• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本国債はなぜ建設国債、特例国債、復興債とか借換債

日本国債はなぜ建設国債、特例国債、復興債とか借換債とか分ける必要があるんでしょうか? 国が借金する国債はどれも借金で同じじゃないんですか? 金利が違うとか出すか? それとも日本国債を新たにまた発行するというより、復興債を発行しますとか言ってニュアンスを国民市民からの反発を誤魔化すために分けて言っているのでしょうか? どれも国債は国債でトータルしたら借金は同じなので分ける必要がないと思いました。 なぜ分けるでしょう?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数263
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

> 国民市民からの反発を誤魔化すために  まあ、そういうことです。言い訳、正当化、などなど、あまり大きな声では言えないことのためです。  官僚はちょっとした違いを根拠に正当化します。  例えば建設国債なら、借金は増えるがその借金で建設される公共施設は後世に残るのだから、後世の人たちにも返済を求める(ツケを回す)のは合理的である、などとへりくつを付けるわけです。  どんな国債もツケを後世に回すのは同じなんですけど、そう言うといいことをしているみたいな感じになれるから。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 やっぱ誤魔化しですよね。

関連するQ&A

  • どうして復興債を発行するのか?

    建設国債という手段があるにも関わらず、 政府はどうして復興債の発行を決めたのでしょうか? 復興債発行の議論に時間を使うんであれば、 一刻も早く建設国債を発行して復興に企てた方が良かったのはないでしょうか? 「建設国債」と言うよりも「復興債」と言った方が聞こえが良いからでしょうか? また、償還期間が違いますが、これについてはどうなのでしょう?

  • 「国債って何?」&「建設国債と赤字国債の違い」

    日本の借金について調べていたら、国債(建設、赤字国債)のことが出てきました。 債権のこともよくわからないのに、赤字国債と建設国債と言う言葉が出てきたので、頭の中が整理できません。 出来るだけ、詳しく教えていただければありがたいです。

  • 日本国債

    1.不景気と言われ国内消費が落ちるこの頃に、お金を貸す本業が鈍り、銀行は日本国債を買わなければいけないほどに、経営は悪化すると思いますか? 2.政府は、国債を発行して銀行を助けているのでしょうか? それとも、本当にお金が無くて、国債を発行しているのでしょうか? 3.よく、日本の借金の話になるとその金額だけでアウアウ言っている人がいますが、日本の債権の話が出てこないのですが何故なのでしょうか? 4.ギリシャと日本を比較する人が良くいますが、ギリシャの問題は諸外国が保有するギリシャ国債の償還が出来ないからではないのですか?だとしたならば、日本の国債は日本の銀行が保有しています。ですので、本質的に全く別次元の話であり、そのまま同じように当てはめるのは違うと思うのですがどうなのでしょうか? 5.破綻したら、日本はIMFの管理下に入ると言っている評論家がいましたが、IMFは何しに来るのですか?自国通貨で国債を買っているのに、わざわざ金を貸し付けに来るとは思えないのですが? それこそ、他国に貸し付けている金でも返してもらえばいいと思うのですが。 それ以上に、日本が保有する各国の国債でも売ればいいのではないでしょうか? 質問が多いので申し訳ないのですが教えていただけないでしょうか?

  • 建設国債の発行理由について

    建設国債は、財政法4条によって、認められていますよね。つまり、道路とかの公共事業費を賄うのには、税金じゃなくて、借金していいよ、と。  それで、建設国債を発行して、橋を造った場合に、償還時の世代の人たちが、例えば増税されたとしたら、 結局、建設費用の負担は、橋建設時世代から、償還時世代へ、先送りされてしまいますよね。  どうして、こういった財政法によって、負担の転嫁が認められているのですか?

  • 株高、誰が買っている? 日本国債、誰が買っている?

    これまでは市場が不安定化すると国債が買われ、市場が安定的成長的となると国債は売られ株が買われて株高になっていました。しかし昨今株高でありながら国債も買われて長期金利は低下し続けています。 これまで20年近く日本国債が売られると、その売った資金の多くは株へ流れて株価上昇になるという傾向にありました。 現在、株価を大幅に押し上げ、国債も上昇させるとなるとかなりの資金がどこかからか流れてきているはずです。大きなお金の流れとして現在の日本国債の資金はどこから来ているのでしょうか?あるいは株高の資金はどこから来ているのでしゅか?

  • 日本国債の引受先がなくなるのはいつ?

    概要 日本国債の引受先がなくなるのはいつですか? 詳細 現在、日本は多額の国債を発行し続け、利子だけでも毎年800億円以上、利子を返すために新たな国債を発行しつづけ、赤字が雪だるま式に膨れ上がっている、と聞きます。 「日本国債の多くは国内の金融機関が引き受け先になっている。外国のように他国に買ってもらうということはせず、国内で完結しているから、日本ではキリシア問題のようなことは起きない。安心してください」 という経済学者も多くいます。 しかし、もし永久に発行し続けられるなら、これは打出の小槌、金の成る木と同じで、何も心配はいりません。もっとじゃんじゃん発行し、国民生活を豊かにできるでしょう。 そうはならず、いつかは破たんすることが明らかなので、心配するわけなのですが、結局日本の金融機関が国債を買い続け居ている限りは問題がないのでしょう。 (実態としては買っているのではなく、監督官庁から無理やり押し売りされているのだとはおもいますが) では、いったい、国内の金融機関が 「もう、これ以上は無理です。今後一切、国債の引き受けはお断りします。もう面倒見きれません」 と言い出すのはいつでしょうか? もちろん、Xデーは何年何月何日ですか?、という意味ではありません。どういう状態になったら、金融機関は国債を引き受けなくなってしまうのか、という意味です。

  • 日本国債の先物取引はどこでできますか

     最近の報道や出版物で、日本の国債発行額が700兆円程度となっており、今後中長期的には日本国債相場の下落(金利の上昇)の可能性がとりざさされています。ついては、日本国債の先物取引はどこでおこなうことができるのか、教えていただきたいです。

  • 日本国債が買われるとなぜ長期金利が下がるの?

    ニュースでユーロ安で、日本国債が買われて長期金利が下がると言ってました、この仕組みがわかりません、ごぞんじの方教えてください。

  • 日本国債の利払いについて

    日本国債の利払いって税金で行われているんでしょうか? 素人考えですが、私は新通貨の発行で行えば良いのではないとか考えてしまいます。 徴税で国債の所有者に利子を所得移転するだなんて、二度手間のような気がして。

  • 日本国債に外貨建ての発行はありますか?

    2018年度日本国債の海外発行比率は6%ほどだと思うのですが それもすべて円建てなのでしょうか? つまり・・・ドルなどで返す必要はなさそうでしょうか?