-PR-
解決済み

NAFTAについての問題点

  • すぐに回答を!
  • 質問No.82879
  • 閲覧数1243
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 51% (52/101)

大学の授業で現在のNAFTAの問題点について調べないといけないのですが
インターネットで調べようとすると多すぎて目的のホームページが見つかりません。良いホームページを知って
いらっしゃる方、教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

NAFTAの前途が心配されていましたが、これまでのところうまく行っているようです。心配とは国力、工業力の劣るメキシコが、果たしてプラス(巨大市場への輸出)とマイナス(価格競争力に劣るメキシコの中小企業の倒産と失業増大)のバランスをうまくとれるかどうかということであり、メキシコが過去目指してきた中南米に対するリーダシップに悪影響が出ないかどうかということ。米国の最終目標は米州自由貿易体制の構築によるEUへの牽制だと思われます。南米共同市場(MERCOSUR)はブラジルを中心にアメリカの構想に抵抗を示し、むしろEUと組むことのメリットを探っています。
NAFTAの将来を考えるとき、合衆国に住む1,500万人を超えるメキシコ系アメリカ人、1,000万人のその他のラテン・アメリカ系アメリカ人の影響力が購買力ではなく政治的影響力として無視できないものがあります。
NAFTAは文化的背景が異なり(アングロとラテン)国力に大きな差がある国同士の
経済統合として興味ある試みとして見ています。下記URLを参考にしてください。






www.tiu.ac.jp/homepage/seminar/joonho/s2t98/suzuki.html
www.tiu.ac.jp/homepage/seminar/joonho/america.html
補足コメント
skipped-beat

お礼率 51% (52/101)

回答ありがとうございます。やはりマキドーラや
メルコスールについても調べた方が良いでしょうか?
投稿日時 - 2001-05-29 22:27:08
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

補足

NAFTA問題をどこまで掘り下げるかによりますが、マキラドーラやメルコスールの概要をつかんで置くのは良いことだと思います。

新刊ではありませんが次のような本も参考になるでしょう。
*これからのラテンアメリカの経済  大和総研著  日本実業出版社刊
*南米大陸メルコスールの挑戦   松本達也   星雲社
お礼コメント
skipped-beat

お礼率 51% (52/101)

ありがとうございます。早速、調べてみます。
投稿日時 - 2001-05-30 01:55:06


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ