• ベストアンサー
  • 困ってます

防湿層と仕上げ材の隙間およびボード下地について

グラスウールメーカーのHP等に記載されている注意事項について教えて下さい。 【防湿層は、室内側の内装仕上げ材に密着するように施工して下さい。 内装仕上げ材と断熱材の間に隙間が出来ると断熱効果が損なわれるおそれがあります。】 「隙間」とはどの部分を指しますか? 上記「防湿層」とは「防湿シート」を指すと思いますが、「内装仕上げ材」と「断熱材」との隙間とは、具体的にどんなことを指すのでしょうか? たとえば、胴縁の厚みは隙間に該当するのでしょうか? つまり、胴縁下地では断熱効果が低減するという事なのでしょうか? 具体的に・・・ 外壁部内装仕上げの下地についてですが、 胴縁下地・、合板下地・、下地なし の3通りの方法があるかと思います。 たとえば、仕上げとして、<石膏ボード下地AEP塗装>、<シナ合板仕上げ>を選択し場合、 合板下地とすれば、防湿層と隙間なく施工可能かと思います。 一方で、胴縁下地とした場合ですと、胴縁の厚み分隙間(空間)ができるかと思います。 ■この部分の隙間は、上記「隙間」に該当するという事になるのでしょうか? 断熱効果を発揮させるたてには、合板下地もしくは、直張り(下地なし)のどちらかにすべきなのでしょうか? ■合板仕上げや、石膏ボードAEP塗装仕上げの場合、下地として一般的なのは? ■プレカットで精度が上がっているため、下地なしで、直接柱、間柱に合板や石膏ボードを張る事も多いようですが、後に問題は生じないのでしょうか? ■天井を合板仕上げとする場合ですが、ネットで施工事例などをみましても、野縁に6ミリ厚程度の合板仕上げとする場合、6ミリ厚程度の合板2重張りとしている場合等がありますが、一枚と2枚とではどのよな違い、影響があるものでしょうか? 以上初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数905
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

集成柱を使うと歪みが出にくいので、胴縁を使わず石膏ボードを張ります。無垢柱は人工乾燥材であってもボード目地切れが起こり易いので胴縁が必要になります。ガラスウール断熱材は防湿フイルムを柱にしっかり固定することにより、石膏ボートに密着します。胴縁を使うと断熱材とボードに隙間ができるが、横胴縁であり上昇気流は発生しないので、断熱が大幅に低下することはない。むしろ、間仕切り壁には断熱材を入れないので、上部で気流止めのガラスウールを使うこと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 >集成柱を使うと歪みが出にくいので、胴縁を使わず石膏ボードを張ります。 やはり、プレカットでかつ「集成材」においては下地を入れない直張りも一般的なんですね。 参考図書には同様の記述(集成材という事には触れておらず、プレカットの場合でしたが・・・)がありました。 先日勉強のため、近所の見学会へ行ったところ、プレカットでも胴縁下地を入れていましたので、「下地ありとなし」・・どんな考えのもと決めているのか疑問に思いました。 無垢材を使っていましたので、下地を入れているわけですね。 >胴縁を使うと断熱材とボードに隙間ができるが、横胴縁であり上昇気流は発生しないので、断熱が大幅に低下することはない。むしろ、間仕切り壁には断熱材を入れないので、上部で気流止めのガラスウールを使うこと< なるほど、一般論として隙間があれば、温かい空気は上昇するため、温度が下がり、断熱効果が下がることにつながるという事ですね・・。 横胴縁であれば、そもそも空気は動かいなわけで、影響はないようですね・・・。 メーカーは施工方法については多様であることから言及せず、一般論としての「隙間」として注意喚起をされているのでしょうね。

その他の回答 (3)

  • 回答No.5

ttp://www.dogudoraku.com/catalog/product_info.php/products_id/47008 気密・防湿シート(屋内用)バリアエース 防湿シートは単品では?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度のレスありがとうございます。 防湿シートは単品です。 いやゆる袋入りグラスウールではなく、裸のグラスウールに、防湿シートを張る・・・ といった事についてです。 答えになっていますでしょうか?

  • 回答No.4
  • kamapan
  • ベストアンサー率41% (97/234)

先に書いておきますが、グラスウールメーカーのHPはいい加減です。 あくまでも「自社の製品」が売れれば良いだけですから 細かな部分はいい加減なのです。 さて「質問」についての「回答」なのですが (1)「防湿層」に室内側に対して断熱材との間に「隙間」が 出来てはいけないのか? 全ての面について「隙間」が出来てはいけませんが、一番いけないのは 室内から外を見た時に「下地の合板」や「透湿シート」が見えるのが 一番悪い施工方法なのです。 それに比べれば、あなたが書かれた内容はまだマシな方です。 とにかく「防湿層」がキチンと施工されている方が重要です。 (2)「防湿層」さえ綺麗に貼られていれば、胴縁の「隙間分」などは 無視して頂いて構いません。 但し、コンセントボックスについても「気密カバー」を使用して 「水蒸気に流入」を止めてください。 (3)これも関係ありません! とにかく「透湿抵抗値」を比較して、必ず室内側の「数値」が 大きくなるように設置してください(間違えると内部結露しますよ) 本当は参考になるHPを貼ってあげたいのですが、 このサイトでは、なかなか難しいので「質問内容」を 絞って頂ければ「再回答」が可能です。 ちなみに書かれている内容を「石膏ボード」に置き換えれば 「省令準耐火」扱いを受けて「火災保険」と「地震保険」の 掛け金が50%以下にも出来ますよ。 沢山の参考サイトを貼ると、肝心の本文までもが消えてしまうので ご了承ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お判事が遅くなり申しあけありません。 前段の部分はよくわかりませんが、グラスウールメーカーに限ったことではないと、認識しています。 >室内から外を見た時に「下地の合板」や「透湿シート」が見えるのが 一番悪い施工方法なのです。 理解不足でよくわかりませんが、グラスウールを採用する際はの施工方法は慎重にすべきですね。 >「防湿層」さえ綺麗に貼られていれば、胴縁の「隙間分」などは 無視して頂いて構いません。 但し、コンセントボックスについても「気密カバー」を使用して 「水蒸気に流入」を止めてください。 了解しました。 気密カバーについては、参考図書にも記述があり、そのつもりでいます。 >とにかく「透湿抵抗値」を比較して、必ず室内側の「数値」が 大きくなるように設置してください(間違えると内部結露しますよ) この部分も読んだことがあり、なるほど・・・と思った記憶があります。 たしか、耐力壁面材の事を調べていた時に、透湿抵抗値の比較の際に、重要なポイントと書いてあったかと思います。

  • 回答No.1

「防湿層」とは「防湿シート」 別ものでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 ネット検索では・・・ 『 防湿層とは、断熱層の室内側に設けられ防湿性が高い材料で構成される層 』 とあります。 添付いただきました画像では、防湿ポリエチレンフィルム(防湿シート)の事であると思われますが、 趣旨が違いましら、再度指摘下さい。

関連するQ&A

  • 内装の合板張り仕上げについて

    天井、壁の内装仕上げの一部を「シナ合板やラーチ合板、OSB合板の塗装仕上げ」で考えています。 (塗装はDIY予定) ■合板張りの場合、石膏ボードあるいはラワン合板下地の上に張る事が基本のようですが、 ローコストにしたいがため、捨て張りなしでと考えています。 いろいろと問題が生じるでしょうか? 天井は野縁に直張り、壁の場合は、柱、間柱に直張りという意味です。 強度、施工性の問題以外具体的にどのような問題が生じるでしょうか? ちなみに防火指定は法22条区域です。 壁には胴縁は入れるべきでしょうか? 石膏ボード+AEP仕上げとする箇所は柱に直張りで考えています。(胴縁なし) 吹き抜け等大面積の壁面には胴縁を入れてもらうつもりです。 ■合板の厚みは天井・壁それぞれ何ミリが適当(一般的)でしょうか? ■他にローコストでお奨めの仕上げ材がありましたらお願いします。 以上、アドバイスよろしくお願いします。

  • 木造充填断熱工法

    木造充填断熱工法でグラスウールと石膏ボードは隙間無く取り付けると理解しておりますが、ある工務店のHPで石膏ボード下地に胴縁を取り付けそれをこだわりとしているものをみつけました。 胴縁打ちの場合ボードのとおりがよいので仕上がりがよいとあるのですが、結露の心配はないのでしょうか? また間仕切壁について、石膏ボードにAEP塗り仕上げなのですが胴縁があるほがよいのでしょうか?

  • 防湿シートの位置について

    お世話になります。 友人の所有する小屋(約20畳)があるのですが これを改装してアトリエにしようってなってリフォームに挑戦しています。 現在の壁の構造は外側からサイディング⇒石膏ボード⇒柱⇒構造用合板となってます。 柱の間には断熱材を入れました。 合板が格好良い感じで、当初これで十分満足してたんですけど 断熱材を入れると防湿処理しないと駄目ってネットに書いてありました。 使用した断熱材はボードタイプで防湿シートは付いてないです。 この場合、断熱材のすぐ内側に防湿シートを貼るみたいなんですが すでに構造用合板を貼ってしまっています。 接着剤も付けて板を貼ってしまった為、これを剥がすのは大変です。 そこで構造用合板の上からシートを貼って、その内側にもう一度柱を作り、その上から石膏ボードを貼ってみようってなりました。 つまり2重の壁みたいな構造になります。 防湿シートは隙間とかあると駄目とのことで、このやり方なら合板がフラットなので頑張れば貼れそうだし、もう一つ内側の石膏ボードからコンセントとかを付けるのでシートに穴も空かないだろうという意見になったからです。 なので計画としては 外側からサイディング⇒石膏ボード⇒柱⇒構造用合板⇒防湿シート⇒柱⇒石膏ボード となっています。 ここで質問なのですが、構造用合板の上(内側)から防湿シートを貼って何か問題あるでしょうか? もしくは貼らなくても大丈夫でしょうか? ちなみに構造用合板は9ミリです。 自分達の住居ではありませんが、どうせなら後悔しないようにやりたいと思ってます。 ものすごく素人っぽい質問で大変恐縮ですが、プロの方の意見をお聞かせください。 宜しくお願いします。

  • パーフェクトバリアがネオマフォームに(長文)

    在来内充填断熱工法、構造用合板なし、通気工法、防湿気密シートなし、で建築中です。 過去にも質問させていただいたものですが、タイトル通り、今日、現場へ行ったら、パーフェクトバリア10k100ミリがネオマフォーム45ミリに変えられ、充填され始めていました。 パーフェクトバリアは耳を手前につけないといけないのですが、場所によっては(補強壁をいれたり、コンセント、筋交い・・・)耳がうまく付かず、石膏ボードとの間に隙間ができてしまうのを心配していたので、現場監督が、同じ断熱性能のネオマフォームを切って柱の間に当てはめ、回りを気密テープで止める方が、石膏ボードとの間に隙間ができなくきれいに納まる、と提案してくれていました(金額は変わらず) もともと高気密高断熱を施工している会社ではなく、私も中気密中断熱くらいが良いと思っているので、単純に断熱材の交換という事で、気密シートはつきません。(それでも、音が響いたり、パーフェクトバリアよりも、気密は高まるそうですが。本当なのかしら・・・?) 最初、棟梁が、補強の下地(手すりなど)を入れるために、ネオマを充填した後、柱に胴ぶちを打ち、その間に下地を入れ、そして胴縁の上に石膏ボードをつけると言っていました。つまり、15ミリ、壁がふかされるという事です。 下地のために壁がふかされるのはなんだかなぁという思いと、断熱材(ネオマ)と石膏ボードの間があいてしまうのはまずいと思い、ネオマの室内側に直に石膏ボードをつけてくださいと頼みましたところ、え?くっつけちゃっていいの?”と言われ、正直不安になっています。 気流止めは、”やらなくても、そんなに空気は流れないよ”、と言われているので、それならば、石膏ボードと断熱材の間に隙間が無い方が結露が起きないと思っているのですが、どうなのでしょうか?   それから、普通、発泡系断熱材のある面に手すりなどの補強下地をつける場合、どうやっているのでしょうか?  筋交い、コンセントまわりの発泡系断熱材施工はどのようになっているのでしょうか?

  • 防湿シートは必要ない?

    只今建築中です。業者の説明によると、壁になる部分、OSB合板を張った上に気密テープを張り、断熱材を張って、またその上に気密テープを張り、本来ならその上に防湿シートを張って胴ぶち→外壁材となると思っていましたら、OSB合板→気密テープ→断熱材→気密テープ→胴ぶち→外壁材と、防湿シートは必要ないと説明されたのですが、同じその業者の他の現場ではちゃんと防湿シートを使っているんです。何で差別をするのかわかりませんが、問題はその防湿シートがない状態でも気密の方は大丈夫なのかと不安です。どうぞ、宜しくお願いします。

  • 外壁仕上げ材の下地構成について

    木造住宅充填断熱、通気工法の仕上げについてお尋ねします。 (1) ガルバリウム鋼板立はぜ葺き (2) 弾性アクリルリシン吹付け 法22条区域です。 ただし、(1)は範囲外、(2)のみ該当します。 上記仕上げで考えておりますが、、下地構成は下記の通りで問題ないでしょうか? (1) 構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ケイカル板t=6 /(アスファルトフェルト)/ガルバリウム (2) A案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/木摺 /(アスファルトフェルト)/ラス下地軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み) /リシン B案:構造用合板t=12/透湿防水シート/通気用胴縁21×45/ラスカットt=9 /軽量モルタルt=20(ガラスメッシュ伏せ込み)/リシン (1)のケイカル板は耐水石膏ボードt=9.5の方が良いでしょうか? また、アスファルトフェルトは必要でしょうか? (2)のA案、B案どちらの方がコストが安いでしょうか? 以上よろしくお願い致します。

  • 増改築 サイディングの下地大丈夫?

    長野県で古民家の増改築を行っています。 一部新築部分在来工法でで大工さんに屋根、骨組み床捨て張りまで一緒に作業して指導してもらいました。 内装、設備その他の仕上げは自分だけでこつこつとやってます。 ホームセンターから断熱材が消えてしまったので、外壁のサイディングを貼る予定です。 そこでサイディングの下地について質問です。 大工さんが1.5尺ピッチで間柱を入れて外からタイペックを貼り、 後は外壁のサイディング施工という段取りで進めていましたが、どのホームページを見ても ベニア捨て貼りして 胴縁をまわし 空気層を作って施工しています。  間柱にじかにサイディングという施工は問題ありますか? 今からタイペックをはがし、合板をはる方がよいか迷ってます。

  • 床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間)

    床下の断熱材の施工について(下地と断熱材との隙間) 現在、次世代省エネ基準の仕様で新築中の者ですが、床下の断熱材の施工について疑問がありますので教えてください。 我家の床は、根太貼り工法です。この工法ならば、根太の間に断熱材が施工されるのが普通だと思うのですが、我家の場合は、大引の間に施工されています。そのため、床下地と断熱材との間に隙間(根太の幅55mm)が生じています。このような施工でも良いものなのでしょうか。 掲示板等を拝見しますと、床下地と断熱材は密着させるのが原則のようで、このような隙間は結露の原因となるとの記載もあります。 設計士に質問したところ、「空間が生じているが、断熱材と大引との間を密閉しており、気密性がとれているので問題はない。」とのことです。 現在、施工を中断しています。よろしくお願いします。    

  • 床、外壁の断熱について

    地域IIの新築木造住宅の断熱(グラスウール)の隙間について質問いたします。 です。 2Fの床(ピロティーの天井)は厚さ450mmです。 断熱材の施工は上からフローリング、防湿シート、断熱材(34k45mm)を根太の間に充填しフローリング側に密着させ、その下に隙間(約100mm)があり断熱材(高性能16k100mm)、野縁、透湿防水シート、仕上げ材(シナ合板)となっています。 外壁は外壁パネル、通気層、透湿防水シート、下地合板、4寸柱内に高性能16k100mmを内壁側に充填し(柱内の外壁側に20mmの隙間)、防湿シートになります。 壁内に隙間がないのが理想ですが、厚いので全部に充填するのもどうかと思います。 この施工で正しいでしょうか? 言葉でうまく説明出来なくてすみません。

  • 防湿シートについて

    ただいま住宅設計中で、建築士さんに図面を見せていただいたところ、疑問点が生じましたので、皆さんの意見も教えてください。 石膏ボード下地クロス貼仕上げの天井と壁の断熱材はグラスウール16kg品t=100(天井はt=100×2)で、床の断熱材はスタイロフォームt=80なのですが、防湿シートは壁と天井の室内側だけで、床面は必要ないのでしょうか? 室内の湿気が壁内に透過し、グラスウールが湿気ないために用いることは分かったのですが、壁と天井だけで床面に敷いてなければ、床を透過した湿気が上に上がって、壁と天井のグラスウールを湿気らす気がするのですが・・・ よろしくお願いしますm(_ _)m