• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

人間の細胞の正体とは?

最近はIPS細胞が話題ですが、生物の原点である細胞って、そもそもなんなのでしょうか?解説は山ほどありますが今いちピンときません。難しい説明が多いのか私の理解力がないのか。とりあえず一般的な理解としては、人間の場合、男女、両親の精子卵子の結合から細胞分裂して、身体の成長、幼年期、少年期、青年期、老年期、死まで上限120年ほどで分裂終了。ってなことくらいです。では、何も存在の無い状態から、いや厳密言えば、他者(男女)の細胞から変化を遂げ、今の自分は、細胞って奴に支配されて?いや共存?意思をもった肉の塊にすぎず?、細胞さんは自分?ある意味で仏教でいう無我状態ともいえるし(自分?細胞の集合体?)、ただ、細胞ってやつは形のないとこから形を作り、さらにまた分裂増殖を繰り返す。一体こいつの正体は何のか?哲学的な範疇なら、生死の概念とは、人生観とはみたいな小難しいとこまで行きつきそうです。細胞をご説明できる方、生物学的、科学的でも哲学的でも、子供のなぜなぜ知識的でもかまわないです。全くくだらない質問で恐縮ですがお教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数281
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

だから細胞生物学のイラストとか眺められたりしましたか。電顕写真もいいですよ。神経細胞の写真とか。 プッツン博士のエッセイ以外で神秘とかそういう宗教的な余地はないんですよ。化学反応が連面と繰り返される仕組みなんです。近代科学的な視点で見れば。近代科学的な視点で見ないならば近代科学の知識も放棄された方がいいです。 結局、近代科学に染まっている具合の差がありますね。質問者さんは科学的な分析は好きじゃないのでしょう。私は大好きなんですよ。理論物理みたいな数学遊びで虚実逆転しない範囲で。理論物理や数学は宗教と同じです。違いは整合性の良さです。 私は自然科学に染まっているが、科学を信仰しない少数派です。それが健全な科学的精神です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。好きなものはどこまでも探求したくなるのは素晴らしいですね。色々な角度から私も見てみたいと思います。

関連するQ&A

  • 細胞分裂いろいろ・・・

    自分は現在高校一年生で、高校の理科で生物をやっています。それに関連して、体細胞分裂や減数分裂についての講義を聴いたのですが、その中で幾つか疑問に思ったことがあったので質問させて下さい。 まず一つ目は、細胞分裂中にその細胞内の細胞小器官はどのようにして二つの細胞内に分かれた配置されるのでしょうか。ミトコンドリアと葉緑体は独自のDNAを持っており、細胞分裂時には連帯して分裂し、各細胞内に配置され、中心体は紡錘体形成前に分裂すると言うことは分かったのですが、その他リボソーム等の器官はどのようにして数が増えるのでしょうか。 2つ目に、減数分裂の時は、体細胞分裂の場合と同じように細胞内を二倍体にしたあと、細胞の部分的組み替えを行い、その後4つの配偶子を形成すると習いましたが、また同時に、その配偶子単体で体細胞分裂を行い増殖することが出来るともいいます。それでは、なぜ最初に染色体の数を二倍にしなければならないのでしょうか。もしかすると、最初に二倍体にならなければ、遺伝子の組み換えを行うこと出来ないのでしょうか。 そして3つ目に、卵細胞形成は胎児期の約1ヶ月間で完了するそうですが、なぜその必要があるのですか。高齢出産になるほど遺伝子が傷ついている可能性が高まり、危険になるとさえ言うのに、なぜ最初に全ての卵細胞を作ってしまわなければならないのでしょうか。 また、細胞分裂とは直接の関係はありませんが、ゴルジ体からの酵素等の分泌(エンドサイトーシスでしたっけ)時に、輸送に使用したゴルジ体の膜はその後どうなるのでしょうか。図ではそのまま細胞膜の一部となっているように見えるのですが・・・。使われないとすればこれはリソソームで分解されるのでしょうか。 以上、質問ばかりの形となってしまいましたが、全てではなく一つずつでも結構ですので、宜しければご回答下さい、お願いします・・・。

  • 細胞分裂について

    息子が授業で細胞分裂(間期・前期・中期・後期・終期)の観察をしました。10枚のレポートに書いて出すのですが、考察がいまいちうまく書けないそうです。 細胞分裂した時の大きな特徴(「気づいたこと」の観点で書くこととしてふさわしいこと)って、私や息子が知っていること以外で何かありますか? 私たちが知っていることはせいぜ 前期 染色体の凝集 中期 中央に集まる 後期 染色体が細胞の両極へ移動 終期 細胞質分裂 間期 染色体の脱凝集(形がぼやぼやになる) あとは細胞の大きさが分裂後に1/2になる くらいです。

  • 単為生殖時の減数分裂細胞と3倍体の細胞分裂について

    有性生殖可能な生物(2倍体として)が単為生殖する場合、染色体が半数になった卵子は、一旦不足分の対になる染色体をコピーした後、分裂を開始すると考えてよいのでしょうか?それとも、最初から2倍体が卵子に入っていて 完全なクローンとして生まれるのでしょうか? また、3倍体や4倍体の生物の細胞分裂はどういった形で行われるのでしょうか?それらの生殖細胞もゲノムになるまで減数分裂されて、3以上の性の組み合わせで受精されるのでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

『正体』とはなにか,という問いの立て方がまずいように思います。 細胞は細胞なんです。細胞の正体は細胞としか言いようがありません。細胞は何かの変装した姿だというのなら細胞の正体は何か?と問えますけども。 例えば,山田太郎さんという人がいたとして,「山田太郎!貴様の正体は何者だ!?」と問い詰めたとしても山田太郎さんは「名前は山田太郎です。30歳独身です。東京都出身で今は京都在住でOKWAVE株式会社に勤めています」と自分のプロフィールを並べることしかできないですよね。実は彼は怪盗20面相だった,とかなら「はっはっは!よくぞ気がついた。私こそが怪盗20面相であ~る」なんて答えも可能ですけど,細胞という言葉はそういうものではありません。 結局のところ「細胞は膜につつまれた小さい袋状の構造です。外部から物質を取り込んで代謝します。DNAの配列を利用してたんぱく質をコードします」みたいに特徴を並べるしかありません。 質問者様が求めているのは「(質問者さまにとって分かりやすい)細胞を表現する別の言葉」でしょうか? 言おうと思えば,私の前の回答に書いたような「精密機械みたいなものです」とか「小さい袋みたいなものです」とかいくらでも言えますけど,それらはあくまでも例えであって必要十分条件とは言えません。細胞は小さい袋みたいな精密機械であれば,じゃあ人工的に小さい袋状の精密機械を作ればそれは細胞か?と言われても,違いますしね。 質問者様がしっかりと細胞について現代生物学で分かっていることを勉強し,理解したうえであえて正体とは何かと問うのであればいいと思いますが他の回答者様たちとのやり取りを見るにどうもあまり勉強されていないように思います。ゲノムなんて細胞のかなり基礎的なことですよ。 No.6様もイラストや写真をみるようにおっしゃっていますが,やはりまずは具体的な知識を集めることかと思います。ゲノムのことが理解できるなら根本的な理解力が足りていないということはないかと思います。 理想を言えば専門書を読むことですが,グーグルで検索するだけでも細胞の図でも解説でもなんでもたくさん手に入りますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。専門的なことはおっしゃるとおりわかりません。日常使用している言葉の語源が とある日の疑問のように思い浮かんだのと同じ程度です。これを機会に色々調べてみます。

  • 回答No.5

言葉を集めて集めた言葉で細胞を想像しててもとは思いませんか。仏教でさえ曼陀羅や仏像があるわけですし。 細胞は観念的な物ではないのです。 ネットでもパソコンなら細胞生物学のイラストや顕微鏡写真が観れますよね。それが正体ではないの。小さいのを拡大すればというだけで。細菌だって小さいからピンと来ないだけで。 細胞の正体はとおっしゃる割りに細胞に目を向けようとしないような感じがします。 卵の卵黄はあれが一個の細胞なのですが、卵黄は見たことありますよね。卵黄で思索を広げたりされていますか。見たら終わるのでは。 現実とは別の観念世界を求めるのは宗教なんです。 細胞は細胞そのものを最高の科学技術で直視しても何だか全然分からないのです。 ipsもゲノムもDNAの話でありその配列を研究しています。それはデジタル情報なので扱いやすい単純世界なのです。細胞の正体とは別世界の遺伝子情報を扱う議論なのです。ヒトのゲノム配列が分かってもヒトの細胞を見たことがなければただのローマ字の羅列ですよ。ローマ字の羅列などの文字の列が細胞の正体なんですか。 細胞生物学の本が難しいという事はありません。興味の有無です。 質問者さんの質問に具体性がないので哲学カテゴリになっているのです。 細胞に支配されているっていうのがその証拠です。細胞に細胞以外の何が支配されているのですか。脳神経も細胞ですよ。酸素が無くなったり熱で燃やされたりしたら細胞は死ぬのです。支配者が死んだのちに何が解放されるのですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >現実とは別の観念世界を求めるのは宗教なんです。 >細胞は細胞そのものを最高の科学技術で直視しても何だか全然分からないのです。 この文章はすごくわかるような気がします。あまり固執した考えはやめたいと思います。

  • 回答No.4
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2383)

科学的にいえば、人間の細胞は他の多細胞生物の細胞と変わりありません。多細胞生物の起源はいまだよく解っていませんが、多細胞生物の場合、子孫を作った生殖細胞以外の細胞は必ず死滅します。しかし、同じ遺伝情報が卵子ないし精子を通じて子孫に伝わります(有性生殖の場合50%ですね)。質問者におかれてましては、「細胞」という単語を「ゲノム」あるいは「遺伝情報」とすれば、現在の生物学が抱えている問題に近いところに行くと思います。ただし、「細胞」と「ゲノム」の違いは理解して頂かないとだめですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。多細胞生物の起源がいまだよくわかっていないというのは、嬉しいご回答です。 「あー、そうなんだ」と理解できますし、その他のご説明もよくわかります。ゲノムとういう言葉は知りませんでしたが、調べて理解できました。しかし、やはり細胞の話は難しいですね。

  • 回答No.3

正体というのはどういうことをお知りになりたいのでしょうか。物質的な構造や性質、メカニズムについてはいくらでも解説できますが。 あえて言えば化学物質で構成された微細で精密な機械のようなものです。宗教的な神秘のパワーなどはありません。極めて物理的で化学的な存在です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ご回答頂いた内容で少し理解の糸口になりました。論理的でよくわかります。

  • 回答No.2
  • Water_5
  • ベストアンサー率17% (56/314)

人間は60兆個の細胞で出来ています。 その一個の細胞の正体は何だ?と問われても 答えようがありません。 細胞は細胞だからです。ただそう言う生命の営みは 神のなせる業」と言うようにしています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。ご回答いただいた通りです。”答えようがない”ところが正に質問でした。

  • 回答No.1

ここはテチュ学カテゴリではないので明言しますが仏教で現実の議論をするのは無駄です。宗教は思考停止による救いに他なりません。 植物の種をまかれる事です。小学生もしています。脳に知恵を付けた大人が趣味的に種まきして発芽し生長すれば小難しい思索の契機になりますよね。 目に見えない議論は大方有害に作用します。情報原理主義の現代に掛けているのは物を使って実践する行為です。 植物は生命に違いありません。 火を通した芋やポテトフライは発芽しません。仏教では全く議論できませんし思想によってピンと来る方がインチキなのです。 興味がないから実践せずに思索をするのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。仏教の話はたとえ話で、細胞のことのみでした。失礼しました。

関連するQ&A

  • テスト前です。細胞について

    理科のリハーサル問題で復習してくるようにといわれました。明後日がテストです。 また私の考えがあっていなければ答えお願いします。 1、ロバートフックは、自分の作った(ア)でコルク栓のコルク切片を見て・・・ ??? 2、塩酸処理をする目的を2つ書きなさい。 細胞分裂の停止をするため。 もうひとつが分かりません。 3、細胞の中にある核は、分裂する時に割れてしまうのかという疑問に分かりやすく具体的に答えなさい。 分かりません。 4、植物細胞に比べ動物細胞の輪郭が見えづらいのはなぜか?細胞のつくりで説明しなさい。 細胞壁がないから。 5、カバーガラスの上から押しつぶす理由。 6、オオカナダもの細胞内に見られる緑粒はどのような働きを? よろしくお願いいたします。中学3年生です。

  • インスリン様因子について

    インスリン様因子について。。。 インスリン様因子は増殖因子・・・細胞にグルコースを使わせて増殖させる。と教わりました。 細胞の増殖って、つまり細胞分裂ってことですよね? グルコースを使わせるってことは呼吸→ATP産生ってことですよね? つまり、細胞分裂にはATPが必要ってことですよね?? 細胞分裂のどこでATPを利用しているのかわからないため、この説明が自分の中であまりしっくりきていません。 わかる方教えてください。。。

  • 体細胞分裂について

    「体細胞分裂の観察には、茎頂の分裂組織ではなく、根端の分裂組織が材料に使われる」らしいのですが、それはどうしてですか? あと、タマネギの鱗茎に見られる細胞と、根端の細胞分裂をしている細胞や形や核の大きさは、どのような違いがあるのでしょうか?

  • 分裂期の細胞の形

    初めまして。自分は高校1年生です。先日ヒヤシンスを使って実験を行いました。そのレポートの考察に「分裂期の細胞は正方形かそれに近い形をしている。それはなぜか?」というのがありました。しかし、どこを調べてもわかりませんでした・・・自分では「丸いと隣り合ったとき隙間が出来てしまうが正方形は細胞が並ぶとき隙間などができないのでこの形が合っている。」と思いました。おそらく違うと思いますのでどなたか理由をご存知の方がいらっしゃったら教えて頂きたいたいです。宜しくお願いします。

  • 5角形の花が多いのはどうして?

    アサガオの花びらって、5枚ですよね。私は6枚だと思っていました。図鑑などで調べてみると、キキョウやその他5枚のものがたくさんあるのに驚きました。もちろんアブラナ科(ダイコンなど)など十字花弁のものもあるのですが、圧倒的に5枚や3枚の奇数のものが多いような気がします。 生物の発生過程で解明されているのですか?素人考えでは、細胞分裂から2の倍数のような気がします。 数学でフィボナッチの数列というのがあって、それは生物の発生や形と関係しているとよく言われるのですが、それとも関係ありますか。

  • 手指の癖爪-爪の形-(ワシ爪&丸爪)のケアの仕方。

    男、30代です。 特に最近気になる様になったのですが、手の爪の形 が良くありません。普通一般の方は、縦長の爪が主流の 様な気がします。私は、上が高ぼっていて丸く横広で、爪を 伸ばすと直ぐに下に下がって行く(真っ直ぐ伸びない、ワシ爪)と言う 癖爪で、見栄えも汚く困っています。足の爪はそこまで酷く ないのですが、若干丸いです。 手の指を正面から見ると、まるで「ハマグリ」の様で 汚らしく、吐き気さえします。 普段は普通の爪切りで切り、磨いでいますが切れば 当然気にならなくなりますが、爪や髭は細胞分裂が 盛んに行われている部分なので、直ぐに伸びます。 矯正等あるのだったら、綺麗にしてみたいですが 遺伝的な物もあるだろうし、価格も高いと困ります。 後、遺伝と言いましたが、親や兄弟は綺麗な爪なのです。 こんな爪でも綺麗に見せられる技、切り方、爪切り器具 等ありましたら、お教え願いたいです。 男女問わず、若しくは同じ悩みの方のアドバイスでも 構いません。

  • 染色体がわかりません。

    (↓教科書の文です) 真核細胞では、DNAはヒストンとよばれるタンパク質に巻きついてヌクレオソームを形成している。通常ヌクレオソームは規則的に積み重なったクロマチン繊維とよばれる構造をつくっている。細胞分裂の際には、DNAの半保存的複製の後、複製されたDNA分子どうしは隣接したまま、それぞれがクロマチン繊維をつくり、さらに何重にも折りたたまれて、太く短いひも状の染色体が2本並んだ状態になる。これらの染色体は、複製されたDNA分子が隣接したままできたものなので、2本の染色体に含まれるDNAは同じである。 この文章から ・染色体は普段、クロマチン繊維の形で存在している ・分裂中期の(半保存的複製を終えた)染色体はDNA鎖2本分である ・2本のDNA鎖は複製されたものだから、全く同じものである(塩基配列もおなじである) …ということが読み取れたのですが、 分裂するとき以外は染色体は核内に散在しているのですよね? それと分裂中期の染色体にある”くびれ”の部分はくっついているのですか?資料集の図をみたところくっついてはいるようには見えませんでした… そうならばどのようにしてくっついているのでしょうか? なんかもう調べてもよくわからないことだらけです…。

  • 全ての生物が子孫を残す意思はどこから・・・?

     哺乳類、昆虫をはじめ微生物など、生物として分類できる生き物(有機物なども)が、あらゆる形で子孫を残そうとしています。  星の衝突により、少量のタンパク質やら糖質から生物の原形が誕生したと、最近の研究で発表されたらしいですが、その生物の原形ですら細胞分裂を繰り返し、(ある意味)子孫を残そうとしています。  一体、宇宙のどこで子孫を残そうとする意思が働いているのでしょうか。  これを読んでいただいた方の意見でもかまいませんが、この命題が研究課題として存在し、それについてどのような考えや回答があるのか、ご存知の方がいらっしゃれば教えていただきたくお願いします。

  • 体外受精の成功確率を個人の努力で上げられますか?

    今度体外受精IVFをやりますが、培養された胚移植をしても結局は着床できないと妊娠できないんですよね? だったら、医療的措置のほかに個人で着床率を上げられるように努力できる方法はありますか? それとも本当に受精も出来て細胞分裂も綺麗にできたゴールデンエッグこそが子宮に移植されたらほぼ高い確率で着床できてしまうものなのでしょうか? それともやっぱ不妊の原因となってるネガティブメンタルもクリアできないと結局体内受精も成功しないのでしょうか?(=気楽に待ちかまえるようにする事) 体外受精を成功に少しでも導けるように個人でも頑張りたいので、自分で心がけられる事・注意するべき事を教えてください。

  • 不老不死・・・。

     最近,科学系のドキュメンタリー番組で「テロメア」のことや「テロメラーゼ」なる酵素の存在があることを知りました。そればかりか20~30年後には細胞分裂の限界をなくし,若返る事さえできるようになる・・などと言う話を聞きました。昨今のクローン問題と同様に,実用化の目途がたったからと言ってすぐに使えるようになるとは思えませんが,人間なら誰でも老いを回避できると聞けば自分も使ってみたい!と思うのではないでしょうか?。 ここではその是非を問うのではなく,もし実用化の目途がたったのなら,最初はどのような用途に使われるのか。そして一般の人間が使う事が出来るのか。  この2点についての予測をお聞かせください。  ちなみに私は,そんな薬?が手に入るのでしたら,全財産をつぎ込んででも欲しい!!と思っています。その考え方に対するご批判を含まないもののみのご回答をお願いいたします。確かに「アインシュタインだから永遠に生きても良いのか?」と言うようなテーマは面白いと思いますが,あくまでも一般庶民の手に渡るかどうか・・というところに限定願います。