• ベストアンサー
  • 困ってます

鍋とフライパンについて

最近、鍋とフライパンを買い替えようと思っています。 私は最近までよく知らなかったのですが、ステンレス・アルミ・テフロンの鍋は危険性があり使用するべきではないなどということを知りました。しかし調べてみると、他のものについても危険性があるということなので、買い替えるならどれを買えばいいかで迷っています。 (今現在使っているのは、ステンレスの鍋とテフロン加工のフライパンです。) そこで、どのような調理器具を使用すればいいのか教えていただけるとありがたいです。また、皆様が普段どのような鍋・フライパンを使ってるかも教えていただけると幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3271
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。 ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。 アルミニウム:二十数年前にドイツだったか、脳の中のアルミニウムの蓄積とアルツハイマー病の関連を示す疫学データが公表されたことがあります。結果的に原因ではなく結果--アルツハイマー病になるとアルミニウムが蓄積するのであって、原因と結果が逆と言うことで現在は否定されています。もしアルミニウムが原因でしたら鍋から溶出する量よりもはるかに多い埃や・・・。アルミニウムも酸化アルミニウムの不働態(サファイヤやルビー)と同じ物で通常は覆われています。 テフロン:高温で熱分解させたときの生成物が問題になったことがありますが、通常の使用で問題になることはありませんし、テフロンか分解する260℃以上でテフロンが焼け焦げて剥離した状態になれば、その前に料理自体が「黒こげ」・・そんな物食べないです。  ⇒アルミニウム/人体への影響 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )  ⇒クロム/必須元素としてのクロム/クロムの毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0#.E5.BF.85.E9.A0.88.E5.85.83.E7.B4.A0.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E3.82.AF.E3.83.AD.E3.83.A0 )  ⇒ポリテトラフルオロエチレン/毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3#.E5.AE.89.E5.85.A8.E6.80.A7 )  以前本を書くときに随分と調べたのですが、残念ながら、鍋による健康被害の実例と言うものは寡聞にして聞いたことありません。 [鍋]はそれぞれの料理に適した物を使用するのが最善です。逆はダメです。その最も悪い組み合わせの例としては「テフロンのフライパン」ですかね。  テフロンは上記のリンクをご覧になると分かるように耐熱性は260℃前後と考えられますが、フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。そのために寿命がとても短いです。---だから、こぞってメーカーはテフロンのフライパンを販売する。--他の鍋の寿命は「末代物」くらい持つので回転率が悪く利益が上がりませんが、テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。プロの厨房を覗いてテフロンのフライパンは見たことないです。--一週間持たない--。 フライパン:圧倒的に鉄です。空焚きにも耐えますし、焦げ付くこともない(使い方間違えなければ)。ソースやルーを作るときはアルミニウムや銅のフライパンを使います。熱伝導率( 熱伝導率 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B ) )が良いですから--フランス料理は銅、イタリアンはアルミという感じですね。  また、玉子焼きにも同じ理由と色がきれいに出るので銅の玉子焼き鍋( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%8B%CA%8Eq%8F%C4%82%AB%93%E7 )が多いですね。 煮物汁物:アルミニウムが良いですね。これに関してこそ!!テフロン加工がされていても良いです。洗い易く空焚きでもしない限り持ちます。表面をステンレスで覆った物もあります。ステンレスで覆われると熱伝導が悪く金属光沢があり冷め難い。  この手の鍋のテフロンは本当に少なくなりました。一度買えば何十年も持つため利益が出ないために多くのメーカーは止めてしまいました。(業務用は多いです。)  家庭用では、ホクアのマイスター( http://www2.hokua.com/houseware/?cat=5#info723 )とか、 炒め物:鉄の中華鍋、片手(北京鍋)、両手(上海)のどちらでも良いでしょう。底に角がなく全体が曲面なので混ぜやすいです。二周りくらい大きめなサイズを使うのがポイントです。  https://www.google.com/images?hl=ja&q=%92%86%89%D8%93%E7 ステンレス/チタン:  鍋の素材としては最悪です。熱伝導が悪く重いのが最大の理由です。そのためストックポット・キッチンポット、寸胴鍋のように保管やつくり置きのための容器や、粘性のないスープや出汁取りに使われます。家庭用としてなら、アルミニウムを間に挟んだ三層鍋でしたら良いでしょう。  湯を沸かすだけとか、味噌汁とか粘度の低い調理専用になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

意図的な宣伝というのはあるかもしれませんね。 鍋による健康被害がないというのは少し驚きました。アメリカでテフロンのものは危険性があると言われていることは知っていたので、何かあるのかなと思っていました。 また、テフロンのフライパンが駄目というのは初めて知りました。やはり安さだけで買うのは駄目ですね。ですが用途に合わせて選ばないといけないというのはとても参考になりました。今まではあまり気にしていなかったので、気を付けて探してみようと思います。 どうもありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

フライパンは圧倒的に鉄がコストパフォーマンス高いと思います。中華鍋の場合は専用のごとくがあると強い火力を得ることが出来ます。 鍋は使用目的により大分異なると思いますが使っていて断然便利なのは圧力鍋です。これはぜひ一つ用意していただきたい。料理のレパートリーも広がりますし時間や燃料費も削減できます。仕上がりも大変素晴らしいものです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはりフライパンは鉄なのですね。 圧力鍋はあまり考えていませんでした。時間や燃料費削減はありがたいんので検討してみようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#193792
noname#193792

毒性だけ考えるなら硝子。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに毒性を気にしてしまうと硝子になってしまうのかもしれませんね。 解答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • xitian
  • ベストアンサー率32% (963/2922)

 アルミは酸性の調理で体に入りアルミ脳症になるというのでしょう。胃薬を飲む人はこの何十倍もアルミを飲んでいますから気にしないことです。テフロンは高温に加熱するとフッ化ガスを出しカナリヤなんか死んでしまいますが、フッ素化合物が有害ならばみなさんフッ素入り歯磨きを使っていると思いますが無害なんですかね。Wikipediaの骨肉腫の項目になにやら書いてありますが。ステンレスはクロムの中に六価のクロムがあるかないかと言うのでしょう。ステンレス食器の六価クロムの害は聞いたことがありませんが製品のステンレスに六価がまったく含まれないと言う保証はないと私も思います。調理器具で安全なのは理屈の上では鉄や銅という事になりますが(緑青が無害であると私は21世紀に入ってから知りました)鉄のフライパンには塗料が塗ってあり内側の物は全部焼けて口に入るのだそうです。私が使っている調理器具はステンレスです。でもみなさんもっと有害なものを毎日口にしてるんじゃないですか。有機水銀とかヒ素とかトランス脂肪酸とかカドミウムとか亜硝酸塩とかメチルとか。魚もヒジキも肉も米も野菜も果物も摂らないなら安全な鍋で何を調理するんでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。確かに、安全だけを考えていたらどうにもなりませんし、完全に安全なものというのはないのかなと感じました。 私自身、若干神経質になりすぎていたのではないかと感じます。気にしすぎて何も調理しなくなったら本末転倒ですよね。ただ、日常的に使うものなので、どうしても気になってしまいました。 解答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • フライパン・鍋の使い方

    炒め物にテフロン加工の鍋と中華鍋しか使ったことのない、変わり者です。 僕の認識があっていれば、テフロン加工の鍋は、調理の最初に温めたりしませんよね。中華鍋は、しっかり温めてから油を引きますよね。 (1)他の、例えばイタリア料理なんかに使う取っ手の長い鍋(名前がわからない)とか、テフロン加工してない鍋は、中華鍋みたいに鍋を熱してから調理開始でいいんでしょうか。 (2)カレーや筑前煮など、フライパンではなく普通の鍋で作るものについてです。 レシピには、「鍋に油を入れ、鶏肉を炒め~」と大抵書いているのですが、アルミ製やステンのなべは、常温の状態から油を入れて、油を温めてから、材料を入れるのですか?くっつきませんか? いまいち鍋のルールがわかりません。(中華鍋以外) よろしくお願いします。

  • テフロン加工以外のフライパンを探しています

    今までテフロン加工の調理器具ばかり使ってきました。が、使い方がよくないのかすぐのテフロンが剥げてしまいます。テフロンが剥げたまま使い続けるのはよくないのでテフロン以外のフライパンに変えようかと思っているのですが、なかなかいいものが見つかりません。ステンレスだとすぐに焦げ付いて洗うのが大変だし、ルクルーゼなどのホーロー製品は重くて扱い方が難しいので避けたいです。いいものを探せばあるとは思うのですがそういうのは価格が何万円もするものがほとんどなので 手ごろなものを探しています。なにか手ごろで使いやすいフライパンはないでしょうか?

  • 安全なフライパンについてお願いします

    安全なフライパンについてお願いします テフロン加工やアルミ製のものは有害成分がとけだす危険があるようですが 鉄製の中華鍋と 耐熱ガラス製のフライパンなら 危険性は少ないのでしょうか? ズバリ 何を使えば良いでしょうか? おすすめをお願いします。

  • テフロン、フッソ加工の鍋(フライパン)の正しい

    テフロン、フッソ加工の鍋とフライパンを使ってます。 量販店で買った安い物です。 友人がこの加工された鍋やフライパンは調理後すぐに他の皿等にうつさないといけないと言ってましたこれは本当ですか? どういった理由からでしょうか?? よくカレー、シチューを作って鍋のまま蓋をして冷蔵庫に入れ、翌日、翌々日に温め直し食べていました。 今調べていたら強火もいけなかったようですが、スープ作る時等強火でしてました。 加工が剥がれるなどした場合、体に影響はありますか? 少しだけ加工が禿げてますが買い変えた方がいいでしょうか??

  • 多重構造のステンレス鍋とフライパンについて

    最近、ツヴィリングのステンレスの鍋とフライパンを買いました。 TWIN.I.V.I(ツイン アイ.ヴィ.アイ)というシリーズで、18cmの片手鍋と24cmのフライパンとストックポットです あまりの格好よさに衝動買いしてしまったのですが、ステンレスの鍋は初めてで手入れの仕方などがわかりません。 また、ステンレスは焦げやすいという話も聞いて不安になってきました 今までテフロン加工のフライパン(T-fal)を使っていたのですが、なにか注意点などはありますか? 一応、この間フライパンでペペロンチーノを作った時は焦げ目もなく上手く調理できました。 底は三層構造(6~8mm)で、 18-10ステンレス、アルミニウム、18-0ステンレスの順番(上から)になっているそうです 側面は18-10ステンレスです 熱源は一人暮らしなのでIHです。 ステンレスの鍋の注意点や手入れに必要な道具、仕方などを教えてください。 ツヴィリング公式HP http://www.zwilling.jp/ 公式HPのお手入れの仕方などのページはみました

  • 【登山キャンプ】フライパン、鍋の選び方

    2000m級の登山キャンプにて、プリムスのガス缶を使用して料理をしたいと考えています。しかし調理器具(フライパンまたは鍋)の選び方がわかりません。登山用品店を訪れてみても値段が高いものから低いものまであり、それらの違いがわからず困っています。そこで詳しい方に選び方を教えていただきたいです。 質問:プリムスのガス缶を使用する場合、調理器具(鍋、フライパンなど)はどのような素材のものを選べばいいのでしょうか。 例えば、アルミのいわゆる食器のようなものでお湯をわかすことは可能なのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 親子鍋について

    親子鍋はテフロン加工(フッ素加工コーティング)のものステンレスのものとありますが、テフロンでも何度も使用していると剥げて、卵がくっつきますか?ステンレスはプロが使っているようですが、テフロンとステンレスの親子鍋のメリットデメリットについて教えてください。こびりつく事を避けるなら、電子レンジと耐熱ガラス容器(ラップ、蓋付)での卵丼類の調理の方がガラスは滑りやすいので宜しいのではないのでしょうか?

  • テフロン加工のアルミ鍋/アルツハイマー・ジャム作り

    アルミがアルツハイマーを引き起こす要因になるという説があります。 この説に関する議論は多々ありますが、 ここではこの説が正しいという前提で話をします。 「アルミ鍋は使わないほうがいい」とされていますね。 この場合、 打ち出しの行平鍋などはいかにも「アルミ鍋」ですが テフロン加工を施したフライパンなどは大抵、 熱伝導の関係で本体の素材はアルミですよね。 この場合、 食品が直接ふれる部分はアルミでないから問題ないのでしょうか? それとも、「使わないほうがいい」ことになりますか? また、ジャム作りなど酸を含む食品を調理する際は アルミ鍋を避け、ほうろう鍋などを使ったほうがよいとされますね。 この場合、 やはり上記のようなテフロン加工を施した鍋では どうなるのでしょうか? 使わないほうがいいのでしょうか? お詳しい方からのご回答をお待ちしております。 よろしくお願いいたします。

  • 薄手のステンレスのフライパンの使い方

    ステンレスのフライパンなのですが(テフロン加工やアルミや鉄ではなくステンレスのミラー仕上げ。ビタクラフトなどのブランド品ではありません)、多層タイプではなくそれほど厚くないものです。以前同じような薄手のフライパンを使ったときすぐに焼けた茶色いあとがついてしまい、取れなくて残念な思いをしたので(重曹や酢やピカールなども試しました)、今度は茶色くさせずに使いたいと思っています。 よくブランド品の厚手のステンレスフライパンは、中火でほどよく温めてから油を敷き、少し冷ましてから弱火で調理と言われていますが、このような薄手のステンレスフライパンの使い方に関してはあまり情報がありません。 以前の茶色くしてしまったパンも、中火で温め弱火で調理したのですが、それでも茶色くなってしまいました。 しかしそれ以上弱火にしたら、なかなか火が通らなくて調理できないと思うんですが、こういうフライパンはもう茶色くなるのはしょうがないんでしょうか? ノーブランドとはいえ、デザインがとても気に入っているので綺麗に使いたいと思っています。どうぞアドバイスをお願いします。

  • WMFのフライパン

    これまでテフロン加工のフライパンを使っていたのですが、 加工が落ちてきたこと、あとは家人が使って調理している食品がなべ底に くっついてしまうことが多くなったので買い換えました。 買い換えたのはWMFのフライパンなのですが、最近殊に食品がくっついてしまいます。 魚などは身が崩れ、ばらばらになってしまいました。 鍋をよくあたため、油をしいているのですが、食品がついてしまいます。 どのようにしたらくっつかなくなるか教えてください。 お手入れなどはきをつけているつもりです。(調理後すぐに洗い乾かす、など) よろしくお願い致します。