管理,縛り付けることが,ニッポンのキョウイク!?

現在の日本の公教育においては,「管理教育的な教育」が実践され,拘束や部活動などによって,子供たちを「縛り付ける」という,...

passersby2 さんからの 回答

  • 2013-06-18 07:37:09
  • 回答No.1
passersby2 レベル14

ベストアンサー率 32% (1528/4683)

他カテゴリのカテゴリマスター
・「股間のバットとボールをいじって不健全な行いをするよりも,野球でエネルギーを発散しろ」という思想は,ひろく世界(とくに欧米?)にあると思います。日本のむかしのテレビ学園ドラマでは,新任の熱血教師が,おちこぼれの3年C組をサッカーで更正させるのが定番でした 笑。

・学校では,部活動を必須にしているところもあるようですし,そうでなくても「帰宅部」ということばもできているようです。これは,次の問題をふくむと思っています。

・・自宅で自習する時間やエネルギーまで部活で費やしてしまう。おまえら,馬鹿か。

・・土日返上で指導する顧問教員の労力がたいへん。そんな時間がありゃ,ちゃんと教材研究や指導法研究しろ。

・・いま私立大学は学生募集に苦慮し,学力ではとうてい拾えない生徒も「課外活動にすぐれる」の名目で入学させようとしている。おまけに,国家的に「入試では多面的な能力を評価せよ」などという,ばかげたお達しをだしてもいる。高校も生徒もそれを知っており,「高校時代になにをやっていいんだかわからない」状態になっているのではないか。

こういう具体的な問題があるのですね。
お礼コメント
noname#181693

コメントありがとうございます。
投稿日時 - 2013-06-19 04:56:03
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
-PR-
-PR-
-PR-
ページ先頭へ