• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

物質を 導体 半導体 絶縁体 で分ける

気の通しやすさによって、導体、半導体、絶縁体があることがわかりました そしてその3っつの分け方は電気伝導率で 導体  1.0 × 10^6 以上 半導体 1.0 × 10^6 ~ 1.0 ×10^-6 絶縁体 1.0 × 10^-6 以下 が、基準であると知りました。 そのため以下の物質の 電気伝導率 と 電気抵抗率を 各サイトで調べたところこんな感じでした 範囲が表示してあるのは大体中間の値でしめします   電気伝導率 電気抵抗率 Ag 61.4×10^6 1.59×10^-8 Au 45.5×10^6 2.21×10^-8 Cu 59.0×10^6 1.68×10^-8 Fe  9.9×10^6 10.0 ×10^-8 Pt  ?     10.4 ×10^-8 Pb  4.8×10^6 20.8 ×10^-8 Ti  ?     42.7 ×10^-8 海水 ?     20000000×10^-8 皮膚 ?     50000000000000×10^-8 紙  ?     1000000000000000×10^-8 木材 ?     100000000000000000000×10^-8 硝子 ?     1000000000000000000000×10^-8 電気抵抗率については調べると乗ってる事が多いのですが 電気伝導率はなかなか出てきません そこで電気抵抗率から電気伝導率を出せないか考えたのですが 電気抵抗率と電気伝導率が反比例してるように思えたので、その値を元に上の表を元に ?となっている部分を算出したらこうなりました 計算によると多少誤差が出るのは、温度等によって変化したりするため と 調べた数値は大よその値であるからだと思ったからです。   電気伝導率 電気抵抗率 Ag 61.4×10^6 1.59×10^-8 Au 45.5×10^6 2.21×10^-8 Cu 59.0×10^6 1.68×10^-8 Fe  9.9×10^6 10.0 ×10^-8 Pt  9.6×10^6 10.4 ×10^-8 Pb  4.8×10^6 20.8 ×10^-8 Ti  2.3×10^6 42.7 ×10^-8 海水 5.0×10^0 20000000×10^-8 皮膚 2.0×10^-6 50000000000000×10^-8 紙  0.1×10^-6 1000000000000000×10^-8 木材 ?     100000000000000000000×10^-8 硝子 ?     1000000000000000000000×10^-8 木材とガラスは算出してません ここから質問です 質問I 計算結果によるとこの物質の表の中では Ti より上が 導体 海水と皮膚 が 半導体 紙より下が 絶縁体 という解釈であっていますでしょうか? 質問II 電気抵抗率と電気伝導率は反比例している 計算によると多少誤差が出るのは、温度等によって変化したりするため と 調べた数値は大よその値であるから。 この仮説はあっていますでしょうか? 質問III 質問IIの仮説が違うのならどうやれば電気抵抗率から電気伝導率を算出できますか? もしくは電気抵抗率を関係させずに電気伝導率を出す方法はありますか? 返信には事情がありまして1ヶ月以上かかるかもしれません 申し訳ありません

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数952
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

質問I 計算結果によるとこの物質の表の中では Ti より上が 導体 海水と皮膚 が 半導体 紙より下が 絶縁体 という解釈であっていますでしょうか? http://www.tepco.co.jp/life/elect-dict/file/ze_001-j.html 電気を通さないものを絶縁体といいます。 (簡単に言うとこうなるんだけど) 絶縁体であれば、絶対電気を通さないということではありません。 (導体・半導体・絶縁体ってのは、適当に区切っているだけなので、Aは半導体である!とか断言はじつはできない) 質問II 質問III ↓ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%8A%B5%E6%8A%97%E7%8E%87 電気抵抗率 \rho の逆数を電気伝導率(導電率)と呼ぶ。 ※ 定義なので、反比例するのは当たり前。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

時間がないのでこの場を借りて返信しますね。 皆様ありがとうございました。 ウィキペディアでは読んだだけでは反比例するとはわかりませんでした 皆さんの意見で反比例すると確定したのでこれで物質の電気の通しやすさを調べやすくなります。 ありがとうございました。 単位を書き忘れてしまって申し訳ありません。 Ω・mですね。 バンドギャップ理論は調べませんでしたがウィキペディアに乗っている分類法で分類しました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

I. こういう定義もあるので間違ってはいないと思います。 バンドギャップ理論をベースにした分類もありますね。 あくまで分類です。 II. III. 抵抗率 x 導電率 = 1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

かわいそうなので「S」という単位も使ってやってください>#2. なお, この質問はほとんど無意味です. 単位を無視して数値だけ書くことに, いったい何の意義があるというのか.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Cupper-2
  • ベストアンサー率29% (1342/4565)

1 YES  絶縁破壊とか、そー言った言葉を調べちゃダメですw 2、3 逆数なんですね。   1÷電気抵抗率=電気伝導率  です。  抵抗率の単位はΩ・mですよね。伝導率の単位は1/Ω・mって知ってましたか?  そーとー古い技術書などには「Ω」(OHM)に対して「?」(MHO)なんて書き方がされたモノがあります。  ※MHOはOHMを逆さに読んだものです。   記号は…表示できてるかな?…Ωを上下逆さにしたものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 導体、絶縁体

    なぜ金属などの導体は電気を通し、樹脂などの絶縁体は電気を通さないのですか?

  • 金属(導体)の熱伝導が半導体や絶縁体より良い理由について質問です。

    金属(導体)の熱伝導が半導体や絶縁体より良い理由について質問です。 物理物性に基づく観点で考察しています。 いろいろな文献を調べると、金属の熱伝導が半導体や絶縁体より大きい理由は 熱を加えたとき金属の原子が振動し、自由電子がぶつかることで この振動している原子のエネルギーが自由電子に移り、この自由電子が 別の原子にぶつかることでその原子にエネルギーを伝えるというのが熱伝導で、 半導体や絶縁体は自由電子がないので金属のほうが大きいから、という解釈です。 しかし、熱伝導は自由電子だけではないと思います。 なぜならば、自由電子だけに依存するなら半導体や絶縁体は熱を伝えません。 しかし、現実には半導体も絶縁体も熱を伝えます。 なぜでしょうか? 愚考してみると、金属の場合は自由電子のほうが大きいウェイトを占めているから気づかないが、 それぞれの原子をつないでいる格子?のようなものが振動することで さもバネのように熱を伝えるので、自由に動ける自由電子より遅いのではないか。 と、思いつきました。 実際はどうなんでしょうか?

  • 半導体の電気抵抗率

    実験結果から半導体の電気抵抗率は190Kぐらいから下がっているんですけど、これは半導体は温度が上がると電気伝導率が上がるという説明と矛盾していると思うのですが。どうか説明またはこのことの説明があるホームページを教えてください。

  • 半導体や絶縁体のフェルミエネルギー

    基本的なことですが大事なことだと思うので質問させてください。 なぜ、フェルミエネルギーは半導体、絶縁体の場合には伝導帯と価電子帯の間の禁止帯の中にあるのでしょうか? 教科書などで普通に書かれていることですが、どうも納得いきません。 金属の場合には電子をバンドの底から詰めていき、その数が系の全電子数になったところの電子のエネルギーですが、 その定義をそのまま絶縁体や半導体で使うと価電子帯の一番上のところがフェルミエネルギーの位置になるのではないかと思うんですが。 また、禁止帯の位置には電子が存在できないのにフェルミエネルギーが そこにあるのもよくわかりません。 何かの数学的導出で真ん中に来ると証明されるのでしょうか? ご存知の方、お教えください。 また、なにか参考になるサイトや教科書等ありましたらあわせてご紹介いただけますとありがたいです。

  • 伝導体と絶縁体。

    範疇のとおり言葉の意味を教えてください。 伝導体…電気を通す物。例えば、何がありますか? 絶縁体…電気を通さない物。例えば、ガラスやゴム。     プラスチックも絶縁体ですか? と、このように理解しているつもりです。最初は絶縁体なので、楕円形みたいな【形】をイメージしましたが、絶縁体という【物】でいいんですよね? 正しい意味をお願いします。

  • 高校物理 絶縁体について 

    すみません。絶縁体というのがよくわかりません。 (1)絶縁体といってもすごく高い電圧をかければ電気を通しますよね?これは絶縁体内部の電子の移動が起こっているのでしょうか?それとも極板から電子が飛び出して電子が絶縁体の上を伝わっているということでしょうか? (2)エボナイト棒って絶縁体ですよね?これってどうやって帯電させるのでしょうか?絶縁体が帯電する仕組みがイメージできません。 (3)正に帯電した導体があるとします。これを手でさわれば電子が導体に流れていくと思います。これに絶縁体のエボナイト棒を接触させると、エボナイト棒から電子が導体に流れこんでくるでしょうか? すみませんが、簡単でかまいませんからどなたか高校生でもわかるように教えていただけないでしょうか?

  • 誘導体と絶縁体の違いについて

    誘導体と絶縁体についての明確な違いとはなんでしょうか? バンドモデルで表した場合の禁止帯の有無といった事でもいいのでしょうか?ただ、自分の記憶ではコレは導体と絶縁体についてだったと思うのですが… 自分なりに調べた結果「誘導体と導体の間には比抵抗の大小がある」という事を知ったのですが、コレを上述のバンドモデルの説明に加えただけでは不十分すぎるでしょうか?

  • 半導体はどの程度の電流電圧で導体になるのか?

    半導体は、電気を通す導体と電気を通さない絶縁体の中間的性質を示す物質のことですが、 例えば、バンドギャップが1.0eVのもの(シリコンは約1.1eV)は、一般的に半導体に分類されます。 しかし、このバンドギャップ=1.0eVの半導体とは、どの程度の電圧・電流をかけると 価電子の励起が起きる(導電性になる)物質のことなのでしょう? (真性半導体のようなものを想定した場合) 電圧数ボルト?それとも数十ボルト?数百ボルト?数千ボルト? 半導体の導体と絶縁体の中間の性質と言われても、具体的なイメージが沸きません。 どなたか半導体分野に明るい方、分かりやすく教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • 絶縁体上の電気二重層について

    絶縁体上の電気二重層について教えて下さい。 金属の上に絶縁体を蒸着し、電解液につけたとすると 絶縁体-電解液界面で半導体のように電荷層が形成されると思うのですが、 これはあっていますでしょうか? 教科書を見てみても絶縁体上の電気二重層について議論されているものが全く見つからなかったので教えて下さい。

  • 超伝導体と絶縁体の違いについて

    なぜ超伝導体と絶縁体は同じように エネルギーギャップのなかにフェルミ準位があるのに 一方は電気抵抗が0で他方は非常に高いのでしょうか? 実験のレポートでここだけが分かりません ぜひ教えてください よろしくおねがいします