• ベストアンサー
  • 困ってます

この文章は文法的に正しいですか

1.気づきませんでした。 2.気づかなかったです。 ネットでざっと調べたところ、 「です」という助動詞は、名詞か一部の助詞にしか接続しないとありました。 しかし、 1.では、否定の助動詞「ん」に接続していますよね? 2.では、過去の助動詞「た」に接続していますよね? ということはどちらも間違っているということでしょうか。 今気づきましたが、本文の題もおかしいのかもしれません。 「正しいですか」では、形容詞「正しい」に接続していますよね? この3例の成否と、 「です」をどのように使えばいいのかを易しく教える文法参考書があれば教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数274
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

「です」という言葉自体が比較的新しく、丁寧な言い方を示す語として多用されているため、様々なバリエーションが存在しています。 そういう意味では、いずれも、間違いとは言いがたいと思います。 手元の辞書(3冊)によれば、まず、質問にある「正しいですか?」については、 【正しいですか?】 形容詞の終止形にもつく(学研国語大辞典) 形容詞の終止形にもつく。ただし、多少ぎこちなく感じる(大辞林) 形容詞の終止形につく。(明鏡国語辞典) ということなので、OKということでしょう。 【気づきませんでした】 「ます」の打ち消しの過去は、「ませんでした」となる。(明鏡国語辞典) 丁寧の助動詞「ます」の打ち消しの過去の形は「ません」に「でした」をつける。(学研国語大辞典) と、二つの辞書が使用を認めています。 【気づかなかったです】 《形容詞終止形、または形容詞連用形+過去の助動詞「た」の形を受けて》丁寧な気持ちを添える。(明鏡国語辞典) は、使用を認めています。 あげられた中では、最も違和感がありますが、さりとて、既に「間違い」とは言い切れないというところでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

しっかりした辞書で調べるのが確実だということですね。 そのことに気づかせていただき、ありがとうございました。 また、言葉に敏感な人にも違和感を覚えられない自然な用い方を模索していきたいと思います。

関連するQ&A

  • もう『少しで』の文法的説明

    「もう少しで勝てる」の『少しで』は名詞+助詞なのか、名詞+断定の助動詞なのか、どちらでしょうか?

  • 「いるならいるで」文法的に…。

    「いるならいるで」の「で」は 文法的にはどう解釈できるでしょうか? 1.「で」を格助詞と考えると、 格助詞は名詞に付くので 「いるで」は動詞+格助詞になってしまいます。 2.「で」を接続助詞と考えると、 接続助詞は連用形に付くので 「いるで」は連体形または終止形+接続助詞になってしまいます。 3.「で」を助動詞「だ」の活用したものと考えると 「いるで」の終止形は「いるだ」になってしまいます。 外国の方に聞かれて困っています。 よろしくお願いしますm(_ _)m

  • すぎるの文法的解釈

    A:食べすぎる B:悲しすぎる C:穏やかすぎる Aは動詞の連用形+すぎる→複合動詞? Bは形容詞の語幹+すぎる Cは形容動詞の語幹+すぎる Aを複合動詞と考えると、「食べなおす」「食べだす」(こちらは接尾語というのでしょうか。)のような「なおす」・「だす」は、形容詞、形容動詞の語幹につくことがないので、「すぎる」だけが特別になってしまいます。 名詞にくっつく「さ行変格動詞」と同じく、B、Cのように、「形容詞・形容動詞」の語幹にくっついて、 新たに動詞を作る言葉、と解すると、独自性が高いので「すぎる」だけで、「~動詞」という新たな項目立てが必要かと考えます。 「すぎる」だけが、他に文法的な仲間を持たない独立した言葉のような気がするのですが、 どうなんでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

 No.2で回答した者です。  個人のブログはウノミにできないものが多いのは事実です。No.2の最後に張ったリンク先も、個人ブログです(泣)。  ただ、この問題に関してはさほどヘンではない気がします。  【助動詞 です 接続】でgoogle検索した上位5件を斜め読みしてみました。  3)以外は、〈形容詞+「です」〉を許容しています。許容はしていますが、決して積極的には認めていないようです。当方も同感です。  辞書の場合は、あまり余計なことを書かずにOKにするしかないのかもしれません。×とする理由はないのですから。  No.1のかたのコメントにあった『大辞林』の記述を知ったのは大きな収穫でした。ありがとうございます。  本来はこう書くべきでしょう。 http://dictionary.nifty.com/word/%E3%81%A7%E3%81%99?dic=daijirin ================引用開始 【一】の「です」は,明治以降,次第に一般に広く用いられるようになった。 (3) 形容詞の終止形に付く「楽しいです」「おもしろいです」は現在かなり広がっているが,多少ぎこちなさも感じられる。一方,それに終助詞を伴う「楽しいですね」「おもしろいですよ」などは普通に用いられる〕 ================引用終了 【助動詞 です 接続】でgoogle検索した上位5件の記述。 1)【助動詞「です」の光と影】 http://dora0.blog115.fc2.com/blog-entry-68.html  このサイトは時折確認しています。かなり信頼できると思います。 〈形容詞+「です」〉の話も、文法的な用語を使わずに書いているようです。許容してるようです。 ================引用開始 でも、これらは本来の「です」の使い方と違うため、依然、これに違和感、あるいは嫌悪感を覚える人もいるようです。 でも、これを回避するのは、かなり難しいんですよね。 (中略) まあ、世の中には形容詞+「です」を嫌う人もいる、ということを頭の片隅に置きつつ、「です」を使うのが良いと、私は思います。 ================引用終了 2)【国文法初歩】 http://kokubunpo.jimdo.com/%E5%8A%A9%E5%8B%95%E8%A9%9E/%E3%81%A7%E3%81%99/ ================引用開始 断定の助動詞「です」を形容詞や形容詞型活用の助動詞(ない・たい・らしい)の終止形につけることがある。このような接続のしかたは、間違いとはされていないが、好まない向きもある。 ================引用終了  ちなみに「ませんでした」に関しては、下記のように説明しています。 ================引用開始 次の例文のような形で、打ち消しの助動詞「ん」に助動詞「です」の連用形「でし」が接続することがある。 (例)今日は、誰も来ませ ん でし た。    →「ませんでした」の形で、丁寧な打ち消しの過去を表す。 ================引用終了 3)■ Hello School 国語 文法 助動詞 ■ http://www.hello-school.net/harojapa009.htm  この記述は不十分でしょう。 ================引用開始 です…ていねいな断定の意味をもち、特殊型の活用で、体言や一部の助詞につく。    君は中学生です。(体言につく)    この選択が一番正しいのです。(助詞につく) ================引用終了 4)Wikipedia 助動詞 (国文法)  3)に似ていますが、こちらのほうが正確でしょう。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A9%E5%8B%95%E8%A9%9E_(%E5%9B%BD%E6%96%87%E6%B3%95) ================引用開始 「だ」「です」 体言と一部の助詞に接続する。 仮定形「なら」・未然形「だろ」「でしょ」については、動詞・形容詞・一部の助動詞の終止・連体形にも接続する。 [注 7] 7.^ 形容詞(および形容詞型助動詞)の終止・連体形 に 「です」(終止・連体形) が接続する形も見られる。 ================引用終了 5)77 うれしかったです(2004年10月8日) 「おもしろかったです」の類いの話も出ています。 http://www.ic.nanzan-u.ac.jp/~mizutani/essay/ureshikatta.shtml ================引用開始 小学生の作文では「うれしかったです」「たのしかったです」「かなしかったです」という幼稚な表現をよく見る。最近では大学でもこのような文を書く学生が多い。しかしこの表現は、わたしなどには決して使えないものだ。辞書で確認してみた。 【です】(助動詞)〈体言およびそれに準ずるものに付く〉話し手(書き手)の断定を表わす。(『岩波国語辞典第四版』) 【です】(助動詞)・・・[接続]体言、副詞の一部、助詞「の」「から」「まで」「だけ」「ぐらい」「ばかり」などに付く。(『角川必携国語辞典』) これらから明らかなように、「です」の前には「体言およびそれに準ずるもの」が来ることになっているのである。形容詞やその過去形は接続できないということだ。「うれしい」あるいはその過去形の「うれしかった」は“体言およびそれに準ずるもの”ではないだろう。「うれしかったです」とは言えないということである。 ところが、これはいまや“正しい”用法として認められているらしい。文化庁から出ている『言葉に関する問答集 総集編』(1996年、pp. 556-7)を見てみると、国語審議会の「これからの敬語」(1952年4月建議)の中に「形容詞と〈です〉」という一項があって、次のように書かれているという。 これまで久しく問題となっていた形容詞の結び方――たとえば、「大きいです」「小さいです」などは、平明簡素な形として認めてよい。 形容詞を丁寧形にするには、「大きゅうございます」「美しゅうございます」というふうに「ございます」を下につける言い方しか認められていなかったのだが、「だんだん一般の人の意識にそぐわなく」なったので、「大きいです」「美しいです」というような言い方が「実際の社会では次第に勢いを得てきた」のだそうである。そういう世間の流れを国語審議会は追認したというわけだ。問答集には、具体的な使用例として次の3つの文が紹介されている。 寒いですよ。二階へお出でなさい。(尾崎紅葉「多情多恨」) 後に是非お出下さいよ。宜しいですか。(尾崎紅葉「金色夜叉」) あすは波が高いですから、漁船は注意を要します。(ラジオの気象予報) また、形容詞を過去形で使う場合は、「おもしろいでした」「大きいでした」と言うより、「おもしろかったです」「大きかったです」と言う方が「抵抗が少ないと思われる」と書かれている。冒頭に紹介した「うれしかったです」という国語の先生の例は、まさにこの説明箇所に該当するものだ。 ================引用終了  ちなみに、当方がこの問題を考えはじめたのは下記あたりです。このあたりのリンクはご覧になりましたか?  この頃は(ありませんデシタ)も×にしてますね(笑)。 伝言板【板外編7】デス・マス体が書きにくいワケ1 http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-277.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答をありがとうございました。 一度しっかりと辞書や文法書で文法をおさらいしたいと思うようになりました。 また、日常会話と書き言葉との違いに触れた読み物なんかもあれば読んでみたいです。 あ、みたいですって書いてしまいました(笑)。許容されているとのことですが、気にしてしまいますね。 良い文法書や読み物があればぜひ教えてくださいませ。

質問者からの補足

ざっとですが全部に目を通しました。

  • 回答No.3

全くの素人ですが、素人なりの考え述べます。 ~ダ の丁寧語だとしたら、置き換えると 1.気づきませんダ。 2.気づかなかったダ。 と、どっちもおかしいです。 それがよりどころとなって小さいときは例に挙げられたどちらの文も違和感がありました。 でも、今はそこまでは違和感を覚えません。 言葉って、時代とともに変わるんでしょうから、多くの人が使うようになればそれが正しくなるんでしょう。ましてや、ここで問題になっている「文法」なんて、後からくっつけた理屈でしょう。 ~デスなんて、そもそもいつ頃から使われるようになったんでしょうか? 一部で使われていた言い回しが近代になって一般化した程度の話じゃないのかな。文法ありきだと、ずうっと違和感がつきまとったと思うのですが、違和感感じなかった多くの人たちも ~デス って使いながら普及したんでしょうね。 昔の地方の小学校で生徒が「おらぁ気づかなかったダ」などと方言でしゃべったら、先生が「ダじゃなくてデスと言いなさい」って指導したんじゃないかな。そうしたら生徒は「おらぁ気づかなかったデス」なんて言い直してたんじゃないの。 そういえば、軍隊口調ってのがありますね。いろんな地方の方言が入り乱れて居る中で、上下関係をはっきりさせる必要もあって、言葉を統一した結果が、あの不思議な言葉遣いになったんだと想像します。 とにかく終止形に「~デアリマス」とつけろ!って指導されて「気づかなかったデアリマス!」なんて叫んでたんでしょう。 いまや、軍隊口調は死語になってますが、「~デス」のなかに用法として息づいてるのかもしれません。 余談ですが、私が小学生の時は、副詞の呼応などを覚えましたが、いまや副詞の呼応もあやふやになってきてます。ところが、これも、古い文献なども読んで居ると、逆に副詞の呼応はある短い時代だけの使われ方だったことが分かります。 ってことで、「文法的に」と考えるよりも、多くの人に尋ねて、違和感がないことが体勢であればそれは正しい、と考えるのが正解ではないかと思います。     

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

質問者からの補足

確かに、言葉は時代で変わっていくものですね。 現在の文法と、形容詞+ですに違和感を覚える世代が覚えた時代の文法は少しずつ内容が異なるのでしょう。 私としては両方の文法をおさえつつ、個人の好みで後者を使っていければ良いなと考えています。

  • 回答No.2

>「です」という助動詞は、名詞か一部の助詞にしか接続しないとありました。  どこに書いてありましたか? かなり珍しい例なので、是非教えてください。  たとえば下記をご参照ください。 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%A7%E3%81%99&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=12697100 ================引用開始 です [助動][でしょ|でし|です|です|○|○]体言、副詞、形容詞、一部の助動詞の連体形、助詞「の」に付く。「である」「だ」の丁寧表現で、相手に対して改まった気持ちを表す。 (以下略) ================引用終了  本来は、「名詞か一部の助詞にしか接続」しなかったのだと思います。しかし、ずいぶん昔から「形容詞+です」は使われています。 「形容詞の過去形+です」(なかったです)も同様でしょう。「ませんでした」はちょっと違う形ですが、ほぼ同じと考えてよいでしょう。  国語審議会がこの形を許容したのは昭和27年(1952年)です。現在では文法書も辞書も許容しているはすです。  下記が参考になるでしょう。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410992274  個人的には、よほどのことがない限り使いません。  ただ、「ですか」のように、「か」「ね」「よ」と併用するとほとんど異和感がありません。  詳しくは下記をご参照ください。 【「形容詞終止形」+「です」 うれしいです うれしかったです】 http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2417.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どのリンク先もとても参考になりました。 ありがとうございました。

質問者からの補足

wikiの助動詞のページや、「助動詞 です 接続」でgoogle検索して上位に出てきた個人ブログなどです。問われてみて初めて、確実性に欠ける情報源ばかり参照していたことに気づきました。

関連するQ&A

  • 中学生向けの国語文法と読解

    中学3年生です。国語の文法が苦手です。 助詞?助動詞?動詞???など、違いが分からなくなってしまいます。 丁寧にまとめられたおすすめの参考書を教えてください。 次に読解問題についてですが、模擬試験や公立の過去問題などはわりと解けます。 しかし、有名私立や公立の独自問題には全く歯が立ちません・・・。やはりコツがあるのでしょうか? 文法と読解の参考書をそれぞれ教えてください。

  • 「知らなさすぎる」文法的に…

    「知らなさすぎる」という言葉を、 品詞に分けたいのですが…。 知ら…動詞 な…助動詞? さ…名詞化の接尾語? すぎる…動詞 とくに「さ」がわかりません。 「すぎる」には動詞の連用形または 形容詞の語幹がつくはずなのですが そうすると「な」も「さ」も説明できません。 どなたかよろしくお願いしますm(_ _)m

  • 文法がわかりません

    こんにちは 私、中3なんですけど文法がすごく苦手です 特に助詞と助動詞の見分けがつきません この前、国語のテストで出たんですけど全然だめでした 付属語で活用するかしないとか参考書には書いてあるんですけど、それもよくわかりません 教えてください お願いします

  • 古典文法 (活用形)

    こんにちは。 高校古典文法の動詞の活用形について質問します。 活用形については、用言の前に動詞があれば、その動詞は連用形。体言の前にあればその動詞は連体形…まではわかるのですが、助動詞、助詞の前にある動詞は、その助詞、助動詞の接続で見分けるとのことですが、私はその都度その都度一覧表で確認しています。  試験対策ですが、一覧表をみることができない試験に向けて、皆さんはどのように覚えたのでしょうか?  (暗記するまで繰り返すとなると、助詞が60個以上、助動詞が30個近くあり、意味なども含めるとかなり大変だと思いますが、暗記するしかないのでしょうか?)

  • 英語の文章で文法的に分からないことがあります。

    まず、最初に、自分は文法用語をきっちり学びながら勉強してきてはいないので、 用語の使い方が間違っているかもしれません。 そのことを前提に、お知恵を与えてください。 以下議題となる英文。紙面上のままスラッシュを入れます。 In an interview/broadcast Sunday/on CNNs Realiable sources/ Gibbs says/twitter allows him/to reach not just reporters/but tens of thousands of people/curious about what Obama is doing, インタビューで/日曜日に放送された/CNNの「信頼すべき筋」という番組で/ ギブスは言う/ツイッターは彼に可能にする/報道記者とつながるだけでなく/ 何万もの人々とつながることを/オバマが何をしているのかについて知りたがっている(人々と)。 ・以上参考書どおりに再現しました。 分からない所は、「thousands of people/curious about what Obama is doing,」です。 参考書には、be curious about~ ~に興味がある という解説があります。そしてcuriousは形容詞と書いてあります。 しかし、本文上にはbe動詞がありません。これはどう考えればよいのでしょうか? 例えば、people curious about なのかな?とも考えたのですが、curiousは形容詞であり     (S)   (V)   (前置詞)  述語動詞になりえませんよね? ということはつまり、Peopleをcurious about what Obama is doing の塊が修飾していると 考えるべきなのでしょうか。 しかしそのような構造だとするならば、curiousは準動詞ということになりませんか? つまりVであるということです。しかしcuriousは現在分詞でも過去分詞でもありません。 ここをどう考えれば良いのでしょうか?理解できずに困っています。 すみません、うまく整理して説明できていないので、補足としてさらに自分の考えを以下に書きます。 英文上の動詞とは、文章の条件であるSV~の形が成立している時のV、つまり述語動詞と Sがなくても、単語を修飾できる動詞、つまり準動詞だけだと理解しています。 そして準動詞とは、現在分詞と過去分詞のみであると理解しています。 つまり、英文上の動詞とは、述語動詞と準動詞(現在分詞と過去分詞) これらのみであると理解しています。 ・この補足は概ね正しいのでしょうか? そして正しいとするのならば、curiousは文の形から述語動詞は考えにくく では準動詞の可能性を探ると、現在分詞でもなく過去分詞でもありませんので curiousは動詞以外の作用を持つ単語のはずなのです。 しかし、文章を見ると、curiousが準動詞のようは働きを持っているように見えて混乱してしまうので す。 まとまりのない文章ですが、解説をよろしくお願いします。

  • 古典文法、助動詞の文法的意味。

    古典の助動詞で例えば『す・さすなら使役と尊敬の 2つの意味がありますがこの文章での文法的意味はなにか』みたいな問題を出されてもあやふやなまま答えを書いてしまいます。こういうのは本文から意味を読み取る以外に方法は無いのですか?

  • 古文文法問題

    古文における文法の使い方についての質問です。 たとえば助動詞とは「食べれる」「食べたい」「食べたいようだ」 の「れる」「たい」「たいようだ」だという事は理解できました。 ただ、文法を覚えるときに、基本形と変化(く、く、し、き、けれ)と接続(連用形など)と習ったのですが、変化と接続を覚える意味がわかりません。それと助動詞以外にも助詞(格助詞など)や敬語、などなど 覚えることが多いのと、実際にどう使えばいいのかがわからないのとで混乱してしまいます。どなたかお助け下さい。お願いします。

  • 日本語文法の接続について

    外国人の方が勉強する日本語の文法の接続について質問があります。 日本語能力試験の文法対策の本には、意味、接続、例文などがありますが、その中の接続で 例えば、「~せいだ」の文法なら 【動詞・い形・な形・名】の名詞修飾型+せいだ と書いてあります。 この名詞修飾型というのは、普通形と違うのは、 な形「きれいだ→きれいな」と名詞「学生だ→学生の」だけですよね? 他に何か違いはありますか? また、文法の接続について、参考になるHPやわかりやすい参考書があれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 中学3年の文法問題が解りません。

    中学3年生です。国語の文法問題で下記の文章から「多く」の品詞を 問う問題がありました。 子どもの視聴者が多くを占める夕方の番組では・・・。 解答は形容詞となっているのですが、ぼくは名詞ではないかと思います。たしかに、この「多く」は動詞の「占める」にかかる形容詞の連用形のように思えますが、「多くを占める」となっていることから、この「多く」を名詞の「大部分」という言葉に置き換えることが出来、「近く」と同じような転成名詞ではないかと思うのです。 また、「占める」という動詞が他動詞であることから、「~を」と言う言葉が必要になってくると思います。「多くを占める」が文法上間違いでないのなら、形容詞と言えるかも知れませんが、ぼくは違うと思います。 未熟な文章で申し訳ありませんが、ぼくの考えは間違っているのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 文法的に正しいのは?

    最近街中で”Smiley Kids"という店舗名のところと ”Smile Kids"というところを見かけました。 他にも"Dream Land"と"Dreamy square"というところが ありました。 名詞の前には形容詞が来るものかと思っていたのですが、 smileとdreamは動詞もしくは名詞ですよね? smileyは名詞、dreamyは形容詞でしょうか… 社名店舗名であれば響きが重要になるのでしょうが、 文法的に正しいのはどれなのでしょうか? また”Flower Kids"は文法的に正しいですか? 間違っているようであれば、どのように直せば良いのでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。