解決済み

これは、良くある年数か?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.8374644
  • 閲覧数154
  • ありがとう数17
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 39% (504/1275)

「職業としての医師、正確には開業医つまり、かかりつけ医院の院長先生に詳しい方なら、分かる」と、思います。



大阪に住んでますが、お袋(母親で、現在70歳)と息子の私(39歳)が通ってる、かかりつけ内科医院の院長先生には…


「昭和48年(1973年)の3月に、出身の大阪府立の高校(進学校)を卒業し、翌4月に東京の私立医科大学へ現役で入学し、6年間学んだ。

6年後となる、昭和54年(1979年)の3月に卒業し、その直後にあった医師国家試験に合格して、正式に医師になれた。


その後は、「卒業した、東京の私立医科大学や、岐阜県の岐阜大学の大学院にある、医学関係の課程」で学びながら、それぞれの大学の付属病院か系列の総合病院又は、関係無い幾つかの総合病院で、勤務医としての一般内科か、専門医としての漢方内科か肝臓内科で、約10年間過ごした。


大学院自体、最終的には昭和62年(1987年)の3月に修了して、必要な博士号も、取得出来た。


その後、奈良市内にある小さい民間の総合病院が、平成元年(1989年)4月に設置した漢方内科へ、部長クラスの常勤の専門医として、着任し勤務した。


最終的には、4年後の平成4年(1992年)の4月、歯医者さんであるお兄さんと一緒に、建て替えた3階建てのビルの2階で、内科医院を開業した。


それ以来、「院長として、一般内科だけで無く、肝臓内科と漢方内科の専門医としても、患者さんの診察に当たる」日々を、21年過ごしてる事により、現在に至る」プロフィールが、あります。



そこで、タイトルの通り、質問したいのは…


「職業としての開業医、つまりかかりつけ医院の院長先生。


出身大学を卒業してから、約15年前後(大学院修了後からなら、約5年前後)で開業と言うのは、良くあるか?」に、なります。



それでは、長文になってしまいましたが、お願い致します…。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 59% (185/313)

医師の場合、医学科卒業に6年かかりますから、医師免許取得はどんなに早くても25歳になる年となります。
卒後10年経つと、専門科では一通りの診療が問題なくできるようになります。
40歳(≒卒後15年)で開業だとやや早めに思えるのですが、50歳(≒卒後25年)だとちょっと遅いように思えます。
身内に医療関係者がいると、やや早い傾向がありますね。その先生では、お兄さんと一緒に開業したのであれば、それでしょう。

大学院に関してですが、医局人事に乗っていれば、いずれかの時期に大学院で学位を、というのが一般的です。
初期研修を終えてから大学院(医科の大学院は博士課程だけで4年です)に入るケースが多い(多かった)ですし、修了後もしばらくは医局人事に乗りますから、系列の総合病院に勤務とかがそれにあたります。

総合的に言えば、「非常に一般的な経歴」だと思います。
補足コメント
80568410

お礼率 39% (504/1275)

回答、有難うございます。


かかりつけ内科医院の院長先生から見て、お兄さんである歯医者さんは、私自身かかりつけの歯医者さんでは無い為、「何歳で、どの歯科大学(大学の歯学部)出身で、開業医の歯医者さんとして、先代のお父さんの跡を、何年位前に継いだか?」迄は、詳しくは聞けて無い(会えても、挨拶する程度)ですが…


「弟が、内科医院を開業する前、つまり建て替え工事する前、ある年の4月。

近くの総合病院の歯科口腔外科で、専門医としての勤務医時代、身体の具合悪くなった先代のお父さんの跡を、継いでる。

現在は、祝日で無ければ、毎週水曜日の午後と土曜日の終日の休診を利用して、その総合病院の歯科口腔外科で、専門外来を担当する非常勤の専門医として、担当してる」そうです。


後、今回質問した、弟さんでもある、かりつけ内科医院の院長先生からは、「大学院が、出身の医科大学の大学院だけなら、開業は若干早かったと思う。

ただ、岐阜大学の大学院にある、医学関係の課程でも学びながら、岐阜大学の付属病院や近くの民間の総合病院で、常勤か非常勤の医師として、勤務してた。

その為、開業が少し遅くなった」旨も、教えて貰ってます。
投稿日時 - 2013-12-08 20:32:59
お礼コメント
80568410

お礼率 39% (504/1275)

大変、遅くなりましたが、回答して頂き、有難うございます…。


「求めた内容で、詳しく回答して頂いたので、BAにしたい」と、思います。


又、質問した時は、よろしくお願い致します…。
投稿日時 - 2014-07-13 05:08:17

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

最近の傾向として、いわゆる「ビル診」と呼ばれる「ビルの中で医院を開業」される医師が多いそうです。

診察時間が決まっており、時間外に患者が来ても、自分はそこ(診療所)にいないから。

親が医師で開業医であれば、土地や家屋(診療所)がそのまま使えます(リホームも必要に応じてですが)。

これが、初めて土地や建物を建ててとなると、借金をしなければなりません。

もっとも、日本医師会と銀行で密約があるのか、お金は借りられるそうです。

もともと「開業医になりたい」と思われている医師もいます。

また、大学病院で働いていれば「教授選挙」で新しい教授が学外から来て、その方針に従うのが嫌だという理由で開業医になる医師もいます。

質問文にあるお医者さんは、私よりも年上ですが、「最近の若い医師には開業して自由な診療をしたい」という医師が増えているらしいです。

勤務医ですと、同僚の医師との人間関係(先輩・後輩というキャリアもある)があり、それを嫌い開業医になるそうです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 18% (165/870)

けっこうあると思いますし、こういう先生がいることはいいことだと思います。
大学病院や系列総合病院勤務は専門的になりすぎて あまり開業医向きの技量取得にならない部分もあり ある程度気力が充実してる年代での開業は 地域医療を支える上でもいいことだと思います。
今はNETなどで医学的情報も入手しやすくなってますし その先生の意思しだいで技量レベルは高く維持できると思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 34% (1108/3226)

よくあるかどうかはわかりませんが、無くはないと思います。
昔通っていた心療内科の先生は大学卒業後12年、大学院修了後6年で開業しています。

また、現在通院中の皮膚科の先生は大学卒業後22年で開業していますが、
奥さん(美容皮膚科)から見ると17年での開業になります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ