-PR-
解決済み

建物の耐用年数

  • 困ってます
  • 質問No.8364586
  • 閲覧数1046
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 26% (61/230)

建物の耐用年数で、鉄筋50年? 木造20年?
とあるそうですが、建ってから、この年数が経過したら住めなくなるんですか?
それとも、売買ができなくなるんですか?
詳しい方がいましたら、教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 70% (7/10)

耐用年数は、あくまでも目安の数値です。

会計上、建物を取得した際には、
以後使うと思われる期間まで、
その取得価額を費用として計上しなければいけません。
(減価償却費と言います)

例えば、1,000万円の鉄筋の建物を今年買ったのであれば、
以後使うと想定される期間にわたり、費用にしていきます。

この期間を、各社が勝手に決めたら不公平なので、
目安として耐用年数というのを定めて、それにしたがって計算しなさいとなってます。

なので、住めなくなるとか、売買ができなくなるとかとは全くの別物です。
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『住まい』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

建築士米村 和夫

質問する非公開

不動産コンサルタント福田 景子

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (969/2314)

一般的に建替えや大規模リフォームをしないといけないガタが出てくる目安です。

大事に住んでいる木造住宅で築50年以上たっているのに狂いのない民家もあれば、住む人が少なくなったために築30年くらいで荒廃している鉄筋コンクリートのマンションもあります。
売買については、お住まいの地域によっても違ってきますが、20年くらいを過ぎると、土地や立地条件に値がついているだけで建て物そのものには価値がないケース、下手をすると建物を壊す方が高く売れるというケースが多いです。


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 36% (1012/2747)

この数字は、会計での耐用年数ですか?
だとしたら、減価償却するまでの年数。つまり「元取れる」年数ということでしょうね。

物理的な建物の耐用年数(使用可能な年数)は、一口に○○造といっても、ピンからキリまでですが、
鉄筋コンクリートは、わりあい短命で、60~70年ぐらいで鉄筋がさび始めて、修復不能になるでしょう。
木造と鉄骨は、その気になれば、数百年ぐらい修復して利用できます。ただし、普通に使われる外壁材の寿命が20~40年ぐらいですから、そこで大修復が必要になります。あと基礎は鉄筋コンクリートなので、これがどれだけ持つか・・・空中よりは長持ちするはずですが。
  • 回答No.4
レベル6

ベストアンサー率 42% (3/7)

こんにちは
マンションに限って言えば、定期的なメンテナンスをしていれば、50年~60年はもつと思います
ただマンションも30年、40年経過しますと、住民の方からもいろいろな意見も出ますし、また様々な方が住んでいますから、立替か、修繕するか等、迷走することもあります  そして40年~60年の経過には外壁の痛み、マンション内の給水設備、排水設備(これはたいへんです)、電気設備、エレベータ設備等の交換補修も必要です
永く快適に住むには、これらの問題をマンション管理組合として上手に乗り切り、住民の方向性がしっかりしていなければなりません
地震への対応については昭和56年6月を境とした旧耐震建物と新耐震建物の分かれ目があります
売却については30年~50年住んだ場合であっても、需要が有れば価格が付きます  例えば駅から数分の物件なら(場所によると思いますが)、土地だけでも価値がありますし、耐震に問題なく、綺麗にメンテナンスされ、給排水も更新され、水漏れも無く管理も良い物件ならば価格は付くと思います
但し、年数の経たマンション自体が良く管理されていても、その時代にマッチした建物かどうかはその時にならないと解りません
役に立ったかどうかわかりませんが、こんなことでしょうか
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ