• 締切済み
  • すぐに回答を!

漫画のスキャンレーションに対抗策はないのですか?

日本の漫画や雑誌が違法にアップロードされ、 英語などの各言語に訳したものがネット上に散見されます。 いわゆる「スキャンレーション」です。 日本の出版社が提訴したという事例を聞いたことがありません。 警告などは何回もしているようですが・・・ 何故、提訴しないのでしょうか? 出版社側に勝つ見込みがないのでしょうか? 法的な観点から教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数298
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • agnler
  • ベストアンサー率28% (53/183)

すいません。 法的な観点からは全くなにも知りませんが、ツイツイそういったサイトで、立ち読みしてしまっているものの経験談から申しますと、質問者様は大いに誤解しているように見受けられます。 >日本の出版社が提訴したという事例を聞いたことがありません。 良く分からないのですが、数が多すぎて一々記事にしていたらきりがないからじゃないでしょうか?  >日本の漫画や雑誌が違法にアップロードされ、 >英語などの各言語に訳したものがネット上に散見されます。 そういったものを、長期間にわたって見ていますか? こういう流れです。 WEBサイトAにアップロードされた漫画に著作権的ナンタラカンタラで文句がつきWebサイトAが閉鎖。 そのごWEBサイトBが立ち上がる。 WEBサイトBにアップロードされた漫画に著作権的ナンタラカンタラで文句がつきWebサイトBが閉鎖。 WEBサイトCが立ち上がる。(その時に、気が付くとWeBサイトAが復活していたりもする。) これの繰り返し! 長期間に渡って、英語に訳した日本の漫画やアニメをアップロードできるわけ無いので、出てきては削除出てきては削除という流れではないでしょうか? 一度削除されたものも、知らないうちにまた復活してたりして、、、。 数が多すぎて、、大変だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

法的な観点から発言できないのなら、 発言自体しないください。迷惑です。 >ツイツイそういったサイトで、立ち読みしてしまっているものの >経験談から申しますと あなたの行為は犯罪を助長していることを自覚していないのですか? 恥を知るべきだ。 >数が多すぎて一々記事にしていたらきりがないからじゃないでしょうか? それは絶対にありえません。 提訴自体したのなら、専門サイトなどで記事になるはずです。 記事がないということは、実際に提訴した例が皆無ということです。 アメコミを違法アップロードしたサイトはFBIの家宅捜索を受けて、 閉鎖に追い込まれました。しかし、FBIは日本の漫画やアニメに関しては 何もお咎め無しです。これは、明らかにパリ条約における内国民待遇違反です。 大いに誤解しているのはあなたの方です。

  • 回答No.1

 著作権団体が内弁慶だからでしょう。国内の著作権行使に関しては異常なほど過剰に主張する癖に、海外での著作権行使はほとんどやろうとしないのは、国が守ってくれないからだと思います。  国内では利己主義剥き出しでも政治家が守ってくれるので、法律を改正してでも著作権保護が出来ますが、外国では利己主義が通用しないので却下されてしまう公算が大きく、何も言えないのでしょう。  国内で漫画や雑誌をイメージスキャンしてネット公開したら、たちまち逮捕されて袋叩きにされますが、外国では法律が違うので、国内法が適用出来ません。国際的な著作権法の遵守が守られていないからでしょうか。  漫画や雑誌の違法アップロードとか、アニメの違法アップロードと言われますが、外国ではBDレコーダーにプロテクト機能を付けるのが違法になる国もあり、漫画や雑誌をインターネットに掲載して利用するのは権利だという国もあります。  日本も本来は引用という形で利用しても問題ないはずですが、著作権団体が過剰に反応して法改正までやるので、いつの間にか、著作物が何も使えない国になっています。  著作権制限に関しての議論がおこなわれない日本の方がおかしな国ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>漫画や雑誌をインターネットに掲載して利用するのは権利だという国もあります。 そんな無茶苦茶な国が存在するのですか?聞いたことありません。 >いつの間にか、著作物が何も使えない国になっています。 いくらなんでも言いすぎです。 >日本の方がおかしな国ではないでしょうか。 おかしいのは外国です。

関連するQ&A

  • 台湾の漫画、雑誌

    台湾では日本の漫画や雑誌がたくさん翻訳されて売られていますが、著作権の料金などどうなっているのでしょうか? 日本でも人気のジャンプなどは一週間も立たないうちに訳されて販売されていると聞きます。出版社の間で取り決めなどあるのでしょうか?日本の台湾のどちらの法律に基づいて そのようなことが行われているのでしょうか? 日本にとって有益なのでしょうか?? わからないことばかりですみません。

  • 漫画をどの出版社に送るべきか?

    私は、現在未熟ながら漫画家を目指しています。 何回か投稿を重ね、小さな賞をいただけるようにもなりました。 しかし、その賞をいただいた出版社と別の出版社との間で 迷いが生じています。 本当に自分が描きたい漫画が描けるのはどこなのかと いろんな少女漫画雑誌を見た結果 「花とゆめ」か「別冊マーガレット」である。 と確信しました。 どちらかに決めようと考えるのですが、中々決まらず 一風変わった漫画を描いても違和感を感じないのは、花とゆめ の白泉社であり、出版社の大きさで言えば 別冊マーガレットの集英社の方が安定もしていて、 また批評も丁寧に返してくれそうな気がします。 (「りぼん」に投稿した時がそうだったので) 前回投稿した出版社は「花とゆめ」の白泉社で 今回は「別冊マーガレット」の集英社と迷っています。 とてもくだらない質問ですが 今回は、本当に受賞を狙っているので どなたか、ご回答よろしくお願い致します。

  • 書籍の発行年月日

    質問させてください。 質問させていただくカテゴリがここでよいのかわかりませんが、 任意の書籍の発行年月日って発行出版社以外で調べることってできますか? 調べたいのは学術雑誌で、出版社のHPには発行年月日は記載されていません。 できれば、ネット上で調べられるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 黒っぽい服を着たモデルが表紙の「フレンチなんとかを着こなす」と書いてある女性ファッション雑誌

    黒っぽい服を着たモデルが表紙の「フレンチなんとかを着こなす」というようなことが書いてある女性ファッション雑誌を探しています。 3/11にコンビニの店頭で見かけたのですが、雑誌の名前と出版社を忘れてしまいました。 雑誌の名前は英語で、出版社は有名なところ(小学館とか、講談社とか・・・)ではありませんでした。 気に入った雑誌がなく、探しているところで見かけて、とても気になっているので知っている方はよろしくお願いします!!!

  • 『鳥取の布団の話』の英語原文掲載本の名称を教えて

    Lafcadio Hearn著 『The Story of the Futon of Tottori』 が掲載されている書名を 出版年、出版社と併せて、お教えください。 仏語訳、伊語訳、西語訳、葡語訳があれば、 ネット上で読めるものも含めて、お教えください。 (英語原文はネット上で読むことができました) 以上、何卒、宜しくお願い申しあげます。

  • メディアの思想

     「日本が右傾化している」とか「ネット上には右翼が多い」という趣旨の質問に対し、「今までが左よりだった」とか「新聞等のメディアが左翼的なだけ」という回答が散見されますが、具体的にどのメディアがどういう思想を持っているのでしょうか?  新聞でいうと朝日・毎日が左、産経が右とされていますが、新書やオピニオン誌を発行している出版社ではどうなのでしょう?

  • 古い論文を編集し直した本を翻訳・雑誌掲載するのに著作権料は必要ですか?

    古い論文を編集し直した本を翻訳・雑誌掲載するのに著作権料は必要ですか? 120年ほど前に没したイギリスの学者の論文を、翻訳して雑誌に掲載する予定です。 その学者の論文は、20年ほど前に日本の出版社から抜粋・編集した英語版(anthology)が出版されていて、それを翻訳して、雑誌に掲載したいと思います。 このような場合、著作権料は発生するのでしょうか? なお、20年前に編集を手がけた先生からは、すでに掲載OKをもらっています。 あとは、出版社になんらかの対応が必要なのか、それが知りたいのです。 著作権や出版業界に詳しい方、ぜひ教えてくださいますよう、よろしくお願いします。

  • トラウマになった少女漫画雑誌の出版社を訴えることはできますか?

    トラウマになった少女漫画雑誌の出版社を訴えることはできますか? 誰にでもトラウマになった漫画ってあると思います。 私が一番怒りを感じているのは少女漫画の「りぼん」です。10歳のときに読んだのですが内容に非常にショックを受けました。どう考えても作者は人格障害の疑いがある方で、漫画の内容もアダルト要素を交えた宗教的かつ病的なものでした。当時、周りの友達も皆読んでいたので自分も読んでしまいましたがとても後悔しています。自分も絵を描く者としてその内容を脳内から消し去りたいぐらいです。 子供用のアニメや漫画を原作者の欲求の発散、トラウマの擦り付けや自己表現の場にするべきでは無いと思うんです。ボーダーや自己愛などの人格障害を持つ方やアダルトチルドレンの方は精神科での研究材料にもなるので自己表現の為に描けばいいと思いますが、子供用の漫画など描くべきではありません。 海外のコミックやアニメーションなどは大好きですが、殆どの現代の日本の漫画を読むことができません。最近従妹が少年漫画のグロテスクなエピソードの内容を楽しそうに語っていたという出来事がありショックを受けました。これ以上子どもに漫画やアニメで悪影響を受けて欲しくないです。 出版社を訴えるというのは現実には無理だと思いますが、その他に何か漫画やアニメを規制するために効果のあるいい方法があるでしょうか。

  • 暗証番号を入力しなくても購入が成立しますか?

    先日、Creative Reviewという海外の雑誌のウェブサイトから定期購読を申し込みました。「Subscribe to CR」のリンクからページを進んでいき、必要情報を入力し、カード番号や有効期限まで入力したのですが、暗証番号は入力せずに、申し込みが完了してしまいました。 (現在のこのページから次画面へ進もうとすると、「不正なセキュリティ証明書を使用しています。」という警告が出ます。私が申し込んだときはこのような画面は出てきませんでした。) 3週間ほど経過しますが、商品は到着しません。この雑誌に関するネット上での書き込みを見ていると、定期購読をしているという方がいらっしゃったので、海外サイトではあるけれども、申し込みを行いました。 「不正な~」という警告が出てくるということもあって、かなり不安に思っているのですが、まず、ネット上でクレジットカードの暗証番号を入力しないで、買い物が出来てしまうということがあるのでしょうか?また、仮に契約が成立してしまっていたとしたら、今後どのように対処すればよいでしょうか? ちなみに、申し込み完了後に確認メールが届いたのと、この雑誌の出版社と思われるドメインから、いくつかメールマガジンなどは届いています。 よろしくお願いいたします。

  • 岡崎京子 翻訳(中・英)

    岡崎京子のコミックスの中国語もしくは英語の翻訳があるか、どなたかご存じないですか?アメリカでアジア系の留学生と話していて、日本の漫画に対する人気と、それと彼らの(なんていうか)都市で育った趣味からすると興味をもたれるのではないかと思い、売り込みたいのですが。訳題や出版社が出てるリストとか、オンライン販売だとかなにかしら買うところ(できればアメリカから注文しやすいところ)に行きやすいサイトを紹介してくれるとありがたいです。できれば紹介文なんかもあると尚の事。