• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

感動して泣ける小説を教えてください。

いつも楽しく拝見させて頂いています。 普段はエッセイや雑学系の本が好きなのですが、 感動して泣ける小説を読みたくなりました。 登場人物が前向きで、 あまりSFの要素が入っていない、 現実な本を紹介して頂けると幸いです。 ちなみに私がものすごく感動したのは、 三浦綾子さんの「塩狩峠」「泥流地帯」です。 できればこれに近いような本に出会えたら嬉しいです。 どうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

西村寿光 「癌病船」「癌病船応答セズ 」 おすすめします。 あまりハードカバーは買わないんです。でかいし、高価だし。新書版や文庫版が出るのを待つ方です。 でも「癌病船」は、ハードカバーで買いました。価値はありました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • FEX2053
  • ベストアンサー率37% (7954/21228)

「泣き」と言えば「浅田次郎」。私は自分の趣味的に 「鉄道員」が好きです。短編集なので作者を知るため にもいいかと。ハマれば長編も多い作者さんなので。 http://www.amazon.co.jp/dp/4087471713/ 意外にラノベでも泣ける作品がありますよ。橋本紡さん の「半分の月がのぼる空」は、最近また復刊しましたね。 良い作品だからこその復刊です。くすっと笑ってじわっと 泣きたいときにぜひ。 http://www.amazon.co.jp/dp/4840224889/ http://www.amazon.co.jp/dp/4167819023/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • my-mi
  • ベストアンサー率20% (158/786)

重松清さんの「ステップ」 忘れられない一冊です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

高村薫の李歐はいいですよ。 綺麗です。主人公が李歐の幻影(?)を見た時の台詞が切ないです。 ここに載せることはもったいないのでやめておきますね。 終わり方も描写がほんといいですよ。 それとなだいなだのおっちょこちょ医もどこか切なくてあたたかい話です。 梨木果歩の村田エフェンディ滞土録も泣けました。何とも言えないやるせなさとつらさがあります。 夢枕獏の陰陽師もおすすめです。 そういえば、エッセイが好きということなので、 米山公啓の医者の半熟卵を読んでほしいなと思いました。すでに読んでらしてたらあれですが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • pi-bo
  • ベストアンサー率0% (0/1)

初めまして。 真面目に文学作品が好きなのでしょうね。 ではご期待に添えるとは思っていませんし、もう読んでしまったかもしれませんが、宮部みゆきさんの「弧宿の人」感動しました。人との出会いがどれほど大切なものかを、考えさせられました。もし読んでいなかったら是非ぜひ!! あと一つは考えるに考えても・・・ですが、曽根綾子さんの「神の汚れた手」でしょうか。重い題材です。 たくさん本はありますが、一緒にいろいろな本を(新旧取り混ぜて)お勧めしあえればいいですね(^^) 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 感動小説について・・・。

    はじめまして!!23才の男性です。 今まで小説など読む機会もなかったのですが、最近になって小説を読んでみようと思い、こちらのご回答を参考にさせて戴きながら、 白夜行 東野圭吾 ↓ こころ 夏目漱石(家にありました。) ↓ アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス ↓ 秘密 東野圭吾 ↓ 塩狩峠 三浦綾子 ↓ 宿命 東野圭吾 と読んできたのですが、白夜行以外、全て感動して泣いてしまいました。特に印象深く感動したのが『塩狩峠』なのですが、『宿命』のようなミステリアスな要素がありながらも最終的には涙という展開も大好きなのです。 そこで、こんな素人な私に次に読むべき感動の小説をご教授お願いいたします。

  • 泣ける小説

    泣ける小説を探しています。 今までいくつかの小説を読んできましたが、感動する小説に出会いません。 条件として、 ・文庫で出版されているもの。 ・恋愛小説でないもの。 ・いい意味で泣けるもの。切なさ、悲しさなどです。 ・私は22歳なので、歳に相応しい?もの。 参考として、泣けるよと言われ読んで泣けなかった本をあげます。 東野圭吾 「秘密」 東野圭吾 「手紙」 三浦綾子 「塩狩峠」 などです。 泣けたものは「知覧からの手紙」くらいです。 しかし、戦争系は望んでいません。 また、塩狩峠のように、少し時代が昔のものは苦手です。 乱雑な文ですが、回答お願いします。

  • 「読んで感動した本」をご紹介いただけませんか ?

    皆さん、こんにちは。 皆さんは色んな本を読まれると思います。 それで今までに「読んで感動した本」をご紹介いただけませんか ? 僕も色々目についたら書店で見たりして、探しています。 以前読んだのが、三浦綾子さんの「 塩狩峠 」でした。 感動して涙を流しながら読んだ経験があります。涙もろくてつい・・・ 旭川の塩狩峠を題材とした名作で、今でも読み返すくらいです。 是非皆さんの「読んで感動した本」・・・是非ご紹介いただけませんか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • お勧めの本教えてください!

    読んだ後人生について考えさせられるような、感動できるような本を探してます。 三浦綾子さんの塩狩峠なんかすきです。 お勧めがあったら教えてください!

  • おすすめ本

    こんにちは。 最近、沢山の本を読み教養をつけたいと考えています。 しかし、普段は漫画ばかり読んでいるので自分の読みたいジャンルの小説をなかなか探すことができません。 1)人間の優しさ・人間とは何かのような哲学的な内容が含まれている 2)推理小説やラブストーリーは好みではありませんでした。 参考になるか分かりませんが、最近三浦綾子さんの塩狩峠を読み感動し ました。 要求が多いですが回答お願いします。

  • 自分が変われるきっかけを与えてくれるような本。

    タイトルのような本を探しています。 とくにやりたいこともない、ダラダラとした生活をしている状況をどうしかして打破したい。 そのきっかけを与えてくれるような本ってないでしょうか? 私が今まで読んで感動した本は 三浦綾子さんの「氷点」「塩狩峠」 立原正秋さんの「冬の旅」 などです。 苦手なジャンルはホラー系です。 よろしくお願いします。

  • 感動する本を探しています。

    以前『塩狩峠』を読み感動したのですが、そのお話があまりに素晴し過ぎて、他の本に感動できなくなってしまいました。『世界の中心で愛を叫ぶ』や『十二番目の天使』なども読んでみたのですが、いいお話だなとは思うのですが、以前のように感動することが出来ません。もしどなたか、『塩狩峠』と同じくらい、または、それを超えるような感動する本をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか?お薦めの感動本でもいいので教えてください。お願いします。ちなみに、どうも僕は、主人公が成長していくような物語に弱い様です。

  • 心があったかくなるような小説

    だいぶ流れに乗り遅れているのですが、この前、小説の「博士の愛した数式」を読みました。 作品の全体的な雰囲気としてのあったかい、ほんわかした感じがとても自分にあっていて、本当に読んでよかった作品だと思いました。 このような心があったかくなるような、おすすめの小説がありましたらぜひ教えていただきたいです。 ちなみに今まで読んだ本の中で特に印象に残っている本は三浦綾子さんの「塩狩峠」と、重松清さんの「疾走」です。 あったかくなるような小説がいいといっておきながら、暗めな小説ですが・・・。 あまりたくさん本を読んできたわけではありませんが、重松清さんが大好きでほとんど読んでしまったので重松清さん以外でお願いします。 そして逆に苦手なのは村上春樹さんのような小説です。 ちょっと自分にはハードルが高すぎるというか、入り込めなくて・・・。 あと、今はやりの泣かせるケータイ小説みたいなものも、あまり自分には合わないのでそれ以外でお願いします。 それではよろしくお願いします!

  • お薦めの小説を教えてください。

    お世話になります。自分は本がとても好きで、仕事や人生のことで悩んだ時、本に助けられることが多かったです。 これまで感銘を受けた本は、カーネギーの“道は開ける”や、スマイルズの“自助論”、中村天風氏関連の本等です。 自己啓発を読むことが多かったのですが、最近ふと小説も読みたくなりました。 そこで、何かお薦めの小説は有りますでしょうか? 最近読んだ小説は、武者小路実篤氏の“友情”、宮本輝氏の“錦秋”、三浦綾子さんの“塩狩峠”等です。特に宮本輝氏の本は、これからも他の作品をたくさん読んでみたいと思いました。 どうも自分の好きな本の部類は、1・努力することの大切さ、素晴らしさを感じれる本。2・人間は過ちを犯すものだけど、いつでも成長出来る、また一歩踏み出すことが出来る、再生出来る生きものなんだよと教えてくれる本なのだと思います。 1、2のどちらでもいいので、内容を加味して、お薦めできる作品を教えて頂ければと思います。よろしくお願いします。

  • 本に感動できないのですが。。。

    今まであまり本を読むと言う事がなかったので、ここに来て読書でも始めてみようかと思い、 よさそうな小説を色々あたってみました。 そしてまず最初にとっつきやすそうだなと思った 「今、会いにゆきます」を号泣を期待して読んでみました。しかし最後の数ページにちょこっと感動しただけで、そこまでずーと読んできて最後のこれだけ?とがっかりしてしまいました。 たまたま自分に合わない本だったんだなと思い、今度はいい本としては必ず出てくると言っていい「塩狩峠」を読んでみました。 しかしこれまた、最後の数ページだけの感動でした。 そんなはずはないだろうと思い、こんどは本屋で人気No.1になっていた「西の魔女が死んだ」を読みましたがこれまた最後の数ページだけでした。 確かに起承転結はわかりますが、これらの本すべて最後の数ページ以外はぜんぜん興味を引かれませんでした。小説の構成ってこんなものなのでしょうか? それともたまたま読んだ本がそうなのでしょうか? それともこれらの本で感動できない私は、読書をする資格がないのでしょうか?