• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

標準報酬月額について

派遣社員として働いています。基本は月~金、1日8時間のフルタイム勤務なのですが、今年に入ってから業務が少なく、月平均10日ほどの出勤でした。 給料も総支給で平均10万円ほどしかなかったので、その分10月以降の社会保険料がかなり安くなると思っていたのですが、実際には今までと変わりませんでした。 (年収は前年度の半分にまで下がりました) 4~6月の平均から算出すれば1万円程度ですむところ、なぜか月額22万円もらっている人と同じ厚生年金になっています。 (前年は総支給が月平均20~23万円でした。) これは経理の計算違いということはありませんか? 多く払っている分は年末調整で戻ってくるのでしょうか? 「支払基礎日数が、17日未満の月については、標準報酬月額の計算から除くことになっています」とありますが、4~6月すべて17日未満です。ただし、注釈として「(注)短時間就労者とは、いわゆるパートタイマーの方々をいいます。」とありました。 私はパートではなく派遣社員としてフルタイムで働いているので、この算出方法には当てはまらない?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数370
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • srafp
  • ベストアンサー率56% (2185/3855)

> これは経理の計算違いということはありませんか? まず、「4分の3以上が云々」は忘れてください。 この取り扱いに対する世間での常識は、誤解の上で多数の者がナアナアでやっているために成立しているだけです。  ⇒根拠とする通達には、「少なくとも、大凡4分の3以上に該当するものは加入義務がある」と  書いてあるだけ  ⇒そして、法律の初歩で習う法解釈方法4つに照らすと、この通達の内容の解釈は  『4分の3に達しない者は「加入できない」とは書いていない』となる また、法律及び通達の上で、月10日の労働者を資格喪失させる規定は現時点では存在いたしません。 さて、4月から6月の賃金の平均値から標準報酬月額を導く作業を『定時決定』とか『算定業務』と呼びます(以降、定時決定で用語統一します)。 この「定時決定」ですが、計算の対象となるのはご質問文にも書かれておりますが「支払基礎日数が、17日以上」の月の実績です。 今回は、4月~6月の全ての月がこれに該当しなかった訳です。 では、この3ヶ月の全てが対象外となったらどういう取り扱いになるのか? 話を一寸戻して、「定時決定」の手順に通りに計算すると計算が出来なかったり、標準報酬月額が極端に編になったりする場合には、末端が勝手な事をしないようにするために『保険者算定』と言う事務手続きに移行いたします。  ⇒幾つかの典型例に対しては、どのように届け出るのかが  会社の事務担当者などが読む事務手引書に定めてあります。 そして、今回の事例は典型例の1つです。 話を戻して・・・この場合、従前の標準報酬月額を使います。 よって、手続きとしては正しいです。 【日本年金機構 該当ページ】  http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=1974 > 多く払っている分は年末調整で戻ってくるのでしょうか? ご質問者様にとって余計に支払っていると考えている金額が戻ってくる事は御座いません。 年末調整は所得税の問題であり、社会保険料の過不足を調整する作業ではないからです。 文句は、日本年金機構(年金事務所)と、現在加入している健康保険の事務局に申し出てください。但し、最初に書いた世間一般での間違った取り扱いを楯に、資格喪失する危険性は有ります。 > 「(注)短時間就労者とは、いわゆるパートタイマーの方々をいいます。」とありました。 この取り扱いは、4月から6月の3ヶ月に於いて「17日以上」の月が1回も無い場合には、「17日以上」を「15日以上」に読み替えて作業をしなさいという時の物です。 勿論、「15日以上」の月もゼロであれば、従前の標準報酬月額を使いますので、今回の結果は同じです。 最後に参考までに 「定時決定」の他に「随時改定」という事務作業が御座います。 これは、固定的賃金が変動し、そのほかの一定条件に該当した「標準報酬月額」を変更すると言うもの。 で、『固定的賃金が変動』と言う単語に惹かれてしまいますよね。 でも残念な事に、時給とか日給の単価が変動した場合がこれに該当し、1ヶ月の労働日数が多かったか少なかったかによる変動は該当いたしません。 【日本年金機構 該当ページ】   http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2054

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 標準報酬月額について。

    標準報酬月額について質問です。 標準報酬月額は4,5,6月に受け取った給料から算出されるということですが・・・ 私の場合月末締め、翌15日払いなので3,4,5月勤務の給料から決定するんですよね? それから、私は4月末で現在の仕事(派遣社員)を辞めます。次の仕事は今のところまだ決まっていません。 次の仕事が5月から始まるとすれば、現在勤務している3,4月分給料(4,5月受給)と、新しい勤務先での5月分給料の平均から算出されるのでしょうか? それとも、5月以降の次の仕事を始める際に新しく標準報酬月額が決定されるのですか? 現在の勤務先は3,4月と忙しく残業も結構発生しており受給額が増えます。なので、標準報酬月額が上がってしまうと困るなと思っています。

  • 疑問!! ぜんぜん標準じゃないじゃん!! 標準報酬月額って!? 

    派遣をしている友達が、9月からの給与の控除額があまりにもUPしているので調べてみると“標準報酬月額”というものが何やら関係しているとか。 彼女の部署は3~6月が激務で、その時期は終電近くまで残業するは休日出勤するはで、普段の月の2倍以上のお給料になるそうです。  標準報酬月額は4月・5月・6月のお給料で算出されるようですが、 時給で働いている派遣社員にとって、月によってお給料が変動するので、この規則に則って標準報酬月額を算出されると非常に不公平だと思うんです。これから1年このままずっと高額な保険料を控除され続けるのでしょうか? ちなみに3月~6月を除けば暇な部署で、月の平均給料は18万~20万だそうです。9月からの控除額は5万円だそうです。 保険額の見直しをしてくれるのでしょうか? 彼女を救いたいのです。  どうか良い方法があれば、わかりやすく教えてください。 お願い致します。

  • 標準報酬月額について

     社会保険料計算のもととなる標準報酬月額は、4・5・6月の給料の総額を3で割って算出するものだと本で知りました。  この、「給料の総額」の中には有給休暇のときに支給された額も含むのでしょうか?教えてください!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

 厚生年金の加入条件に、「所定労働日数のおおむね4分の3以上ある従業員」と言うのが有ります。  ですから、厚生年金の加入者は月に17日以上働くのが普通であると考えられています。  そのために、通常よりも勤務日数が少ない月の金額を計算に入れないのです。  言い換えれば、今後も月10日ほどの勤務では、社会保険の加入条件に該当しなくなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 標準報酬月額について

    現在派遣社員ですが、来月から他社の契約社員 として働くことになりました。 現在の派遣会社から、4-6月の標準報酬月額に基づいた健康保険と厚生年金の金額の通知が来ましたが、来月からは別の会社の健康保険と厚生年金に加入します。給料がかなり下がり、また加入する保険組合等も もちろん変わるのですが、通知を受けた標準報酬月額を基に保険料を今後も支払うことになるのでしょうか。

  • 標準報酬月額が違う?

    標準報酬月額というのは4月から6月分の総支給額の平均だということまでは調べて分かったのですが、 4/1から途中入社をし、(新卒ではありません) 4月、5月はまだ、正式採用ではなく正社員ではなかったので、 4月、5月の給料は少なく、6月分から一定になったのですが、厚生年金の引かれている金額からすると、6月分の標準報酬月額になっています。 具体的に言うと 4月 10万、5月 15万、6月 20万だとすると、平均だと15万になると思うのですが、 20万の標準報酬月額に対する、厚生年金、健康保険料が引かれています。 最近、調べていて、疑問に思ったのですが、この、金額で合っているのでしょうか? それと、間違っていた場合、返金とか出来るものなんでしょうか?(確定申告とか) 個人経営なので、もし、来年も間違っていた場合、いつぐらいまでに言えば、修正が出来るものでしょうか? ちなみに7月分からも、ずっと20万です。

  • お給料と標準報酬月額について

    こんにちは。 派遣で働いています。 お給料明細を見ていて気になったことがありましたので、ご存知の方、教えて欲しいです。 4,5,6月のお給料と標準報酬月額が合ってない気がするんですが・・・。 時給制の派遣のため、月によってお給料が異なるのですが、 今年の4,5,6月の実際の総支給額の平均は約37.5万円(基本手当て+残業代。その他の支給はなし)です。 標準報酬月額の22等級(38万円のランク)に割り当てられてるのかなと思ったのですが、 17等級(28万円のランク)に割り当てられているような・・・。 加入している健康保険のHPに、標準報酬と保険料の対応表があったので、それから割り出しました。 私のお給料で17等級なのは正しいのでしょうか? それとも勘違いしているのでしょうか? 教えてください。

  • 標準報酬額設定まちがい?

    厚生年金、健康保険について教えてください。 派遣社員です。2年半同じ派遣先、派遣元で働いています。 今月の給与(10月支給分)より、厚生年金等が上がる旨通知を受けておりましたが、先月と比較したら下がってました。 「おかしい・・・」と思い調べてみたら、先月以前の標準報酬月額が290,000~310,000で設定されており、今月改定時から230,000~250,000に設定されていました。今年度、4.5.6月の平均賃金を見ても、とても30万円に届きません。思い当たるのは、派遣で働く前に、正社員で働いていた時の給与額を基に設定されているのではと思うのですが。 標準報酬月額の設定が間違っていて、取られ過ぎている場合って返金要求できるのでしょうか。(支払ってない場合は、遡及請求をされるし。。) ちなみに大手派遣会社です。

  • 特別ボーナスと標準報酬月額

    標準報酬月額の定時決定は、給与の4月~6月の総支給額の平均から決定されると聞きました。 ところで、3月に特別ボーナスが30万円支給される予定があります。 これは給与とは別に振込まれるのですが、翌月つまり4月の給与明細の支給額と控除額の両方にその金額が反映されます。 つまり4月の総支給額が、30万円いつもの月よりも多くなります。 その場合、標準報酬月額の定時決定で4月~6月の平均額が1ヶ月平均10万円高く反映されるのでしょうか? つまり、標準報酬月額が10万円高くなってしまって、10月以降給与から天引きされる厚生年金等の保険料が、上がってしまうのでしょうか? イレギュラーなケースだと思いますが、教えて下さい。

  • 標準報酬月額とは?

     予定年金額を試算するのに(http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/kiroku/teikibin/ans06.html)、標準報酬月額が1つのポイントになりますが、標準報酬月額というのは、「基本給」のことですか? それとも諸控除を差し引いた後の実際の「支給額」ですか?  また、例えば30年も勤務していると、20~30年前の標準報酬月額なんてきちんと記憶しておりませんが、社会保険庁にはその記録が保存されており、各個人の年金額を計算するときに、きちんと過去何十年に遡って調べて計算してくれるものなのでしょうか?  また、仮に30年間勤務した場合には、過去30年の平均の標準報酬月額が計算式に当てはめられるのでしょうか? それとも退職する直近5年間の平均が標準報酬月額の計算式に当てはめられるとか、何か一定の決まりがあるのでしょうか?  以上、よろしくお願いします。

  • 平均標準報酬月額

    初歩的な質問ですません。 年金額の算出の時に使われる「平均報酬月額」というのは 所得のどの部分までを含むのですか? 総支給額ですか? 税抜き後ですか? 基本給ですか?

  • 中途採用者における標準報酬月額の求め方

    タイトルの通りなのですが・・・ 総務・労務の市販テキストには、標準報酬月額の求め方として、 4~6月の報酬を3で割って標準報酬月額を求めるとあるのですが、 年度途中に、例えば、この5月に採用した場合などは、 何月~何月の報酬を使って算定すればいいのでしょうか?? また、この月に採用した場合は、他の月とは事務処理が異なるという月があれば教えてください。 ちなみに、派遣社員の社保加入手続きを行っていますので、 報酬はすべて時給となっています。

  • 標準報酬月額がとても多い

    夏のボーナスの明細をみると随分税金が引かれてるなぁと思い、果たして毎月のお給料から引かれている税金額は本当に合っているのかどうかという疑問を抱き、色々調べました。 月々の給与明細を見て調べたのですが、雇用保険料、所得税、住民税はあるホームページをみて正しいと分かったのですが、厚生年金と健康保険料がいまいちよく分かりません。 厚生年金と健康保険料は標準報酬月額から計算されるとのことで、去年の9月に添付されていた通知を見ると、月収よりも4万円以上も高いのです。去年の4~6月の税引前金額+諸手当+交通費を合計して平均を出しましたが、それでも3万円ほど高いです。 ボーナスが6月にある(基本給の3ヶ月分)のでそれも足して、6ヶ月(で合ってますか?)で割ってみても、まだまだ高いし、逆に3ヶ月で割ると、設定された標準報酬月額よりもはるかに高い金額になってしまいます。 いったいどういった設定になっているのでしょうか?たまに給与担当は間違えるという噂を聞きますのでとっても不安です。 かといって、とっても恐いオバちゃんなので、もし自分が間違えていたら何をされるか分からないので聞けないです。

  • 健康保険料と標準報酬月額について

    標準報酬月額は毎年4~6月の報酬をベースに計算するとおもいますが、 という事は6月に賞与を支給しない方が、健康保険料は少なくてすむという事なのでしょうか。 健康保険料とは、 1.標準報酬月額(4~6月の報酬)<賞与があれば含む> or 2.標準報酬月額(4~6月の賞与以外の報酬)+標準賞与額 どちらになるのでしょうか。 健康保険料算出時の標準報酬月額とはどこまでの範囲なのか、 また標準賞与額との関連がよくわからないので 教えて欲しくよろしくお願いいたします。