• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「フルバックアップ」と「システムイメージの作成」

windows7についている、バックアップ機能について教えてください。 1.バックアップ(システムを含む) 2.システムイメージの作成 3.修復ディスクの作成 と似て非なるものがあるのですが、それぞれの違いについて教えてください。 私のつたない解釈では以下のとおりです。ご教示ください。 1.→個人用ファイルとシステムの復元が可能。外付けHDDにバックアップ保存も可能。 ただし、WINDOWSがかろうじて生きていないとリストアできない。 2.→WINDOWSが完全に壊れても復元可能。個人用ファイルも復元される。もとのHDD内にあったリカバリ領域も復元される。 ただし、外付けHDDに保存しているとBIOSを変えてもboot不可能?  DVDにISOイメージとして作成しておくことが必要? 3.→WINDOWSのシステムがちょっとおかしいなと感じたときに、システム修復を試みるのに有効。 ただし、システム異常が複雑だと万能ではない。その場合はフルリカバリが必要。 2が最強のような気がしますが、外付けHDDに保存ではダメでDVDが必要というのが引っかかります。外付けHDDからシステムイメージをBOOTする方法はあるでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数4435
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • Umasica
  • ベストアンサー率38% (253/654)

Win95の頃からいろいろな方法でシステムのバックアップをとっています。 データのバックアップは常に考えています。ZIP、PDなどいろいろお金もかかりました。 今はDVD-R、BD、外付けHDDが安価に手に入るようになり本当に楽になりましたね。 Win2000に変わったときには、それまでの方法が使えず、苦労しましたが・・・Acronis True Image Personalという\1630のソフトが見つかり、余りの簡単さに笑ってしまいました。 今はOSの標準機能としてシステムのバックアップができるのですから楽になったものです。 HDDの損壊によるシステムのクラッシュは何度か経験してますし、HDDを大容量のものに交換するのも何度もしています。いずれもシステムのバックアップがあることで簡単に解決できましたし (1)システム修復ディスク(DVD)を作る。 (2)システムイメージもDVD(HDDでもよい)に作る。 っておけば、たいていのクラッシュが起こっても大丈夫でしょうか?【リカバリディスクが無くても】 それで大丈夫です。システム修復ディスクはCD-Rでも十分です。 私は、前にも書いたように、HDDを分離してシステムとデータを完全に分離してあるので、システムのバックアップとデータのバックアップが干渉することが無いので楽です。先日も結構重篤な障害に陥りましたが、保存してあったバックアップを復元して10分ほどで「完治ジャー」になりました。システムとデータが同じ領域(例えばC:ドライブ単一構成)ではそのあたり苦労するかもしれませんね。 HDDを分割してシステムとデータを分離するなど「愚の骨頂」と非難される方が多いんですが、システムやデータのバックアップをどう考えておられるのか疑問に思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変よくわかりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • バックアップとシステムイメージの作成 の違いを

    Windows7 標準機能の「バックアップと復元」の中に ・バックアップ と ・システムイメージの作成 がありますが、この違いについて教えてください。 目的は、システムクラッシュの際のリカバリに備えて、外付けのhddに、現時点のc:ドライブを丸ごと保管しておきたいのですが。 システム修復ディスクは作っています。 eaus todo backup・・・等もありますが、できればwindows標準機能を使いたいので。

  • ウィンドウズ7のシステムイメージの作成方法

    ウィンドウズ7のシステムイメージの作成方法 ウィンドウズ7の新しいパソコンを買いましたが、まさかの時の事前の準備として、システムイメージ作成が必要のようですが、その作成方法がよくわかりません。 いろいろシステムイメージ作成方法が書かれているものを見てますと、コントロールパネル→システムとセキュリティ→バックアップと復元→システムイメージの作成で・・・と書かれてます。 問題はその先ですが、DVDに保存するのではなく、ハードディスクへ保存しようと思っても、ハードディスク上に何も表示がなく、選択できません。このハードディスクは外付けのものなのでしょうか? またDVDに保存する選択はできるのですが、42GB必要というメッセージが出て、DVD10枚必要になってしまうため、選択すべきかどうか迷ってます。 システムイメージ方法について教えてください。

  • Win8 システムイメージ作成について

     USB外付けHDDへのシステムイメージ作成を行いました。 万一の為に、メディアへのシステムイメージ作成(保存用)を行いたいと思います。 (1)外付けHDDへのシステムイメージと同じ内容を再び1つ以上のDVDに作成しても、HDD内のシス  テムイメージに問題は生じませんか?  (2)同じHDDに次回のシステムイメージは、問題なく作成できますか? (3)BDドライブを使えば、BDメディアへ システムイメージは書込みできますか? (4)特別のBDの書込ソフトが必要ですか(現在、cyberlink Power Ditrcter11とNero Burning ROM  2014がインストールされています) (5)(3)のBDメディアで復元する時は、DVDでの復元の手順で良いですか? (6)DVD又はBDメディアでの復元の後、(2)で使用したHDDへのイメージ作成は問題なくできます  か? (7)他に何か注意点はありませんか・・・。 以前にシステムイメージ作成で、大変な労力と思いを経験し、かなり神経質になっています。 どなたか、ご指導をよろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • Umasica
  • ベストアンサー率38% (253/654)

(3)上記を行えば、フルバックアップを取っておく必要は無い。 フルバックアップがどの範囲まで考えておられるのかわかりませんが・・・ 例えば私の場合ですが・・・HDDをC:ドライブとD:ドライブに分割して、システムとデータに完全に分離してあります。で、「システムイメージの作成」でC:ドライブだけ(既定)のバックアップを作ると、システムで予約された領域(100M)「私のにはありませんが」とC:ドライブのシステムをバックアップしてくれます。D:ドライブのデータも希望により追加でバックアップに含むことができますが・・・私はD:ドライブのデータは別の方法でバックアップしています。 HDDがC:ドライブ単一で使われているように、システムとデータが分離されていないなら、システムとデータを分離してバックアップすることはできないので””フル””バックアップということになるでしょうね。この場合、復元するとデータもバックアップ時点に戻り、それ以降に保存されたものは消えてしまいます。それを防ぐために頻繁にバックアップを行うと(差分で保存されるのでバックアップそのものは楽ですが)Windowsに生じた不具合までバックアップしてしまいそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

仰るとおり、バックアップそのものにも意味がありますね。都度オリジナルデータを保管しておきたいときは差分バックアップが楽ですか・・・。 pcを新品リカバリして、必要なアプリをインストールして、windows updateを最新にして、さあこれから個人的に使うぞ!・・・という前に、 (1)システム修復ディスク(DVD)を作る。 (2)システムイメージもDVD(HDDでもよい)に作る。 っておけば、たいていのクラッシュが起こっても大丈夫でしょうか?【リカバリディスクが無くても】 その後の個人データは都度バックアップを取っておけばいいのですね。

  • 回答No.4
  • bunjii
  • ベストアンサー率43% (3564/8188)

>1.バックアップ(システムを含む) 私のPCにはパッケージ版のWindows 7 Ultimateですが「バックアップ(システムを含む)がありません。 PCメーカーのOEM版ではカスタマイズされていることがありますので追加された機能かも知れません。 従って、マニュアルで使い方を確認してください。 >2.システムイメージの作成 内臓HDDの先頭に有るシステム予約のボリューム(パーティション)とCドライブのイメージファイルを作成するものと考えてください。 >3.修復ディスクの作成 Windows 7が起動できなくなった時にCD/DVDから起動してシステムの修復を行ったり、前項のシステムイメージからの復元に使用するものです。 プレインストールのPCでは再インストール用のDVDが附属されていないこともありシステムイメージを作成してもHDDが壊れた時は代替HDDへ復元する手段が必要のために用意されていると思います。 >2.→WINDOWSが完全に壊れても復元可能。個人用ファイルも復元される。もとのHDD内にあったリカバリ領域も復元される。 あなたの解釈は誤りです。 HDDの全てをバックアップする場合は専用ソフトで同一容量のHDDへクローンを作成することが必要です。 内臓HDDが壊れていない場合はHDD内のリカバリ領域から工場出荷状態へ戻すことができますが、HDDがクラッシュすると復元不可能になります。 リカバリ領域のデータは複数のDVD-R/RWに書き出してHDDがクラッシュしたときに工場出荷状態へ復元する役割に使います。 リカバリ用ディスク(DVD/BD等)を別途に用意しておくこと良いでしょう。 >3.→WINDOWSのシステムがちょっとおかしいなと感じたときに、システム修復を試みるのに有効。 見方としては合っています。 >外付けHDDからシステムイメージをBOOTする方法はあるでしょうか? システム修復ディスクの作成で光学ディスクを作成すると、そのディスクから起動して外付けHDDから復元できます。 内臓HDDがクラッシュしたときに代替HDDへ復元することができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Umasica
  • ベストアンサー率38% (253/654)

#1です。 「システムイメージの作成」で外付けHDDにバックアップを取った場合のお話です。(DVD-Rにとった場合も同じ)。必ず「システム修復ディスク」も作っておきます」 Windowsがクラッシュした場合や、HDDを交換した場合は、作っておいた「システム修復ディスク」で起動して、手順に従ってやると、外付けHDDやDVD-Rに保存したバックアップイメージファイルを認識するので、それをリストアすることができます。 リカバリーしてからという必要はありません。 イメージバックアップ http://www.gigafree.net/faq/backup/ リストア         http://www.gigafree.net/faq/backup/index2.html 3.また、HDDが故障して新品HDDに換装した場合は、 私のは、リカバリー領域がありませんので、「システムイメージの作成」でリカバリー領域までバックアップできるかどうかはわかりませんが(バックアップするドライブを指定できるので、たぶんできるかと・・・)、いずれにしてもリカバリーディスクは作っておくに越したことは無いでしょう。使うことはまず無いと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

再度ありがとうございました。よく分かりました。 元はといえば、私のPCでは「リカバリメディアを作成する」メニューが働かず、万一に備えて難儀していたところでした。 結論は、 (1)システム修復ディスク(DVD)を作る。 (2)システムイメージもDVD(HDDでもよい)に作る。 この2つがあれば、リカバリディスクの代用になるということですね。おまけにソフトの再インストも不要にできる。 (3)上記を行えば、フルバックアップを取っておく必要は無い。 これでよろしいでしょうか?

  • 回答No.2
noname#187912
noname#187912

2.Windowsが壊れてシステムイメージからの回復メニューが使えなければ、一旦リカバリしたうえでシステムイメージからの回復か回答者1さんの方法が必要。 システムイメージから直接のブートやインストールは出来ない。あくまでもWinOS上で使えるもの。 3.起動不能の修復に使うほか、システムイメージを使っての回復も可能と言う事ですね。 だからシステムイメージ作成後、修復ディスクも作成するか毎回聞いて来るんでしょう。 補足 1.2.修復ディスクで仮起動した後、そのままシステムイメージで回復できるから、リカバリ領域データは使わないんじゃ?。 3.修復ディスクとシステムイメージが有ればリカバリディスクは使わなくても良いって事じゃないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Umasica
  • ベストアンサー率38% (253/654)

2の「ただし、外付けHDDに保存しているとBIOSを変えてもboot不可能?」が違います。 確かにブートできません。DVD-Rに保存したときも同じです。 Windowsが完全に壊れて起動しない場合や、HDDを交換した場合は、3の作っておいた「システム修復ディスク」で起動してリストアすることができます。もちろんバックアップイメージをDVD-Rに保存した場合も、それをリストアするためにも「システム修復ディスク」で起動して行います。 http://www.gigafree.net/faq/backup/index2.html 「システム修復ディスク」で起動して、おかしくなったWindowsを修復するなど、考えただけでも気が遠くなりそう・・・。 「システム修復ディスク」はWindowsが動かなくなったとき「システムイメージの作成」で外付けHDDやDVD-Rに保存したバックアップイメージをリストアするために起動するのに使うものと考えるのが気が楽だと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 1.WINDOWSがクラッシュした場合は、システム修復ディスクで、WINDOWSを復活ができるんですか? これはHDD内のリカバリ領域を利用するのですね。 2.その後、「システムイメージの作成」で外付けHDDやDVD-Rに保存したシステムイメージをリストアすれば、正常動作に戻せるということでしょうか? この時、外付けHDDの「バックアップファイル」からリストアしても結果はほぼ同じですか? 3.また、HDDが故障して新品HDDに換装した場合は、 リカバリディスクで初期化。「バックアップファイル」でリストアでも大丈夫なんでしょうか? この時は「システムイメージ」でリストアすると、さらにHDD内のリカバリ領域も復元できるメリットがあるのでしょうか? ややこしい再質問ですが、よろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • Win7 Homeの「システムイメージの復元」について

    Win7 Homeの「システムイメージの復元」について、どなたか詳しい方教えてください。 Win7 Home 64bit DSP版を使用しています。 「コントロールパネル」-「バックアップと復元」の中に「システムイメージの復元」の項目があります。 *質問* (1)Win7 Home 64bit DSP版でもこの項目は「有効」でしょうか? (2)「有効」であれば、これを使用して「システムイメージ」を作成し、「システム修復ディスク」を作成しておけば、Windowsが壊れても作成した「システムイメージ」からHDDを復元できるでしょうか? どなたかご存知の方、よろしくお願いします。

  • Win10 システムイメージバックアップ

    外付けHDDにバックアップを取っているのですが、Windows storeゲームを旧バージョンに戻したくて、以前作成したバックアップから復元しようと作成履歴を確認したら、最新のものしか表示されません。 システムイメージバックアップは上書きされて保存されるのですか?

  • システムイメージを使って復元する場合で

    Windows7 です。 「バックアップと復元」でバックアップ先を外付けHDDにして複数回システムイメージ作成実行しておき、これを使って復元する場合システムイメージを選択できる様にしたいのですが Q1:システムイメージのバックアップ先の指定方法は? 例: 一回目: xx月xx日 システムイメージの作成実行  バックアップ先 外付けHDD ドライブ A 二回目: yy月xx日 システムイメージの作成実行  バックアップ先 ????????? 三回目: zz月xx日 システムイメージの作成実行  バックアップ先 ????????? (全て同じバックアップ先に指定した場合上書きされ1件だけになってしまうのでは?) Q2:復元でUSB外付けHDDにバックアップされてるシステムイメージを使う場合USBポート3.0に接続しても復元できますか?

  • 1個の外付HDDに複数のシステムイメージ作成

    ノートPC2台とディスクトップPCをwindows7の「バックアップと復元」」の「システムイメージの作成」から Cドライブのシステムイメージファイルを作成しようとしています。先に1台作成しその後、もう2台を同じ手順で外付きHDDにバックアップしようとすると画面上に既に保存済みの「システムイメージが上書きされてしまう」ようなメッセージが表示されます。保存先のバックアップフォルダー名はWindowsImage Backupでイメージファイルはこの中に格納されています。(1)1個のHDDには1個(複数は不可)のシステムイメージファイルしか作成する事ができないのでしょうか。 (2)複数のPCのシステムイメージファイルを作成するにはそれぞれ別のHDDを用意する事になるのでしょうかアドバイスをお願いいたします。

  • HDD交換によるシステムイメージの復元

    質問させていただきます。 先日、ノートPC(Windows7 Home Premium)の内蔵HDDが物理的に故障してしまい、やむなく新しい内蔵HDDに交換しました。 故障したHDDのデータは、システムイメージとして外付けHDDにバックアップしてありました。 そこで3つ質問なのですが、 Q1. Windows7標準の復元機能と作成したシステムイメージを使用して、バックアップを取った当時の環境(Windowsプログラム・システム含む)を新しいHDDに復元したいのですが、 どうやらHDDが異なるためか、システムまでは復元できません。(画像などのファイルは復元可) 具体的には 高度な回復方法>以前に作成したシステムイメージを使用してコンピュータを回復する>バックアップがありません となりコンピュータ全体の復元ができないのです。 当時の環境を復元したいので、プログラム・システムを含めて復元したいのですが、こちらのトラブルに関して何か良い解決策はないでしょうか? Q2. では、上記のようなHDDの物理的な故障によるHDDの交換にも対応できる、コンピュータ全体のバックアップはどのようにしてとればいいのでしょうか? 市販のソフトウェア・フリーウェアでお勧めの物などもあればお聞きしたいです。 Q3. 上記2つの質問とは少しずれるのですが、OSがプレインストールされている市販のPCを購入したらまずリカバリディスクを作成すると思います。 そのリカバリディスクは内蔵HDDを交換するたびに作成しなければならないのでしょうか? PC購入時に一度作成したのですが、HDDを交換した今、またそのHDD用に作らなくてはならないのではと不安に思います。 以上3つの質問ですが、情報が足らなければ随時補足します。 御回答よろしくお願いします。

  • システム修復ディスクはシステムイメージ作成の都度?

    CドライブにOS(Windows 7 Ultimate 64)がインストールされているのですが、システムイメージの作成をすると「システム修復ディスクの作成」をするように求められます。この「システム修復ディスクの作成」はシステムイメージの作成をした都度行わなければならないのでしょうか。それとも、1度「システム修復ディスクの作成」をしておけば、その後のいつ作成したシステムイメージであろうと、その1度作成したシステム修復ディスクを用いてシステムディスク(Cドライブ)の復元ができるのでしょうか。 例えば、次の(ア)~(エ)のようにしたとします。 (ア) 2月1日にシステムイメージの作成とシステム修復ディスクの作成をした。 (イ) 2月8日にシステムイメージの作成をした。 (ウ) 2月15日にシステムイメージの作成をした。 (エ) 2月22日にシステムイメージの作成をした。 この場合、(イ)~(エ)で作成したシステムイメージを使ってシステムディスク(Cドライブ)を復元するには、次の(a)、(b)のどちらでしょうか。 (a) (イ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(イ)のときにシステム修復ディスクを作成しておきそのシステム修復ディスクを使わなければならない。 (ウ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(ウ)のときにシステム修復ディスクを作成しておきそのシステム修復ディスクを使わなければならない。 (エ)も同様。 (b) (イ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(イ)のときにシステム修復ディスクを作成する必要はなく、(ア)のときに作成したシステム修復ディスクを使えばよい。 (ウ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(ウ)のときにシステム修復ディスクを作成する必要はなく、(ア)のときに作成したシステム修復ディスクを使えばよい。 (エ)も同様。

  • システムイメージの作成など

    Windows10の1511から1607への大型アップデートをしました。 何かの時のためにバックアップを取ろうと思っています。 そこで詳しい方には初歩的な質問で申し訳ないのですが・・・。 回復ドライブの作成・システム修復ディスクの作成・システムイメージの作成 この3つはどのような時に必要(使う)のですか? また、3つの何をすればいいのですか?Windows10へはWin7からの無償アップグレードのためリカバリディスクもありません。 宜しくお願いします

  • システムイメージの作成

    Windows7のコントロールパネルで、「システムイメージの作成」と言うのがあって、実際に作成 したのですが、このディスクは、BIOS画面で、リカバリーディスクと同じように使えるのでしょうか? また、このディスクは、HDDを新規交換した場合にも、システム復元として使えますか? もう一つ質問なんですが、このディスクは、「システム修復ディスク」との違いと言うか、 関連性は、あるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 過去にシステムイメージで復元できなかったことが~

    いつもお世話になります。 題名が入りきらなかったのですが、 「過去にシステムイメージで復元できなかったことがある人はいますか?」 という題名です。 今バックアップ体制について色々考えております。 その結果、自分の知識レベルでは、パソコンが不調になって、 起動できなくなったりした場合(ようこその画面が出てこないなど)に、 BIOSをいじったり、レジストリエディタや、コマンドプロンプトをいじって、 元に戻そうとするのは、自分の意向にあまり沿わないですし、非効率と判断しました。 なので、最初から予防措置として、 ・リカバリメディア、システム修復ディスクの作成、保存 ・システムの復元 ・定期的なシステムイメージのバックアップ ・ユーザーデータを毎日自動バックアップ などをしっかりとやっておいて、 不調になった時は、 1)システムの復元(応急処置的な位置づけ) 2)システムイメージの復元(根本治療的な位置づけ) 3)リカバリ(最終手段) で、対処していこうと考えております。 今、リカバリし直したパソコンを、 段階をあけて、システムイメージなどをとっていて、 ふと疑問に思ったのが、 システムの復元と同じように、 システムイメージも復元できないことがあるのではないか? と疑問に思いました。 もちろん、システムイメージで100%なんでもかんでも復元できるとは考えてはいないのですが、システムの復元のように、レジストリのファイルの不整合などが起こらないという記事などを見たので、システムの復元よりは、システムイメージは復元できる可能性が高いという認識だったのですが、それで正しい認識なのでしょうか? ユーザーデータのバックアップは今まで以上に常にしていこうと思うので、 最悪はリカバリで問題はないのですが、システムの復元とシステムイメージにあまり差がなければ、あまり意味がないと思いまして。。。 今までシステムの復元や、セーフモードはたくさんやってきたので、 それだけでは立ち上がらなくなることがあったり、システムの復元自体をあまり信用はしていないのですが、システムイメージはあまりやったことがなく、記事の内容だけで判断していたため、知識が乏しいです。 もし、お知りの方がいらっしゃいましたら、お知恵をお貸しいただけたら幸いです。 長文お読みいただきありがとうございました。

  • 復元ドライブの作成等について

    Win8.1のシステムイメージをバックアップした時の復元ドライブ等について教えて下さい。 (1)バックアップ用にシステムイメージを作成した時に復元ドライブを作りますが、   その都度作成する必要が有りますか?有る時はその理由を教えて下さい。 (2)バックアップ用にシステムイメージを2台の外付けHDDに作成した時に、   復元ドライブは夫々の外付けHDD用に必要ですか?それともどちらか1個   作成すれば良いですか? (3)システムイメージを使って復元する時、復元先のHDDの容量はシステム   イメージサイズ(実際のバックアップ量)とは関係なく、システムイメージ作成時の   HDD容量と同容量か、もしくはそれ以上が必要と思うのですがそうですか?   実際のバックアップ量より少し大きめの容量のHDDに復元する方法は有るのでしょうか? どなたかご教授宜しくお願い致します。

専門家に質問してみよう