書く登場人物のように、独特で魅力的な正義感を持った登場人物が出てくる小説はありませんか? 伊坂幸太郎さんの小説と似ていると聞いた村上春樹さんの小説は、なぜか私は苦手ですのでそれ以外でお願いします