締切済み

ベンチャー企業の歴史

  • 暇なときにでも
  • 質問No.83328
  • 閲覧数241
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 10% (19/190)

ベンチャー企業の歴史について教えてください。

いつ何が起きたとか、出来るだけ具体的に教えてくれればと思っています。

よろしくお願いします。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (130/406)

【追伸】
まだ時間があるのでつけたします。

ベンチャーの歴史は、産業革命と切っても切り離せません。

第二次産業革命は、鉄道や電話が敷設された1900年前後に起きましたが、この時も多くの企業家が輩出し、そのうちのいくつかは、現在でも存在する大企業となりました。この時出たのが有名なシュンペーターで、かれはこの産業革命・イノベーッションを「新結合」と呼び、詳しく企業家のことを書いています。現在でも読まれているチャンドラーやドラッカーも、このころの事を書いています。

そしていま、インターネットによる第3次産業革命(「新新結合」)が進行中で、多くのベンチャー企業が立ち上がっているのです。
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『会社設立、開業、法人化に関する』悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

起業支援の専門家
アックス
経営支援事業部

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る
  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (130/406)

ベンチャーの正式な呼び方は、企業家(entreprenuer)ですが、これが明確に認識されたのは、18世紀に、フランスのリシャール・カンティヨン(Rishard Cantillon)によってです。かれは『商業論』(1755年出版)において、企業家を明確に書きました。

企業家とは、先を読む能力を持ち、危険を引き受けつつ事業活動を行うものである、と書かれています。そして利潤は、このような独特の能力と危険引き受けに対する報酬なのだが、企業家は積極的に、この意味での利潤獲得をめざして活動する、と述べています。

第一次産業革命が進行していた頃の話しです。

出典:佐伯啓思『市場社会の経済学』新世社
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
職探しで苦労したこと、重視したポイント。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ