• 締切済み
  • 暇なときにでも

機械を作る機械は・・・最初はどうやって作る?

常々疑問に思っていることがあります。 ※業界に全く縁のないど素人の素朴な疑問ですので,考え方が間違っていたり,意味不明な場合はご指摘ください。 近年,パソコンやスマートフォンなど,ハイテク製品の発展が目まぐるしいですね。 例えば人間の肉眼ではとても回路が確認できないような非常に細かい半導体製品などは, 産業用ロボットがそれらを製造していると思いますが, そういった産業用ロボットそのものを作る工場もあると思います。 またそれらを作る工場もあり・・・・ と繰り返していくと,結局最後は人の手で作らざるをえないような気がします。 しかし,現代の精密な電子機器は人間の手ではハンダ付けさえも困難に思えます。 「高性能な機械を作るためには,それを作る機械はさらに高性能でなければならない」 と常識的に思いますが, これは非常に矛盾しており,困難だと感じます。 しかし,現に技術は進歩し続けています。 CPUなどはナノ単位の世界ですよね。どんどん小さくなり高性能になっています。 実際に,ハイテク製品は,どのように生まれ,どうやって製造されているのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数641
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5
  • CC_T
  • ベストアンサー率47% (1033/2186)

「親」の機械から「子」の機械に向かって、「誤差」を小さくしていくことができます。 「親」が普通の人間で手道具を使って加工する場合、その加工部品の精度が±0.5mm程度だとします。 しかし、その精度で加工された部品を組み立ててて作られた加工機が出せる精度は、±0.5mmより小さくできるので、より小さな部品を精度よく加工できるようになる。 (固定ネジなどによる精密な位置決めが可能になるので微調整ができ、親部品よりも加工精度が上げられる) で、その「子加工機」で加工した「子部品」を使って組み立てられた「孫加工機」の加工精度は更に上げられ、もっと精細な加工が可能になる。 ・・・そんな感じですね。 「きさげ」による定盤の平滑加工なんかわかりやすいと思いますよ。 現代でも相変わらず重要な「匠の仕事」です。是非一度調べてみて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 工作機械を製作してくれるところがありますか

    家族で製造小売りの商売をしています 手作業なのでなかなか効率が上がらなくて困っています 両親はもう高齢だし… そこで、少しでも効率よく、よい製品ができるように 少しずつ機械化できるところはそうしたいのですが、 特殊な商品を作っているので、一般の機械では使えません 〈ここをこうしたら〉という構想はあるので、 それを聞いてくれて、機械を作ってくれるところはあるでしょうか また、どこで探せばいいでしょうか ご存じの方、どうぞ教えて下さい

  • 精密機械の製造

    私は大学卒業後、2年くらいアルバイトや派遣仕事をしつつ、就職活動をしていました。 なかなか正社員の内定をもらえず困っていたところ、知り合いのおじさんに「精密機械作っている工場だけど、よかったら来てよ」と仕事のお誘いを受けました。 調べたら、割といい会社の工場で、製品も研究機関などで使われているようです。 私は物作りが好きなので、受けようと思っています。 でもこの時期に製造と言うのも不安になります。 1、精密機械の製造はこの時期にはありですか?   自動車工場の派遣切りや倒産を見ると不安になります。 2、いきなり入って、素人がやっていけるものでしょうか?   (工作程度で部品のはんだ付けぐらいしか経験ありません) 3、素手で薬品を触りますか?   クリームをつけていればいいのですが、肌がぼろぼろになりやすい体質です。 4、向き不向きを教えてください その他アドバイスあればお願いします。

  • 機械設備の更新について

    電気製品の製造を52年行っている工場の2代目です。 いろいろな事情から、ここ10年間、当社の主要工作機械の更新を行わずにやってきま したが、故障の頻発と精度不良がはなはだしいので、弱っているところに、ある工作機 械メーカーが、今までにない好条件を提案してきました。 当社は、3年前に分かれていた販売会社を合併しました。旧販売系の売上は昨年対 比で12%増と成っていますが、旧製造系の売上は、落ちる一方です。しかし、販売 系・製造系ともに、利幅がなく、決算では、営業損が出てしまっています。売上が増え ても出ていく資金も増えています。今年はボーナスも払わず、ひたすら運転資金の金 繰りに終始しています。設備更新にとっておいた金も、運転資金に投入しました。旧販 売系の現社長は、設備更新には、関心が薄いです。 この、78月は、久しぶりに製造系に大型注文が入り、フル生産をしました。しかし、設 備と共に人間の老朽化も進んでおり、短納期や製造革新への馬力・気力は衰えてきておることも判明しました。 私とすると、ここで何とか設備を更新して、社内一新をはかりたいところですが、財務状態では、借金体 質はさらに進んでいるところへ、ここで、好条件とはいえ、ローン返済が加わるのには 悩みます。しかし現状の機械では、生産効率が悪いのは明らかです。(特に板金工作 機械)、品質も悪くなっています。 前置きが長くなりました。そこで、私はその現状を分析しながら、導入の判断をしたく思って しないとならないと思います。 どのように、分析をしていったらよろしいでしょうか。

  • 回答No.4
noname#194996

>機械を作る機械は・・・最初はどうやって作る? 機械の発祥の地は産業革命の起ったイギリスです。日本はかなり遅れて近代産業を立ち上げましたので、外国から輸入されてくる機械製品を自分で作ることは出来ませんでした。 で、 これではいかん、と機械を作る機械を輸入しました。 旋盤とかいう基本的な工作機械です。 イギリスから来た旋盤は、旋盤を作る旋盤で作られた旋盤でした。 イギリスには最初に作られた旋盤があって、それで旋盤を作っていたのです。 マザーマシン、といって、部品はいわゆる匠、マスターが苦労して手作りしたものでした。 もっとも、手作りできる範囲の機械や補助工具を総動員させて、時間をかけて作ったのでしょう。 つまり、初期の機械精度は技能に優れた人間が、時間をかけて、不完全な道具から、経験と勘で作り上げたのです。 日本へ来た英国からすれば子供の旋盤が日本でのマザーマシンになったのです。 つまり、それらは不完全な機械でしたが、懸命に日本の技能者も腕を磨いて、時間をかけてよりよい機械をそれから作っていったのです。機械と人間のコラボですね。 そうしながら日本でもマザーマシンが作れるようになりました。 懸命な努力の結果、また科学の進歩、特に電子工学の進歩もあって、ほぼ完全に機械に任せていても、さほどマザーマシンと変わらない精度の機械が出来るようになったのはつい最近のことなのです。 だそくですが、これが韓国や中国などにしてやられる結果にもなったことはご存知の通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • parts
  • ベストアンサー率62% (6339/10111)

なかなか面白い質問なので回答します。 これは、多くの大人なら、子供に質問された場合でも苦慮するかもしれません。それぐらい素朴ですが、あまり真剣に考えたこともない常識なのです。 まず、小さなものを作るから小さな物でしか作れないと質問者様は思っていませんか? 精密なものは、小さなもので作るとは限りません。 逆に言えば、大きなもので精密な物を作ることだって出来ます。何故なら、大は小を兼ねるという言葉にもあるように、大きなものは、小さなものが備える機能を持つ場合が往々にしてあるからです。 本題です。 半導体はどうやって微細な加工技術を獲得し、その装置はどうやって作られるかというと、原理は簡単です。質問者様が日本の学校を卒業したなら、小学校で勉強したであろうある原理を使うのです。それは、虫眼鏡で、太陽光を集めると、黒い紙が燃えるあれです。 レンズで集光し焦点を一点に集めると、光エネルギーが拡散せず熱エネルギーと黒紙にたまります。そして、発火します。その原理で、回路パターンを金属原盤(シリコンウェハー)に焼き付け、微細な線とするのです。 要は、光学技術で回路を設計図通りに線引きするのです。 それには、より小さな装置が必要というわけではなく、あくまでその線幅や線速に見合った、レーザーダイオードの出力とスポット径になるレンズ、発光体が必要なだけです。正直言えば、採算が取れるなら、一戸建てぐらい大きな装置でも構わないのです。 これは、どんな機材でも言えることですが、小さな物を作るから小さな装置や人が作ったものでなければ作れないのではなく、小さな物に必要な部材さえ見つけることが出来れば、その部材を加工する技術を理論上確立さえすれば、後は歩留まりの善し悪しで、損益分岐点が決まり、製品化が出来るということになります。 作る機械は、その機械で作った品物とは、異なる目的に作られていますから、大きさと一致するものではありません。 すしを作るから、米で出来た機械というわけではありません。ましてや人の手ほどの大きさの装置であるという訳でもない。いくつかの機器が組み合わさった結果、米の酢飯を炊きあげ、しゃりを握り、上にネタを載せられるなら、すしを作る装置になります。それと同じであり、大きなものから小さなものを生み出しているに過ぎません。そして、その技術は一つのすし職人の技術というものではなく、科学的にこうすれば、代替できると思われる技術を組み合わせて作られています。即ち、10倍のレンズを作れば、10倍に拡大できます。 じゃあ、そのレンズ技術を応用して、光を1cmの光を1mmに集光できれば・・・といったことを考え、技術として応用すれば、小さなものを作る力になるわけです。それらを積み重ねることで、人がやっていたことを、機械に任せるようになったのが、今のハイテク産業であり、製造装置を作る過程も、比較的産業用ロボットが作っているものも多いのです。 最後に、半導体について言えば、これから先半導体はさらに進化する・・・とは言えません。 何故か?単純に、今のシリコンベースの半導体は、既に限界が見えているからです。 物質の構成要素である原子より小さな回路を作ることはできませんが、既にその何個分にまで達していますからね。原理原則上の限界が見えている以上。この先シリコンベースではあと2年~6年が限界です。その先は、光半導体など新しい技術に移行することになります。 いかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

>「高性能な機械を作るためには,それを作る機械はさらに高性能でなければならない」 と常識的に思いますが, それが常識かどうかも疑問ですが、いずれにせよ高性能な機械を単純な道具で作る人達がいます。 匠と呼ばれる人たちです。 匠が手で高性能な機械を作れば、あとは派遣労働者が高性能な機械を使って商品を大量生産をします。 大量生産しないものなどは、商品自体を匠が手作りしています。 直径10メートル以上ある天体望遠鏡のレンズだって、大陸間弾道ミサイルの先頭の紡錘形のキャップだって匠が手で作りますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>高性能な機械を作るためには, それを作る機械はさらに高性能でなければならない」  と常識的に思いますが, 旋盤やフライス盤といった単純な機械では それ以上に高度な装置は作れないのでしょうか? そんなことはない筈です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 製造機械の修理か新規購入の決断について

    工場の主任をしています。製造機械の部品の調子が悪くなってしまいました。修理をしているのですが、元通りには直りません。 おそらく、修理をした部品を使用して製造した場合、生産能力は、新品時の70~80%程度になると思います。(実際のデータは、近日とります。) 新品部品を購入すると価格として、約10万で、納期は約1ヶ月かかります。 この場合、新品を購入するのか修理した部品を使用するのか、どちらがよいでしょうか?また、この場合の、判断基準は、どのようなことを検討するべきでしょうか? この機械で製作する製品は、新規商品なので、まだ受注は、ありません。今後は、見込みは、あるそうなのですが。。。

  • 破壊的イノベーションを起こすコツは?

    仕事で、半導体関連のベンチャー企業の経営に関わっているのですが、解決したい悩みがあります。 半導体(SOC、ASIC、ASSP等)を実際に製品に搭載するためは、一般に、設計と製造にたくさんの技術者、多額のお金、長い時間を「投資」し、失敗を繰り返しながら漸く製品化にこぎつけるので、実際に利用する会社・事業・アプリケーションは、それだけの「投資」に耐えられる業界に限られています。例えば、携帯電話やスマートフォン、自動車産業、ハイテク家電等、大きな市場の見込める業界です。 もし仮に、これまでの常識では考えられない程、「少量のニーズ」(例えば、月50個程度)でも、「短期間」(例えば、1ヶ月程度)で、「安価」(例えば、数百万円程度)に、半導体の設計・製造が可能になったとしたら、今まで半導体を利用することを考えもしなかったような会社・事業・アプリケーションが、新たに半導体を自社製品に搭載する、或いは利用してみる、ということも起き得るのでは、と想像しています。 そういった業界、会社、事業、アプリケーションがあるとしたら、それはいったい誰・何になるのでしょうか。また、それが分からなかったとしても、どのような視点で考えると見つかる可能性が高まるでしょうか。もしイメージできる方がいらしたら、是非、教えてください。(FPGAの活用は考慮の対象から外していただけると嬉しいです。) 宜しくお願いいたします。

  • 設備保全 ISO製造指図書

    工場で製造指図書をエクセル、ワードでさくせいしているのですが、 図形のデパートリーをふやしたいのですが、 何か良いフリーソフトはないでしょうか? ※ちなみに部品はすごく小さいのでデジカメなどの撮影が不可能です ※おもに製品は半導体関係です(ワイヤボンダなど)

  • AI機械化工場化を「省力化」と称して批判する人たち

    一部の経済評論家は「省力化」と称して、AIや機械化や工場化を批判する人らが結構います。しかし一方でこの手の批判する人は移民政策や実質移民政策を推進する人が多いです。 多くの分野では AI、機械化、工場化に投資を拡大させることは経済成長や生産性向上には欠かせません。またこれまでも機械、工場により生産性を向上させて来ましたし、それらにより国際競争力も高めてきました。機械化可能なものはどんどん機械化して人は人にしか出来ないことをするということで良いと思います。 なぜ「省力化」と称して批判するのでしょう?日本は少子高齢化で人手不足が今後しばらく続くことも分かっていますし、現状技術の延長線上ではAIが人間のように意思を持つこともありませんし、お金は人工的なものですし、「省力化」と称して批判する意味がわかりません。 一部の経済評論家は「省力化」と称して、なぜAI化、機械化、工場化を批判するのでしょうか?

  • 電波方位探知機とPCB

    電子機器を製造販売している小さな経営者です、どうか皆さん教えてください 1:電波方位探知機の仕組み&実現方法(設計) 2:マリン用電子機器のプリント基板の高信頼性を保つ作り方、現在CPU他のパーツ等を手作業でハンダ付けして、フラックス洗浄剤で刷毛にて洗浄して、出荷しています、1流メーカ製の基板でも15年以上何ともない基板とメーカによっては3年ぐらいで基板劣化を起こすメーカーがあります、これは基板製造後のコーティングの問題にあるのではと思います、強い基板を作る手法等も教えてください

  • 機械設計への転職について

    どうも、はじめまして、現在転職先を考えて悩んでおり、皆さんにアドバイスを頂きたいと思ってます。 僕は31歳の男性ですが、毎日、経験の無い職業に対して、素人考えで色々考えて、悩んで、動き出せない日々で、つらいです、、 僕は、文系の大学を卒業してから、26歳までの4年間、派遣会社から製造業で2社ほど勤めてきました。 いずれも家電部品の簡単なラインでの製造作業のような仕事でした。 このままでは、、とその後、何か手に職が付く職業を希望して、NC旋盤工として、小企業に就職しました。 しかし、当時CADオペレータにも興味があったので、勤めながら機械製図やCADの勉強をして、文系出身ながら将来的に、機械設計の職業をできたらと思い、動くなら若い時に動く方がいいと思い、その会社を半年で辞め、 まずはCADオペで仕事を探しましたが、なかなか決まらず、失業期間が長くなった為、妥協もあり、特定派遣会社に就職し、そこからの出向で半導体製造装置の検査、立ち上げの試運転業務で、ちょうど3年間勤めました。 辞職理由は、会社側の事情で、現在は、求職活動中です。 半導体製造装置を3年間扱っていたので、装置の機械、電気、配管図面をみて検査、立ち上げ試運転業務をやってきておりましたので、図面を読み取る知識はあります。 設計の実務経験がない文系出身者としては、かなり厳しい職業だと思いますが、CADオペなら、CADスクール卒でも可能という募集が特定派遣の会社や小さな設計会社ではあります。 現実的にCADオペからして、今の年齢からやっていけるでしょうか、、? 設計センスを磨くのは、35歳までと聞いたことがあるのですが、、 35歳時点でもし、設計経験がまだ1~2年となると、特定派遣からでもどこかの企業で設計職として雇ってもらえるでしょうか? アドバイスをお願いします。

  • 機械や電気・電子工学科からの就職

    修士と学士の違いがあろうかと思いますが、 まず、学士として・・・ 製造業に就職した場合、具体的にどんな仕事をするのでしょうか? 工場の生産ラインで部品作ったり点検をしたり? 直接お客様のお宅へ伺って製品の修理をしたり? でもこれらの職に携わる人たちは高卒(工業高校出身者)が多かったような気がします。 次に修士として・・・ 優秀だった場合、製造メーカーで企画・発案・開発に携われる研究者になれるのは想像できますが、 その他普通の能力の人間に残された道は? お詳しい方、どうかよろしくご回答ください。

  • 手にアトピーがある人でも製造業はできる?

    いとこがアトピー性の皮膚病で、手と足の皮がボロボロ落ちる症状を持っています。こういった人でも製造業ってつけるでしょうか?例えば、精密機械の組み立てとか半導体・車・プラスチックなど。

  • 豊田自動織機 期間従業員

    応募し、先日採用が決まりました。 製造職の経験は今まではありますが、 電子機器なので扱う物が違うので、 多分、車関係になると思いますが電子とはまた違うでしょうね。 配属先は高浜工場です。 ここではどういった製品を作っているのでしょうか? ライン作業になるのでしょうか? 採用が決まったからには頑張りたいと思いますが。 正直ついて行けるかが心配です。 体力は人並みにはありますが、 現業者、または、経験者の方がいらっしゃればお願いします。

  • 運送業について

    転職先でトラックにて製品の配送をする事になりましたが入ってみると、フォークリフトで乗せると思っていたのがほとんど手積み、手下ろしでした。 多い時には100製品を越えますし、配送先も異なります。(鉄製の製品が多く重いので、筋肉痛になり今はそれを和らげる消炎剤を体に塗っています) あとまだ入ったばかりなのに手積みが遅いと言われています。 製造業の会社で面接では工場で適正を見ると言われましたが、最初から工場内では仕事をさせる気は無かったようです。 求人票には製造と記載があり配送、手積みとは全く記載がありませんでした。 ハローワークに聞くと求人内容と異なるので違反と会社に対して言えますが、最終的に私が辞める事になるそうです。 最初から配送で手積みだと知っていたら面接は受けませんでしたし、以前と同じ製造に携わると思ったのが全く違っていましたが前職は退職済みです。  トラックで重量物の手積みは体力的に長く続く仕事では無いと思います。 アドバイス頂けると助かります。 実際にされている意見があると助かります。