• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

5、60年前の鉄道事業者の数

昭和20年代末(1954年ごろ) と昭和30年代末ごろ、全国でどのくらいの鉄道事業者があったかを調べようとしています。 公営の路面電車は比較的簡単に分かるのですが、民営となると短距離の軽便なども多々あり、なかなか調べきれません。 鋼索鉄道や索道は除いて、電化か非電化の区別も知りたいのです。 あのホームページに載っているよとか、ちょっと大きめの図書館に行って○○の本を探せば分かるよとか、何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらご協力ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数234
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • ultraCS
  • ベストアンサー率44% (3956/8946)

#4です もう一つ重要な資料が抜けていました。国鉄監修「鉄道統計年鑑」 で、調べるなら、国会図書館、国立公文書館の他に以下のライブラリーが利用可能です 鉄道博物館のライブラリー(どうやら交通博物館のものを引き継いでいるようですが雑誌以外は閉架式です)。 http://www.railway-museum.jp/zone/collection.html 大阪の交通科学博物館図書室(ネットで資料検索が出来、民鉄要覧や鉄道統計年報、鉄道公報はかなり揃っています) http://www.mtm.or.jp/infolibrary/index.html (財)運輸政策研究機構情報資料室、ネット検索可能でかなり揃っていますが、研究者等、許可を得た者でないと使えません。 http://www.jterc.or.jp/tosho/zosho_kensaku.html 国土交通省図書館、国鉄監修のものは揃っていると思いますが、ネットで検索できないので、現地でリファレンスを見てください。誰でも使えます。でも、ここに行くなら国会図書館の方が手っ取り早いかも http://www.mlit.go.jp/about/librarymain.html JTB旅の図書館(旅行主体なので、統計には弱そう、蔵書検索できるので確認してからどうぞ) http://www.jtb.or.jp/library/index.php?content_id=1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 路面電車といえば何が思い浮かびますか?

    皆さんは、路面電車といえば何が思い浮かびますか? 何か路面電車にまつわる思い出がある方は、 ぜひとも教えてください。 添付写真は札幌市電の写真です。 都電荒川線や函館市電、熊本市電、鹿児島市電と並び、 数少ない日本の公営路面電車の一つです。 なお、回答は公営路面電車の話題に限りません。 広島電鉄などの民営路線に関する話題も歓迎します。

  • 昭和30年代・地方私鉄・完全新造車

    昭和30年代 (1955~1964) に完全な新車を製造した地方私鉄を教えてください。 対象は鉄道線の電車のみで、路面電車および電気機関車や気動車を除きます。 完全な新車とは、パンタから車輪に至るまですべて新品であることを言い、車体のみ新製し台車や電機品などは旧品を流用したものを除きます。 地方私鉄には、現在では大手あるいは準大手といわれる相模鉄道や山陽電鉄などを除きます。 自分で調べられたのは下記のとおりです。 ほかにもあると思いますのでよろしくお願いします。 ・富士急行 3100形 昭和31年 ・富山地鉄 14790形ほか 昭和31年 ・長野電鉄 2000形 昭和32年 ・秩父鉄道 300形 昭和34年 ・三重交通 4400形 昭和34年 ・三岐鉄道 120形 昭和34年 ・福井鉄道 200形 昭和35年 ・伊豆急行 100形 昭和36年 ・北陸鉄道 6000形 昭和37年 ・上信電鉄 200形 昭和39年

  • 鉄道事業者について教えてください

    鉄道事業者には第一種鉄道事業者、第二種鉄道事業者、第三種鉄道事業者とあるのですが、どのように違うのか詳しく教えてください。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • ultraCS
  • ベストアンサー率44% (3956/8946)

#4です もう一つ重要な資料が抜けていました。国鉄監修「鉄道統計年鑑」 で、調べるなら、国会図書館、国立公文書館の他に以下のライブラリーが利用可能です 鉄道博物館のライブラリー(どうやら交通博物館のものを引き継いでいるようですが雑誌以外は閉架式です)。 http://www.railway-museum.jp/zone/collection.html 大阪の交通科学博物館図書室(ネットで資料検索が出来、民鉄要覧や鉄道統計年報、鉄道公報はかなり揃っています) http://www.mtm.or.jp/infolibrary/index.html (財)運輸政策研究機構情報資料室、ネット検索可能でかなり揃っていますが、研究者等、許可を得た者でないと使えません。 http://www.jterc.or.jp/tosho/zosho_kensaku.html 国土交通省図書館、国鉄監修のものは揃っていると思いますが、ネットで検索できないので、現地でリファレンスを見てください。誰でも使えます。でも、ここに行くなら国会図書館の方が手っ取り早いかも http://www.mlit.go.jp/about/librarymain.html JTB旅の図書館(旅行主体なので、統計には弱そう、蔵書検索できるので確認してからどうぞ) http://www.jtb.or.jp/library/index.php?content_id=1 余談ですが、林鉄に関しては正確な統計は林野庁ではなく、各営林署管内でしか纏めていないようです(と言うより、統計としては結構怪しいものも)。 北海道の簡易軌道は北海道開発局が元締めですが、実際には各市町村単位で管理し、正確な統計が残っておらず。廃止年などは結構いい加減です(廃止して暫くしてから届けたとか、廃止届け後も営業してたととか)。簡易軌道に関しては、湯口徹氏の「簡易軌道見聞録」(プレスアイゼンバーン刊、1979)の巻末資料くらいしかないかも 北海道の小軌道の中には写真が発見されて初めて存在が確認されたというような事例があるので正確な数字はわからないとお考えください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

核心を突いた回答をたびたびありがとうございます。

  • 回答No.4
  • ultraCS
  • ベストアンサー率44% (3956/8946)

株式会社電気車研究会・鉄道図書刊行会から刊行されている以下の書籍が決定版でしょう、年度によって名称が違います。 「地方鉄道一覧」「軌道一覧」(1923-) 「地方鉄道軌道一覧」(1928-) 「私鉄要覧」(1947-) 「民鉄要覧」(1977-) 「鉄道要覧」(1990-) ただし、年刊になったのは1957年ですから、1954年があるかは確認してください。 また、1970年までは一般頒布は行われていませんでしたから、それ以前の分に関しては、国会図書館や大学の図書館、交通学会などで探してください。万世橋にあった頃の交通博物館の図書室にはありましたが、鉄道博物館で公開されているかは不明です。 で、上記のものを纏め、独自に資料収集して資料の形態になっているものとしては、和久田康雄著、電気車研究会・鉄道図書刊行会刊「資料 日本の私鉄」、「私鉄史ハンドブック」(資料 日本の私鉄の改称)以上の資料は無いでしょう。入手困難でしたが、Amazonに在庫があるようです。鉄道要覧の過去分を全部見るよりましでしょう。 http://www.amazon.co.jp/%E7%A7%81%E9%89%84%E5%8F%B2%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E2%80%95Private-railways-Japan-networks-fleets/dp/4885480655/ref=la_B001I78U9M_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1386263135&sr=1-1 なお、「私鉄史ハンドブック」最新刊を使用する場合でも、以下の鉄道図書刊行会のサイトで和久田氏が最新の正誤表を公開していますから、入手して補正してください。 http://www.tetsupic.com/seigohyo/index.html 専用線に関してはネコ・パブリッシングから出ていたトワイライトゾーンマニュアル(意外に入手困難)で何度か「専用線一覧表」として提供されています。 この元になったのは鉄道省/国鉄が出していた「鉄道公報」ですから、国会図書館や国立公文書館にあると思います。「鉄道公報」には連帯運輸を行っていた私鉄の統計もあるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しくありがとうございます。 近くの図書館で探してみます。

  • 回答No.3

新潮社より発行されている日本鉄道旅行地図帳で調べるのが手っ取り早いです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%89%84%E9%81%93%E6%97%85%E8%A1%8C%E5%9C%B0%E5%9B%B3%E5%B8%B3 この本は、現役の鉄道路線のほか、廃止された路線や廃駅、貨物鉄道、鉱山鉄道、森林鉄道、専用鉄道も収録されています。 この本が図書館にあるか調べてみてください、私の地元の図書館にはありました。 また、この日本鉄道旅行地図帳の公式Webサイトでは、現在のところ北海道・東北・関東の各地方のデータについて公開されています。 http://www.s-dentetsu.jp/index.php

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本鉄道旅行地図帳ですか。 その本なら近くの図書館にありますが、灯台もと暗しとでもいうか気がつきませんでした。 ありがとうございます。

  • 回答No.2

ホームページでは昭和3年の資料がみれます http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1076840 お探しの昭和30年となると国土交通省図書館を探されるといいです http://www.mlit.go.jp/about/librarymain.html ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 田舎者なので・・・・。

  • 回答No.1
  • tzd78886
  • ベストアンサー率14% (2251/15166)

こちらで復刻版が購入できます。私は売り出された当初購入しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すみません。 何の復刻版でしょうか。 あっ、そうだ。 当時の「時刻表」を探して丹念に拾い上げる方法がありそうですね。 とにかくありがとうございました。

関連するQ&A

  • 鉄道事業者になるには?

    まずなにをすればいいのでしょうか?鉄道事業者免許は、どのようにすればとてるのでしょうか?教えてくださいお願いします。

  • 鉄道事業法第61条ただし書き

    某地方運輸局に勤めている者です。 鉄道関連の仕事に異動となって間もないのですが 鉄道事業法第61条ただし書き(鉄道の道路への敷設許可)について教えてください。 条文や政令をみると「(既設)道路に(新設)鉄道を敷設する場合の取り決め」という 解釈ができると思うのですが、連続立体交差事業などで鉄道と道路を 同時に整備する場合で、都市計画上どうしても縦断的に鉄道と道路が 重複する場合はどういった取扱い(許可申請を出してもらうべきかどうか) になるのでしょうか? 連立事業なのでどちらが後でどちらが先とかはなくて同時に整備されるため、 鉄事法第61条でいうところの道路への敷設とはならない気がするのですが… できましたら、この法令のここを読めば書いてあるとか こういった実際の事例があるよとかがあればありがたいです。 ただし道路法第32条の許可は必要かなとは思います。 (管理協定などで別途こなしておけば別ですが…) マニアックな質問で恐縮ですがよろしくお願いいたします。

  • 有名な第三種鉄道事業者

    上下分離されている路線の場合、一般的には第二種鉄道事業者の名前が 広く知られていると思います。 北総線は千葉ニュータウン中央~印旛日本医大も北総鉄道の路線、 阪神なんば線は阪神電鉄の路線であると。 第三種の千葉ニュータウン鉄道や西大阪高速鉄道の名前を知っている 人は少ないと思います(もちろん、このカテでは有名でしょうが(笑))。 そんな中で、東急こどもの国線の横浜高速鉄道や北神急行区間を除く 神戸高速鉄道は、駅に第三種の名前が表示されていたりして そちらの路線として認知されているように思います。 そこでですが、そんな風に第二種よりも第三種の方が広く知られている 路線って他にありますか? そこに至った経緯等は問いません。よろしくお願いします。

  • 鉄道事業者のホテル

    鉄道事業者が、その鉄道の沿線以外の場所でホテルを経営している例がありますが(東京にある相鉄イン等)どんな利益があるか説明してください。

  • 60年前から続く土地問題 

    はじめまして、 皆さんの力を貸して頂きたくたく質問致します。 自分は20代で孫にあたります。 当時の話の詳細は不明です。 土地問題なのですが 60年程前、祖父が工場を経営する際にAさんから 土地を購入したのですが 祖父不在時に大叔父が売買契約書にサインをしていまい 大叔父、死亡後に相続した叔父が権利を主張しました。 経営をしていたのは我々家族で大叔父・叔父ともノータッチ 祖父、父ともその時点で間違いを正せば良かったのですが まぁええやと、ズルズルと時が経ち 祖父も亡くなり 口頭弁論も無視をして結局 口頭弁論調書(判決)が 郵送され土地返還を求められています。 今から自分はどう行動するべきでしょうか? 要点 土地の書類は自宅には無かった。 土地には抵当権がずっと付いている可能性が有る(叔父の兄弟の借金) 問題の土地で今も仕事をしている。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 沼津市の鉄道高架事業で

    どうやら、沼津市長の心変わりで「沼津市鉄道高架事業」は現実味を 帯びてきました。 これは仕方ないのかもしれませんが、市民の負担が増えるのはどうもね。 しかし、どうせやるなら中途半端なもので満足しないようにしてほしい と思います。 鉄道高架に伴って、沼津駅も高架ホームになる予定ですが駅ビルも新設 されます。そうなると巨大な沼津駅ステーションビルが出来上がりますね。 それに組み込まれる店舗や施設も大事な事業になると思われますが、 一つ提案すると、保育所を入れればと思います。 駅ですので騒音の問題は元々ありえませんし、警備の問題も鉄道警察 と連携すればクリアできます。 どう思いますか。

  • 三菱電機の鉄道事業について

    三菱電機の鉄道事業の強みを教えてください。 (同じ鉄道業界の他社と比較して) また、三菱電機は車両用電機品のシェアは国内1位なのでしょうか?

  • 国の鉄道事業への投資について

    国は新幹線のような大きな事業にはお金を出してますが。 でも大事なのは私たち国民の公共交通機関の維持と路線の改良(複線化、高速化、新型車両導入)だとおもうのですが。 こういったところにも、公的資金を注入し、自家用車から公共交通機関にシフトさせるべきです。 パーク&ライド方式を導入すればかなり便利になります。 地元の貴志川線では、小さい駐車場ですが、渋滞を嫌って通勤手段を電車に変えた人もいてるようです。 皆さんどう考えているのでしょうか

  • 60年前の南紀白浜の旅館について

    60年ほど前の白浜の旅館で、陸側からは1階の部分が海側からは5階になっていた、というところをご存知の方がありましたらお教えください。 母親が新婚旅行で行ったところがそうだったとのことで、形は変わっていても今も存続していたら連れて行けたらと思っています。

  • 55~60年前の給食費を払えない子供

    僕のジイさんから聞いた話なんですが、彼が小学生の頃(今から55~60年ほど前)は給食費の払えない家庭の子供には給食が配られなかったそうです。それは本当ですか? 本当であった場合、何年くらいから給食費を払わない家庭の子供にも給食をだすようになったのでしょうか?