国旗「日の丸」が一般民衆に周知されたのは。

昭和6年の第59回および第60回帝国議会で「大日本帝國國旗法案」が提出されましたが、廃案になっています。 そこで疑問に思...

dayone さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2013/12/07 14:01
  • 回答No.7
  • ベストアンサー
dayone

ベストアンサー率 79% (360/452)

再々度、追加投稿失礼致しますm(_"_)m

焦点の絞れない=纏まりのない断片情報の垂れ流しの連続投稿に、
苦虫を噛み潰していらっしゃるかもしれませんが、
おぼろ気ながら私なりに輪郭が見えてきたように思います^^

>例えば明治政府は、積極的に「日の丸」を国民に周知徹底したのですか。

少なくとも明治前期は積極的とまでは言えず、
一部の府県(ただし、当時は中央政府の地方出先機関の位置付け)からの「伺」に対し、
一般人には祝祭日など限定的に「日の丸」使用を差許=許可する「達」を出した程度。
また、No.6投稿のとおり開港場県庁の掲揚も5年余りで廃止と消極的。
明治中期に至り大日本帝国憲法の発布(明治22<1889>年2月11日)、施行(同23<'90>年11月29日)と
国家体制が確立される最中、相前後して第二次小学校令(同23<'90>年10月7日勅令第215号、
地方の学校設置義務規定=義務教育化)、 第1回帝国議会開催直前の同23<'90>年10月30日
教育勅語発布、検定教科書「修身」の流れとなるものの、
No.5投稿のとおり「文部省令第四號(明治24<'91>年6月17日)/小學校祝日大祭日儀式規程」中、「御(真)影最敬礼・萬歳奉祝」「唱歌」は有れど「日の丸」記載無し。
明治後期になって、No.4投稿のとおり「明治37年<'1904>4月からの教科書国定制度導入以後は、
教科に関わらず日章旗の項目が顕著な様子が伺えます」が、
これも教科書の中・後半部の記述にとどまったりもします。(※後述、例外もありますが)
教科書内で明らかな変化=積極性が伺われるのは、日の丸の旗から始まる
第二期(明治43<'1910>年~)国定教科書『尋常小学読本』(「ハタタコ」読本)
<5/8> からかも知れません。
http://libdspace.biwako.shiga-u.ac.jp/dspace/bitstream/10441/393/4/%E8%BF%91%E4%BB%A3%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%BF%E3%80%80%E5%9B%BD%E8%AA%9E.pdf

あとは、No.6投稿の「大正13年の次官会議の答申によって内務大臣官房より各県知事宛に
祝日大祭日の国旗掲揚の通牒」に伴う「官公庁の国旗掲揚」までは、どうやら確かだとしても、
『「君が代起立条例」について/神原敬夫』氏の見解
「明治期に、校門に国旗を掲げた学校もあったが、官公庁が国旗を掲げないので、
全国的にはほとんど掲げなかったと想像できる。」との想像部分は、
No.4投稿の『尋常小学修身書.第2学年用/文部省編/熊谷久栄堂[ほか]/明37.1』の
「祝祭日には、學校にても、家家にても、皆この日の丸の旗を立つ。」の記述と相反するため、
再検討を要します。

なお、〇『新聞集成明治編年史. 第七卷 /新聞集成明治編年史編纂会 編/林泉社/1940.9』
明治二十二年二月(皇紀2549/西暦1889)
・<137/302>(219頁) 4段目 〔二・八、讀賣〕國旗が品切れ
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1920380/137
などからは、政府よりも一般人側の積極性が伺えます。

>明治時代、小学校で「日の丸」を教えていましたか。

No.4投稿で「明治20年代は日章旗にはあまり触れられず、
明治30年代に入ると一部には日章旗の項目が有る反面、触れられないものも多数」とカキコミ、
また前記のとおり、教育勅語発布、検定教科書「修身」の流れとなるものの、
「文部省令第四號(明治24<'91>年6月17日)/小學校祝日大祭日儀式規程」中、
「御(真)影最敬礼・萬歳奉祝」「唱歌」は有れど「日の丸」記載無しとしましたが、

改めて近代デジタルライブラリーにてキーワード「修身」→「1890~1899」の433件の一部を
確認しましたところ、修身限定で限られた範囲に過ぎませんので断定は出来ませんが、
また見落としの可能性も残りますが、明治28年9月の下記修身訓では本文項目には無いものの
巻頭で日の丸・旭日旗が描かれています。

〇『尋常修身訓. 巻1/文学社編輯所編/文学社/明28.9』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/757286/3

明治30年代になりますと、No.4投稿既出分など以外にも、

〇『教授細目/静岡県田方郡第二区小学校長会 編/静岡県田方郡第二区小学校長会/明31.9』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/810014/11
・ 脩身科(1~54頁) 〇第一學年第三小期
<11/137>(15頁下段)第五週
大祭祝日ノ心得…「一 大祭祝日ニハ國旗ヲ軒ニ掲クヘキコト」の記述が見出せ、

また下記では巻頭本文で「日の丸のはた」が図柄とともに記述されています。
〇『新編修身教典:尋常小學校用.巻3/普及舎編輯所編/普及舎/1900(※明治33).12』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1874146/3

検定教科書時代ゆえ、一つで全ては語れませんが、遅くとも明治30年代には
修身の本文内で「日の丸」項目が設けられる傾向にあったとともに、
既出『尋常小学修身書.第2学年用/文部省編/熊谷久栄堂[ほか]/明37.1』のとおり
学校でも「日の丸」掲揚の傾向にあったことが推認出来ます。

>国旗「日の丸」が一般民衆に周知されたのは。

No.4投稿のとおり都市部では東京府下など早いところで明治6年前後、
また皇室の行幸、行啓などにともなう各地での催事などを通して、
・『明治天皇行幸年表/明治天皇聖蹟保存会編/大行堂/昭和8』
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1121017/8
地方部でも遅くとも明治10年代には相当程度には周知されていたものと考えられます。

ただし、当時の行幸・行啓での一般人側の対応は敬礼と定めれていましたから、
「日の丸」の掲揚・飾付は有り得ても、兵士の送別などと違い手持ちの小旗などは
考えられません。

あと残された問題は僻地・寒村…
地縁団体の村組の情報伝達とか、明治10年後半から地域毎、全国的に発足したとされる
「徴兵慰労会(※名称は多様)」とかを掘り下げれば、
義務教育化以前の「日の丸」周知状況がより分かるかもしれませんが、
これ以上手を広げても収拾がつかなくなるかもしれません(><)
(何しろ私は研究者ではなく、ただのド素人ですから^^)
よって誠に勝手ながら以下は学校関連にとどめたいと思います。

教科書から少し離れて、学校行事で真っ先に思いつくのは運動会ですが、
…僻地・寒村とまでは言えず、また尋常高等小学校の例ですが…下記によれば
・「近代日本農村の初等教育事情:広島県賀茂郡下黒瀬村の事例/梶井一暁」
『鳴門教育大学研究紀要.教育科学編18/2003-03-07』(13-29頁)
http://ci.nii.ac.jp/naid/110000954623
<10~/17> 参考資料 下黒瀬尋常高等小学校沿革 の「学校レベル」欄(※表右側)には、
「明治22<1889>2.11/憲法発布大典奉祝」「明治22<1889>11.3/皇太子宣下式奉祝」
「明治27<1894>3.9/天皇成婚25周年奉祝」などの皇室関連行事も行われ、
また、「国・県・郡・その他レベル」欄(※左側)には、
「明治26<1893>1.10/小学校祝日・大祭日参拝者心得」と児童・生徒以外の参拝も想定、
限られた断片情報とは言え、東京など都市部だけでなく、
地方部でも「憲法発布大典奉祝」等が学校で挙行されていた事実が浮かびます。

児童・生徒以外の参加者構成の問題が残りますが、仮に不参加でも口コミで情報は得られかと。肝心の「日の丸」は?と問われれば、さすがに明治20年代に至れば、
学校関係者等であれば、明治5・6年頃からの都市部の状況は認識していたと思われます結果、
通常の祝祭日の掲揚の有無は別にしても、
催事それも皇室関連となれば「日の丸」掲揚・飾付はあった考える方が自然です。
(都合の良すぎる解釈でしょうか?)

上記のように(都合良く)考えれば、単発的とはいえ何度も挙行されたであろう学校での催事、
また徐々に増加に向かったであろう通常の祝祭日の学校での「日の丸」掲揚を思えば、
教科書掲載の有無、就学率などとは関係なく、
地域住民であれば直接・間接の見聞には、さほど時間は要しなかったと思われますので、
たとえ僻地・寒村の情報弱者でも、遅くとも明治23年の義務教育化以降の数年内には
「日の丸」を認知し得たのではないかと考えます。

断片情報の垂れ流し量のわりには、何とも中味の薄い回答となりましたので、
ツッコミどころ満載ですが^^)現状で纏めるならこれが精一杯です(><)

以上 少しでも疑問解消の糸口に繋がれば幸いです^^
お礼コメント
kouki-koureisya

お礼率 94% (1435/1514)

丁寧に纏めて下さってありがとうございます。
助かりました。

疑問1.例えば明治政府は、積極的に「日の丸」を国民に周知徹底したのですか。

よく解りました。

>『「君が代起立条例」について/神原敬夫』氏の見解
>「明治期に、校門に国旗を掲げた学校もあったが、官公庁が国旗を掲げないので、
>全国的にはほとんど掲げなかったと想像できる。」との想像部分は、
>No.4投稿の『尋常小学修身書.第2学年用/文部省編/熊谷久栄堂[ほか]/明37.1』の「祝祭日には、學校にても、家家にても、皆この日の丸の旗を立つ。」の記述と相反するため、再検討を要します。

再検討を要するという個所についてですが、
本文は、「天長節紀元節等の祝祭日には、學校にても、家家にても、皆この日の丸の旗を立つ。」となっており、祝祭日だけ掲揚し、平日には降ろしていると解釈できます。
これでいいのではないでしょうか。
国旗・日の丸は、大切に扱うものですから、毎日揚げていると変色し、傷みますから。
わが家でも明治生まれの父が居たころは、朝飾り、日没とともに仕舞っていました。
この20年ほどは、近所で国旗を揚げている家はないですね。

次に、下記の「日の丸記載無し」についてですが

>明治中期に至り大日本帝国憲法の発布(明治22<1889>年2月11日)、施行(同23<'90>年11月29日)と国家体制が確立される最中、相前後して第二次小学校令(同23<'90>年10月7日
>勅令第215号、地方の学校設置義務規定=義務教育化)、 第1回帝国議会開催直前の同23<'90>年10月30日教育勅語発布、検定教科書「修身」の流れとなるものの、
>No.5投稿のとおり「文部省令第四號(明治24<'91>年6月17日)/小學校祝祝日大祭日儀式規程」中、「御(真)影最敬礼・萬歳奉祝」「唱歌」は有れど「日の丸」記載無し。

これは「儀式次第」についての規定ですから、「日の丸に敬礼」という儀式がなくても「御(真)影最敬礼・萬歳奉祝」で十分であると、決めたのでしょう。
御真影と国旗とでは、御真影が上位になると思います。
それに、国旗は、原則論で言えば屋外に掲揚または立てるものでしょう。
この省令には式場内部の設営についての指示はありませんから「日の丸記載無し」でも違和感はありません。

私は、「福井県史」をよく参考にしていますが、学校儀式について書かれています。

福井県史 通史編5 近現代一 
第二章 日清・日露戦争と県民 第三節 明治後期の教育・社会
一 国家主義教育の推進 学校儀式の変容
http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/07/kenshi/T5/T5-2-01-03-01-02.htm

学校における天皇礼拝儀式の開始は、直接には、二十三年ころからの「御真影」(天皇の肖像写真)の下付と「教育勅語」の発布を契機とするが、こうした儀式が普及する背景として、十年代の学校儀式の様相をみておこう。
 十年代の開校式・卒業式などの学校儀式は、『福井新聞』でみるかぎり、また、すでに他県の事例で指摘されているとおり、一定の様式をもっていた(山本信良・今野敏彦『近代教育の天皇制イデオロギー』)。たとえば、丹生郡下氏家村の知新小学校の開校式の会場配置は、玄関に「御国旗二旒」「式場には御真影を懸け、神酒神饌を供し奉り、中央に大案を居え、上に紅氈を敷き、横に白布を垂れ、一瓶の叢花」がおかれた。郡長・郡書記・県会議員・戸長・父兄らが参観し、式後には祝宴が開かれていた(明16・10・17)。ここでは式場に「御真影」が掲げられていたが、これは、当時さまざまなかたちで流布していた天皇の肖像画と考えられる。

疑問2.明治時代、小学校で「日の丸」を教えていましたか。

よく解りました。

疑問3.国旗「日の丸」が一般民衆に周知されたのは。

都市部では早くから、地方ではそれよりも遅れて、そして地域によって“周知”に差があると予測していました。

>都市部では東京府下など早いところで明治6年前後、
>また皇室の行幸、行啓などにともなう各地での催事などを通して、地方部でも遅くとも明治10年代には相当程度には周知されていたものと考えられます。

この結果(まとめ)で私は十分です。
明治政府は、天皇と日の丸をセットで浸透させていったのですね。

>あと残された問題は僻地・寒村…
>地縁団体の村組の情報伝達とか、明治10年後半から地域毎、全国的に発足したとされる
>「徴兵慰労会(※名称は多様)」とかを掘り下げれば、義務教育化以前の「日の丸」周知状況がより分かるかもしれませんが、これ以上手を広げても収拾がつかなくなるかもしれません。

確かにそうですね。
都会の様子はかなり分かりますが、僻地・寒村のことは資料も少ないでしょう。
勝手な言い分ですが、調べる過程に意義があると思います。
断片的であっても新聞記事は面白いです。
記事から想像すれば結構楽しいです。
お陰さまで多くの新事実を知ることができました。感謝申し上げます。
投稿日時:2013/12/08 20:17
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 卒業式などで、日の丸君が代反対派の人に質問。日の丸と韓国や中国の国旗と 教育問題

    卒業式などで、日の丸君が代反対派の人に質問。日の丸と韓国や中国の国旗と併存でのならOKですか? 何年か前に大阪府八尾市のある小学校の卒業式で、日の丸と韓国の国旗が掲げられていたそうです。 在日韓国人の保護者の強い要望もあり韓国の国旗が掲揚されたそうですが 校長の言い分は、この学校に通う日本人の子も韓国人の子も立派に送り出してやりたかったからだ という内容だったような気がします。 察するに、校長は日の丸君が代反対派の先生たちからの日の丸反対・在日韓国人の保護者の強い要望と 国旗国歌の基準に従えと言ってくる教育委員会との板ばさみで、 苦渋の選択だったんではないかと思います。 毎年卒業・入学シーズンは校長にとって非常に悩ましい時期とよく聞きます。 個人的な感想としては、なかなか上手いなと思いました。 公立の日本人の学校で韓国の国旗が掲揚されたのもよく見るとなんかヘンじゃないか?と思いますが、 卒業する生徒たちの日韓友好を名目に、 日の丸反対派の先生や在日韓国人らの保護者からの日の丸反対の抗議を 代替措置のような形で日の丸といっしょに韓国国旗掲揚したことで、 うまいこと相殺してしまったのでは?と感じがしました。 また記事に書いてあった内容では、実際に在日韓国人の保護者からも 「韓国の国旗も式で掲揚してくれてうれしかった」とおおむね好評だったようです。 日の丸君が代反対派の人でも、日の丸と韓国や中国の国旗と併存での式なら 日の丸があってもOKですか?...

  • 日本の国旗の日の丸の意味と、糸目の中韓人について ニュース・時事問題

    日本の国旗の日の丸の意味と、糸目の中韓人について、教えてください。 まず、日本の国旗ですが、 「白の背景に」、「赤い丸」=太陽らしい?・・・という意味がありますよね? ここで、疑問に思ったのは、、、、 「白色」と、「赤色」は、どういう関係にあるのか?ということです。 光=白、太陽光=白で、太陽=赤だから、関係があるのでしょうか? 赤と黄色も似ていますよね? また、私は、偶然にも、2年ずつ、白組2組→赤組1組→白組2組・・・っと、小学校を過ごしました。 さて・・・日本の国旗は、「白の上から、赤を塗る」のですよね? それならば、上位にあるのは、赤>>>白でしょうか? さて。 糸目の外人って、何人でしょうか? 韓国・中国人・北朝鮮人でしょうか? 「もしかして、中国と韓国と北朝鮮が手を組んで、世界支配を企んでいるとか、有り得ないでしょうか?」 中国なんかは、米国を将来抜くという話も有名です。米軍が勝てなくなる可能性もあるのです。 今はまだ余裕ですが。それは、米軍が老朽化していることもあります。 ただ、米ロが手を組めば、勝てる相手だと思うし、日米ロの、三国同盟を組めば、余裕で勝てるとは思います。...

  • 国旗に礼をしたことがありますか? その他(社会)

    私は国旗の日の丸は好きで、敬意もはらっていますが、アラカンの今まで日の丸に向かって礼をした記憶がありません。 偉い地位になかったからかもしれませんが、少なくとも一人の時に、日の丸に礼をしたことはありません。 大臣の所信表明、記者会見などの席で、壇上に張られた日の丸に対し、各大臣はまず礼をしてから壇上に上がるのが常識になっているようですが、少し違和感を感じます。 そこまで必要なのか、素直な気持ちで行っているのか、人が見てい無くてもするのか、などの疑問が沸いてきます。 日の丸がある場所はいろいろあると思いますが、会社や学校の式典の時、スポーツなどの掲揚の時など、皆さんは日の丸に礼をしたことがありますか。 どういう時に、どこまで素直に礼ができますか。...

  • 明治新政府が「日の丸」を国旗に決めた理由は。 歴史

    天皇の「錦の御旗」に、最後まで徹底抗戦した幕府軍艦の旗は「日の丸」でした。 その「日の丸」を明治新政府は、なぜ国旗にしたのですか。 何の異論もなく、すんなりと決まったのでしょうか。 皇室といえば菊の御紋と思っていましたが、日の丸も皇室と何らかのつながりがあったのですか。 よろしくお願いします。...

  • 上海万国の日本館に国旗(日の丸)掲揚せず。 ニュース・時事問題

    上海万国の日本館に国旗(日の丸)掲揚せず。 に付いてどうおもいますか??? 理由は対日感情が悪化しており(反日映画等が上映されている)国旗二の丸は侵略戦争の旗印だから・・・」らしいですが・・・。...

ページ先頭へ