• 締切済み
  • すぐに回答を!

土地の低い方で行う擁壁工事について

新築にあたり教えてください。 おとなりと現在150cmほどの高低差がある土地の購入を検討しています。おとなりさんが低い方ですが、すでに着工しており、先方の境界の内側に擁壁を建てる計画と不動産屋から聞いてます。(同じ不動産屋の分譲地のため情報は共有できるようです) この土地を購入し、建築するにあたり、擁壁をわざわざ作らなくてよい、とおっしゃっているようです。その場合には我が家が購入を検討する土地の境界内側には擁壁は作らないでよいものでしょうか?(おとなりのお言葉に甘えてよいものでしょうか?) もちろんこの擁壁はおとなりの所有物であることは理解し、我が家の過失でキズをつけたりした場合の補償は考えてます。 ただ、将来おとなりが建て替えをするような際、古くなった擁壁をやりかえるとなった場合、我が家の土の土留めはどうしたらよいと考えられますか? その際にこちらの境界内に擁壁工事を行うことになるのでしょうか? よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1989
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4

No.3です。 お礼、ありがとうございます。 >ちなみに先方所有の擁壁なので撤去の権利も自由かと思いますので、最悪撤去を行うような事態かろ生じた場合、後から手を打てるかを心配してます。 >補足ですが、当該土地での。HMでのプラン例は建物は深基礎とし、敷地もあまり広くないことから境界からは60cmほどの距離を離して建築する形態となるか、と聞きまし擁壁は現時点ではおとなりのお言葉に甘える?プランで 、素人ながら60cmの距離でもう少し検討してみます。お知恵が頂ければ幸いです。 ・隣地との高低差を1.5m ・境界からの離れ距離を0.6m ・安息角を30度 と仮定してみましょう。 30度ラインに届くには、基礎深さが1.2m弱になります。 特に無理な深度ではないと思います。 隣地付近を土間ではなくスラブとして、境界付近をキャンティ(片持ち)にすれば、擁壁に圧力がかかることを多少回避できると思います。 こういう設計が可能であれば、ですが。 でも、離れ距離が0.6mは少ないですね。 軒の出と樋先で考えれば、ほとんど境界線上になりそうですけど。 考え方は2つ。 あたりまえですが、まず確認申請が通ること。 それと同時に、確認申請、つまり建築基準法というものは法律で定められた最低基準です。 お隣が擁壁(地下車庫)を撤去してしまう、など、最悪の外因も想定しておいたほうがいいと思います。 覚書のようなものは、あまりあてにはなりませんよ。 お隣さんには、未来永劫あなたの土地の面倒を無料で見る義務はありませんから。 もちろん不動産屋もね。 地下車庫部分は擁壁の範囲のどのくらいを占めますか? 地下構造物があれば大丈夫ですが、長年こんな仕事をしていると一見大丈夫そうでも1夜の集中豪雨であっけなく崩壊したプレキャスト製の擁壁も見ています。 低いお隣の敷地に水を流さないよう、擁壁の上のあなたの敷地内に排水施設(U字溝)を設けるのも必要かと思います。 ちなみに多くの建築士は確認申請を通すことが目的であり、建物が竣工して施主に引き渡してしまえば手を引いてしまいます。 施主の将来の懸念など考えていません。 私は高低差のある敷地は瑕疵物件であり、注意すべきと考えます。 石橋を叩いて渡ってください。 文字だけで質問されても、なかなかイメージがつかめません。 担当の建築士にここに書かれたご質問をそのままぶつけてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

hanasuke12さん、 有難うございます。 専門的なお話なので、私自身がよくわからないので、書いて頂いた内容をもとに建築士とも相談してみます。 回答できることとしては、おとなりの擁壁ですが、地下車庫一体とからしいです。 聞いているのは地下車庫自体は当該土地の境界までギリギリに来て、その上の建物(鉄骨構造)は境界から60cmほど離れるようです。 当該土地とおとなりの擁壁高さの差はブロック一段もない程度らしいです。 うまく回答にできなくてすみません。(というより回答になってませんね) 擁壁だけ撤去される、とか崩れてしまうリスクは少ないように思ったりしてますが、おとなりが仮に将来売却されて次の所有者の建築内容によっては地下車庫、擁壁ともに解体されることはあり得ますね。自分のものでない以上、将来どうなるかコントロールできないことはご指摘のとおりだと認識しています。 いずれにしても慎重に検討してみます。

関連するQ&A

  • 擁壁の基礎が境界から出ている

     50cmほどの高低差のあるひな段型の分譲地を購入しました。購入時すでに高低差の土留めとして擁壁が造成されていました。擁壁の地表部はすべて隣家の境界内にあります。  後々分かったのですが、その擁壁の基礎が私の土地に境界を10cmほど侵入していることが分かりました。土地購入時に、特にそのことに関して説明はありませんでした。 質問です。 1 土地購入時の重要事項説明で、このことの説明義務は業者にあるのか。 2 このような状況の場合、私は保証を受けられるのか。 すでに造成された分譲地ということで受け入れざるを得ないかとも思いますが、子供の代までわだかまりは残したくないので質問してみました。よろしくお願いします。

  • 擁壁の改築について

    我が家は南道路の家で、北側に空き地があります。空き地との高低差は60cmほど。こちらの土地が低く、空き地が高い位置です。 その空き地にこれから家が建つらしく造成が始まりました。 そこで、境界の確認をしましたら、我が家の土地に擁壁があり、しかも、境界線は擁壁のさらに北側15cmの所にありました。 それでなくても狭い敷地なので、この擁壁を撤去し、境界ぎりぎりまで有効利用したいと考えるようになりました。 そこで質問です。 1、我が家の擁壁を撤去したら、北側の方が擁壁を建築してくれるのでしょうか。(高い方が土留めをすると聞きました) 2、我が家は建売住宅で購入したものなのですが、業者が造成の際、土地を削った可能性もあります。(擁壁の下の基礎が若干見えている) この場合、1はどうでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 隣地側の擁壁に土を接するなと言われた。

     以前に、分譲宅地を購入し、家を建築しましたが、最近になって、「敷地境界の擁壁は私側の費用でつくったものなのに、お宅の敷地の擁壁代わりにされているから、お宅側で擁壁を作って、一切の土をこちら側に接することのないようにして欲しい。」と、隣人Aさんから要求されました。  擁壁の高さはブロック3段で、土地の購入時には、我が家の方は50cmほどの盛り土になっていました。そして、お隣は駐車スペースとしての空き地となっていますが、隣人Aさんの言い分によると、境界の区切りとして、幅12cmのブロックを3段積んだそうです。しかし、そのブロック積みはどう見ても、ただの境界の仕切りではなく、この盛り土の土留めとして作られた擁壁にしか見えません。  そして、この盛り土や擁壁の工事を知っている人によると、隣人Aさんが、自分の土地の表土が邪魔で、その捨て場として、擁壁を自分側に作り、我が家である隣の土地にその表土を移動させた結果、盛り土になったのだそうです。この擁壁や盛り土を工事した業者と、我が家に土地を売った業者は同一です。  盛り土をしたのは我が家に土地を売った業者であり、我が家はそういう現状の土地を買って家を建てただけです。こちらの土が隣家のブロック積みに接していけないのなら、この土地の盛り土をした業者に責任があるのではないでしょうか。このような場合、隣家の言い分は正当なのでしょうか。また、隣人Aさんのブロック積みを擁壁として盛り土工事をし、こちら側に擁壁工事をせずに土をお隣に接したままにして、土地を販売した業者には問題ないのでしょうか。長い間隣家は何も言ってきませんでしたから、青天の霹靂という感じです。

  • 回答No.3

こんにちは。 >その場合には我が家が購入を検討する土地の境界内側には擁壁は作らないでよいものでしょうか?(おとなりのお言葉に甘えてよいものでしょうか?) 高低差が1.5m程度ですよね。 今は作らなくて大丈夫です。 甘えてください(笑) どちらが擁壁を築造するかはケースバイケースなんですが、そこでは境界線の位置よりお隣側に主たる高低差があったんでしょうね。 >将来おとなりが建て替えをするような際、古くなった擁壁をやりかえるとなった場合、我が家の土の土留めはどうしたらよいと考えられますか? 擁壁を築造し直す場合、種類によって状況が違ってきます。 隣地との境界線が擁壁のどこになるかでも影響されます。 一般的には間知積擁壁と思いますが、その場合は裏込などの関係で少し奥まったところまで工事の範囲になります。 なので、そのときはぜひ協力してあげてください。 工事の支障になるようなものも注意する必要があるかもしれません。 たとえば落下防止のためフェンスを擁壁付近に設ける場合、工事の邪魔になる可能性があります。 でも、そこまで考えて自邸の外構を考える方はそんなにいないと思いますが。 ちなみに絶対に隣地が使えない、というケースでは直壁を打ち込むこともできるので、そのあたりは将来お隣にお任せすればよろしいかと。 >その際にこちらの境界内に擁壁工事を行うことになるのでしょうか? 状況によります。 お隣が何かの理由で擁壁を撤去してしまい、自然崖状態になったとき、質問者さんの家(敷地)にどのような影響があるか、です。 あくまで隣地の方が自分の敷地内に擁壁を築造するのなら、質問者さんが工事をすることはありません。 自分に影響が出るケースにだけ注意してください。 あとは、擁壁についてはお隣に一存です。 つまり、維持管理だけでなく安全性の担保も。 その高低差なら各都道府県のガケ条例には抵触しませんが、条例をクリアーすればいい、というものでもありません。 私なら安全対策を行います。 つまり、擁壁がある日突然消滅しても、質問者さんの自邸に影響が出ないようにする。 具体的にはガケ条例の規制と同じ対応を検討するということ。 2m以下では工作物の確認も不要ですので、どのような構造計算がされているか不明です。 30度の安息角以内に基礎の支持を取るか、相応の離れ距離を取りますね。 そのあたりは、今建てようとしている質問者さんの家の建築士が検討すると思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

hanasuke12さん、 回答頂きまして有難うございました。 不動産屋、HMともに擁壁の権利関係が明確であるようなので、今あえて自前で擁壁を行う(自立)必要はないようなラッキーな話かも知れないて言われ 、迷ってます。 ただ 、将来子供ができ、世代交代した際や、おとなりが売却されて所有者が変わった際にどのような影響を及ぼす懸念があるかが想定できず悩んでます。 ちなみに先方所有の擁壁なので撤去の権利も自由かと思いますので、最悪撤去を行うような事態かろ生じた場合、後から手を打てるかを心配してます。 補足ですが、当該土地での。HMでのプラン例は建物は深基礎とし、敷地もあまり広くないことから境界からは60cmほどの距離を離して建築する形態となるか、と聞きました。 擁壁は現時点ではおとなりのお言葉に甘える?プランで 、素人ながら60cmの距離で将来必要に応じて後から擁壁工事ができるものなのか、わかりません。長くなってしまい申し訳ありませんでした。 もう少し検討してみます。お知恵が頂ければ幸いです。

  • 回答No.2

土地は自立していることが基本です。 自立とは、段差が擁壁などによって保護されていて 容易には崩れないことです。 質問者の土地が隣接地よりも150センチ高いのなら 質問者の土地に擁壁を築いて自らの土地が崩壊 しないようにしなければなりません。 なにか大きな勘違いがありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

OldHelperさん、 回答有難うございました。 ご指摘の内容については当初に少し勉強して考えておりました。 セオリーどおり自立させる前提であれば、高低差のことを考えて見送ろうかなと思ったのですが 、間に入ってくれた不動産屋さんから話を伺い、おとなりとの覚書まで作成下さるとのことだったので、気に入った立地ですし、正直費用面での軽減から再燃しております。 ですが、私の世代はそれでよくても今後子供が生まれたりしておとなり含めて世代交代した際に揉めるのもイヤだな、との葛藤もあって投稿させて頂きました。 おとなりのご意向の確認を含め 、慎重に検討したいと思います。

  • 回答No.1
  • n-space
  • ベストアンサー率35% (628/1749)

高い方の敷地側に擁壁を建てるのが一般的かと思われますが…。 ただし、造成などの開発行為を分譲する側(不動産屋)がやって、その分を価格に乗せて分譲することもあります。 その場合も、敷地境界は擁壁部分は高い方の敷地に入れることが多いです。 お隣の言葉にあまえて…、というより、不動産業者の付けた価格に含まれているのかもしれません。 長年の劣化、あるいは万が一地震などで擁壁にひびが行ったり沈下したりとなったとき、 お隣がすべて補修してくれるかはわかりません。 敷地に余裕があれば、境界から距離を置いて建てるのがいいとは思います。 2mを超える崖であれば、都道府県の条例で規制があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

n-spaceさん、 遅くなりまして失礼しました。 回答有難うございました。 おとなりは先に工事を進めることと、善意で擁壁をして下さるようです。 擁壁は地下車庫と一体だそうです。 相当強固なものなのであろうと素人的には考えてしまっております。 もう少し考えた上で結論を出そうと思います。

関連するQ&A

  • 隣接境界の土留め擁壁が壊されてしまいそう。

     自宅の宅地よりも、隣接地が60cm低く、境界で高低差があります。境界には境界杭のほか、この住宅地の開発当時に作られたと思われる厚さ30cmのコンクリート擁壁が、境界杭の隣接地側にあり、これとは別に、境界のブロック塀は、境界杭の自宅側にありますが、根入れが浅く、土留め機能は全くありません。  先日より、隣地所有者がこちらには無断でこの擁壁を削りはじめました。隣地所有者に理由を尋ねたところ、隣地家屋と境界の間にバイクを停められるようにするよう土地を拡張したいので、邪魔な擁壁を必要延長だけ取り壊したいとの事です。  この擁壁が土留めであり、取り壊せばブロック塀の倒壊やこちら宅地・家屋への悪影響も発生するとして、取り壊しの中止を申し入れましたが、「境界杭よりこちらにあるものは自分の所有財産で、取り壊しは自由。もし崩れるなどすれば弁償する。」と主張して聞き入れません。  (ただし危険を強く説明したところ、今は擁壁の全撤去は中断し、幅を半分ほどに削る程度に留めています。それでも十分危ないですが・・・)  自分も隣地所有者も、開発当時の地主から数年前に現状有姿で購入して転居しており、旧所有者からは境界や構造に関しての説明や文書もなく、開発当時の協議経過もよくわかりません。 (旧所有者のご主人ともお亡くなりのようで、今から尋ねても事情はたぶん不明のまま・・・)  古い地形を調べてみると、開発当時に隣接地側を造成で削っているので、崩れ防止に開発業者が削った隣接地側にこの擁壁を設けて、そのまま両方の旧地主に分譲したものと推察し、土地の所有権が変わった現在の所有者も、それを継承すべきと思っています。 (隣接地の旧地主が分譲購入するよりも以前に、自宅の旧地主は居住していた。)  当方としては、土地の境界や擁壁の所有権については争うつもりはないものの、擁壁の取り壊しにあたっては隣接地主である自分の同意承諾が必要であり、またこの土留め機能の確保責任は隣接地主側にあると思っています。  「弁償する」との口頭説明も信用できないし、また損害立証も難しそうであるので、できれば実際に自宅に被害が発生してしまう前にこの取り壊しをやめさせたいと思っています。私の言い分で、この工事の差し止めはできるものでしょうか?  また先の機能確保責任の観点から、もしこの擁壁の構造を変えようとする(例えば機能をもったまま薄くするとか、自宅側に構造が入るように改築する)場合には、隣接地主がすべて費用負担すべきと思っています。  高低差のある土地の土留めは高いほうが行うべきで、構造や費用も高いほうが負担するのが一般的とは承知していますが、土地を削ったという経過で低いほうの土地に作られた擁壁についてもそうなのでしょうか?   あわせてご教示ください。

  • 擁壁は壊せますか?

    購入した家が元々は隣人が所有していた土地だった為だと思うのですが、隣の家の擁壁が我家の土地にはみだしたままになっています。隣は昔、もちろん土留めとして造ったようですが、今は土だった部分を鉄筋コンクリートの車庫にしてしまった為に我家にはみだした擁壁だけが残ってしまっています。車庫と擁壁はくっついていますが、くっついている境が境界線になっているので、実質うちの土地に擁壁があるのです。重力式という擁壁だと思うのですが、横250高さ230厚さは下の部分が80上の部分が30(cm)の台形の形をしています、。(1)壊せるものですか?その場合解体屋の様な会社に頼むのでしょうか?(2)壊したら隣の車庫に影響は出ますか?(3)一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか? きっと我家(中古)を建てる時に壊すのが大変だから残したのだと推測しているのですが。前の持ち主からは何も聞かなかったのです。不動産屋は「こちらの土地です」と。私も良く説明も聞かずに購入してしまったのもいけないのですが・・・。説明の仕方が下手で申し訳ありません。どうか宜しくお願いします。 

  • 土地の擁壁について

    造成地の擁壁についての質問です。 現在建築中なのですが、造成地に雨水が流れやすいように西から東へ全体的に傾斜がついています。 自分が買った土地が一番低い場所で、西側の土地の水が入り込んできてしまっています。 各土地ごとの境界(北と西側)に擁壁はなく水をせき止める方法がありません。 そこで質問なのですが、我が家の西側を購入される方の雨水が入り込んできそうなのですが、西側の方に擁壁(雨水が入り込まない程度の高さ)を作ってもらうことは可能でしょうか? 住宅屋さんに聞いたところ、土地の高さの高いほうが低いお宅に迷惑のかからないよう擁壁を作るのが住宅業界の暗黙のルールだとは言っていたのですが。 そんなルールあるのですか? はじめての書込なので、うまく表現できませんが教えてください。

  • 土地選び 擁壁物件

    8mの坂道公道(西)と私道(南)に面した擁壁の土地物件の購入を考えています。また土地には住宅を新築しようと考えています。 そこはもともと平屋が建っていた60坪の盛り土(2m)の土地で、あらたにL型の擁壁つけて2区画(南北)に分けて分譲されています。さらに南側の区画は私道に面した角地です。東側は1m弱のブロック擁壁で家がすでに建っています。北側は2m擁壁の駐車場です。 心配しているのは同じ擁壁の土地が分譲されるので、将来建て替えするときに擁壁はそのままで良いのか、もし擁壁に問題がある場合は隣地とつながっているので処置できないのではないかという点です。また問題がなかったとしても資産価値としては低いのではないかというところも気になります。 場所自体は住宅街で日当たりも見晴らし良いので気に入っているのですが、上記のような点が引っかかっています。なお価格的には周辺地域と大差ないです。みなさんは、どう思われますか。

  • 擁壁について

    土地に 1.5M の高低差があります。下の地盤面から上の土地を「コ」の字型に、5M*5Mくらい切り込んで、車庫を作りたい。 どんな擁壁がいいですか。PCがいいですか、現場打ちコンクリートがいいですか。または、H鋼を打込むなどの方法がありますか。それとも、土木の土留めのようなものがありますか。 工事費の目安も教えてください。 なお、周囲には十分な余地があります。法面のある擁壁でもいいです。

  • 真ん中を擁壁が埋まっている土地

    宅地用の土地購入で悩んでいます。 田の埋立地で数回に分けて分譲されてきた団地です。勧められた土地は、ほぼ真ん中、南北に横切る形で擁壁が深さ1.2mくらい埋没しているのです。第一期、第二期分譲の境目の土地を少しずつ足して一つの敷地にしているからのようです。 擁壁は不動産屋が撤去してくれますが、土地の南側が水路なので、強度を保つため水路とくっついている部分の擁壁が1mほど残るというのも気になります。(水路の壁と合わせてT字になります) 埋め立て時期の差で、土地の強度の違いや他の問題点も出るでしょうか?地盤調査は契約後にしてほしいと言われ、契約すべきか悩んでいます。

  • 擁壁工事の負担

    擁壁工事の負担者について教えて下さい。 私は千葉県内に住んでおります。このたび中古で購入した家の建替えを考えております。 土地は南側を頂点として東西2辺に市道が走る細長い三角形の格好をしております。 西側の道路は、登り坂の起点となっており、土地の西側は坂の高さに沿ってブロックで積まれた擁壁が斜めに存在しております。 今回、建替えをするにあたり、現在のブロック擁壁では強度不足のため、新たに擁壁を造らなければ市の建築許可が降りないと不動産会社を通じて知らされました。擁壁工事は上の土地所有者の負担(原則)という話も聞きましたが、市役所の建築指導課、道路管理課では工事代の負担は出来ないとのことです。なお、西側の坂は公道扱いではなく、公図上では地番が無い市の敷地です。市の西側道路は民法225条で規定される土地所有者には該当しないとも解釈は出来るのですが、擁壁がなければ、道路も崩れ落ちて存在はしないため、 下の所有者が全額負担することも、不思議に思われます。 擁壁の工事費は驚くほど高く予算も無いため困っています。 どなたか、このようなケースでの擁壁工事負担について、お知恵をいただけますようにお願いいたします。

  • 隣地境界擁壁の費用負担と責任について

    我が家は緩やかな斜面上の段差のある敷地で、一部分は隣地と同じ高さですが、大部分は1.3m低くなっています。これまではこちらの敷地内でその段差を処理していましたが、今回家の建て替えで、隣地境界で切土して敷地内を平坦にする計画になっています。 隣地とは二辺で接しており、一辺は石垣が組んであり、特に問題ありません。問題となっているほうを切土して、石垣が出てくることを期待していたのですが、残念ながら出てこず、土留めをしなければならなくなりました。(解体済み、来月着工予定。) 隣地は月極駐車場なので、車の加重も掛かり、高さもあるのでしっかりとしたものを作らないといけないと思います。 元々は斜面で、盛土して石垣を組んであるような土地なのですから、隣人に擁壁を作る義務があるように感じますが、どちらが作るべきものなのでしょうか?こちらが作るとしても、相手が絶対に崩れてこないほどの丈夫なものを作ることは考えにくいです。

  • 擁壁の費用負担について

    はじめまして。田んぼを造成し新築中です。 隣地の田んぼの地主が、地目を畑に変えて盛り土をし、 土留めとして我が家の擁壁を無断で使用しようとしています。 業務用ショベルカーが入って大量の土を運んでおり、 我が家と同じ高さまで盛土するようです。 そのあと土地を売りに出すつもりでいると他から聞きました。 土を運び始めたのは我が家が新築することを知ってからで、 擁壁を造ることを知った上でのことです。 境界線確定に立ち会っていただいていますので。 この擁壁は隣人にも利益になるので、使うのなら折半を申し入れる つもりです。ただ、折半できるのは境界線上に擁壁がある場合と 認識しております。境界線から数cm敷地内に寄せて擁壁を設置しました。 もし、費用を負担してもらい擁壁を共用するとすれば、 金額のめやすはどう考えたらよいのでしょうか。 擁壁にメンテナンスが生じた時は、隣人にメンテナンス費用を 請求できるかどうかも心配です。 納得していただくには、どう話をしたらよいのでしょうか。 隣人ではなく作業をしている業者に話してもよいのでしょうか。 ちなみに反対側のお宅の擁壁も無断で使っているようです。 どうかよいアドバイスをお願いいたします。

  • 擁壁のぶん、有効な坪数が減ることについて

    新築予定で、ある土地を購入しました。高台?にあり、数mの擁壁(斜面)の上の土地です。 間取りも決まっていたのですが、工務店から 「不動産屋からの土地の平面図を基に間取りを決めたが、擁壁込みの図面だったらしく 実際には2m幅程、土地が狭くなる」と言われました。 擁壁があることは知っていましたが、境界線が擁壁の下にあることは聞かされておらず 実際の表面の坪数だと思って話を進めていたのでビックリです… 「え?この数坪は単なる空間なの??(^_^;)」 上記は、素人とはいえ買い主(私)の勉強不足によって起こった事でしょうか? 不動産からそのような境界線の説明はありませんでした。 土地の図面だけ見て、営業さんも「車が3台停められますね」とか言っていたので知らなかった?? これって、不動産屋さんに話をしても仕方のないことなのですかねぇ…