• ベストアンサー
  • 困ってます

開業時の設備投資額が大きい場合、消費税納付は?

初めまして。 今年10月に個人事業主として開業予定なのですが、開業時の設備投資(車や機械)に1600万円以上掛かります。 通常、新規開業なので消費税の納付は最低でも2年間免除になると思うのですが、私の場合、課税売上以上に課税仕入が大きくなると予想できます。 そこで、消費税の還付を受けようと思い、開業年から消費税課税事業者選択届出書を税務署に提出しようと思うのですが、一般課税でいいのでしょうか? 開業準備費は繰延資産となり、5年以内の範囲で、必要経費に出来るらしいのですが、設備投資にかかった高額な機械や車も繰延資産になるのでしょうか? その場合、設備に掛かった経費を免税期間の終わった、3年目や4年目に経費計上し、課税仕入として消費税の節税を行うことは認められているのでしょうか? 売上金額にもよると思いますが、1500万円程度の課税売上が予想できる場合、新規開業の特権である免税を利用したほうが、トータルとして節税になるでしょうか? 設備投資は初年度でほぼ終わるので、基本的には消費税の簡易課税事業者として届出る予定ですが、開業時の設備投資が大きいので、免税か一般課税か迷い、更に、免税後の一般課税で届け出、2年後簡易に変更か、と非常に悩んでおります。 詳しい方や経験者の方がいましたら、是非ともご意見をお聞かせください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1154
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

まず、一般課税ではなく、本則課税といいます。 消費税の還付を受けたいなら、簡易課税を選択してはいけません。簡易課税では還付金は絶対に発生しません。 開業時から消費税課税事業者になり本則課税を選択する。 その後、数年決算状況をみて簡易課税のほうが有利だと判断したら簡易課税を選択するというのが良いと思います。 設備投資は開業費ではなく、減価償却資産となります。 3年目、4年目から経費計上できるというのは「繰延資産の償却は任意に開始できる」という知識からのものだと思います。 消費税に詳しいんだなと思いながら質問文を読ませていただいてるうちに、所得税の知識が豊かでない上にある知識なのかもと思いました(失礼)。 このような問題は具体的な数字があって判断ができることですので、ネット回答は期待しないほうがいいです。 仮に「これだ」という回答があっても、あなたに本当に当てはまってるかは保障外です。 開業前なので、今から関与税理士を持つのを勧めます。 「経理のことと税金のことは分かってる」方でも、税理士に任せると、専門家は違うと口にするのです。 失礼ながら「あれこれ知識があるのだが、どうもトータルでどうしたらよいか判断ができない」、具体的には「消費税の還付を受けたいから一般課税にする」といいながら、決して還付金が発生しない「簡易課税を選択する」と口にしてるのですから、枝葉の知識がコングラガッってしまっておられるのです。 ここはせっかくの知識を生かす意味でも、税理士に指導を受けるのが良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 消費税が上がる前に設備投資しようと考えるものなの?

    お世話になります。 さて、谷垣さんは消費税を2010年までに最低10%に 消費税を上げると言っています。 (まぁ、安部さんでも消費税上げてゆくと思いますが) そこで、そこそこ業績の良い製造系の会社であれば 消費税が上がる前に少し無理をしてでも設備投資 しようと考えるものなのでしょうか? 消費税のUPと、設備投資の増減について、教えてください。

  • 免税事業者への消費税の支払

    免税事業者との取引で代金決済時に消費税を課税して 支払わないといけないのでしょうか? 免税事業者さん曰く仕入時に消費税を負担しているので 課税してもらわないと困ると聞くのですが、免税事業者 なので課税支払できないと返答するといけないのでしょうか?免税事業者さんは税込経理で処理しているので消費税相当分も経費処理できるので問題ないと思いますが、 また、売上が消費税分減ると言うのですがこれも 消費税が免税なのでもともとの売上が税扱ではない のだから問題ないと思いますが。

  • 店舗開業の事業計画書の設備投資について

    飲食店やエステ等、店舗を構えるに当たって、まず、事業計画書を作成することから始めると思います。 店舗を展開する場合、事業計画書内にいわゆる設備投資に関する計画を書く必要があります。 ※ここでは設備投資は店舗となる場所の改装や内装工事、電気、水道工事等とさせて頂きます。 この設備投資については、開業を実現なさった方々はどうやって見積を立てているのでしょうか?どこか業者に見積もりを依頼しているのでしょうか? また、設備投資について、エクセル等で計算式がすでに組み込まれているようなシートはネット上に無料でありますでしょうか? ご教示いただければ幸甚です。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • MSZ006
  • ベストアンサー率38% (390/1011)

>そこで、消費税の還付を受けようと思い、開業年から消費税課税事業者選択届出書を税務署に提出しようと思うのですが、一般課税でいいのでしょうか? はい、簡易課税では還付はあり得ませんので、一般課税(本則課税)ですね。 (申告書に「一般用」と書いてありますので「一般課税」といわれる言われるのは分かります。) >開業準備費は繰延資産となり、5年以内の範囲で、必要経費に出来るらしいのですが、設備投資にかかった高額な機械や車も繰延資産になるのでしょうか? 機械や車は「減価償却資産」です。繰延資産ではありません。 >その場合、設備に掛かった経費を免税期間の終わった、3年目や4年目に経費計上し、課税仕入として消費税の節税を行うことは認められているのでしょうか? そういうことはできません。 所得税と消費税の計算方法を混同されていると思います。 消費税においては購入したときに全額が仕入税額控除の対象となり、期間按分の概念はありません。 また機械や車は前述のとおり繰延資産ではないので、3年目とか4年目から償却、といったことはできません。取得したときから強制償却となります。 >売上金額にもよると思いますが、1500万円程度の課税売上が予想できる場合、新規開業の特権である免税を利用したほうが、トータルとして節税になるでしょうか? 売上が1500万円で初期投資を除いた経費がゼロであれば1年目はトントン(若干還付)、2年目は免税業者にしておけば消費税は払わなくて良かったのに払わなければいけない、ということになります。 綿密なシミュレーションをしてみないと何とも言えません(シミュレーションどおりに実際なるかどうかも「?」ですが・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>提出しようと思うのですが、一般課税でいいのでしょうか… 消費税に一般課税とはあまり言いません。 本則課税です。 >開業準備費は繰延資産となり、5年以内の範囲で、必要経費に… >設備投資にかかった高額な機械や車も繰延資産に… それは所得税の話。 消費税に減価償却の概念はなく、すべて取得年の仕入となります。 >設備に掛かった経費を免税期間の終わった、3年目や4年目に経費計上し、課税仕入として消費税の節税を行うことは… だめだめ。 というか、所得税のための決算と消費税のための決算を混同してはいけません。 所得税のための決算は、原則として 1点が10万円を超える買い物は取得年から減価償却が開始。 3年目からとか 4年目からとかはだめです。 消費税のための決算は、金額にかかわらずすべて取得年に一括計上。 >基本的には消費税の簡易課税事業者として届出る予定ですが… 簡易課税では還付を受けることはできません。 簡易課税など選択するぐらいなら、国の思し召しどおりに 2年間は免税事業者でいれば良いのです。 >1500万円程度の課税売上が予想できる場合、新規開業の特権である免税を利用したほうが、トータルとして節税… 売上はどうでも良いです。 設備投資を除いた利益はどのくらい見込まれるのですか。 その利益に対して払う消費税額と、還付される消費税額とを比較してみれば良いのです。 まあ、1500万円を超えることは絶対ないわけですから、還付のほうが大きいとは思いますけど。 ------------------------------------ なお、あえて課税事業者になって還付を受けることは、法律で認められ何の遠慮も要らない行為には違いありませんが、還付申告をすると十中八九、追って税務調査に来られます。 もちろん、ふだんから記帳と仕訳を正確に行っていれば、調査に来られてもどうってことはありませんが、念のため記憶にとどめておいてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 開業費計上時の消費税って?

    開業費について質問です。 会社の設立までに係った費用を開業費で繰延資産に 計上しますが、その際に消費税はどうなるのでしょうか? 税込みで開業費としてしまってよいのか、 税抜きで計算したほうがいいのかなとふと思いました。 宜しくお願い致します。

  • 課税事業者の選択

    今年から個人事業を始めるのですが、普通に考えれば消費税の納税は免除となりますよね。 ですが、免税事業者となる年であっても、多額の設備投資を行って消費税の還付を申告したい場合は、課税事業者を選択できると本で読みました。  これは還付される額のほうが上回れば、課税~にしたほうが得だというのは分かるのですが、還付と言うのは、「開業時に設備などにかかった消費税額」と、単純に考えればいいのですか? 設備並びに、住宅兼店舗を新築した場合、これにかかった消費税額も還付されるのでしょうか。 開業の際の設備投資が多額なため、課税~のほうが良いのかと思いながらも、どうやって計算すればいいのかわからないでいます。 アドバイスお願いします。

  • 事業開始年以前(H21年)に多額の設備投資をしたため、消費税の還付を受

    事業開始年以前(H21年)に多額の設備投資をしたため、消費税の還付を受けたいのですが以下の場合、 H22年の確定申告時に何を提出すればよろしいのでしょうか?H21年の確定申告は何もしていません。 宜しくお願いします。 1、H21年中に消費税課税事業者選択届出書を提出 2、個人事業の開設届出と青色申告承認申請書を22年4月に提出(事業開始日は3月1日)

  • 事業開始年以前(H21年)に多額の設備投資をしたため、消費税の還付を受

    事業開始年以前(H21年)に多額の設備投資をしたため、消費税の還付を受けたいのですが、確定申告するのを忘れてしまいました。期限後申告でも還付はうけられるでしょうか?ちなみに個人事業の開業届出はまだ出していません。

  • 開業資金と消費税の免税事業者についてです

    開業や独立について知識がないので、こちらで質問させてください。 知り合いが今年2月に飲食業で開業しました。 彼曰く開業資金に1550万以上かかった、と。 500万~2000万かかるといわれる飲食業、更に新築物件と言う事も考慮すると無い話ではないというのは分かります。 が、彼は『2年間は消費税の免税事業者なので内税方式にする』と言っていました。 何も知識のない私は意味が分からなかったので、こちらの掲示板で調べてみました。 (1) 2年前の課税売上高が1,000万円未満の事業者。 (2) 資本金または出資金が 1,000万円未満の事業者で設立後 2年間。 との事は分かりました。 (1)は今年2月開業だからあてはまらない。 (2)は1千万円未満。ん?開業資金は1550万では??対象にならないはず。 ではなぜ彼は2年間免税されると言ったのか不思議に思ってしまいました。 2年免税は間違いないと思います。 これはただ単に知り合いが開業資金を多く言ってみただけなのでしょうか???という他愛もない質問で申し訳ないですが、開業資金1550万円で消費税免税2年という図式は成り立つものなのでしょうか。

  • 消費税課税事業者選択不適用届出書今から提出できる?

    開業の年に消費税課税事業者選択届出書を提出いたしました。 売上から考えると来年は免税事業者になるのですが、今からでも消費税課税事業者選択不適用届出書を郵送で提出できますか。出すと来年は消費税の還付は受けられなくなるとも聞きました。また提出しなかったら、自動的に免税事業者になるのでしょうか。出したほうがよいか否かの判断についても教えて下さい。

  • 固定資産と設備投資

    お世話になります。 固定資産は全て設備投資と考えてよいのでしょうか? 例えば、複合機や食堂の設備、社用車などで固定資産として扱われるものがありますが、事業に直接関連がないと思われます。一方で「会社が購入するものは全て事業を運営するためのものである」と考えると、固定資産は全て設備投資として扱うものなのだと考えることも出来ます。ただし、事業に直結しない資産の投資効果をどのように算出すれば良いのか難しく、採算性を判断することも難しいのではないかと考えております。 また、資本的支出は設備投資になるのでしょうか?一見すると修繕の要素もあり、設備投資と捉えて良いものでしょうか?

  • 事業所得と不動産所得の消費税

    個人事業者で事業所得と不動産所得があります。今回、不動産の方で多額の設備投資をしましたので消費税が還付されることになりました、受け取った還付金は収入になるわけですがこれを全て不動産所得の収入にしてしまってよいものでしょうか?課税売上高の比で按分でしょうか?しかし、課税売上は事業ばかりで不動産は非課税ばかりで結果的に事業に収入をあげることとなります。擬似的に事業と不動産別々に消費税を計算してみる(課税売上割合は実際のものを使用、でないと事業は100%で不動産は0%となってしまうので)と、事業は納付で不動産は還付になってしまいます、事業に経費をあげ不動産に収益をあげて相殺なんてことをしていいのでしょうか?単純に1/2づつなんてのは?ちなみに税込経理を採用し、課税売上割合は95%未満で一括比例配分方式を採ることとします。どうかご指導宜しくお願いします。

  • 設備投資減税について

    設備投資減税は個人事業者にわ適用できませんか

  • 公共事業と設備投資

    最近日経には日本経済は回復傾向にあるが、原因は個人の消費と企業の設備投資と書いてあります。でも企業の設備投資は政府が以前盛んに行っていた公共事業によって経済を活性化させようというのとどこがちがうのかわかりません。両方とも上から下へと金が流れて最終的に個人の消費につながっていくという構図は同じように思えるのですが、違うのですか?もしそうならどこが、どのように違うのかできるだけ詳細に教えてください。