• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

真空容器からの放出ガス量の求め方

真空容器に排気速度「S=1m³/s」のTMPが配管「C1=0.1m³/s」「C2=0.4m³/s」を介して繋がっている。 真空容器の圧力が「P=1.0x10^-4」の時の容器からの放出ガス量Qと≒の値(Pa・m³/s)どれか? (1) 7.4 (2) 1.0x10^-4 (3) 1.0x10^-3 (4)7.4x10^-6

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数801
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

回答は既に出ていて、その通りです。 変数を次のように定義して詳しく説明すると <変数の定義> Pp:ポンプの吸気口の圧力 Pt:2種の配管の継部の圧力 P:真空容器の圧力 S:ポンプの排気速度・・・1m³/s Q:ガス流量 <説明> 『コンダクタンスC2の配管の流量=ポンプの排気量』が成立するから (Pt-Pp)・C2=Pp・S・・・・式(1) 『コンダクタンスC1の配管の流量=コンダクタンスC1の配管の流量』が成立するから (P-Pt)・C1=(Pt-Pp)・C2・・・・式(2) 『ガス流量=ポンプの排気量』が成立するから Q=Pp・S・・・・(3) 但しQには (1)元々真空容器内に存在していた気体分子の排気流量 (2)漏れ(リーク)により流込む気体量 (3)真空容器内壁に吸着していた分子(主に、水の分子)の放出量 が含まれる。 (1)式から C2・Pt=(S+C2)・Pp →Pt=3.5Pp・・・・(4)式 (1)式に(4)式を代入して Pp=P/13.5=7,4×10^-6(Pa)・・・・(5)式 (5)式を(3)式に代入して Q=7,4×10^-6 (Pa・m³/s)・・・・(7)式 が得られる。 そしてPが平衡状態、即ち(1/P)・dP/dt≒0の状態(=排気開始からそれなりの時間が経過した状態)、 且つリークがないなら (7)式のQの値は放出ガス量とみなせる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細ありがとうございます。 参考書とにらめっこしながらもう一度解いてみます!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

電気回路と同じように、コンダクタンスC、エネルギー差V、流量Iとすると I=CVとなります。 Pa=N/m^2=J/m^3 つまり体積あたりのエネルギーを表し、流量はエネルギー流の量を表します。 コンダクタンスは抵抗の逆数であるので、直列に接続された配管は抵抗の時の並列の計算のようにすれば良い。 従って、C=1/{(1/S)+(1/C1)+(1/C2)}=1/(1+10+2.5)=1/13.5=0.074…=7.4×10^(-2) ∴I=CV=7.4×10^(-6) しかしここで不明なのは、Vの値。上ではPの値をそのまま使っていますが、これは真空容器内の圧力がP=1.0x10^-4Pa、外気圧が0Paとした時の流出流量を表しています。 題意と違うところがありましたら補足してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 確認したところ間違いありませんでした。 参考にもう一度解いてみます。

関連するQ&A

  • 真空容器の圧力および真空計の指示値を求めよ

    真空装置にArガス「2sccm」を導入、Arに対する排気速度は「300L/s」である。 真空容器の圧力を求めよ。 また、装置の電離真空計の指示値を求めよ。 電離真空計はN2に対し校正しており、Arに対する比感度は1.34である。 (1).1.13x10^-2,8.41x10^-3(Pa) (2).1.13x10^-2,1.51x10^-2(Pa) (3).5.63x10^-3,4.20x10^-3(Pa) (4).5.63x10^-3,7.77x10^-3(Pa)

  • 真空容器内の圧力値の求め方

    1(m)x1(m)x1(m)の真空容器の内壁に1分子層の水が吸着していたとする。 真空槽内壁に吸着していた水が全て脱離した場合、真空容器内の圧力は「(1)」になる。 ただし、水の1分子層の吸着密度は5x10^19molec・1m2、温度は20℃、吸着していた真空槽の 圧力は0であったと仮定する。 a.30 b.1.2 c.4.3x10^-3 d.0.21(Pa)

  • 分子の個数、表し方

    化学研磨されたステンレス鋼で製作した真空容器を25℃で大気圧から排気したところ、1h後の単位面積あたりのガス放出速度は1.0x10^-6Pa・m3・S^-1・m^-2でした。 分子の個数で表すといくつになりますか? a.2.4x10^14 b.2.4x10^13 c.2.4x10^12 d.2.4x10^15 (個・S^-1・m^-2) また、真空容器のサイズは1m x 1m x 1mで排気速度0.3 m3/s で排気されている時の真空容器の 圧力は? e.2x10^-5 f.3x10^-6 g.1x10^-4 h.5x10^-3 (Pa)

  • 真空容器からのガス放出速度

    2(m)x2(m)x0.3(m)の真空容器全体からのガス放出速度をビルドアップ法で求めました。 時間(min) 0 30 60 120 圧力(Pa) 1.0E-06 3.9E-04 5.9E-04 9.8E-04 装置全体のガス放出速度としてふさわしいのはどれか? a.1.3x10^-6 b.3.0x10^-7 c.3.0x10^-6 d.1.3x10^-7(Pam3 s-1) Arガスを流してスパッタを行う、不純物濃度を1/10000以下にするための最低のAr流量 として相応しいのを選びなさい。 a.0.2 b.0.8 c.2 d.8(sccm)

  • 真空容器のリークについて

    お世話になります。初めて投稿いたします。 今回初めて真空容器を試作したのですが、排気に 関しては500secほどで目的の400Paに到達しました。 そこでバルブを閉じ圧力上昇試験を行ったのですが 10minほどで1000Paに、その後も圧力が上昇し続け 約5日ほどで大気圧に戻りました。 真空容器は円筒部の上下を丸板で蓋をしてあり 接合部にはOリングを挿入してあります。 ただ、図面の指示を間違えてOリング溝の側面、底面 また、Oリングのシール部の接触面の表面粗さを Ra3.2と指示してしまいました。この表面粗さは 今回の圧力上昇に関係ありますでしょうか? また、他にも原因が考えられますでしょうか? せめて1週間ほどは400Paを維持したいと思っています 予算面の都合からヘリウムリークデテクタ等の 装置を購入することは厳しいため悩んでおります。 真空容器の仕様 容量:4L 材質:SS400 無電解ニッケルメッキ ポート数4個所:バルブ、圧力センサ、残りの2個所         は沈みプラグで蓋をしてあります 真空ポンプの仕様 排気速度:7L/min 到達圧力:400Pa 以上、よろしくお願い致します

  • 真空について基礎,応用問題

    教えて質問の内添付画像のポンチ絵より下記、問に答えよ。 第1問:(1)~(3)に当てはまる真空計(以下S)を選べ (1). a.ピラニーS b.B-A形電離S c.冷陰極形電離S (2). a隔膜S    b.B-A形電離S c.冷陰極形電離S (3). a三極管形S b.B-A形電離S c.ピラニーS 第2問:チャンバーを大気圧の状態から排気する手順を選べ 現状はV1:閉 V2:閉 V3:開 である。 a.V2:開→V2:閉→V1:開 b.V3:閉→V2:開→V2:閉→V3:開→V1:開 c.V3:閉→V1:開→V2:開→V2:閉→V3:開 d.V2:開→V3:閉→V2:閉→V3:開→V1:開 真空容器とバルブまでは配管(直径0.3m 長さ10m)で繋がっている。 チャンバーにN2とH2ガスの混合ガス[Q]を導入し、各々のガス分圧を[N2:0.1Pa、H2:0.2Pa」に設定したい。バルブ1入口の有効排気速度は下記の通りとする。 1.N2ガス、水素に対する排気速度は「1m3/s」であり、雰囲気温度,ガス温度は「25℃」。 2.配管内は分子流状態。また、配管は充分に長いものとして考えること。 第3問:接続している配管のN2およびH2ガスに対するコンダクタンスを求めよ。 a.「N2:1.3、H2:1.3」 b.「N2:2.7、H2:10.0」 c.「N2:3.3x10^-1、H2:1.3」 d.「N2:3.3x10^-2、H2:10.0」(m3/s) 第4門:チャンバー吸気口での実行排気速度を求めよ。 a.「N2:2.5x10^-1、H2:5.6x10^-1」 b.「N2:1.0、H2:1.0」 c.「N2:3.3x10^-2、H2:1.3」 d.「N2:7.3x10^-1、H2:9.1x10^-1」(m3/s) 第5門:チャンバーのガス分圧が「N2:0.1、H2:0.2」となるガス流量を求めよ。 a.「N2:1.0x10^-1、H2:2.0x10^-1」 b.「N2:3.3x10^-2、H2:2.6x10^-1」 c.「N2:7.3x10^-2、H2:9.1x10^-2」 d.「N2:2.5x10^-2、H2:1.1x10^-1」(Pa・m3/s) 容を書いてください

  • 到達真空度の見積もりって・・・

    素人な質問、もしくは既出の質問でしたらすいませんがどなかた教えていただけるとありがたいです。 当方、普段から真空装置(チェンバー・RP・TMP等)を使用して実験を行っています。最近、装置改良のためチェンバーを二ヶ月近く大気圧にさらしていました。そしていざ、真空を引き始めるといまいち到達真空度がよろしくありません。そこで考えられる可能性としては ・長い間大気圧に放置しすぎた ・TMPの排気速度が充分ではない 等を考えています。放置していた件に関してはベイクしてやるか時間をかけてやれば良いと考えています。排気速度に関しては理論的な到達真空度を見積もってやることによって排気速度の見直しを行おうと考えました。色々と調べたのですが排気速度から到達真空度を算出する適当な方法が見つかりませんでした。 どなたかご存知の方がいらしましたらご教授願います。 宜しくお願いいたします。

  • 圧力容器の真空で使用する場合の法律規制

    圧力容器として販売されているエアタンクに、 真空ポンプを接続し、真空のバッファタンクとして 使用しようとしています。 この時の外圧との内圧の差は最大でも0.1MPaにしかなりませんが、 この場合でも、各国の圧力容器の法律に従う必要があるでしょうか? だいたいどの国の法律もゲージ圧で0.2MPa以上を使用する容器の場合に 適応されると記載されているので、 適応外と判断しても良いのでしょうか?

  • 真空実験に関して

    大学の実験で真空実験を行いました。 実際の真空排気システムでは、真空容器と真空ポンプが導管で接続されているために実測排気速度Sと実効排気速度Seとの間に差異が生じるため、導管のコンダクタンスCを考慮した 1/S = 1/Se + 1/C という式が成り立つそうなのですが… どなたか、どのようにしてこの式を導くのか教えて頂けないでしょうか。

  • 真空容器 肉厚の設計

    真空容器の肉厚設計 始めて真空容器を設計するのですが、 内径200mm,高さ120mm,容積3.77リットルの SUS304製の真空容器(円筒形状で上下の蓋は円板を溶接)を製作したいと思っております。 使用温度は常温 リークディテクタ(ターボ+ロータリー)の排気能力で 高真空まで排気します。 タンクの肉厚tをJIS B8265より求めると、 私の計算では L;高さ Do;円筒外径 t;円筒肉厚(t=5と仮定) Pa;設計段階において厚さをtと仮定した場合の最高許容圧力 L/Do=120/200=0.6  Do/t=200/5=40 よってA≒0.01 (附属書1付図1)より B≒95(附属書1付図2(6))より Pa=4Bt/3Do=4*95*5/3*200=3.166Mpa     3.166Mpa≧0.1033Mpa(大気圧)   よってt=5mmの場合、大気圧の30倍近い外圧まで耐えることが出来る。 以上の計算で誤りはないのでしょうか?皆様よろしくお願い致します。 本当に大気圧に耐える事が出来るのか心配です。すぐ近くで人が作業するので、事故があってからでは遅いので・・・・ また上下の蓋については社内でアルゴン溶接により製作する予定ですが、私の知識が乏しく蓋の肉厚、溶接効率、開先の形状など不明点が多く困惑しております。 どのように設計すればよろしいのでしょうか?こちらもよろしくお願い致します。