• 締切済み
  • 困ってます

ヒューズについて

初歩的な質問ですいません。カートリッジヒューズ(管ヒューズ)について教えてください。 1なぜ決められたアンペア、Vを使用するのでしょうか?定格以上のものをつけるとだめなのですか? 例えば標準でついていたヒューズが1Aの125Vだったとします、交換して1Aの250Vや15Aの250Vに変更してはならない理由が知りたいです。 2ヒューズが切れる原因がわかりません 家電製品で説明すると電源コードがショートしてヒューズ切れしたりしますか?基板などに設置されているヒューズはどこからどこまでを保護しているのかわかりません。原因を探る際どこを探ればよいのでしょくか。  3渦電流とはなんなのですか?  電源コードが何かしら破損したりして渦電流は流れますか?電源コードの2本の線が接触し渦電流が流れる? 馬鹿みたいな質問ですいません。 電気のことが詳しくないのでよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数778
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.9
  • mibuna
  • ベストアンサー率38% (577/1492)

lv4uさんがNo7で書いておられるのと同じことがありました。 分電盤の200Vのラインに100V用のヒューズを工事業者が 間違えて取り付けてしまって(見た目が一緒なので) 負荷(電力使用量)の低い夜中は大丈夫だったのですが 朝方に負荷が増えてヒューズが焼損! システムにUPS(CVCF)が付いていたので停電には ならなかったのですがあのままUPSのバッテリーが 空になったら数百人以上に影響が出るところでした・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

返答有難うございます。 貴重な体験、参考にさせて頂きました。

関連するQ&A

  • ヒューズの型式

    お世話になります。 基本的なことで恐縮ですが、管ヒューズについては 1A、5A・・・等々、アンペアによる分類だけかと思っていたのですが、 そのほかに管の直径や長さなどによる違いというのもあるのでしょうか。 また、定格125Vや250Vという分類もあるようなのですが、 家庭用電源を用いた回路などに使用する場合、125Vになるかともうのですが、これに250V用をもちいても問題ないものでしょうか。 また、この電圧による違いにはどのような意味があるのでしょうか。

  • ヒューズの取り付けについて

    125V・15Aのヒューズを使用していましたが、下記のヒューズは使用出来ますか!? (1)125V・20A(ヒューズが若干長い) (2)250V・10A アンペアが少ない時は大きなトラブルになったりするのでしょうか!? 詳しい方宜しくお願いします

  • ヒューズに書かれている規格について

    過電流が流れた時や、器械本体がショートしている時、ヒューズが切れて、 事故にならないようになっていますが、ヒューズに書かれています許容電流値の値で、  「250V 10A」 と 書かれているヒューズと、 「125V 10A」 と書かれているヒューズがありますが、 この2種類のヒューズは全く別物と考えなくてはいけないのでしょうか。 商用電圧100Vで使用します機械に、「250V 10A」と記載されているヒューズが使用されていた場合、 「125V 10A」のヒューズを使うのはOKなのかNGなのか、皆様教えて頂けますでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 回答No.8

結構、勘違いをしている人も多い内容です。 ヒューズが保護をしているのは、ヒューズから先の機器ではなく、ヒューズの手前の回路や電線になります。 機器が壊れた時に、機器より手前の電線が過電流などで焼損することを防ぐ為に入れられています。 ヒューズで機器を守ることは出来ないのです。 電圧についてですが、ヒューズは、基本的に、内部に細い線で出来ていて、規定の1.1倍以上の電気が流れた時に熱で切れるように設計されて居ます。 切れた電線が?更に再接触して繋がらないため、切れた時の絶縁利確距離が保てないと、放電を起こして電気が流れてしまいます。 これを防ぐために、電圧を設定して規格としています。 高電圧のものを停電圧で使うことは、回路的に問題ありませんが、逆は上のような理由でダメです。 また、電圧により、ヒューズ菅の太さや長さが違うものも有りますし、特殊なものでは、スローブレーク(わざと瞬間的なオーバーでは切れない様にしている)、逆にすぐに切れて、再接触を防ぐために、内部にスプリングを入れて、ヒューズの中の線が切れた時、強制的に引っ張って再接触しないように設計されているものなどもあります。 どれも、機器が壊れた時に、自分ではなく、それ以前の配線や他の危機に出来るだけ影響を与えない為に付いて居る物です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解説ありがとうございます。 勉強させて頂ければなと思っております。

質問者からの補足

いくつか質問したいのですが >ヒューズが保護をしているのは、ヒューズから先の機器ではなく、ヒューズの手前の回路や電線 とありますが、手前ということは、電源コード等が渦電流にてヒューズ切れしたなども考えられるのでしょうか? >どれも、機器が壊れた時に、自分ではなく、それ以前の配線や他の危機に出来るだけ影響を与えない為に付いて居る物です。←理解できなくてすいません。 それ以前ということは電源コード等を保護している? すいません。様々な意見があり混乱してしまってます>< 馬鹿な質問ですいません。

  • 回答No.7
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6716)

>>例えば標準でついていたヒューズが15Aの250Vだったとします、交換して15Aの125Vなどです。 それはまずいと思います。定格電圧より低いヒューズを使うと、ヒューズが切れるときにヒューズが発火して燃え上がる可能性があるそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

催促返答ありがとうございました。 勉強になります。

  • 回答No.6

>1、なぜ決められたアンペア、Vを使用するのでしょうか?定格以上のものをつけるとだめなのですか? YES 回路には、設計された最大電流が決められています。 おおむね、その最大電流の1.25~1.5倍以下のヒューズが採用されます。 それ以上の電流が流れると、回路が焼損するためです。 >2、ヒューズが切れる原因がわかりません 回路内部などで、異常事態が発生したために、ヒューズが「溶断」して、電気回路から切り離します。 その辺の話が分からないならば、「原因追及」などは、絶対に止めてください。 素人がやると、他の問題が発生します。(具体的には、その人が何をしたかで、答が変わる。) ヒューズは、最終防衛ラインですので、ヒューズ以降で大きなトラブルが発生している事を表しています。 >3、渦電流とはなんなのですか? 「過(か)電流」の意味と思いますが、過電流は流れます。 その場合、激しく火花が散ったりして、炎が上がります。 ちなみに「渦(うず)電流」は、電気メーター内部や誘導電動機で使います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました。 初めて質問投稿したのでが投稿して良かったです。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • W-164
  • ベストアンサー率30% (307/1015)

> 1なぜ決められたアンペア、Vを使用するのでしょうか?定格以上のものをつけるとだめなのですか? 電線はその太さによって流せる電気の最大容量が決まります。 電気製品の内部に有る配線などは、本来流れるであろう設計電流によって必要な太さの電線が使われていますが、故障などにより本来考えられているより大きな電流が流れると電線は焼き切れてしまいます。電線が焼き切れる際その熱で周りの物も燃え上がることがもあります。 そこで、想定されているより大きな電流が流れた場合は、電線や部品が焼けるより先に『ヒューズ』が焼き切れて電気を止めます。 なので、本来付いているヒューズの規格より大きな規格の物を取り付けると、電線が焼けるほどの電流が流れてもヒューズが切れないことが考えられるためヒューズの役に立ちません。 > 2ヒューズが切れる原因がわかりません > 家電製品で説明すると電源コードがショートしてヒューズ切れしたりしますか?基板などに設置されているヒューズはどこからどこまでを保護しているのかわかりません。 ヒューズの保護範囲は、コンセットから電源コードを通じて電気が流れてきたと考えて、ヒューズが付いている所から先です。 電源コードがショートした場合は、そこには大電流が流れますが、製品内には電流が流れませんから、電源コードがショートした事が原因で製品内のヒューズが切れることは無いと思います。 製品内の基板に付いているヒューズが切れるということは、その原因は基板内に有ると考えられます。 その原因を探ることは素人には難しいと思いますので、ヒューズが切れたら電気屋さんで点検してもらって下さい。 > 電源コードが何かしら破損したりして渦電流は流れますか?電源コードの2本の線が接触し渦電流が流れる? 電源コードの2本の線が直接接触すれば、そこには本来考えられていない大電流が流れます。 電気はそこで短絡されて(コンセットから流れてきた電流は、直接接触している電線を通って流れてしまいます)、製品側には大電流は流れません。 と言うか、接触したのが細い線なら『バチッ』と火花と共に焼き切れてしまうでしょうし、焼き切れなければ、コンセットに繋がって居る漏電ブレーカーが落ちます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても参考になりました。 ありがとうございました。 勉強になりました。

  • 回答No.4

ヒューズは安全のためにあります。そのため必要最小限のヒューズを使用する必要があります。金属筐体の機器はアースを付けるのが望ましいです。水回りの機器は必ずアースを付ける必要があります。(同時に漏電遮断機も必要です)。 ヒューズが切れるのはヒューズより先の部分で過電流が流れた時です。ヒューズより手前(たとえばコード)のショートはヒューズでは保護されません。 過電流とは想定されているよりも大きな電流という意味です。(部品の故障、埃に水分でショートなど)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 勉強させて頂きました。

  • 回答No.3
  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6716)

1.ヒューズの電圧が高いのは問題ありません。でも、電流は大きなものにしてはダメですよ。回路部品で、それ以上流れると壊れたり、部品が発火することがあるのですが、大きな電流のものに替えたら、重要部品が壊れたり、器具が発火して火事になったりします。 2.ホコリが水分を吸って回路がショートするとか、パーツが劣化してショート状態になるとか、金属片が落下してとか、100Vのコンセントに、なにかの間違いで200Vが加わるとか、まあいろいろ考えられます。 ただ、家庭の電化製品でヒューズ切れって場合は、ショートよりも、器具が加熱して、温度ヒューズが溶けるってケースのほうが多いと思います。 普通のヒューズが切れた場合は、上記のように異物混入とか、本体回路異常が原因でしょうから、ヒューズを替えても回復しないケースのほうが多いと思います。 一般的にヒューズは100Vの電源部や、回路の電源入力部などに入れます。 3.コードの破損では、渦電流は流れません。一般家庭では、渦電流を気にすることは、まず無いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすく ありがとうございました。とても参考になりました。

質問者からの補足

1のことでもうひとつお聞きしたいのですが、電圧は高くてもいいようですが低くてはだめですよね? 例えば標準でついていたヒューズが15Aの250Vだったとします、交換して15Aの125Vなどです。

  • 回答No.2
  • RTO
  • ベストアンサー率21% (1650/7788)

1 明らかに異常と思える電流が流れたら 発火などの事故防止のために切れるのです。  電流値の大きなものに交換した場合「ありえない異常な電流が流れても 切れない」のでお家が火事になるかもしれませんね。 2 ショートのような短絡、部品の故障による過電流、モーター固着のような異常状態の過電流などがヒューズの切れる原因となります。 いずれも「ヒューズが切れなかったら 勝手になおる」安全な状態ではありません 3 渦電流ではなく過電流です  機器がその正常な動作の内で流れ得る電流の値を超えることを言います。 素人考えで「大きなヒューズを付けてみよう」という冒険は お家が丸焼けになってもかまわない人(お隣に燃え移る心配も無い人)だけが言える戯言です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明ありがとうございました。 参考になりました。

  • 回答No.1
  • tzd78886
  • ベストアンサー率14% (2233/15058)

電力というのは、電流×電圧で計算します。その許容範囲内で使う必要があるのに、それ以上の規格のヒューズを使ったら、電力をオーバーして、加熱する危険があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

説明ありがとうございました。 参考になりました。

関連するQ&A

  • MP600 ヒューズ切れ

    CANON MP600プリンタの電源を入れたら一瞬だけついて消えてしまい、その後はウンともスンとも言わなくなりました。 おそらくヒューズが切れたものと思うのですが、プリンタ電源部の基板にヒューズが3個載っています。 「NSFT3.15A 250V」が一個と「NSFT2.5A 250V」が二個です。 日本製線のヒューズだとまではわかったのですが、同じ様な形のヒューズが数種類あります。 基板を扱う仕事をしているので、もしヒューズの型番が判ったら自分で交換してみようと思うのですが、ヒューズの型番が判る方いらっしゃいますでしょうか。

  • ガラス管ヒューズの種類

    今の車本体はブレード(ミニ含む)ヒューズですね。平型ヒューズとも言いますね。 スペックも定格電圧32V以下 5A、10A とか になっています。(車を想定したDC用ですね) ところで、シガーソケット(プラグ側)にガラス管ヒューズが入っていますが、交換用を探すと、 定格が250V とか125V とかになっています。たぶんAC用なのですが、DC用のガラス管ヒューズというのはあるのでしょうか? どうも見つけられないのですが、、、。 シガー以外にも、テスター内のDC計測用ラインにも同じくガラス菅ヒューズがあります。 スイッチの定格などではAC125V と書いてあるならDCには使えない、とかDCの定格が記載してある物を選ぶように、と言われるので、、、。 ご存知の方お願いします。

  • ヒューズホルダーの定格電流

    ヒューズホルダーの定格電流について質問です。 定格AC250V/15A のヒューズホルダーを、 DC24Vで使用する時の(定格)電流値はどのくらいになるのでしょうか? 初歩的な質問かもしれませんが、計算方法等教えていただきたいです。

  • 電源ヒューズの代用

    12V 10A のヒューズが欲しいのですが、近くの電気屋さんには125V の家庭用電源用のヒューズしか売っていないので、代用したいのですが、125V 1A のヒューズを選べば良いでしょうか?理論的には125×1=125と12×10=120でだいたい似たようなところなので同じぐらいの電流が流れた時に切れてくれるのかなと思っているのですが、そんな単純ではないですか??

  • カラオケアンプのヒューズがすぐ切れてしまい困っています

    カラオケミキシングアンプ DAM A5100 の修理について教えて下さい。 電源を入れると、電源近くのヒューズ(125V5A)のがすぐ切れてしまいます。 やはり、本体の修理が必要なのでしょうか? アンペアの違うヒューズを使うのはダメなのでしょうか?

  • ヒューズホルダーの定格とは

    お世話になります。 ヒューズホルダーについて教えてください。 例えば、250V/10Aが定格のヒューズホルダーがありますが、 なぜ、250V/10Aなのでしょうか? 1)回路図的には、0オームの部品になります。  電流を流しても0オームだったら、発熱は生じないので  どこで、10Aを定義してるのでしょうか。 2)国内100V,海外120V/240Vとありますが、別に国内で 240V定格のものを使っても問題ないと、メーカは言いますが、 なぜ、分けているのでしょうか 以上、すいませんが宜しくお願いします。 長いことやってますが、陥りました。

  • トグルスイッチ

    トグルスイッチですが、定格250V6A:125V10Aに対応と記載されているものを使い、15V電圧30A程度の電源切り替えを考えています。 上記の定格アンペア表示では、電圧が違えばアンペアも増えるようですから、15Vでは1/10程度の電圧ですので、アンペア的には使えるように思うのですが、無理っぽいのですか?

  • 【電気・ヒューズ】100V電源機器の電圧ヒューズが

    【電気・ヒューズ】100V電源機器の電圧ヒューズが5Aヒューズで?電流ヒューズが7Aヒューズでした。 なぜ電流の方が電圧よりアンペアが大きいヒューズにする必要があるのですか?

  • ETC ヒューズボックスから電源を取りたいのですが

    セットアップ済みのETCを購入しました。 自分でつけようとやってみたのですがなかなか難しく、 ヒューズボックスから電源を取りたいと考えております。 1、ヒューズボックス内にはいろんなアンペアがありますが、どれを選択したらよいのでしょうか?妥当なものがあれば教えてください。 2、3Aのヒューズ管が必要なのですが、売っていません。 他のアンペアのものにつけかえれば良いのでしょうか? 3、説明書に、ヒューズボックスからの電源取りは電流が弱まる場合がありますと書いてあったのですが、取り扱いに際して、何か注意しながら使用しなくてはいけないのでしょうか? 4、分離型を買ったため、良い設置する場所がないため、使用時のみ本体をコードに繋げようと考えていますが大丈夫でしょうか? 5、ヒューズボックスから電源を取る場合は、ACCと+Bが一つになると考えればよいのでしょうか? 御教授お願い致します。

  • 電源コードが合っているかわからないんです。

    ヒーター式加湿器と電源コードの組み合わせが合っているか わからなくなってしまいました。 以下のような仕様になっていますが、この組み合わせで 使えるでしょうか? ◆本体の仕様  定格電圧 100V  定格消費電力 350W  定格周波数 50/60Hz  電流ヒューズ 5A  温度ヒューズ 133℃ ◆コードの仕様 7A 250V 後学のため、これらの数字の見方も教えて頂けると助かります。 よろしくお願い致します。