解決済み

通信傍受の令状には四つの犯罪に適用。それ以外には?

  • 困ってます
  • 質問No.8168870
  • 閲覧数127
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 55% (21/38)

通信傍受による捜査が許容される犯罪。
1 薬物関連犯罪
2 銃器関連犯罪
3 集団密航
4 組織的に行われた、殺人の捜査について
民間人による通信傍受
本法は、あくまで捜査機関による犯罪捜査のための通信傍受の根拠となる法律である。
捜査機関以外の一般人による通信傍受をも適法と認めるものではない。
とありますが、捜査機関以外に(例えば弁護士とか?)通信傍受が行われているとしたら違法になるのでしょうか?見込み調査などできるものなのでしょうか?教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 25% (682/2674)

他カテゴリのカテゴリマスター
裁判所の許可に基づく通信傍受ができないということです。
NTTで回線をジャックして会話を傍受などは、弁護士がNTTに依頼しても当然相手にしてもらえません。

隣の部屋を借りて壁にマイクを取りつけて部屋の会話を録音するなど、他の法律に触れない形での情報収集は特別禁止されていません。
お礼コメント
nyanntaou

お礼率 55% (21/38)

arigatougozaimasita hiragananyuryokugadekimasen roomazinyuryokudesitureisimasu
投稿日時 - 2013-07-09 14:03:18
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ