• ベストアンサー
  • 困ってます

家内労働者等の経費の特例について

業務請負(一箇所の会社)で依頼された仕事を在宅でこなし報酬を得ています たいして経費がかからないため、個別に計上するより 家内労働者等の経費の特例65万で控除できればと思っています 報酬を得てからの期間が5ヶ月程度で年収にすると150万程度となりますが この制度を適用できるでしょうか? またその場合、実際にかかった経費の記帳、またレシートや領収書は必要でしょうか? 全然集めていないのですが・・・ 来年からは白色申告でも記帳義務があるとのことですが今年は大丈夫ですか? 宜しくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1052
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>業務請負(一箇所の会社)で依頼された仕事を在宅… そんなオブラートで包んだような表現では判断できません。 家内労働者の特例が適用されるのは、 ---------------------------------------- 家内労働法に規定する家内労働者や、外交員、集金人、電力量計の検針人のほか、特定の人に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1810.htm ---------------------------------------- に適用されます。 >実際にかかった経費の記帳、またレシートや領収書は必要でしょうか… 適用されるとしたら、実際の経費があってもなくても一定額を経費と見なすわけですから、個別の領収証等は必用ありません。 >記帳義務があるとのことですが今年は大丈夫ですか… 前年が 300万以上なければ、義務事項ではありません。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2080.htm 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 特定の人に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人という条件は満たしていると思いますが 収入について何か条件があるかと気になり質問しました 記帳義務ないとのことで有難うございます

関連するQ&A

  • 青色申告で家内労働者等の経費の特例

    業務請負なのですが、経費という経費が殆どかからない為 次の確定申告では青色申告と家内労働者等の経費の特例65円で申告したいと思っています 税金のメリットを考えれば、かかった経費などについては漏れなく領収書とともに記帳するべきだとは思いますが 私の場合、家内労働者等の経費の特例で一律65万控除なら 領収書をなくしてしまったものや、正確に把握できていないものについては 労力を使わず諦めてしまっても問題ないのでしょうか? 故意に経費として記入しないことは青色申告において違反にあたりますか? 2014年の所得からは白色申告でも記帳義務という事で思い切って青色申告承認申請書を提出してはみた ものの、不安だらけです よろしくお願いいたします

  • 家内労働者等の必要経費の特例について

    家内労働者等として収入を得て,必要経費の特例の特例を受けています。 この仕事がメインですが,それに加えて副業を行う場合,この特例は受けられなくなるのでしょうか。 例えば, 今の仕事+パートで給与収入 今の仕事+不特定の人に自分で作ったものを販売したり,サービスを提供して利益 今の仕事+今の仕事と同じ内容の業務を別の会社で行う。 今の仕事+別の内容の家内労働者等に当てはまる仕事 今の仕事+インターネットでのポイントサイトに複数登録して得る報酬 他,こんな場合では特例が受けられるが,こんな場合では受けられないなど。 よろしくお願いします。

  • 「家内労働者等の必要経費の特例」について

    在宅で翻訳業をしています。 これまでは青色申告(複式簿記)をしてきました。 昨年、サラリーマンの夫と結婚しました。 現在、確定申告の準備中ですが、これまで経費にしてきた自宅(兼、私の事務所)の家賃や光熱費などを夫が払っているため、控除できる経費もかなり少なくなりそうな予感です。そこで、質問なのですが・・・ (1)「家内労働者等の必要経費の特例」により、経費が65万円未満の場合でも65万円を経費にできるという制度があることを知ったのですが、これは在宅翻訳業でも適用されるのでしょうか? (2)私は 2 つの客先(翻訳会社)から報酬を得ているのですが、1 つでないと、この特例は適用されないでしょうか? (3)青色申告をしている場合でも、この特例は適用されるでしょうか? (4)もし経費が65万円以上になった場合は、この特例を使わない方が良いですよね?(当然そうなのだろうと思いますが念のため・・) ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いします。

  • 家内労働者等の必要経費の特例に該当しますか?

    昨年までアルバイトで働いていた会社を退職して、今年1月から同じ会社で業務請負として1件いくらという感じで仕事をすることになりました。(個人事業主ということでしょうか。) 税金の扶養(配偶者控除)が受けられる範囲内で・・・と思っていたのですが、予想外に仕事を多く受けてしまい、今年はあといくらまでの収入であれば良いか悩んでいます。 仕事の内容は、タイルや住宅設備を扱う会社のリフォームのアドバイザーです。お客さんとの打ち合わせ時のみ会社に出社して、資料作成は自宅にて行い、資料を設計担当とお客さんに渡したら1件完了です。もともとアルバイトしていた1社のみの契約です。他社とは契約していません。 この仕事の場合、家内労働者等の必要経費の特例に該当しますか? また、該当するかどうか、税務署で判定してもらえば良いですか? 青色申告の申請をしていないので、来年(今年の分の申告)は白色申告です。 今年の収入は、 昨年12月のアルバイト分・・・1月に給与として6万円 2月~7月分収入・・・合計60万円 給与として6万円の収入があることも、家内労働者に該当するのかどうか心配です。。。 このペースで仕事をしたら100万円くらいになりそうです。 経費は現時点で10万円程度なので、12月時点でも20万くらいだと思います。 それで白色申告をしたら配偶者控除も配偶者特別控除も受けられませんよね? (100万円-20万円=80万 ということで) 家内労働者等の必要経費の特例に該当すれば良いな・・・と願っています・・・。 (100万円-65万円=35万の計算になりますよね?) どうか、お知恵をお貸し下さい。宜しくお願いします。

  • 家内労働者等の特例で

    事業所得と公的年金等では無い雑所得の両方がある場合の説明を確かめると雑所得に優先してこの特例の必要経費を算入するようですが、 外交員報酬が100万円あり、それに対する実経費が20万円。 個人年金収入が36万円、その経費となる掛金が30万円。 のような収入の内訳で、かつ家内労働者等の特例に該当する場合 特例として認められる65万円の必要経費は、まず個人年金収入に対して36万円の経費としてあてて、残る29万円を事業所得の経費とする。つまり申告するのは事業所得71万円となる。  という考えで合っているでしょうか? 個人年金収入に家内労働者等の特例が適用されるのがおかしいように思ったのですが、おかしくないでしょうか? どうぞお教えください。

  • 家内労働者の特例

    私は3社くらいから、仕事をもらいホームページ作成や、入力、トレース等をおこなっています。この場合、家内労働者の特例で経費が65万までみとめられますか?ちょっと税務署の人にきいたら、みとめられないような感じだったのですが。

  • 青色申告、白色申告について、経費、控除について

    今年5月より在宅ワーク(業務請負)をはじめました。 A 既に得ている業務請負の収入+今年の見込みを合わせて210万 それ以外での今年の収入としまして B 去年の年末に派遣会社で短期間働いていた時の最終週ぶんの給与が2万弱(源泉徴収なし) Cネットオークションの収入が1万程度 D 祖父からの誕生日等のお祝い10万程度です。 業務請負については完全に在宅でPCのみの作業の為 経費として計上できるものが少なく 家内労働者等の経費の特例65万円が適用されれば幸いと思っているのですが BCDのように複数からの収入がある年の為、どのようになるのか理解できていません 1、先ずDについては贈与という事で金額的にも申告自体必要ないと考えてよろしいでしょうか? 銀行振り込みで頂いたお金です 2、給与所得控除65万円と家内労働者等の必要経費の特例65万は 重複して適用できるのでしょうか?又はどちらかを選ぶ(選ばれる)ことになるのでしょうか? Bの僅か2万の給与所得のため、こちらに給与所得控除が適用され 収入の大きい業務請負に家内労働者等~が適用できなくなるというのは、とてもマイナスなのです 又、Cのネットオークションの収入(1万程度)も適用や不適用の判断に関係してくるのでしょうか? 3 白色申告と青色申告についてです。Aの業務請負は今年2013年の5月からで 現時点で開業届けをしておりませんので、今年は白色での申告しかできないと思いますが その後、来年2014年の3月15日までに届け出をすれば 2014年の1月1日~12月31日の所得に青色が適用されると考えてよろしいでしょうか? 4 2014年(平成26年)1月から、すべての白色申告者が記帳、帳簿保存が義務化 という内容を知りました。 これは2014年分(つまり2014年1月1日から発生するお金)に対してと考えてよろしいでしょうか? そうなるのであれば、記帳方法の違いなどあるにせよ、思い切って2014年から青色申告をと考えています。そこで 5 2014年の所得(つまり2015年の確定申告で)で青色申告をした際、 家内労働者等の経費の特例65万円と青色申告特別控除の65万円は 両方とも適用されるのでしょうか? それとも青色申告では実際にかかった経費しか計上できませんか? 他の質問サイトで、青色申告は経費を個別に記帳していくため 家内労働者等の65万円は適用されない、家内~は白色用ですと回答があったのを見まして それなら青色にして少ない経費を個別に計上するより 記帳が簡単な白色にして家内~の65万円を受けたほうがいいかなと考えています 長い質問に目を通していただき有難うございます。

  • 家内労働者等の必要経費の特例と青色申告について

    フリーランスのwebデザイナーとして、特定の1社よりお仕事を頂き自宅で働いている主婦です。 案件ごとに報酬も異なり、月収では3万から35万とかなりばらつきがありますが、本年度の収入は110万円ほどとなる見込みです。経費は約20万円です。 昨年まで白色申告でしたが、本年度分から青色申告の届けを出しました。 この場合、 (1)特定の1社からのみ仕事を頂いているので、「家内労働者等の必要経費の特例」で65万円の経費は適用されるでしょうか? (2)調べたところ「家内労働者等の~特例」は青色申告の控除と併用できるそうですが、青色控除10万円を選択した場合、収入110万円-家内労働特例65万円-青色10万円-経費20万円=所得15万円 でしょうか。それとも20万円の経費は引けず所得35万円でしょうか。 (3)上記の結果、どちらであれ38万円未満となるので、税制上の配偶者控除は受けられるという認識で合ってますか? (今年は青色申告がはじめてですし、この考えが合っていればより簡単な10万円控除にすることを検討しています。) ちなみに、頑張って青色65万円控除にした場合は、110万円-65万円-65万円で所得ゼロ(=配偶者控除可能)という計算になるのでしょうか。

  • 家内労働者等の必要経費の特例について

    サラリーマンの妻です。今年からある会社と業務委託契約を結び、主にデータ入力の仕事をしており、今年の収入が100万円以上になりそうです。青色申告はまだしていません。家内労働者として認定されれば、家内労働者等の必要経費の特例で65万円の控除が適用されると知りました。私の仕事の場合、家内労働者として認定されるでしょうか?仕事の内容としては、決められたデータをパソコンに入力していく作業です。よろしくお願いします。

  • チャットレディは家内労働者の必要経費の特例にあたる?

    チャットレディは家内労働者の必要経費の特例にあたるのか 教えてください 一箇所のみからの報酬を頂いております。 収入は年間で100万に収まります 源泉徴収はありません また、職業欄をチャットレディとするのを非常にためらいますので 似たような経費が落ちるような他に良い職業名はないでしょうか。 あと、メイク代金・衣装代金・美容院やエステ代金などは経費には入れるのは難しいですよね?