• ベストアンサー
  • 困ってます

「行く」の敬語

ネットで検索しても、 「行かれる」 が敬語という表記もあるし、敬語ではないという表記もありますが、 どちらが正しいのでしょうか? ・いついらっしゃいますか ・伺います は、分かるのですが、今どこにいるんですか?「××に行っているんですね」なんて会話の時は と質問する場合 「どちらにいらっしゃっているのでしょうか」 や 「××にいらしていたんですね」 というのでよいのでしょうか? いらっしゃるというのは、自分のいるところに来てもらっているというイメージがあるのですが、 そんなことはないのでしょうか?

noname#198030

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数2949
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hakobulu
  • ベストアンサー率46% (1655/3578)

1. 「行かれる」は、「行く」の未然形「行か」 + 尊敬の助動詞「れる」という構図なので、立派な敬語表現です。 ただ、「軽い尊敬の意を表わす」という用法なので、「いらっしゃる」のほうが敬意の度合いは高いと言えそうです。 「行かれる」の場合、尊敬用法のほかに、自発・可能・受身という用法もあり、全く同じ表記になります。どれに該当するかはシチュエーション次第で判断するしかありません。 2. 「いらっしゃる」は、下記辞書にも明記されているように、 「行く」「来る」「居る」の尊敬語。 という用法を持っています。 http://dic.yahoo.co.jp/detail?p=%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%A3%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%8B&stype=1&dtype=0 「いついらっしゃいますか」は、 ・いつ行きますか。 ・いつ来ますか。 ・いつ居ますか。 の尊敬語です。 これもシチュエーション次第で判断することになるでしょう。 因みに、「伺います」は自分の行為に対して使う謙譲語です。 「伺う(行く)という自分の行為が向かう先」を立てている表現なので、相手の行為に使うと失礼になります。 3. 「今どこにいるんですか?」は、「今、どちらにいらっしゃいますか?」。 「××に行っているんですね」は、「××にいらしていたんですね」で結構です。 「××にいらしてたんですね」「××にいらっしゃて(い)たんですね」でも可です。    

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>いらしてたんですね これで特におかしくはないとのこと、ありがとうございます。 明確な例の提示、ありがとうございます。 とてもわかりやすかったです。

関連するQ&A

  • 敬語について

    敬語について質問です。 地の文は、書き手から、話題の人物に対する敬意で敬語を使って 会話文の場合は、会話をしている人同士の関係で敬語を使うと考えればいいんですよね? 「かぐや姫のおひたち」に出てくる敬語で 「わが朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。 子になりたまふべき人なめり。」 というのがあります。 「おはする」「たまふ」どちらも、 「翁から三寸ばかりなる人」への敬語という考えで合ってますか? 会話文だから作者は関係ないとおもったのですが・・・

  • 男女の敬語の違いはありますか?敬語を習得したいです。

    質問に一番近いカテゴリーを選んだつもりですが、間違っていたらすみません。 最近、ネット上で敬語を使う機会が増えてきました。 私は学生の為、周囲は敬語を使う環境ではありません。 ネットという顔の見えない場所のため、性別不明(多少青年風でも可)という雰囲気がよいのですが、ふと男女での言葉の違いが気になりました。 個人的な意見ですが、その人の雰囲気は言葉にも表れると思うのです。 そこで、 ・男性と女性では敬語を使った会話に違いはあるのか? ・ネット上(日常会話)で使える性別ごとの自然な敬語は? を教えていただけませんか? ちなみに私自身は女です。

  • 敬語について

    入試で個人面談があります。 けれど、自分の敬語に自信がありません。 敬語についていい本、オススメの本はありませんか? 一番は敬語を使って他人と会話すればいいのだろうけど、 そういう機会があまりありません。 回答お願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

追記です。 敬語?→ ○語=単語、数ある単語のなかで尊敬を表す単語を、敬語として分類する。 人によっては、単に尊敬を表す表現(言い回し)を敬語と言うようですね。 例 いらっしゃる、一つの単語です、活用形にかかわらず尊敬を表します=尊敬を表す単語=敬語。 行かれる、行く、普通の動詞、尊敬を表す助動詞、れる、の助けを借りて、全体として尊敬を表す、 行くは敬語不該当、れる、は単独では意味なし、敬語不該当。 その人が何を持って敬語と言っているか、確認の必要が先でしょうか。 と、貴方がどちらの主義を好むかにもよります。 いらっしゃる、似たように使われる、おいでる、もあります(関西の表現かも)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

追記ありがとうございます。 やっぱり行かれる、はおかしいのはわかるのですが・・・。 いらっしゃるが妥当なんですかね。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.4

「行かれる」、は改まって「敬語」というほどのものではない、尊敬を表す表現ではあるが・・ということでしょう。 敬語というからには、言葉そのものもガラリと変わっているほうが、やはりそれらしい?。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ごめんなさい、それで他になんというのかを提示していただきたかったです・・・。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率47% (14676/31191)

1。    「いらっしゃる」は、「居る」、「来る」、「行く」の三つの動詞の敬語ですから、     今どこにいるんですか?  > 今どちらにいらっしゃるのですか。     でよいと思います。 2。  「どちらにいらっしゃっているのでしょうか」や「××にいらしていたんですね」というのでよいのでしょうか?     1をご覧下さい。 3。  いらっしゃるというのは、自分のいるところに来てもらっているというイメージがあるのですが、 そんなことはないのでしょうか?     いいえ、1で申し上げたように3つのどれにでも解釈出来る、まことに便利な敬語です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>そんなことはないのでしょうか? やっぱりそんなことはないのですね。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

今どこにいるんですか?=今どこに居られるのですか? ××に行っているんですね=××に向かわれて居るんですね 「行かれる」なんて言い方はおかしいです。 行くと言うことは自分の行動のことで、相手の行動を訪ねる場合は「向かわれる」という言い方になるはずです。 >いらっしゃるというのは、自分のいるところに来てもらっているというイメージがあるのですが、 そんなことはないのでしょうか? いらっしゃるという言葉は、自分に対しての相手の行動を表しています。 相手の行動を敬語で言うならば、おいでになる、向かわれる、など。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

向かわれる、なら現在進行形、 おいでになる、なら現地に自分もいる、というイメージがあるのですが、 そもそもの間違いのようですね。 ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 敬語が治らない・・。

    普段チャットはボイスチャットなどでは 敬語を使わずに砕けた会話ができるのに いざ面と向かって喋るとなると 緊張が解けずいつまでも敬語のままで 相手に不快感を与えてしまっているような気がします。 どうすれば普通に喋るときでも 敬語ではなく砕けた会話を行うことができるようになりますか?><

  • 敬語(ですます口調)がやめられない

    ママ友たちの会話や友達との会話で敬語になってしまいます。で、それは問題ないのですが、【敬語をやめてほしいんだけど】と言われるととてもきついです。 私が敬語で話さない人は 基本的に家族、幼なじみ(いまさら使う必要のない人)、幼い子供など(敬語だと指示が通りにくい)年齢がうんと下な人間だけです。 たまーーーに相手は私より年上なのに敬語やめてほしいって言う人がいますがそう言われても辛いし、 また年下なのにたまにしか会わない人には敬語になります。 で、なんで敬語使うんです?!と怒られたりします。 敬語やめてって言われても途中で変えられないし、そもそもなれなれしい気がして嫌なんです。 どうしてもというならば かなりのぶっちゃけ話をしないとなれません。 風呂に一緒に入るとか、下ネタを話せる相手になるとか、すっぴんや汚い部屋に通せるくらい、家族同然の付き合いにならないと無理です。 敬語を使ってくる相手って堅苦しいですか? また敬語を使われると自分が年寄りみたいな気がして不快とかありますか? 敬語で会話してたのにやめようよって言ってくる人の心理がわかりません。 本当の意味で仲良くなれたらそんなことあえて決めなくても 自然に敬語から普通のざっくばらんな会話に移行していくもんだと思うのですが… どう思いますか?

  • 「ようこそいらっしゃいました」という敬語

    ご年配の方が「おはようございました」とか、表記のような敬語(?)を使うのを聞きます。これはどういう用法なのでしょうか。また、ファミレス等で最近よく耳にする「ご注文はこれでよろしかったでしょうか?」という過去形敬語との関連はどうなんでしょうか。よろしくご教示下さい。

  • 敬語はなぜ必要なのか。

    ヘンな質問をさせていただきます。 敬語というのはなぜ必要なのでしょうか? 例えば、年上の人に対しても、敬語を使わない(使えない)若者が増えてきていると聞きます。 僕の予想ですが、彼らは、彼らよりも年下にの人に敬語を要求しないと思います。自分が目上の人に敬語を使わないのに、自分には敬語を使えというのは、あまりに矛盾していますから。 今現在は敬語を使わないと、不愉快に感じたりするかもしれないですが、今後、敬語を使わない若者が大人になって、社会の中心になれば、敬語を使わないことを不愉快に思わない人が増え、その結果、若者はもっと敬語を使わなくなってくる気がします。 そう考えた時に、敬語というのは、なぜ必要なのかという疑問が生じました。敬語がなくても、それを不快に思わない社会になれば、必要はないのではないかと思います。海外には日本のような敬語があまりないように思います。ないとは言いません。 なぜ敬語は必要か。また礼儀においてもなぜ必要なのか教えてください。 ヘンな質問だと思われると思いますが、バカにせずに教えてもらえるとありがたいです。

  • 【敬語に対する質問です】   キーワード『 いきなりですが・・・』

    【敬語に対する質問です】   キーワード『 いきなりですが・・・』 ちょっと調べてみたのですが、わからなかったものでここで質問しにきました 会話の文頭ではじまる いきなりですが~~~。 という言葉についてなのですが いきなりですが~~~。 はたぶん敬語じゃないかとおもうのですね ↓ 唐突で申し訳ございませんが~~~。 になるんでしょうかね? 1. いきなりですが~~~。 の敬語を教えてください 2. また いきなりですが~~~。 と  唐突ですが~~~。     どちらが丁寧ですかね? 会話の流れからいくといきなりですが~~~。    でも全然大丈夫でしょうか? もし 気になった方 わかる方いたら よろしくお願いいたします。

  • この場合どのように返すのが適切ですか?(敬語)

    こんにちは。 目上の方との約束を自分の体調の都合でキャンセルしてしまい、後日メールで体調は良くなりましたか、と尋ねられた場合の質問です。 お気遣いありがとうございますって打とうとして思ったのですが、なんかこの言葉は感じ悪いイメージがあるのですが、どうなんでしょう。。 その方には色々とお世話になっているので、感謝しているのですが、自分は敬語が不慣れなので無礼の無いように返事がしたいです。 もし宜しければ、どなたかご教授願えないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 敬語の「ご」と「御(ご)」について

    公文書を書くにあたり迷っています。 敬語の「ご~」の表記として「ご」と「御」のどちらが自然で、丁寧でしょうか?あるいは同じでしょうか? 例えば、「ご予定」と「御予定」や「ご利用」と「御利用」です。 よろしくお願いします。

  • どちらの敬語が正しいのでしょうか?

    敬語表現でお聞きしたいことがあります。 近ごろ、正しく敬語を使えない人が多いといいますよね。 (※わたしもその一人かもしれませんが。) その代表的な例として、「くださる」と使うところを「いただく」にしている場合が挙げられると思います。 下記の(A)(B)は、どちらが正しいのでしょうか? わたしは、(A)が正しいと思うのですが。どうなのでしょう。 (A):「会員登録をしてくださいまして誠にありがとうございます」 (または、「会員登録くださいまして誠にありがとうございます」 (B):「会員登録をしていただきまして誠にありがとうございます」 (または、「会員登録いただきまして誠にありがとうございます」 ネットなどで会員登録すると、(B)が目立つような気がするのですが、(A)が正しいのではないのでしょうか?自信がなくなってきました。 自分も正しく敬語を使いたいので、よろしくお願い致します。

  • 敬語が話せるようになりたい。

    社会人5年目の事務員です。 敬語が流暢に話せるようになりたいと思っています。 既に社会人5年目でお恥ずかしい限りなのですが、何かしら改善できる方法がありましたらアドバイスをお願います。 【現状】 敬語を話すのが苦手→言いたいことがすんなりと話せない→だんだんとフランクになってしまう。 といった感じです。 敬語がすらすらと話せるほうが仕事ができる感じもしますし、敬語ができるかどうかで社会人生活がスムーズに過ごせるとも分かっているのですが、注意されたときは気を付けようと思っても、なかなか改善されません。 根本的に他人対して警戒心が強く、ちょっとでも気が許せる相手だなと思ったら途端にフランクになってしまうといいうクセがあります。 ただし、絶対的に敬語を話さないといけない相手(社外からの電話)に対しては、たどたどしいですが敬語が使えます。 敬語と言っても通り一辺倒の受け答えしかできないので、もう少しバリエーションがきくようにしゃべれるようになれればと思います。たとえば、寒くなりましたねなどと一言交えることによって会話を和やかにするなど。 ただ、あまりにも仲良くなってしまうとフランクになるなクセ?が出てしまうのであえてマニュアル的な受け答えしかしない方がいいのかもしれません。 お恥ずかしい質問で申し訳ないのですが、よいアドバイスがありましたらお願いいたします。

  • (敬語) 行く→いらっしゃった について

    海外の方に敬語を教えていて、動詞「行く」について質問です。 どこのページをみても「行く」の尊敬語は「いらっしゃった」と説明していますが、 以下のような例文をみると「居る」や、「来る」、「着く」に近いニュアンスであって、「行く」の敬語であることが納得できかねています。 --- 休暇は大阪にいらっしゃったそうですね。 会場へは何時にいらっしゃいますか? 明日は会社にいらっしゃいますか? --- 「おいでになる」について同様です。 私の中では、「行く」というと以下のようなイメージをしています。 1 向こうへ移動する。「はやく―・け」 2 目的地へ向かって進む。「学校へ―・く」 上記に近いニュアンスで敬語を使う場合は、 少し丁寧度はさがりますが、「行かれる」を使用するか、他の尊敬語(出発なさる等)を使用するのが正しいのでしょうか。 よろしくお願いいたします。