• ベストアンサー
  • 困ってます

このitの指す物とcouldの時制は?

故スティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学でのスピーチに下記の一節があります。 I didn't see it then, but it turned out that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me. まず、この文のitですが、see it と it turned out のitはともにthat節を指すのでしょうか?つまり、一つの文の仮目的語と仮主語が同じものを指しているのでしょうか? また、この文のcouldの時制が分かりません。 構文集で He is as great a scientist as ever lived. She is as beautiful as any girl that I have ever known. という文を暗記していて、それぞれ副詞節内の時制は過去と現在で判別できるのですが、couldだと見た目だけでは時制が現在か過去かが判別できません。この文についての日本語訳はいろいろなサイトで見られるのですが、意訳されているので文法的な解析が分かりません。意訳だけでなく、文法的解析と、直訳も教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数151
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

could については時間に関係なく仮定法で was という過去の時点までに起きたという時間のずれを could have 過去分詞という 仮定法過去完了で表している。 「起きていただろう」 あるいは could have 過去分詞で might have 過去分詞と同じ過去の推量 「~したかもしれない」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます、仮定法について改めてまとめなおそうと思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

it の解釈は質問文のとおりでいいです。 could have happened と完了形の形で読み取ります。 could have happened は turned よりも前のことです。「…だと分かった。」 それ以前に「~が起こっていた。」 意味が分からない場合は、頭からが鉄則です。 I didn't see it then, その時.私にはそのことが分からなかった。 but it turned out しかし、次のことが分かった。 ※何が分かったかは↓ that getting fired from Apple アップル社から火がついた(=爆発的に売れた)ことは was the best thing 最も良いことだった that could have ever happened to me それまでに私に起こっていた全てのことのなかで ※この行を上の行の前に置くと分かりやすいです。 as ~ as の最初の as は無視すると理解しやすいです。 He is as great a scientist as ever lived. 彼は偉大な科学者だ。今まで生きた中で。 →「彼は、これまでで最も偉大な科学者」と作り直します。 She is as beautiful as any girl that I have ever known. 彼女は美しい、他のどの女性より、私が関係をもった中で。 →「彼女は、私が知り合った女性の中で、最も美しい」と作り変えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「wasの時点までに起こりえたこと」 と解釈するのですね。

  • 回答No.3
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

この文のitですが、see it と it turned out のitはともにthat節を指すのでしょうか?つまり、一つの文の仮目的語と仮主語が同じものを指しているのでしょうか? →別だと思います。まず、see it のitは、前の段落のsomething slowly began to dawn on me のsomethingを指していると思います。まだ、自分に何か明るい兆しがゆっくりと始まっていたのにそれが何かは見えていなかったーーということです。 次のitは、 it turned out that . . . の言い方で、一応that以下を差しているとしてよいと思いますが、that以下を主語にして言うことは無理かと思います。 Getting tired from Apple, it turned out, was the best thing that could have ever happened to me. という文と同意です。 また、この文のcouldの時制が分かりません。 → It was the best thing that had ever happened to me. これなら、実際に私に起こったことの中で最高のものだった。 現実に起こったことの範囲内で最高のものだったーーということです。 It was the best thing that could have ever happened to me. 実際に私に起こったであろうことの中で最高のものだった。 いろいろ起こる可能性があったが、他のどの可能性にもまして、最高だったーーということなので、仮定法です。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

itは前文の内容を表している可能性があるのですか、ネットで紹介されていた和訳では「そのときには気づかなかったのですが、アップルを解雇されたことは・・・」とあったので、前文の上方ではないかと思いました。 仮定法については、もう一度まとめなおそうと思います。

  • 回答No.2
  • sknuuu
  • ベストアンサー率43% (408/934)

この文だけで判断すると it = that getting fired from Apple was the best thing that could have ever happened to me です I didn't see it then その時はわからなかった but it turned out that ... でも...ということが(後に)わかった couldの時制というよりは、could haveの塊である時点よりも過去だということを表してます the best thing that could have ever happened to me これまで起こりえたものの中で最高の出来事 その時(たぶん、解雇された時点)はわからなかったが、Appleを解雇されたことがこれまで起こりえたものの中で最高の出来事だったことが(後に)わかった

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。couldの使い方について改めてまとめなおそうと思います。

  • 回答No.1

日本人は it を普通にものを受けて「それ」なのか 天気や時間の it なのか,形式主語なのか と決めないとやってられませんが,同じものです。 話者や聞き手が了承している内容が it です。 it はあらかじめ「それ」(本来日本語でいう「それ」とは別物ですが)と言っておいて ある状況を表し,確かにここでは that 以下で書かれている内容です。 it turned out that ~のような表現は 文の構造的に形式主語とは言い切れません。 it を that 以下で置き換えると That ~ turned out. という不完全な文になります。 しかし,「判明した」内容は that 以下には違いありません。 このような it は it seems that などと同じで, 形式主語とは言い切れませんが,とにかく,that 以下のようだ, that 以下のことが判明した。 it は状況の it 的なもので,確かに that 以下がその状況ではあります。 形式主語とかいう枠を超えて言いたいことがわかればそれでいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • Itについて

    (1)It turns out that~について It turns out that~やIt appears thatのようなtの役割はなんでしょうか? 形式主語の場合文が成り立たなくなると思うんですが (例えばIt turned out that he was rich.はThat he was rich turned out. ) 、このItは虚辞(中身の無い、言葉、意味をもたず文の形を整えるためのもの)でしょうか? 形式主語と言う人や虚辞と言う人もいてよくわからないのです (2)また強調構文のIt was Tom that bought this dress at Isetan two years ago.のような文は Itはthat以下の先行詞ですが 虚辞のItをthat以下が説明していると考えてよろしいでしょうか?

  • It turns out that ....

    「私の判断はずっと正しかったことがはっきりした。」と言いたいときに It turns out that I was right all along. と、述語動詞 "turn out" のところが、turned out と過去時制にするのでなく、またhas turned out と現在完了形を用いるのでもなく、単純現在時制にするのが自然なのはどう理解すればいいのでしょうか?

  • couldについて

    こんばんわ。 高2のflankです。 They are not likely to be so strange that we could not recognize them as animals. という文について質問です。 まず、この文がいまいち訳せません。 so~that…の基本通り「とても~なので…」とやると いまいちいい訳ができないのですが、この場合どう訳せば いいのでしょうか。 また、ここではcouldがどういう意味なのでしょうか。 可能なら、時制的には明らかに現在なので、なぜcanにならないの でしょうか? よろしくお願いします。

  • itについての質問です

    It turned out that he is rich.のitは that以下の節を導入する働きをしていて形式主語ではないとあったんですが この意味がよくわかりませんでしたこれはどういうことをいっているのでしょうか

  • 時制がよくわからない・・・

    こんばんわ。 私は、高3女子です。 時制について疑問におもったことがあるので教えてください。 時制についてなんですが、 例えば、 I lost a note after I had bought it. という文があったとしたら、 時制は 時制で言えば、前+後ですよね? I have been absent from school when I had a cold. という文は成り立ちますか? これも上の例と同じように 時制で言えば、前+後が成立するのでしょうか? あと、 I lost a note after I have bought it. という文でも、時制で言えば、 前+後と習った気がするのですが、これはちがいますか? 過去形と現在完了を同時に使うときは、 時制は、同じ地点のことを示すのでしょうか?

  • could as well?

    A:It would have been good if he had apologized at that time. B:He could just as well have apologized at that time. これで疑問なのが、could as wellという表現です。 訳としては、Bは「その時あやまっていたほうがよかった」 といった感じになると思いますが、それならcould as wellでは なくmight as well have apologizedとすべきではありませんか? 辞書、参考書をいくら引いてもcould as wellなんて言う表現 が載っていないのですが。。 どなたか分かる方教えてください。

  • itが指示してるもの

    More important, it is doubtful that the public would have the same confidence as it would with a july. 二個目のitです the public でいいのでしょうか? どうも比較文は一回で読めないことが多いのですが、何かコツがあれば教えていただけると嬉しいです

  • itとthat

    itとthat NHKラジオ英会話講座より A:This room seems drafty. B:I turned on the fan. A:Oh,that explains it. B:I'll turn it off if it bothers you. 質問:itとthatはそれぞれ次のような考えでいいでしょうか? (1)A:Oh,that explains it.のthat はI turned on the fan.を指している。 (2)A:Oh,that explains it.のitはThis room seems drafty.を指している。 (3)thatは直前の文(会話)を指す。 (4)I'll turn it off if it bothers you.のitは2つとも、the fanを指す。  it/thatに関する参考ご意見をいただけると幸いです。 以上

  • ItとAs (仮主語と関係代名詞)

    (As) had been expected, the weather turned out to be very fine. 期待通り晴天となった。 ですが、(As)は関係代名詞として成立するのは理解できました。 ここにItは成立しないとのことなのですが、仮主語Itとしてだめな理由がわかりません。 the weatherの前にthatが省略され、the weather以下をItが表し、had been expected につながる、という解釈はなぜだめなのでしょうか?

  • この場合、時制の一致はどうするか?

    辞書に (1)He said that would be the tower of London. という文が載っていて、このwouldは時制の一致によるものではなく推量のwouldだとありました。この文を見て思ったのですが、 例えば He said,「That would/could...」とか He said,「She should have done...」(彼は言った、「彼女は~すべきだったのに」) などの文を直接話法の文からコンマをとって関節話法の文にするとき、このように「助動詞の過去形」とか「助動詞の過去形+have+p.p」が既に従属節に使ってある場合は(1)のように時制の一致をしなくていいのでしょうか? 回答をお願いします。