• ベストアンサー
  • 困ってます

債権譲渡の際、貸借契約と領収書は元本も譲渡?

A(根抵当権設定者:債務者)とB(根抵当権者:債権者)の間には極度額2500万円の根抵当権が設定されています。残債金額は500万円です。この根抵当権をC(私)に移転してもらう予定です。 この際、AとBで取り交わしたと思われる貸借契約書の原本はAからCに引き渡されるのですか? それとも原本のコピーが引き渡されるのですか? 又、BよりAへ弁済された領収書等の原本はAからCに引き渡されるのですか?それとも領収書のコピーが引き渡されるのですか? 教えて頂きたく、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数230
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 「根抵当権の移転」と、それを設定する原因となった「AB間の金銭消費貸借契約=Bの金銭債権」とは無関係です。    (この場合「移転」とは、「譲渡」です)  言い換えると、CさんがBから「根抵当権」を移転してもらっても、Bの持つ「金銭債権」は移転しません。その後も、相変わらずBが債権者です。Cが債権者になることはありません。  AB間の金銭消費貸借契約(Bの金銭債権)もCへ移転させたければ、根抵当権の譲渡とは別に、債権譲渡契約をしなければなりません。  したがって(金銭債権の譲渡がない本件では)、AとBで取り交わした金銭消費貸借契約書はずっとABが持ち続けることになります。Cはコピーももらえません。  当然、Cは領収書ももらえません。領収書のコピーももらえません。  根抵当権を譲渡してもらうと、CがAに対して持っていた「無担保債権」が、「根抵当権付き債権」に変化します。それだけの話です。  ですから、「根抵当権の譲渡」というのは、CがAに対して債権をもっていたりこれから持つはずでない場合には、全然意味がない行為です。  ※"根"抵当権で保護される金銭債権はなんでもいいわけではありませんが、まあ本件には関係ないので省略。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答を頂き、ありがとう御座います。言葉が不足していました。BとCは債権譲渡契約を取り交わし、記名、捺印を行います。又、同時に、根抵当権もBからCへ移転の登記を行う予定です。 この場合は、AとBで取り交わした金銭消費貸借契約書の原本はBからCへ引き渡しされますか?又は、原本でなくコピーが引き渡しとなりますか? 同様に領収書の原本もBからCに引き渡しとなりますか?それとも領収書のコピーが引き渡しとなりますか? 教えて頂きたく、宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 債権譲渡に関する金銭消費貸借の契約

    金銭消費貸借契約書を公正証書にする場合、 (1)将来、債権者はその債権を第三者に譲渡することを債務者はみとめる。 (2)今契約に際し、債務者が根抵当権にて債権者に不動産担保提供する場合、将来の債権譲渡の際に、根抵当権の移転登記(旧債権者→新債権者)が必要なので、必要な書類(債務者の印鑑証明)の提出と実印押印にて新債権者に同じ根抵当権を設定させることを約束する。 (3)債権譲渡の際に債務者が(2)を拒否した場合は、期限の利益を失う、(要は全額即座に返却しなければいけない)といったような契約は債権者、債務者の両者が合意すれば、公正証書にすることが可能でしょうか? 要は、(質問の主旨は)債務者側からみて、将来債権を譲渡する時に、根抵当の担保の権利も譲渡して新しい債権者の担保として登記することを確実なものにしたい、というのが主旨なのですが、このような主旨で公正証書にするのが可能か、(現在はこの方法しか浮かびませんが)、これ以外にも何か、この主旨を満足させるよい方法があれば教えてください。 よろしくおねがいします。

  • 債権譲渡契約書の様式

     この度、個人の方から(ちなみに私も個人です)貸金債権をいくつか買い取ろうと考えています(特に何かの弁済のためなどではありません)。  この貸金債権は債務者が所有する不動産に設定されている根抵当権で担保されていますが、元本確定の登記をし、根抵当権の移転まで行う予定です。  このとき、第三者に対する対抗要件などは知っているのですが、債権譲渡契約書を作成する際、明記しなければならないことや法律的な要件を満たすようなものがあるのかないのかイマイチよく分かりません。  どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 根抵当権確定後の債権譲渡

    極度額1000万円の根抵当権が確定後し、債権は2000万円あります。この場合、 債権1000万円分を譲渡した場合、根抵当権の一部移転登記をすることになりますが、この場合、譲渡額は1000万円ですか?そうすると、根抵当権移転登記をするのでしょうか? また同様のケースで、1000万円弁済すると、弁済額1000万円ですか? よく分かりません。ご教授お願いします。。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

 1、2番回答者です。 > この残債金額の根拠となるものを手に入れておく必要はないのでしょうか?  当然、必要はあります。  残債権は500万円だと言っていても、実際にはそんな債権は存在しないかもしれない(根抵当権だからその可能性は大)のですからね。きっちりとした「根拠」を手に入れておくべきです。  ただ、債権の譲渡の効果を左右するような「譲受人は手に入れなければならない」という法律上の「義務」はありません。「譲渡人は、手にいれさせなければならない」という法律上の「義務」もありません。手に入れなくても、債権売買契約は有効です。  ゆえに、Cが黙っていたら手に入りません。  だから、債権の売買契約で「譲渡人は譲受人に、根拠となるものを与えること」とでも、決めておく必要があります。  根拠となるものとはいったい何なのか、も、きっちりと具体的に決める必要があると思います。後日、見解の相違が生じるかもしれませんから。  でも、債権の売買契約はBC間だけで有効なのです。Aは関係ないので、CがAに「根拠となるものをよこせ」と主張するのは筋違いです。主張できません。 > CはAに対して、残債金額を払えと要求できるのでしょうか?  債権がホントに存在して、かつ、譲渡が債務者Aに対する「対抗要件」を備えていれば、CはAに払えと請求できます。  譲渡契約書に債権の金額が書かれていても、嘘ということはあります。根抵当権が登記され続けているからと言って、債権がホントに存在するということにもなりません。根抵当権とはそういうものです。  債権の売買とは、非常に危険なものです。  債務者に対する債権譲渡の対抗要件は、「譲渡人Bによる債務者Aへの通知、または債務者Aの承諾」です。  私は債権を買ったことはありませんし、私の債務を誰かが買ったということもありませんので、実際に届く「通知」にはなんと書かれているのかは知りませんが、譲渡された「債権を特定できる」程度にきっちりと債権の中身を書いて、「この債権を○年×月△日に、Cに譲渡しました」とか書かれているのでしょう。  私の書いたことをキチンと読めばわかると思いますが、Cが「俺が買ったぞ」と通知してもダメですよ。  「債務者の承諾」は説明の必要もないと思います。事前に承諾を得ておいたほうが楽だと思います。  老婆心から申しますが、「債権売買」は危険ですよ。とっても、ね。不動産売買以上に慎重にどうぞ。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Fulic-1990さん、  質問に応えて頂き、更にアドバイスを添えて頂き、誠に有難うございます。  まさしく、全額弁済されていても根抵当権抹消の手続きをしていな場合もあるようです。  債権譲渡となるので今までの事実の記録を譲り受けて慎重に進めていきたいと思います。  ご丁寧な説明をありがとうございました。

  • 回答No.3

 質問を読んで大いに疑問を持ったのですが,Cは,根抵当権者兼債権者になるわけですから,Cは,なぜ債務者であるAから金銭消費貸借契約書や領収証を取り上げることができると考えるのでしょうか。  金銭消費貸借契約書は,債権者と債務者が1部ずつ保有するべきものですから,新たに債権者となるCは,元の債権者であるBから金銭消費貸借契約書の貸主側の「原本」を交付するよう求めることができます。このことは,直接の規定はないのですが,全額弁済を受けたときに,債権者は債務者に対して債券証書を引き渡さなければならないとする民法487条の規定からしても,また,新たな債権者となったCが,弁済が得られないため訴訟を提起する際には,証拠として貸借契約書の原本を求められることからしても,そのように理解されます。  Aは債務者であって,まだ弁済の責任がありますから,自らの手元に貸借契約書の原本や領収証を保有することができるのは当然のことです。  Aが,債権者でなくなったBから再請求を受けた場合に示すべき書面は,金銭消費貸借契約書ではなく,BからAに対して発せられた債権譲渡通知書です。これによって,Aは,Bからの再請求を拒絶することができます。  Aが保管している領収証は,AがB又はCから過大な請求を受けたときに,それを拒絶する証拠になるものであり,Aから取り上げることはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答を頂き、有難うございます。 Cは,元の債権者であるBから金銭消費貸借契約書の貸主側の「原本」を引き渡してもらうことですね。 Bが言っている残債金額500万円の根拠となるような記録(例:AからBに数回に分けて弁済された年月日、金額)に関しては、CはBから引き渡しを受けておく必要はないのでしょうか? Bに弁済された記録を書いてもらうとか。 心配なのは、下記の(1)、(2)に備えておきたいと考えているのですが。  (1)返済が長期になり、Aが領収書を保管していなかった場合 → CからAに残債金額を説明する為に  (2)Aが死亡し、兄弟が土地を相続した場合 → Cから相続人に対して残債金額を説明、請求する為に

  • 回答No.2

 1番回答者です。  なるほど。根抵当権の譲渡、債権譲渡その他、基本的なことは理解されているものとして、お尋ねの点だけにお答えします。  債権譲渡の際に、どういう内容の債権なのか、売買の対象を特定するためにAB間の金銭消費貸借契約の内容を知る必要がありますよね。  しかし、要物契約のような「債権の譲渡には金銭消費貸借契約書の交付が必要である」とかいう規定はありませんので、原本をもらえるか、コピーをもらえるか、何ももらえない(口頭での説明だけ)かは、BC間の債権売買契約次第です。  つまり、金銭消費貸借契約書の原本も、コピーも、当然には引き渡されません。    「領収書」というのは、AがBに支払った時に、Aが受け取った領収書のことですよね?  Aは、債権売買契約の当事者ではありませんので、BC間の売買契約でどう決めようと、CがAに「領収書の原本を渡せ」とか「コピーを渡せ」「見せろ」とかは要求できません。  もちろん、Aに渡してしまった領収書の原本が、いまBの手元になどあるはずがないので、BがCに渡すことは無理でしょう。また、原本がないのですから、コピーも不可能。  もちろんCが、Aにお願いして頂戴する、見せていただくのはかまいませんが、AとしてはBが再び請求してきた時に困らないように、Cに領収書の原本を渡したりはしないのがふつうです。  コピーもめんどくさいので、渡さないでしょうね。  ただ、譲渡の通知が来たとき、譲渡された債権額に異議がある場合などには、これくらい弁済済みだと言って「見せる」くらいのことはするかもしれませんが。  で、念のために確認しますが、まさか「領収書」というのは、Cが債権の「代金」をBに支払ったことを証明する領収書のことじゃないですよね。  それならば、当然「原本」を、BがCに渡します。  代金を受け取ったら、受け取った者が領収書(もちろん原本)を相手に渡す。あたりまえの話です。常識以前の話ですね。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧な説明をありがとうございます。 疑問点はBがAに貸し付けたが、Bは、弁済されていない残債金額500万円だと言っています。債権譲渡を受けるCは、この残債金額の根拠となるものを手に入れておく必要はないのでしょうか? 本来、Aが支払済の領収書を持っているべきであり、BとCの間で債権譲渡の契約書に残債金額を記載してあれば、CはAに対して、残債金額を払えと要求できるのでしょうか? 基本的な質問かと思いますが、宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 債権譲渡時の疑問

    民法の典型的な問題に、「債務者は債権者に債務の弁済をしていても、その債権の譲渡に異議を留めない承諾をした場合、譲受人に対しては債務の弁済を逃れないが、譲渡人に対しては弁済金の返還を請求できる」とあります。しかし、「債務者は債権者に債務の弁済をしていても・・・」ってこの時点で弁済しているので、債務は消滅しているのではないでしょうか?一部弁済であればわかるのですが、その辺どういう理解をすればよろしいのでしょうか?どうぞご教授よろしくお願いいたします。

  • 債権譲渡について

    債権譲渡では、契約上の地位の移転と違い、取消権や解除権が移転しないとあります。 質問ですが、債権譲渡で同時履行の抗弁権は移転しますか? 債権者A、債務者Bの債権を、AがCに譲渡したとき、民法第468条2項で債務者Bは譲受人Cに対して同時履行の抗弁権を主張できるということですが、譲受人Cや譲渡人Aは、Bに対して同時履行の抗弁権を主張できますか?

  • 債権譲渡について

    いつもお世話になります。 債権者Aは債務者Bに対する売掛金100万円が未回収になっており、 債務者Bと話し合いの結果、 その債務者BがC(個人)に貸し付けている残高金200万円の返還請求債権全部を譲り受けました。 (BC間の金銭消費貸借の弁済期は到来してます) 早速B及びAの両方からCに対して、 債権譲渡の旨、内容証明で通知し、同時に請求もしましたが、Cは支払に応じないので、 AはCに対して、Bから譲り受けた債権にもとづいて、 金200万円の返還請求訴訟を管轄裁判所に提訴するつもりです。 この場合、裁判所の認定基準として、 1.Aは譲り受けた債権200万円の満額(乃至それに近い金額)が Cから取れる債権額として認められるのでしょうか? 2.それとも元々(AのBに対する)の債権額の金100万円の範囲でしか認められないのでしょうか? どなたか教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 債権譲渡について

    AさんがBさんに500万円貸していたとして、債権者AさんがCさんに債権を譲渡したとします。 通知で債権者が変わったことを知ったBさんは、Cさんに対して「うちは確かにAさんから500万円借りました。でもうちはAさんの会社再建のために経営コンサルタントをやって、その費用に500万円かかっています。だから、Aさんとの貸し借りは相殺されています。」との内容証明郵便を出しました。 債務者Bさんが経営コンサルタントを行ったのはAさんに対してであって、その件とCさんは無関係だと思うのですが、この様な場合CさんはBさんに対してどのような対応がとれますか? Aさんはコンサルタントを依頼した覚えは無く、コンサルタントの契約書類も存在しません。 CさんはBさんに対して、どのように債務の支払いをしたらよいのでしょうか。

  • 債権譲渡 ほか

    債権譲渡についてのご質問です。 A:債務者 B:債権者 C:債務者の親族 D:債権者の知人の不動産業者 AはBの債務を要しております。BはAと相談の上、返済を数年保留にしておりましたが、担保がなにもないまま待つことはできないとのこでAに担保を要求し、AはCに事情を話しCの不動産の権利証をBに預けました。その後、時間が経過しましたが返済に至らず。AがBにCの権利証を担保に預ける際に売買や担保に入れることはしないと口頭で約束しましたが、時間経過が長くなり、BはDにAの返済遅延を待つ担保としてCの権利証を預かっていることを話す。その後、DがAとBの話に割り込んできて、DはBからAの債権の譲渡を口頭で受けたとAに告げる。債権を口頭で譲渡することはAは一切知りませんでした。その結果、不動産の所有権をCからDに変更し、売買代金をCが受け取りBに返済し、その後、2ヶ月間、Dは不動産の所有権や売買しないことと、不動産の買い戻しができるものとしたことを、売買契約書に含み完了しました。 質問1:債権譲渡をBはAに通知せず、いきなりDがAに対して債権譲渡を受けたからと言う行為は法的に問題がないのか、また、債権譲渡は口頭でBからDが受けて完結するものなのか(2点) 質問2:CからDに所有権の変更登記は済んでいるのですが、Dは契約日当日Cに対して債務額の領収証を求めてきたので領収証は記入(領収日も含む)したのですが、DからCに対しても、領収証は記載したものの、実際の金銭の動きはなく、且つDからBに対しても債務額の支払いもありません。契約書にはDがCに対してでもBに対してでも債務額の支払いをする日は記載されておりません。ただ、所有権の移転と支払いを直ちにするとしか記載がありません。このような場合、直ちに手続きされているのは、所有権の移動だけで金銭の動きはないのですが、直ちにというのは、何日くらいを言うのでしょうか? 面倒な質問ですがよろしくお願いいたします。

  • 相続人が根抵当権土地を相続放棄したらどうする?

    稀なケースだと思います。。 私は、債権者兼根抵当権者です。債務者兼根抵当権設定者が死亡し、その相続人が 相続放棄をしました。 債権額500万円であり、その土地は100万円程度の価値しかありません。 仕方がないですが、債権額の代わりにその根抵当権の土地を取得したいと思っています。 私は、どこでどのような手続きをすればよいのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 根抵当権設定者が死亡の場合は債権者はどうする?

    教えて頂きたく、よろしくお願いします。 債務者兼根抵当権者が亡くなり遺産相続が進まない(土地所有者名義変更未反映含む)場合、 債権者の私は、何ができるのでしょうか? 私は、債権者兼根抵当権者です。債務者兼根抵当権者の土地所有者は高齢です。 債務者からの弁済の見込みがなく、その土地の購入を交渉中です。万一、債務者が亡くなり、 土地所有者の遺産相続が進まず、土地所有権者が死亡者の名義のままだったら、私は、何ができるのかと不安になっています。 私は、誰に弁済要求ができるのか、又は、根抵当権土地の競売裁判も当事者が死亡となってしまうので申し立てもできないかと危惧しています。

  • 債権譲渡と第三者対抗要件

    債権が二重譲渡されると、467条2項の要件を備えた譲受人が他の譲受人に優先し、これによって、たとえ1項の権利行使要件を備えていても債務者に債権を請求できず、この限りで2項は1項に優先する。債務者は劣後債権者からの請求を拒絶しなけらばならず、もし弁済してしまったとしても免責されず、優先債権者にも給付しなければなりません。ただし、劣後債権者への弁済は478条で保護される余地はある(判例)。 基本書には書かれてあるのですが、では債務者は劣後債権者にあやまって弁済した分については無効となり、不当利得として返還請求できないのでしょうか??でも、一応債権者には間違いないし、法律上の原因がないとは言い切れないし… ご教授お願いします。

  • 競売 登記の見方について教えてください

    競売の物件を購入したいと思います。 3点セットには引き継ぐ権利はナシと書いてありましたが、登記の見方がわからないところがあります ____________________       権利部(甲区) 1合併による所有権登記 ○株式会社 2差押         △銀行 権利部(乙部) 1根抵当権設定     極度額2500万円             債務者 ○株式会社             根抵当権者 △銀行  根抵当権一部移転   弁済額3019万円             ■県信用保証協会 2根抵当権設定     極度額1000万円             債務者 ○株式会社             根抵当権者 △銀行  根抵当権一部移転   弁済額3019万円             ■県信用保証協会 3根抵当権設定     極度額2000万円             債務者 ○株式会社             根抵当権者 国民金融公庫 4根抵当権設定     極度額1000万円             債務者 ○株式会社             根抵当権者 株式会社× _________________________ 3.4の根抵当権は弁済されていないようですが、競売で所有権がこちらに移った場合、根抵当権も引き継ぐのでしょうか? そして、引き継がない(根抵当権の消滅)、という場合根抵当権者の借金はどうなるんでしょうか?泣き寝入りということですか? 初心者で申し訳ありません。よろしくお願いします

  • 債権の譲渡について。

    個人(A)が法人(B)に約500万円を貸しています。 このとき、債権者=A、債務者=Bですよね。 Aが持っている債権を他者(CまたはCとD)に譲渡したいと考えています。 1.その際、債務者Bに対して、債権者がCまたはCとDに変更になったことを譲渡する前に連絡する義務はあるのでしょうか? 2.譲渡後、CまたはCとDから、あるいはA本人かAと新債権者がBに連絡すればいいのでしょうか?? 3.また、新債権者からAに譲渡金が支払われた証拠(通帳など)の提示は必要になるのでしょうか??もし、必要なら、どのタイミングでBに提示することになるのでしょうか?? 4.さらに、BはAがCまたはDに債権を譲渡することについて、拒否できるんでしょうか?? 以上4点について、よろしくお願いいたします。