-PR-
締切済み

グローバル経営について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.82352
  • 閲覧数2662
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (2/4)

グローバル経営とは一体どのようなものなのでしょうか。
日本型経営との違いは何処ですか?

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

参考URLの「グローバルネットワークの構築と企業行動の変貌」をお読みください。


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

グローバル経営とは文字通り、地球規模の経営で、企業の国際化が進む今、企業経営の最先端の課題となっています。

一番の課題は、社員・株主・顧客がいろいろの国の人種から成り立っていることで、こうした言語・文化・価値観の異なる人たちを、どう1つの会社としてまとめて経営するかです。

グローバル経営で一番進んでいるのは、歴史的にヨーロッパから出た会社で、すでに500年の歴史があると言います。その中でもトップクラスの会社はABB社です。(重電の会社。いろいろのWeb siteがありますが、一番分かり易いのを参考URLの載せておきました)この会社の経営理念は有名な「グローバルに考え、ローカルに行動せよ」です。グローバル経営のエッセンスは、まさにこの言葉に集約されています。すなわち世界統一の経営戦略で経営されると同時に、それぞれの文化の異なる市場では、そこの文化を尊重した行動をするのです。当然経営役員はいろいろの人種で構成されていますし、共通語は英語です。

それに引き替え、日本企業のグローバリゼーションは100年の歴史があるかないかで、大きく遅れています。まだまだ東京中心主義で、「日本人は(現地を向いて仕事をしなければならないのに、)東京を向いて仕事をしている」と言われています。また日本流のやりかたを世界に押しつけています。それでもまだ物作りのやりかたは、日本流が世界一で世界中に認知されていますからいいのですが、人事管理、とくにホワイトカラーのマネージメントが遅れています。たとえば日本は合意主義で意思決定しますが、これは意思決定が大変遅く、世界の非難をあびていますし、各国への権限委譲も進んでおらず、日本本社の意向で動いています。当然各国での経営権をその国の人に譲ることなど、非常に遅れています。ですから現地人社長が非常に少ない。学者によるグローバル経営の研究も遅れています。

グローバル経営は21世紀に日本に突きつけられた、最大課題の1つです。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ