• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

購入した中古住宅付の土地で困っています

不動産屋から境界確定前の中古住宅付の土地を購入しました。 隣人と境界の紛争があり筆界確定制度を申請し境界を確定しました。 土地はブロック塀で囲われているのですが境界はブロック塀を超え住宅の一部にかかっています。 筆界特定制度を依頼した土地家屋調査士は(筆界特定訴訟をして時効取得でその部分は取れる)と簡単に言うのですが その裁判に100万以上かかるようで 隣人と話し合いで売って頂けないかと考えています。 この土地は調整区域の既存宅地で(適合証明)をとれば新築 増築 改築できます。 不動産屋からは建築の面積について何も言われておらず 重要時効説明書にも何も書かれていません。 しかし (適合証明)では 今の建物の1.5倍までの面積の建物しか建てれません。 開発許可申請をすればそれ以上の建物を建てれるのですが 開発許可申請をして工事をすると300万円ほどかかります。 この問題は不動産屋には関係のないことなのでしょうか? (1)筆界特定制度の費用は売主に請求できるのか? (2)隣人と話し合いで解決した場合その土地代金 裁判になった場合の裁判費用は請求できるのか? (3)開発許可申請の工事費は請求でるのか? よいアドバイスがありましたら宜しくお願いします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数287
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

質問が曖昧すぎて、理解できてないところが多分にあります。 もう少し詳しく書かないと分かりませんよ。 (1)筆界特定制度の費用は売主に請求できるのか? 売り主もしくは仲介業者に原因がある以上、出来ます。 但し、裁判をしても、先方が納得してない場合には強制執行となり多額の費用がかかります。 また、担保を押さえられるものがなければ、裁判倒れとなり、 裁判自体が無駄となります。 (2)隣人と話し合いで解決した場合その土地代金 裁判になった場合の裁判費用は請求できるのか? 話し合いなのですから、ダメでしょう。 (3)開発許可申請の工事費は請求でるのか? 開発行為の申請費用ですね。 それはあなたの都合で建てるわけですから駄目です。 土地の現状説明がされてない場合には、争うこともできますが、 重要事項説明はあったでしょう?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます 重要事項説明書には開発不要と書いてあり 不動産屋からは既存宅地なので好きな家が建てれると聞きました

関連するQ&A

  • 境界確定を隣人が拒否している土地の購入

    数年かけて、やっと気に入った土地物件に出会いました。 ところが、隣の家との境界確定ができていない状態だそうです。 境界確定をするということで、その隣人宅に入れてもらったが、境界を確かめる杭?がその庭に埋まっているので、掘って確認しようとしたところ、怒ってしまい、それから全く応じてくれない状態だそうです。 こういう場合は以下のどの方法が良いのでしょうか? (1)売主の責任において、境界確定(筆界特定制度などを利用してもらい)してもらってから買う。→ただし、隣人は激怒しているため、かなり困難と思われる。 (2)境界確定できていないが売ると言っているので、今後かかると思われる最大限の費用を値引きしてもらう。 →この場合、費用面以外でこちら(買主側)が不利になると思われる事態はどのようなものが予想されますか? (3)買わない…手っ取り早いですが、なかなか希望の物件が出ないため、後悔しそうです。

  • 隣人が測量を拒否したら

    隣家との境界確定の為に当方の申請で筆界特定制度進行中です。 隣人も了解されたので話は進行して調査までは無事に済み測量の申請書を提出した段階で隣家が自分の土地の測量を拒否出来ますか。 これまでの経緯からするといざ数値が確定となると隣人が拒否することも考えられます。 その場合はこの話はどのような事になるのでしょうか。

  • 弁護費用がありません

    境界確定訴訟で被告となった場合、原告にはお抱え弁護士が付き、経済的に余裕がないこちらは弁護士が呼べないのですが、それでも裁判は行われますか。 被告といっても罪を犯したのではなく、隣人が筆界特定制度の測量を嫌って訴訟を起こす気配なのです。 こちらが弁護士なしなので敗訴してしまえば相手の弁護士にこちらが弁護費用を払うのですか。

  • 土地境界確定・所有権確認訴訟

    教えてください!現在隣家と土地境界で揉めて相手側(Y)の提訴により境界確定訴訟となり境界については、当方(K)が筆界特定制度の手続により当方の主張する境界にて特定されました。当初Yは訴訟の請求の趣旨として境界の確定を求めていたのですが、筆界特定された事により境界の間違いを認め、Yが訴えの変更申立「所有権確認・所有権移転登記手続」(時効取得)に切り替えて来ました。争点となった間違った境界線上には45年以上前にYが構築したブロック塀が有り(現在は建替えによりブロック塀は取り壊され、その基礎部分のみ有り)時効取得は認めざる得ないのでしょうか?当方土地所有者の父は現在認知症の為、昔、隣家と本件についてやりとりが有ったか確認出来ず、裁判には私が成年後継人として出廷しております。また係争地の所有権が移ってしまうと、その土地部分(宅延)「正規には、赤線2M・宅延2m」「現在赤線2mを含め3m幅」が当方の家を建てる為の道路と面する2m幅(建築基準法)となっている為、建替えが出来なくなるおそれと共に宅地としての死地となる事が考えられます。そうなった時に賠償は求められますか?また、45年以上の固定資産税は請求出来ますか?何とか所有権の時効取得を回避する方法は無いものでしょうか?

  • 筆界特定制度を使って境界標識を設置は可能?

    隣人が筆界特定制度を使って、「筆界特定書」を作成してもらったと仮定します。現在自分の建っている家が相手の敷地にかかっていると指定されてしまった場合、自分が納得できる場所でないので、「筆界特定書」を作成されても、同意しなければ、隣人は、その場所に境界標識を打ち込むことはできないのでしょうか? または、同意がなくとも、境界標識は「筆界特定書」に基づいて設置可能なのでしょうか? 強制的に境界標識を設置できる場合があるのでしょうか?

  • 筆界特定の位置の誤差は16cm程度なのか?

    お世話になります。 土地境界は所有者にとっては大変重要であり、位置が1cm以下でもずれていれば大きな問題です。 法務省が行っている筆界特定制度において特定される境界点の位置の誤差は、法務局の担当者によると、不動産登記規則に基づき、例えば距離が13mの場合、許容誤差は8cmであると説明されました。 これは、プラスマイナス8cmなのか(全体で16cm)、プラスマイナス4cm(全体で8cm)なのかは分かりません。 これが正しいとすると、土地境界両側の所有者がそれぞれ主張する境界位置の違い(離れ)が16cm以内または8cm以内の場合、筆界特定制度で境界を特定されても全く意味がないと考えられます。 ついては、次のことについて教えて下さい。 1)大都市の住宅地区における筆界特定制度において筆界特定される位置の誤差は、上記の通り、プラスマイナス8cmなのか(全体で16cm)、あるいはプラスマイナス4cm(全体で8cm)なのでしょうか? それともこれらと違う数値なのでしょうか? 2)上記の誤差の場合、土地境界両側の所有者が主張する境界位置に関する違い(離れ)が16cm以内または8cm以内の場合、筆界特定された位置は許容誤差内にあり実際はどの位置が正しいのかわかりません。実際、どの程度、正しいと捉えればいいのでしょうか? すいませんが、上記2つのことについて教えて下さい。

  • 境界杭(コンクリート製)が設置されているにも関わらず、隣家住人は境界線

    境界杭(コンクリート製)が設置されているにも関わらず、隣家住人は境界線の確定を拒否しています。土地家屋調査士に任せてはありますが進展しません。筆界特定制度も強制力はないように聞いています。杭があっても隣家住人が拒否し続けた場合、訴訟ということになるのでしょうか。

  • 私の所有する土地を隣人が境界線を越えて侵奪行為

     隣人の私の所有する土地への侵奪行為について質問します。 祖母から母へ、母から私へ、土地家屋を相続しました。隣人は現在97歳の老人でブロック塀を三回建て直し移動させては土地侵奪罪を繰り返した揚句に境界線訴訟を起こし時効取得を言ってきました。  相手は3人の弁護士の連盟を付けています。裁判は4年目に成り現在高裁で争っています。 私の土地は4筆が一つの番地と成っていてその1筆と2筆と3筆の一部分に土地侵奪行為を行い家屋とブロック塀を建てていました。  現在、隣人は3週間前から家屋を建て直す為に建て物を解体し全面土地を更地にして家屋の新築を計画し97歳の本人(独身で子供が居ないお婆さん)と甥の連名で新築許可申請を取り付け市役所もそれを受理しています。  市の「新築許可申請」の係りの人に「私所有の土地にも家の建築部分が含まれているのに許可をしては困ります。撤回して下さい」と抗議しました。すると市の係り員は「人の土地でも借地でも市は関係ありません。申請が出れば新築許可は出します」と平然とされていました。  他人の土地に越境して侵奪罪を犯し三回のブロック塀によって侵奪行為も反省するどころか、更地にして新築家屋を建てようとしています。  境界線を越えて新築家屋を建てようとしている土地は江戸時代の「お小人方屋敷・御茶室と敷地」だった土地柄で重用文化財の「井戸と側道」とでお城からの緊急時の脱出用の「抜け穴伝説」の有名な土地柄です。周囲の住民も周知の土地柄なのに「土地侵奪隣人」は恥と思わないのか昨日はコンクリート基礎の穴掘り作業に掛っていました。  土地侵奪ブロック塀よりわずか50cmの位置で家屋建築する計画の様で侵奪土地は幅が4メートルで奥行きは11メートルの土地侵奪の違法な行為となっています。  現在法廷で上告して境界線訴訟中なのにまた新たに土地侵奪家屋の既成事実を更新しています。  

  • 隣接者が境界立会い拒否で土地が売れません

    所有地の一部を売却する目的で分筆をしたいのですが、 隣接者が立会いをしてくれません。 境界を決めないと分筆ができないということで困っています。 筆界特定制度、境界確定訴訟があるとの事ですが、多大な費用が かかってしまいます。 分筆だけでも、予算いっぱいなのにそんな余分な費用を予定していませんでした。 国民に多大な負担をさせる法律っておかしいと思います。 他に方法があれば(費用のかからない)教えて下さい。

  • 境界確定(承諾)

    自己所有地と隣接地との境界(民民の境界)が不明であれば筆界特定制度で確定させることが可能ですが、公共事業による測量で隣接者が所在不明等で境界の承諾がもらえない場合は、法的に隣接を確定させる方法があるのでしょうか?