• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

結局、南沙、西沙等の領有権問題はどうなったの?

オバマ大統領が、不在との事で、終始、主役の座は中国だったとの報道でした。ベトナムとフィリピンが、それぞれ主張していた南沙諸島、西沙諸島の領有権ですが、【行動規範策定】との事で閉幕したとの事だった気がしますが、これとて、中国の対応次第では、これほど不確かなものも無いそうですが、結局は、APEC、ASEANと通して見た場合、中国が【勝った】という事なんでしょうか?それともベトナム、フィリピン共に、一矢報いた形での終結だったのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数163
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

 近年、軍事力と経済力がダントツに肥大化した中国に対しては、近隣諸国が領海・島嶼のトラブルが発生した場合に一対一で対応したのでは勝ち目はありません。 (中国のベトナム・チュオンサ諸島侵略)やフイリピンのミスチーフ礁。 http://www.youtube.com/watch?v=JaKf-uhI04Y  そして、弱い国の島嶼を侵略して領土・領海の拡大を企んでいる中国は、日本、フイリピン、ベトナム、マレイシア、インドネシアなどの島々を占領しようと企んでいるが、被害を受けた国々が団結をして対抗してくることを一番恐れているようです。  だから、中国は領海や島嶼のトラブルが発生した場合は、中国に有利なように当事国2国間で解決すべきだと発言しているのです。  また、中国は日本の尖閣諸島を支配下において、海洋資源の獲得に加え、いつでも堂々と太平洋に進出することを狙っているが、日本のバックには米軍が居るので、なかなか他の諸国のように簡単に侵略できないので、姑息に領海に入ったり出たりして日本を恐喝しているのが現状のようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。そうですよね。共同歩調を取られる事を嫌がってますので、ベトナム、フィリピン等は、結束を崩さず頑張って欲しいものです。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

現状は泣き寝入りですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。そうですか。お気の毒と言うしかないのですが、何とかしてあげたいものです。

関連するQ&A

  • 尖閣諸島と南沙諸島 有事があるなら?

    最近、尖閣諸島の状況を聞かなくなりました。相変わらず過ぎてニュースにならないだけなのか?中国が少し、控えているのか?判りませんが、APECやASEAN等の会議続きで、どうも南沙諸島に向いている気がしないでもありませんが、アメリカは、南沙諸島の領有権にも介入し、尖閣諸島においても、安保対象としています。中国がこれ以上踏み込めば、アメリカも堂々と中国への借金も踏み倒せますし、おそらくどちらで事が起きても軍事介入はして来るものと思っているのですが、仮に有事があるとすれば、南沙のほうが早いでしょうか?その場合、やはり、自衛隊も参戦(後方支援?)するのでしょうか?

  • そもそも南沙は誰のモノ?

    Webのニュースで見ましたが、先日中国船が、ベトナムの探査船のケーブルを切断した事が、反中に火がつき、デモが起こっているようですが、きっかけは南沙諸島 領有権から始まり、中国が発行した新旅券(パスポート)が、火に油を注ぎ、トドメが今回のケーブル切断ですが、そのきっかけになった『南沙諸島』とは、元々ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイの4国が分割して所有していたのでしょうか?そうでは無く、この4カ国には、そもそも領土と言う概念も無く、ナァナァのような感じだったところへ、目を付けた中国に取られそうになっているのでしょうか?

  • 東南アジア諸国 親中国と反中国。

    中国の外相が、初の単独での外遊に出ているそうです。何でも、南沙諸島、西沙諸島の領有、利権を求め、覇権に走る中国が、ASEANの分断を狙っているらしいのですが、東南アジア諸国で、親中国の国と、反中国の国を教えて下さい。

  • 結局、中国はどこも手に入らず、負けたに等しい。

    最近、少し大人しいのか?APECまでなのか?は、判りませんが、中国が触手を伸ばした地域は、結局、南沙諸島、西沙諸島でも、得たものが無く、尖閣諸島も領有出来ず、簡単に引くだろうと思っていた国々の、計算外の抵抗、反発、攻撃に遭い、さして強くはないであろうとの予測通り、またはそれ以下の評価を得てしまい、発言力さえ貶める結果になりましたが、これらは、中国共産党からすれば、完全なる負けでは無いのでしょうか?

  • この方法は有効でしょうか

    まず、南沙諸島を中国に占領されたF国に対して、日本が南沙諸島の領有権を主張して国際司法に訴えます。F国は訴訟に応じるので、F国の南沙領有権を認める判決が下されます。 次は竹島です。F国が竹島の領有権を主張して国際司法に訴えます。日本は訴訟に応じるので、日本の竹島領有権を認める判決が下されます。(もちろん、公にはしませんが、F国と日本の出来レースです。) これにより、竹島や南沙の領有権が国際的に広く知られるところとなり、他国が侵略しにくくなります。 この方法は有効でしょうか

  • 『分不相応な欲を出し』

    中国が、南沙諸島領有に関し、ベトナムやフィリピンに対し、『資源が判明し、他国が"分不相応"な欲を出した』と言ったそうですが、ベトナムやフィリピンは怒らないのでしょうか?これが、中国を付け上がらせる最大の要因ではないのでしょうか?日本からすれば、その言葉はそのまま中国に当てはめられる事ですが、傍若無人は"やる奴も悪いが、やらせる奴も悪い"気がします。

  • 中国の侵略の阻止具合?

    言葉が見つかりませんで、申し訳有りません。アジア各国、各所で侵略、覇権領土を拡げようとしているように見える中国ですが、我が国も尖閣諸島を『革新的利益』などと、言われてしまう始末ですが、ベトナム、フィリピン等と領有権を争う南沙諸島、西沙諸島では、海図で中国領にされてしまう、新札に印刷されてしまう、挙句の果てには、クルーズ船まで出される始末で、また、インドとは、国境を接し、睨み合いを続けているというカシミール地方でも、中国は駐留させるためのテントを増やしたそうですが、インド側は何故か『この問題はあまり触れたくない』とも言っているそうで、反撃の割合も少ないのか?と思うのですが、それに比べれば、唯一抵抗し、中国のミスを誘い、有利に進めている日本は、よくやっているほうなんでしょうか?

  • 国際法に基ずくと、結局南沙諸島は、どうなるのか?

    ベトナム、フィリピンVS中国で、南シナ海、南沙諸島周辺海域での、中国の一方的な石油掘削作業を巡り、小競り合いが多発しているようです。中国としては、アメリカが、フィリピンの基地に回帰して来るまでに、おおよその目途を付けたいようで、ベトナムとフィリピンは、その問題解決に、アメリカを巻き込み、中国の撤退を目論んでいるようです。先日のG7でも、中国の力による現状変更には、反対を表明する国ばかりでしたが、イザ、乗り込んで来るのは、アメリカ一国のみで、そのアメリカさえも、問題解決は、国際司法裁判所での決着を望んでいるようで、昨日、会談したイタリアの首相も、『国際法に基ずき‥』と言っています。では、この国際法に基ずけば、南沙諸島周辺海域、並びに全体の南シナ海の領有は、一体どうなるのでしょうか?中国の言い分も、いくらかは反映されるのか?それともまったく中国が関与出来る場所では無いのか?をお聞きしたいのと、もう1点、国際法、国際法と、言っていますが、結局は国際裁判など、当事者の一角である中国が、乗って来なければ、裁判自体意味が無くなると思うのですが?

  • 中国の南シナ海領有→国際法違反、なぜ占領を続ける?

    2012年に中国が、 元々、ベトナム領やフィリピン領の島 (南シナ海の西沙・南沙諸島、スプラトリー諸島周辺)を 占拠してしまいました。 そこを中国は、「海南省三沙市」という行政区に 無理やり組み入れました。 フィリピンやベトナムは 国際司法裁判所へ提訴もしています。 現在、島周辺は埋立が行われ、滑走路等もあり 対空高射砲もあるとのことです。 疑問です なぜ占領を続けるのでしょうか? アメリカではこの行為を 「国際法に合致しない」といっているにも関わらず… 『中国の南シナ海領有権主張は「国際法に合致しない」』 http://www.sankei.com/world/news/141210/wor1412100044-n1.html

  • カシミールに続き、南沙も妥協?

    妥協なのか?打開なのか?衝突回避なのかはわかりませんが、インド、カシミール地方で、インド側との境界線を越え、中国が進駐した件で、双方睨み合いが続いていたようでしたが、急転直下、中国が後退し、インドも自国でありながら後退する事で和解したようです。また、南沙、西沙諸島でも和解が成立するのか?単にASEANを睨んでの事なのかはわかりませんが、こちらも最悪の事態は避けられそうです。と、言う事は、現状中国が抱える紛争地も多々あるのでしょうが、本来、前年末には領土としていなければならなかった第1列島線一本に絞り、尖閣諸島領海を本気で獲りに来るでしょうか?インド、ベトナム、フィリピンは、言うなれば"いつでも獲れる"と踏み、最大の障害である日本と米に照準を合わせる為では無いのでしょうか?