• 締切済み
  • すぐに回答を!

著作権法についての疑問があります

著作権法第119条の1に、「著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者(第30条第1項(第102条第1項において準用する場合を含む。)に定める私的使用の目的をもつて自ら著作物若しくは実演等の複製を行つた者、~~省略~~は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。」   とあります、つまり著作権侵害をした者には「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処す」ということです。上の文に第30条第1項とありますが、その内容を簡単にしますと「技術的保護手段(コピーガード)を回避して私的複製をしてはいけない」というような内容です、つまりまとめますと「コピーガードを回避して私的複製した場合著作権侵害であり十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処されるということになります」。しかし、一方で、たとえばコピーコントロールCDのコピーガードを回避して複製した場合は違法であり民事的に指し止め請求、損害賠償請求はできるものの刑事罰は無いという情報も見たことがあります。 そこで質問なのですが、たとえば仮にコピーコントロールCDのコピーガードを回避して私的複製を行った場合「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処す」なのか「違法であり民事的に指し止め請求、損害賠償請求はできるものの刑事罰は無い」のどちらが適用されることになるのでしょうか?                                         

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数185
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.4

指摘回答するつもりはないけど情報として不正競争防止法は私的複製自体を規制することはできず、法律の範囲としては技術的制限手段を持つ機器やプログラムの「提供」を規制します。著作権法とは違い代行サービスも規制はできず、複製自体も規制しません。リッピングソフトの配信や配布を規制できる法律です。リッピングソフトを使用してDVDをコピー防止技術を回避しつつ複製することは著作権法に違反することはあっても不正競争防止法は関係ありません。 質問主が「第30条第1項(第102条第1項において準用する場合を含む。)に定める私的使用の目的をもつて自ら著作物若しくは実演等の複製を行つた者、~~省略~~」と書いた省略の部分には『を除く』と書かれてます。すでに回答にある通り私的使用を目的とした場合には家庭内で軽微な利用であり処罰するほどの違法性はない、またできるだけ刑事法が家庭に踏み込むべきではない(親族相盗例に少し共通します)ため除外されています。 映画盗撮と違法ダウンロードに関しては更に例外的ですが。 そもそもコピーコントロールCDってのは著作権法の技術的保護手段に含まれるのかって話ですが。去年の改正でコピーコントロールのリッピングができなくなったという回答をよく目にするけれど、CCCDは暗号方式でないだろう。もし暗号方式なら従来のCDプレイヤーで再生できるわけがない。まぁCDプレイヤーにより再生できなかったことがあるようだけど、一応は再生できる前提であったはず。地デジのCPRMという新しい暗号方式が採用された時もCPRM対応のDVDプレイヤーでないと再生できない。暗号化したら複合して再生できるプレイヤーを導入しないと再生できないのは当然。 CCCDはCDプレイヤーの自己修復機能を利用して意図的にエラーを挟む方式。試に手持ちのもう聞かないCDにカッターで傷をつけてみればいい。たぶん多少の傷なら音が飛ばずに再生できるはず。どうしてかというと多少情報が欠落しても元に戻せるように余分な情報も入っているから イメージとして 2 4 9 3 2 20 5つの数字の次にその和を記録しておけば、どれか一つが欠落しても元に戻すことができる。実際はもっと複雑だけど、CCCDの場合はあらかじめ偽の情報を記録してぎりぎりCDプレイヤーでは再生しつつ、繊細なパソコンではエラーにより読み込ませない方式。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権法上における「故意」とは?

    著作権法第119条においては、「著作権法を故意に侵害した者は10年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられる」との事ですが、ではその「故意」というのはどのような意味なのでしょうか?通常「故意」というのは、「罪を犯す意思」であると認識しているのですが、著作権を侵害させる行為だとは知らずに行う行為は「故意」だといえるのでしょうか?また著作権侵害に該当しますか?どなたかお詳しい方教えて頂けませんか?

  • 著作権侵害の罰則について

    著作権侵害について以下のような罰則がありますが、 ・著作権を侵害する行為とみなされる行為を行つた者に、 10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する ・法人の代表者、または使用人、その他従業者が著作権侵害行為をしたときは、 行為者を罰するほか、その法人に対して3億円以下の罰金刑を科する 罰金というのは、国に支払われるものだと思いますが、 なぜ、侵害を受けた著作者は、再度、損害賠償の訴訟を起こさなければならないのでしょうか。 侵害を受けた著作者が、訴訟ではなく告訴する意味は何でしょうか? 罰するといっても・・・ 例えば、国の補助金を受給している法人が著作権侵害をしたとして(あくまでも仮にです)、 国に罰金を支払っても、再度、補助金となって戻ってくる仕組みが考えられます。 気にしなければ、悩まなくても済むのですが、気になってしまって... ご回答よろしくお願いいたします。

  • 著作権侵害の罰金額の計算方法について

    著作権侵害の罰金額は、被疑者の資産の額によって変動しますか? 民事及び刑事の両方でお教えください。

  • 回答No.3

119条の1項には、たしかに著作権、出版権又は著作隣接権を侵害した者は10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金,又はこれの併科となっていますが、30条1項(私的使用複製可能)を除くとなっています。つまり、私的使用複製(例外が3つ。一つが技術的保護手段の回避)はこの罰則の対象外です。 >技術的保護手段(コピーガード)を回避して私的複製をしてはいけない 119条にはそうは書いていません。 30条1項では私的使用可能の例外として「技術的保護手段の回避」がありますが、この罰則は119条には書いていません。しかし、120条の2で、技術的保護手段の回避の装置を提供したり、業として回避を行う3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金,又はこれの併科となっています。つまり、一般のユーザーについては処罰対象ではありません。 >民事的に指し止め請求、損害賠償請求はできるものの刑事罰は無いという情報 これは、たとえば、回避装置を提供するとか、回避サービスを提供するような業者に対しては、著作権者が不正競争防止法で差止請求や損害賠償請求ができるということでしょう。 罰則に誤解がありますし、業者への規制と混同しています。 一般ユーザー自身の回避については規定されていません。考え方としては30条の私的使用の範囲からは除外されていますが、罰則としては私的使用「的」なのでしょうかね。 >「十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処す」なのか 違います。 >「違法であり民事的に指し止め請求、損害賠償請求はできるものの刑事罰は無い」 表現が正しくないのですが、一般ユーザーの回避は罰則がありません。著作権者の民事的救済措置として不正競争防止法が適用可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#182442

近年、法律が変わっていてコピーコントロールも著作権侵害の対象になりました。旧法ならコピーコントロールの回避は民事・刑事ともに合法の範囲です。民事・刑事で区別する理由はありませんし、刑事事件として起訴するのはある程度のハードルが高くなりますので、たぶんそのことを誤解したのだと思います。 あと、不正競争防止法は、著作権侵害をする「複製装置や複製するソフト」を対象とし、侵害物そのものは対象にしていません。ただ、コピーコントロールがしてあるCDでも、一部のパソコンにしかコピーコントロールが有効にならず、普通のパソコンで普通にコピーできてしまうものがあり、この場合合法の範囲となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#204360

>コピーガードを回避して私的複製した場合著作権侵害であり いえ、違います コピーガードを回避しての私的複製は、不正競争防止法違反です ↓ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E6%AD%A3%E7%AB%B6%E4%BA%89%E9%98%B2%E6%AD%A2%E6%B3%95#.E4.B8.8D.E6.AD.A3.E7.AB.B6.E4.BA.89.E9.98.B2.E6.AD.A2.E6.B3.95.E3.81.AE.E6.84.8F.E7.BE.A9 と、言う事で法が違いますので、どう言った刑罰が下るのかは不明です (内容によってケースバイケースになるのかと・・・) 著作権法の30条は『次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる』 と、書いてあるだけで、コピーガードの回避が著作権法違反になるとは書いてありません コピーガードを回避すると、不正競争防止法と言う別の罪に触れる為 複製する事が出来ないと書いてあるだけではないでしょか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 著作権法について

    DVDのコピープロテクト解除について色々物議を醸しているそうですが、 実際は著作権法上どうなのでしょうか。 私の見解では、 「DVDはCDと同じく私的利用でのコピーは認められている。私的利用とは、  レンタルビデオ店から借りてコピーする場合、複製者自身が元のDVDを  購入して主にバックアップの目的でコピーする場合の事を指す。  レンタルビデオ店等では著作権使用料を払って顧客に貸し出しを行う。よ って私的利用での必要最低限のコピーは認められる。  但し、複製した物を転売及びインターネット上にアップロード、または  不特定多数の者に送信できる状態に置くことは著作権の侵害であり、違法  である。  DVDに掛けられているコピープロテクト、コピーガードといった保護技術は  一律に複製を禁止するための技術ではなく、あくまでも海賊版の製作を防 止するための補助に過ぎない。  また、ファイル共有ソフトを使っての全ての著作物のアップロード、  ダウンロードは著作権の侵害となり、違法である」  皆さんはどうでしょうか。  (釣りではありません)

  • 著作権法違反について

    著作権法違反について お世話になります。 著作権について勉強しているうちに混乱してしまいました。 著作権法違反は、私の今までの理解だと親告罪であり、 基本的に現行犯逮捕はないと思っていました。 しかし、映画の盗撮防止に関する法律と言う物があることを知り、 映画の盗撮については、現行犯逮捕も可能だし、その行為を考え故意であることは明白なので 刑事罰も必然的についてくるだろうと思っています。 この解釈で間違っているのでしょうか? 現状、現行犯逮捕と同時に即座に刑事罰がつくのは映画盗撮のみなのか? ということです。 もし間違ってなければ、最近のニュースで違法アップロードで逮捕されたとか、 海賊版の販売で逮捕されたとか聞きますが、 これらは申告があったから逮捕されたのか、そうでなく逮捕されたのか、 もしくは、逮捕という言葉の使い方が正確でないのかどちらでしょうか? 親告罪と非親告罪、刑事罰と民事がかなりぐちゃっとなっております。 よろしくお願いします。

  • 著作権侵害の損害賠償等について

    著作権侵害を刑事事件として告訴しようとしています。 このような段階での損害賠償や慰謝料の請求は可能でしょうか。 ようするに、裁判所が公判を開いてくれるかどうかということです。 よろしくお願い申しあげます。

  • 著作権???

    著作権は1部または全部を複製とか複写してはダメという権利とは知ってますがある書籍を勉強して自分の記憶・知識として、それをブログとかホームページに書いたら著作権侵害になってしまうのですか??? あと罰金とか刑罰とかありますか???

  • 著作権違反の罰条など

    前回、質問していた内容が長文であったとの事で 削除ですので、内容を集約します。 著作権法、第92号の前の法律 【3年以下の懲役又は300万円以下の罰金】 とは、懲役かまたは罰金のどちらかひとつと 解釈すべきでしょうか? 友人の今回の裁判で賠償も同時にあるのではと どこの情報か聞いたらしいのですが 刑事裁判では、罰金の請求はあっても 賠償については、民事裁判で著作権者から 申し立てられない限り、(後に請求の可能性はあっても) 今回の裁判で請求される事はないと思うのですが 間違っていますか?

  • 著作権侵害についてです(o*。_。)oペコッ

    著作権侵害についてなのですが。。 これは、 著作権を侵害されている(不利益が生じる)と感じた、人・企業等が 著作権侵害をした人を 訴えなければ、 国?から罰せられる(有罪や罰金等)こ とはないのでしょうか? 仮に 内容が著作権侵害の物をサイト上でUP しても、著作権を侵害され ている人・企業等が、 訴えなければ 罰せられることはないとゆうことなのでしょうか? また、 著作権を侵害されている人・企業等が 訴えていなくても 警察などから 著作権侵害として 逮捕等 されることはあるのでしょうか? 初歩的な質問かもしれませんが;; どうぞ よろしくお願いします(o*。_。)oペコッ

  • 雇用契約書や就業規則を撮影して・・・著作権

    (1)バイト先の雇用契約書や就業規則を撮影して、バイト先の本部などに証拠として提示(送付)するのは著作権侵害にはなりませんか? 裁判手続等における複製 (第42条)の範囲内になりませんか? しかし別に裁判所や警察に訴えるわけでもないですし・・・42条は適用されませんか? あと著作権法第42条は民事、刑事ともに適用されますか? (2)また雇用契約書自体を撮影せずそのまま本部に提示(送付)するのは別に複製したわけでもないですし、著作権侵害してませんよね? そもそも著作権が侵害されていても撮影したものを提示するだけで問題にはならないと思いますが・・・ そもそも雇用契約書や就業規則は著作物ではない?

  • 著作権侵害の民事裁判で、被告が利益をほとんど得てい

    著作権侵害の民事裁判で、被告が利益をほとんど得ていないような事件は、損害賠償金額も低いものになりますか?

  • 著作権侵害の時効

    著作権侵害の時効(刑事)は何年ですか? また、著作権侵害で逮捕された事例はあるのですか? 教えてください。

  • 著作権侵害は慰謝料請求できない。ならどうしたらいい

    インターネット上の画像や文章などの著作権侵害をされた場合、 故意、過失にかかわらず、告訴しようが、慰謝料請求が出来ないらしい。 ブログの画像や文章の無断使用で、ブログ(著作権保有者)所有者が 損害を受けるわけないのだから、損害賠償請求は出来ない。 なら、慰謝料を請求するのが当然だと思うのだが。 著作権侵害に該当するものを削除したことによって、 慰謝されたことになるので、謝罪は終わりという扱いになる。 何なのですか?この法律。 著作権侵害による精神的苦痛に対する慰謝料を請求することは出来るようだが、 著作権侵害による精神的苦痛を証明できないので、 実質、慰謝料は得られないも同然。 著作権侵害で精神的苦痛を負って、不眠症になり、 交通事故になった際の診断書でも提示すれば証明になるのですか? この著作権侵害の親告罪って、 著作権侵害するだけして、著作権保有者から親告されたら、 該当物を即削除するだけで、はい終わり。と言うことですか? 企業が著作権侵害をしても、削除すればいい、というくらいの認識で いくらでも著作権侵害できると思うのですが。 著作権保有者が告訴しても、著作権保有者は何の得もなく。 裁判で、著作権侵害ですね、と認められるだけで、費用がかかるだけ。 著作権侵害を犯した者は、特に罰せられず。 故意かどうかなんて簡単に逃れられますし。 社会的制裁としては、ネットの記事に取り上げられればいい方です。 新聞社にでも情報提供すればいいのでしょうか。 画像や文章の著作権侵害なんて記事にもならないと思いますが。 著作権侵害の場合、告訴以外で一般的な社会的制裁の方法は何なのでしょうか?