• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

この花の名前を教えて下さい。(49)

 北海道南部の白老町で、9月21日に撮影しました。場所は、市街地と海岸に挟まれた荒れ地(ヨシが生え、入ってみると水がたまっていたので湿地帯になっているようです?)で、陽当たりは良好です。 土地の乾湿は普通だと思いますが、国道を挟んで、すぐ海岸ですので、砂地のように感じました。乾燥するかも知れません。  高さは29cmありました。  葉の長さは65mm、葉の付き方は対生でした。(写真右下)  茎にはトゲも毛もありませんでした。  残念ながら、花は咲いていませんでしたが、花のつぼみがついていました、(写真左上) つぼみの長さは約10mm、花茎まで含めて20mmでした。

noname#205122
noname#205122

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数83
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#196137
noname#196137

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ご回答ありがとうございました。  やはり「ツリガネニンジン」ですかねぇ。ツリガネニンジンにしては、まだ蕾というのは、花の時期が遅すぎるように感じたのと、葉が輪生ではなく、対生だったので分からなくなりました。でも、蕾の形や萼の形はツリガネニンジンなのかとも思います。

関連するQ&A

  • この野草の名前を教えて下さい(50)

     北海道南部の白老町で、9月21日に撮影しました。場所は、市街地と海岸に挟まれた荒れ地(ヨシが生え、入ってみると水がたまっていたので湿地帯になっているようです?)で、陽当たりは良好です。土地の乾湿は普通だと思いますが、国道を挟んで、すぐ海岸ですので、砂地のように感じました。乾燥するかも知れません。  非常に小さい植物で、高さは9cmでした。写真のように、全体が赤く(季節のせいかも?)、群生していました。赤くなければ、ただの雑草として踏みつけられるような植物です。  葉は長さ4mm、幅2mmで、対生していました。(写真右下)  花の終わった後の果実と思われるものと、花が黄色であったと思われるものが、葉の付け根から出ていました。非常に小さく、花と思われるものの径は1mmです。

  • この花の名前を教えて下さい。(53)

     北海道南部の白老町で、9月21日に撮影しました。場所は、市街地と海岸に挟まれた荒れ地(ヨシが生え、入ってみると水がたまっていたので湿地帯になっているようです?)で、陽当たりは良好です。土地の乾湿は普通だと思いますが、国道を挟んで、すぐ海岸ですので、砂地のように感じました。乾燥するかも知れません。  高さは24cmありました。  花の直径は27mmでした。(写真右下)  葉には葉柄も托葉もなく、また、表裏とも光沢もありません。葉の付き方は互生でした。葉の大きさは長さは32mm、幅は9mmでした。(写真左上) 葉の表裏とも、毛が生えているような感じでしたが、わずかで気づかない程度です。  茎にはトゲも毛もありません。  花の形から、ニガナの仲間のようなのですが、ハナニガナでしょうか?海に隣接しているのでよく分かりません。

  • この花の名前を教えて下さい。(52)

     北海道南部の白老町で、9月21日に撮影しました。場所は、市街地と海岸に挟まれた荒れ地(ヨシが生え、入ってみると水がたまっていたので湿地帯になっているようです?)と、市街地に隣接する樹林帯の中です。陽当たりはあまり良くありません。土地の乾湿は普通だと思いますが季節によっては湿性になるかも?  高さは83cmありました。  花の径は、縦5mm、横3mm、長さ8mmでした。(写真右下)  葉の長さは150mm(葉柄を含む。葉柄の長さ25mm。)(写真左上)葉には表裏とも毛が生えていました。  茎は四角形で、刺は生えていませんが、毛は生えていました。それから、葉柄にも毛が生えていました。  蚊が多くて、帰宅して、メモ帳を見ると、メモ帳が混乱しています。質問文にある数字はあまりあてになりません。m(_ _)m  シソ科には間違いないと思いますし、図鑑などで調べた結果、ヤマハッカとかヒキオコシあたりでないかと候補にあがっているのですが、調べてもよく分かりません。

  • この野草の名前を教えて下さい。(54)

     北海道南部の白老町で、9月21日に撮影しました。場所は、市街地と海岸に挟まれた荒れ地(ヨシが生え、入ってみると水がたまっていたので湿地帯になっているようです?)で、陽当たりは良好です。土地の乾湿は普通だと思いますが、国道を挟んで、すぐ海岸ですので、砂地のように感じました。乾燥するかも知れません。  高さは5~13cmありました。群生していました。  葉には托葉はなく、また、表裏とも光沢もありません。葉の付き方は互生でした。葉の大きさは長さは8~12mm、幅は3~6mmでした。葉は3出複葉で、主脈からでる葉脈が平行して走るのがはっきりしています。した。(写真左上)  茎にはトゲも毛もありません。  マメ科を見当に調べた結果、ヤハズソウあたりが近いかなとも思ったのですが、これまでにヤハズソウを確認したことがありませんし、現地で花も確認できなかったので、自信はありません。ヤハズソウが頭に浮かべば、葉をつまんでみたのですが、……。

  • この野草の名前を教えて下さい。(14)

     北海道の太平洋側に面した胆振地方の白老町で、7月14日に撮影しました。場所は海岸に近い湿原地帯です。 高さは57cmありました。花のつぼみの形は22mmほどでした。葉の長さは15cmほどでした。対生しています。 茎は赤っぽく、毛もトゲもありません。むしろツルツルとしており、光沢があります。もうすぐ花を咲かせそうなので、その辺に目を当てて探してみたのですが、分かりません。

  • この花の名前を教えて下さい。

    北海道胆振地方白老町の海岸(砂浜)で、6月30日に撮影しました。高さは30~40cmくらいでした。花の径は6cmありました。

  • この植物の名前を教えて下さい(7)

     この植物の名前を教えて下さい。6月21日に、北海道南部白老町の海岸で撮影しました。生育していた場所は、波打ち際から遠くない砂浜で、陽当たりは良いです。  茎の長さ(高さ?は13cmありましたが、写真でもお分かりのように、植物体全体が平べったくなって、砂浜に寝そべっている感じです。。  葉は、普通の大きさのもので、長さ17mm 、幅10mmありました。やや肉厚で、表裏ともすべすべした感じです。裏面はやや粉白色を帯びる感じです。鋸歯はなく。托葉、翼はありません。触った感じが柔らかく、スジがないという感じです。  葉の付き方は微妙です。2枚対生のようにも見えるし、葉の付け根の長さが短い4枚輪生のようにも見られました。  ベンケソウの仲間だと思うのですが、名前を探し当てられませんでした。

  • この花の名前を教えて下さい。

    札幌市に隣接する北広島市のサイクリングロードの日当たりの良い法面で、7月7日に撮影しました。葉は対生し、葉腋から別の小型の葉が出ていました。又、葉腋から細い花茎を長く伸ばし、その先に写真のような花をつけていました。高さは40~50cmくらいだったと思います。花はすでに終わりかけていました。葉は長楕円形で、主脈から、左右に出る葉脈のうち2~3本が比較的はっきりしていました。

  • この花の名前を教えてください

    この画像の花の名前を教えてください。 右下のが花とつぼみ(?)で対生する長い葉の葉脇に数個づつついていました。 花の大きさはアリの上半身程度の大きさです。 場所は千葉県北西部の畑の横を流れる水路の脇で、 同じ場所にタケトアゼナやウスゲチョウジタデが生えていました。 よろしくおねがいします。

  • この花の名前を教えて下さい(6)

    この花の名前を教えて下さい。 6月21日に、北海道南部苫小牧市のウトナイ湖畔で撮影しました。生育していた場所は、湖畔の駐車場の脇で、陽当たりは良く、土地はやや乾燥しているように思えます。確認はしていませんが、粘土質かも知れません。 場所柄から、園芸種かも?知れませんが。 高さは40cmありました。 花の大きさは、横10mm、縦6mm、長さ40mmで、やや平べったい印象を与えます。 葉は、長さ60mm 、幅13mmありました。流線形で、鋸歯は目立ちません。托葉、翼はありません。葉の付き方は対生でした。葉の表裏とも光沢はなく、毛も生えていませんが、茎を半ば抱く感じです。 茎は、赤みを帯び、トゲはありませんが白い毛(開出毛)が密生していました。