• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

決算書について教えてください。

決算書について教えてください。 昨年の5月にネット販売の会社を立ち上げ、今月末までに決算申告をしなければなりません。 税理士さんに依頼していますが、勘定科目を見せてもらうと、売掛金、買掛金の項目がなく、売上高のクレジットカード決済の売上が、手数料込みの売上金額が記帳されていたり、手数料を引いた金額が記帳されていたり、仕入高に配送料や関税が記帳されていたりしています。 粗利もマイナスになっていて、預金残高がマイナスになっているのでおかしいと思い、税理士さんに聞いたところ『気にしないで下さい』と言われました。 経理のことは良く解りませんが、でも素人の私が見てもおかしい?と思うのです。 運転資金の融資を受ける予定なので、決算を見直したいので申告は一ヶ月後にしたい、と税理士さんに申し出ました。すると税理士さんが、「決算申告期限は、今月末だから 遅れたら融資を受けるのに不利になりますよ」と言うのです。申告期間を遅れると融資申し込みに不利になるのですか? この税理士さんの記帳は、おかしいですか? 経理に詳しい方の回答をお待ちしています。宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数198
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

税務会計の仕事経験がある者です。 何なんですか、その税理士さん…。まず売掛金、買掛金という科目を使っていないことに驚きですが、預金残高や粗利がマイナスというのもあり得ません。そんな決算書を提出したら、税務署からも銀行からも「預金残高がマイナスとはどういうことですか?」と問い合わせが来ますよ。 そもそも、毎日の流れをきちんと記帳していけば、預金残高は通帳の期末の数字ないし残高証明書と一致します。それが一致していないということは、間違った記帳をしているということです。 申告を期限後にすること自体は、オススメできません。無申告加算税とかペナルティーを考えると、申告は今月中にしておいた方が良いです。その後で正しい決算を組み、修正申告をするとか。 それから、余計なことかもしれませんが、税理士さんを変えた方が良いのでは?かなり適当な仕事をされるように思えます。税理士という仕事は、記帳や決算書作成だけではありません。消費税などの税務署への届け出や、その他にも税務署や県、市などに書類を出すことも割と頻繁にあります。これらの書類は、提出期限が厳しく決まっており、一日でも過ぎると受け付けてもらえません。受け付けてもらえなかった場合、特例を受けられなかったり、税金の額も変わってきたりします。 あなたが依頼されている税理士さんの場合、もし書類を提出するのを忘れていて、あなたに何らかの不利が生じても、「どうせ素人だからわからないだろう」と黙っていそうな気が…。あまりにも責任感が感じられないんですよね。 信頼できる税理士さんを、知り合いなどに尋ねてみては?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • マイナスになってる雑費

    買掛金支払いの際、振り込み手数料を雑費とし、支払額から手数料を引いて振り込みます。 税理士事務所の実務担当者から教えていただいた記帳の仕方は、下記の通りです。 外注費 10000/買掛金 10000 普通預金 9895/買掛金支払い 9895 雑費 105/買掛金支払い 105 売掛金で手数料が引かれる場合もこの要領で記帳しますが、決算書で雑費のところがマイナスになってます。 マイナスになっていても問題ないのでしょうか? そのまま提出してしまってもいいものでしょうか?

  • 決算書のミスについて

    初めて決算をしましたが、何箇所か記入ミスなどがありました。 決算書のほうが売上(少なかった)と買掛・未払費用(多かった)です。 改めて計算しなおしましたら、当期未処分損失が決算記載の金額より 145.000円ほど実際金額が少なかったのですが。。 どのような訂正をすればよいのでしょうか?税務署にいけばよいのでしょうか? 初心者なので初歩的ですみませんが、よろしくお願いします。

  • 決算時の申告書、決算書作成について

    決算時の申告書、決算書作成について 小さな有限会社で経理事務の手伝いをしています。今迄決算時に決算書、申告書を担当してくださっていた税理士さんが年配で引退するみたいで、他の税理士さんに頼むにもかなり金額がかかると聞いてどうしようかと考えてます。自分で決算書、申告書を作成して提出しても大丈夫なんでしょうか?今迄絶対税理士さんが全部やってくれていたので専門的なことはよくわからないのですが、自分は商業科をでてて貸借対照表、損益計算書くらいはできます。 詳しいかた回答よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • MSZ006
  • ベストアンサー率38% (390/1011)

その税理士はかなりいい加減ですね。 売掛金残高がないというのは場合によってはあり得ることですが、預金残高が実際の残高と合っていないというのは、どう考えてもおかしいですよね。 >『気にしないで下さい』と言われました。 質問されてそのような答えをする税理士は尋常ではありません。理解できるように説明をするのが普通です。 申告期限に間に合わないのはまずいですが、むちゃくちゃな決算書を出すのもまずいです。 今回に関しては間に合わないかもしれませんが、早急に税理士を変える検討をされたほうが良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • marinke
  • ベストアンサー率19% (51/262)

私も床屋さんへ行った時マスターが,私には分からないが,ふに落ちない点がある。と云って話してくれました。私は日々の売上・費用・債権債務等について話をしました。 マスターは何十年も今の税理士にお願いしているので,信頼していましたと云いました。しかし経理事務をしたことのない床屋さんは,今になってどうしたらよいか,と悩んでいました。 私は思います。質問者が書いてある中だけで判断しても疑問が残ります。税理士と云えど人間です。間違いがないとは言えない。P/L=損益計算書&B/S=貸借対照表・・・・・仮決算報告書を作成したものを見せて頂いて疑問箇所を尋ねていいのです。全て納得の上,正式のP/L・B/S=決算報告書を作成するのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>>売掛金、買掛金の項目がなく これは通常は許されない誤りです。 実際に未回収の売り上げがあったり未払いに仕入れ代金があるのであれば、これがないというのは損益も違う可能性があります。これの相手勘定の売上高、仕入れ高が間違っているからです。 >>売上高のクレジットカード決済の売上が、手数料込みの売上金額が記帳されていたり、手数料を引いた金額が記帳されていたり、仕入高に配送料や関税が記帳されていたりしています これは申告上での損金、益金という考え方からは、科目はどうであれ費用、収益に計上されているかどうかの問題であって、税額に影響しないので構わないといえばかまいません。 でも理論的な決算書の考え方からは間違いです。まともな経理担当者ならばしないことです。 >>決算申告期限は、今月末だから 遅れたら融資を受けるのに不利になりますよ 法人税の場合は決算処理の時間などの理由で3か月後に申告を延長することはできます。 大手企業は皆そうですからそれで融資に不利になるということはありません。 それよりも正しい決算書のほうが信用を高めます。 プロの税理士であれば、適正な決算書を作成するのは職業的義務ですから、申告だけあっていればよいというものでもないと思います。全体に何か適当な税理士のイメージですね。 相手が素人と思って適当にあしらっている感じですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 決算書を修正してもらいたい

    資金繰りに強いという税理士さんに,資金調達の協力と決算書の作成を依頼しました。 資金調達については,税理士さんから「決算を終えてから、こちら(税理士さん)の公庫の担当者に申し込みましょう。」ということでしたので,決算書の作成を依頼しました。公庫に提出する私が作成した事業計画書は,税理士さんが確認し,修正部分があれば修正するということでした。 そして,決算書を税務署に提出したのですが,決算書の「期首在庫」の金額が,前期の期末在庫の金額と異なっていたので,決算書の修正を求めました。しかし,その後,メールをしても電話をしても連絡がありません。 私としては,税理士さんに依頼した決算書の期首の金額を修正してもらいたいのです。 また私は,資金調達(公庫に融資を申込む)ということで,決算書作成(帳簿記入も)を依頼し,その費用を支払いました,それなのに,その後の資金調達は知らん顔。決算書も修正してくれない。こんな税理士さん どうすれば良いのでしょう? 

  • 決算書について

    よろしくお願いします。 去年からの燃料高騰、仕事量の激減により今年3月の時点で赤字決算となりました。(まだ決算書は完成してませんが) 家内工業で社内に経理知識にすぐれてるものがおらず 経理業務は税理士まかせになっているのが現状です。 税理士の話では黒字にもっていくには 減価償却額を減らす等方法はあるとのことです。 ただ今回はどこの会社もこの不景気で赤字が出ておりムリに黒字に もっていく必要もないのではないか?と言う意見もいただきました。 ですが、こういう不景気の中だからこそたとえ微々たる数字でも 黒字にしたほうが後々会社としていいんではないか?と考えてます。 例えば新規で取引先を増やした場合このご時世多少の調査は どこの会社もすると思うのです。 そんな時に直近の決算が赤字よりは黒字のほうがやはり信用が違ってきますよね? 勿論黒字にすれば法人税を支払うことになるのですが・・・ 上記の意見はあくまで私個人の考えなのですが 実際はどうなんでしょうか? 赤字決算でも金額が大きく出なければいいものなのでしょうか? 私の個人的意見に対しての間違いの指摘、赤字決算によるデメリット等教えていただければ幸いです。

  • 月次作成決算書作成

    当方有限会社です。社長と私(妻)、去年まで社員がいましたが今年解雇しました。 業績悪化で顧問料節約のため、これまで税理士に依頼していた税務作業を、社内作業が可能かどうか検討しております。 私は経理が出来る訳でなく、税理士さんの指導で現金出納帳、通帳コピー、売り上げの発生決済の表などをエクセルで作成して提出。申告決算は税理士さんにお任せでした。 このような素人でも使えるソフトをご存知の方はいらっしゃらないでしょうか? また、青色申告にしようかとも迷っていますが、売上がどのくらいの金額なら税理士より青色申告がいいのか、お分かりの方教えていただけないでしょうか?

  • 決算書の作り方

     もうすぐ年度末で、4月になったら決算書を作成することになります。 パートで働いているのですが、今年度の途中から諸事情により、 経理を担当しています。 小さな会社ですので、1ヶ月の出金・入金もさほど多くなく、 会計ソフトは使わず、帳簿等は手書きで 毎月の計算書はエクセルを使って作成しています。  毎年、法人税の申告書類等は税理士の方にお願いしているようです。 もちろん、今年も税理士の方にお願いしますが、 せっかく経理を担当することになったので、 お金の流れや会社の状態を知るためにも、 自分で決算書を作成してみたいと思っています。  なので、決算書の作り方など分かりやすく載っている本などがありましたら、 是非、教えてください。 簿記の資格は持っていますが、経理の実務は初めてです。 宜しくお願いします。

  • 決算をまたいだ小切手の仕分け

    当方経理に疎く、皆さんにとって当たり前のことが良くわかっていません。やさしくお願いします。 買掛金についてです、 当方は決算前に支払のため小切手を切り、領収書を受け取りました。 相手先は、当然その支払いを受けたものとして、期末の残高を出してきました。 ところが小切手の当座預金からの決済は決算後となりました。 小切手の金額が、買掛金と当座預金の間で、中に浮いてしまいます。 どのように仕分けをしたら良いでしょうか? いろいろな方法があると思いますが、わかりやすく教えてくださるとありがたいです。

  • 法人の申告決算書

    個人で(私以外に従業員無し)法人(有限会社)として仕事をしています。 以前は税理士に経理を依頼していましたが 現在は自分がしています。 経理の知識はないのでネットで調べながら決算書を作っています。 ネットで調べていると 青色申告は 1. 「青色申告決算書」を提出するとか、 (私の場合は税務署より毎年「事業年度分の確定申告書 別表1(1)」がきます。   決算書は市販ソフトで作成し、上記と共に提出しています。) 2. 「青色申告特別控除額(10万円または65万円)」があるとか・・・ (私の場合、以前に、税理士から、このような控除額があるというような 話を聞いたことはありません。) 調べていると、最初から話がかみあわない感じです。 Q1. 法人ならば青色申告に決まっていて、 ネットでみるところの「青色申告」、「白色申告」は 法人でない個人または事業集団が行うものに適用されるものなのでしょうか? Q2. 「青色申告」といっても「個人用」、「法人用」の2つがあって  異なるものなのでしょうか? ネットで見る 「青色申告決算書」の記入例には、 会社名ではなく個人名が書かれていました・・・。

  • 建設業の決算のときの仕訳

    11月決算の小さな建設業の法人に勤めている知り合いから、初めて決算をするそうでよくわからないということで相談を聞いてみました。 私なりに調べたり、その知人から聞いたりしたのですが、間違っていたら教えてください。(工事完成基準でやっているとのことです)決算期をまたぐような取引が不安なのだそうです。 例えば、8月に工事に着工して12月の中旬ごろに施主に引き渡すといった下記のような取引があったとすると、 (1)9月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金×× (2)10月末に材料を仕入れた→製造原価の材料費××/買掛金×× (3)施主から中間金の振込→銀行預金××/未成工事受入金(前受金みたいなもの)×× (4)11月末に外注業者からの請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金×× ----------(決算日)--------- (5)12月中旬に施主に引渡し→未成工事受入金××+売掛金××/売上×× (6)12月末に外注業者から請求書が来る→製造原価の外注費××/買掛金×× 期中、この工事に対して売上は計上できない(工事完成基準)が、工事に必要な費用だけは払っている(買掛金とかで計上している)状態なので、決算のときに(1)(2)(4)の製造原価の外注費などを未成工事支出金(仕掛品みたいなもの)に振り替えたらいいのでしょうか?  中間金として期中に振り込まれた金額はとりあえずそのままにしておいて、売上に計上される次の期に取り消すという、でよろしいでしょうか?

  • 決算書の誤りが発覚した場合、誰が責任をとるのでしょ

    決算書の誤りが発覚した場合、誰が責任をとるのでしょうか? 初めまして。経理担当の新人です。 今日の日付は、2015年1月9日です。 入社10ヶ月にして重大な事実が判明しました。それは決算書数値の誤りです。 事の発端は担当税理士からの電話でした。 弊社は8月が決算月であり、新しく会社を立ち上げたばかり。 税務当局から、本来なら前期の内容に関し、初回の税務指導に伺うところ、会計事務所を信頼して、一部の資料提出により、免除するとの内容でした。 それは、輸出に計上してある売上が本当に取引があったかを証明するため、紐ずく仕入れに関する請求書を提出せよというものです。 これによって、納める税金の金額が変わってくるはずです。 そこで、弥生会計データを元に、前期資料を探していると、税理士が作成した決算書の売上額が6月までしか無いことに気付いたのです。 ちなみに期末は8月です。 年間を通しての仕入金額の方が、決算書に記載されている売上金額よりも大きくなるといったありえない事象が発生してしまいました。 税理士に電話でこの件に確認を取ったところ、 決算書には年間を通しての売上高を表示する必要はなく、また、それに伴い請求書も6月までを提出したらよいとのことでした。 税理士は、手元にある弥生会計データの年間売上金額が、私の主張するとおりであることを認めたうえで、そのプリントアウトした売上高の資料に、マーカーで、区切りを記入し、自分の指定した期間のみの請求書だけ提出すればよいというメールを送ってきたのです。 こんなことがあるでしょうか。むしろ、残り7、8月の売上や請求書が存在しないほうが不自然でしょう?決算書はすべて税理士が作成しますが、自分の誤りを認めようとはしませんでした。 計上されていない7月、8月分の輸出売上に紐づく国内仕入れ分の消費税はもはや戻ってこないのでしょうか? さて、私は未熟者ですから、今後起こり得る事象を読むことが出来ません。またどう行動するべきかも分かりません。今後の数字の辻褄はどう合わされていくのでしょうか。 経験の豊富な皆様、どうかお知恵をお貸し下さいm(_ _)m

  • 決算書について(売掛金)

    初歩的な質問ですがお願いします。初心者なので。。。。すみません。 前期分の決算書の売掛金ですが、請求書の金額を計上したのですが振り込み手数料や値引で実際の入金が少なくなってしまい、誤差が出てしまった場合どのような処理をすればよいのでしょうか? それから決算書の記入ミスがあった場合訂正をしますが、その場合の手続きなどを教えてください。 青色申告ですが修正をすると何かあるのでしょうか?青色じゃなくなるとか。。 よろしくお願いします。

  • 決算 記帳が間に合わないかもしれない

    1人株式会社しております。 昨年より記帳代行会社に記帳&決算を依頼しています。 最近、記帳代行会社にデータを送ったのですが、連絡が返ってきません。 10月1日までに決算書類を税務署に納めなくてはならないので このままだと決算書類を作れないかもしれません。 そこで、 1.期限までに決算書を作れないときは税務署に事情を話せば期限延長 してもらえますか? 2.記帳代行会社指定のEXCELデータで現金出納帳、預金出納帳を入力し、それを業者に送ってました。もし自分で弥生会計にこれから入力するとなるとそのEXCELデータを流しこむことできるでしょうか? 弥生会計は購入するつもりです。これができれば一応仕訳~決算書類まで完成するのですが・・・。 なお、当社は売上が少なく、かつ赤字決算。売掛金、買掛金、交際費の仕訳はありません。 ただ、記帳代行会社に毎月お金を支払っていたので、ほかの業者を入れてお金をかけるつもりはありません。