• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

そんな凄いなら,なぜ区体論は殆ど普及していないの?

区体論という集合論に取って代わるような理論が発明されて,核心部分については完全性と無矛盾性が証明済みで,いい事ずくめの基礎理論のようにあちこちのプログにかかれてますが, 区体論というタイトルの書籍は和書・洋書とも存在しないようですし,articleとしてもそれに関する論文も見当たりません。 wikipediaにも載ってはおらず未だ,個人のブログのみです。 この理論は日本人が発明した理論なのでしょうか? 中には区体論はインチキらしいとの見解のブログも見かけます。 Cantor以来の大発明ならもっとあちこちでpublicalyに(privatelyではなく)議論されていい筈なのに。。。。 どうして,区体論は殆ど注目されていないのでしょうか? 公理的集合論の先生も区体論って言葉すら知らなかったし。。 どなたかお詳しい方お教え下さい。 P.S. 区体論というのは本当にいい事ずくめなのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数673
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

 著者の言葉に従えば、区体論は集合論に比べて、何か特別なことができるわけではありません。「強力な理論」「便利な理論」を求めているのであれば、それは見当違いです。  著者が求めているのは、「何かができること」ではなくて、「間違いをしないこと」です。「実り豊かさ」ではなくて、「確実さ」を求めています。それが、完全性や無矛盾性の追求です。  区体論の特徴は、「濃度の公理」を別体系にしている(分離している)ことです。そのことによって、「濃度の公理を含まない範囲で、無矛盾性や完全性がわかる」ということです。  究極の目的は「数学という体系全体の完全性や無矛盾性」ですが、それはゲーデルの不完全性定理によって不可能が判明しています。そこで、ゲーデルの不完全性定理が前提としている「自然数論を含む」という条件をはずすことで、「自然数論を含まない範囲での無矛盾性や完全性がわかる」というふうにしています。結局、「制限された範囲内で数学の無矛盾性や完全性がわかる」というのが、区体論の成果です。  冒頭にも述べたように、何か新しい事実が判明するわけではありません。「数学というものへの信頼性を高める」ということだけが目的となっています。集合論に基づく限りは、数学は無矛盾性や完全性がわかりません。せいぜい有限の範囲内だけです。区体論は、その制限(有限の範囲という条件)をはずして、もうちょっと広いところまで、無矛盾性や完全性がわかります。  こういうことができるのも「濃度の公理」を体系から分離しているからです。ここに区体論の特徴があります。  ただ、冒頭にも述べたように、何か新しい成果が出るわけではありません。それが、あまり人気のない理由でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございます。 お蔭様でとても参考になりました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

 補足します。  「集合論は有限の範囲内では、無矛盾性や完全性がわかる」  という表現は、不正確な表現です。公理的集合論は、体系内に無限を含むので、有限の体系をつくることはできません。したがって「有限の体系で無矛盾性を証明する」ということはできません。(無意味です。)  そもそも集合論どころか、ただの自然数論でさえ、無限を含むので、「体系の無矛盾性や完全性は証明不可能」なのです。(ゲーデルの不完全性定理)  集合論でできるのは、「体系の無矛盾性を証明すること」ではなくて、「体系内に無矛盾な有限空間を作ること」だけです。しかし、そんなことをいくらやっても、「(無限を含む)体系の無矛盾性を証明する」ことにはなりません。  一方、区体論は、体系から自然数論をはずすことによって、「体系全体の無矛盾性を証明すること」が可能になっています。異なるアプローチを取っているわけです。  なお、証明は簡単です。アトムが一つだけあるモデルを取って、公理系を満たすことを示せばいい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございます。 お蔭様でとても参考になりました。

  • 回答No.3
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

きちんと発表されていないから、評価のしようがない …というところだと思います。 南堂氏のWebサイトが、唯一発表の場なのだけれど、 そこに置かれた英語版の論文(らしきもの)も、 全く論文の体をなしておらず、 何を言っているのかサッパリ判らない。 読んで何となく感じることは、どうやら 素朴集合論と同等っぽい雰囲気だな ということくらい。 おそらく、素朴集合論の上で区体論を記述することも、 区体論の上で素朴集合論を記述することも、可能なんだろうが、 肝心の区体論自体がきちんと定義されていないから、 それを検証しようにも、誰にもやりようがないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございます。 お蔭様でとても参考になりました。

  • 回答No.2
noname#221368
noname#221368

 自分なりに平等と思える意見を述べると、区体論は現行の公理的集合論と同等以上のものではない、というのが印象です。  南堂氏の視点は確かに面白いですが、そのような考えを持ちこまなくても、現行の公理的集合論で同等な事が出来てしまう。  なので余り注目されないのだと思います。  「核心部分については完全性と無矛盾性が証明済み」の話ですが、自分はそこを精査していません。それで予想を述べると、次のようになります。   1)完全性と無矛盾性が証明を証明できたのは、有限を相手にした場合ではなかろうか?。   ※現行の集合論でも有限の範囲でなら、完全性と無矛盾性を証明できます。   2)完全性と無矛盾性の意味を、ふつうとは少し違った定義にしているのではないか?。  とは言え、南堂氏の論理の解説などを読むと、けっこう勉強になったりするのも、また事実ではあります(^^)。真面目にやってるのは、良くわかりますよ。  ただ、限りなく真実に近い「的外れ」という気はする(^^;)。それだけに、ふつうの数学屋(アマチュアも含めます)とは、どうにも話がかみ合わない。同じ言葉を使っているのに、両者は別物を観ている。別の事を話していると思えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございます。 お蔭様でとても参考になりました。

  • 回答No.1
noname#195146
noname#195146

 南堂久史さんでしょ? 知ってる人は知ってます(結構、多い筈)。あまりに馬鹿馬鹿しいので、誰も取り合わないのです。  数学は物証がないですから、「それっておかしいよ」と言っても、彼の御仁はあれこれ言い募るだけなので、もう誰も触れないのです。面倒臭いので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有難うございます。 お蔭様でとても参考になりました。

関連するQ&A

  • 区体論

    http://hp.vector.co.jp/authors/VA011700/math/welc.htm 区体論は集合論の代替になるものと期待していますが、 実は、集合論から区体論を構成できると思いました。 (公理9は開区間(a,b)の集合全体を考えれば、いいと思います。) それでも、区体論の価値はあると思います。 それはまさしく、余計なことをできなくすることです。 余計なことの一例は、べき集合をどんどん構成していき、どこまでも高い濃度の集合を作ることなどです。 そうすることで、扱う対象を明確にできると考えます。 ところで現実問題として、連続濃度以上が必要になる具体的な問題があるのでしょうか?

  • 集合論についての質問です

    集合論には大きく分けて素朴集合論と公理的集合論があることを知りました。 今大学生なのですが、工学部なのでそこまで詳しい解説は4年生になっても多分しません。 なので、数理学科が学ぶようなとても厳密なお話にはついていけないと思いますので、簡単に教えていただければと思います。 公理的集合論での「公理」とは、「これこれこういう集まりじゃなきゃいけませんよ」というような、集合とはどのようなものかを定義するものということでいいのでしょうか? いいかえるならば、素朴集合論において、パラドックスが発生したときに用いていた集合を排除するための規則ということでいいのでしょうか? 公理的集合論とは、素朴集合論においてパラドックスが発生してしまうような集合をとりのぞくいろいろな規則を導入して、パラドックスが発生しないようにした集合論ということですね。 また、高校や大学で集合を扱う時は、集合の定義で「ある条件に当てはまるか当てはまらないかが明確に決まるものの集まりとする」として、たとえば、「背の大きなクラスメートの集まりは集合とはしない」と説明されましたが、この時の背の大きなクラスメートの集まりが集合としないのは公理的集合論の理論を用いているのでしょうか? それともそれ以前の大前提のことをただ単に明示しているだけで、素朴、公理的、を語る以前のことという捉え方でいいのでしょうか? 全体的に分かりにくい文章で申し訳ありません。 よろしければ回答お願いいたします。

  • ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について

    ユークリッド幾何学にまつわる不完全性定理的理解について ゲーデルの不完全性定理の対象となる数学は『公理系Nが無矛盾である』が前提です。ユークリッド幾何学は 一階述語論理で表されることが出来る自然数の部分集合であって、ゲーデルの不完全性定理の対象である 公理Nの無矛盾である 論理の対象になってないとなり それ以上のユークリッド幾何学の論理的理解が進みません。そこでゲーデル理解を拡張して『公理系Nが無矛盾ではない』として不完全性定理を理解すると(須田隆良氏、中西章氏など) (1)ゲーデルの第一不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが 公理系Nにおいて、「公理系Nにおいて命題は証明可能である。」という命題も、「公理系Nにおいて命題は証明不可能である。」という命題も証明不可能である (2)第2不完全性定理の解釈==>公理系Nが無矛盾であろうがなかろうが その無矛盾性を証明できない となります。これらはゲーデル不完全性対象から外れておりますが、対象外のユークリッド幾何学を理解するには都合がよい と思うのです。 (2)によりユークリッド幾何学の公理の無矛盾性は証明できない。 (1)によりユークリッド幾何学の未定義領域(非ユークリッド幾何学、虚数、無限遠点とか)は 公理系Nにふくまれ 多くの証明できない命題があることになります。もちろん 公理定義内では完全性理論は保証されています。 なぜ このようなユークリッド幾何学に こだわる かと申しますと 世の中の 論理(数学、哲学、論理を用いた論文 など)は ユークリッド幾何学的なものが 圧倒的に多いと思うのです。これら論文は ほとんどは一階述語理論で表され かつ ゲーデル不完全性定理 対象論理ではないのです。それら論文の特に(2)に関わる自己証明は出来ない ということは重要であると思うのです。もちろん 自己証明が出来ないと言って間違いとはなりません が 常に 冷静に謙虚に 主張理論の原点を見直すことに 繋がっていると思うのです。勿論、論理構成が出来ていないシロモノは 論外であります。    以上のように理解しているのですが、ユークリッド幾何学にまつわるゲーデル不完全性定理の場外理解は問題ないでしょうか。諸先生のコメント頂けましたら幸甚です。

  • 集合は有限集合と無限集合だけですか?

    有限集合の元の数を考えるとき、 「いかなる有限集合よりも元の数が多い有限集合は存在しない」------(A) ことがわかります。一番大きな基数の有限集合が存在しないと言い換えても良いですね。 ところがここに無限集合の概念を導入すると 「いかなる基数の有限集合よりも大きい集合として無限集合がある」---(A’) ここで「大きい」とは二つの集合の元を対応させて行くと、「大きい」方の元が余ることを言います。 ここでは、“超有限集合”=無限集合という関係が成り立ちます。 さて、公理的集合論の公理により、無限集合Rから常にPower(R)が作れるので、 「いかなる無限集合よりも濃度の数が多い無限集合は存在しない」------(B) が成立しました。 一番大きな濃度の無限集合が存在しないと言い換えても良いですね。 ここで、有限、無限に続く第三の概念として、“超無限集合”=寿限無集合(仮名)という概念を導入します。 すると、(A)に対して(A’)が成り立ったように、(B)に対して(B’)が成り立ちます。 「いかなる濃度の無限集合よりも大きい集合として寿限無集合がある」---(B’) 質問1:このような寿限無集合はZFC公理系で無矛盾に定義できますか? 質問2:集合の種類は有限と無限の二種類でしたが、第三の概念を導入すると、無限集合では成り立たないが寿限無集合の世界だけで成り立つ定理も発見できると思うのですが、このような概念の拡張をした数学者はいましたか? 質問3:有限と無限以外に第三の概念を導入することが無意味であると立証できますか?

  • ブルバキ数学原論 集合論1の中の用語について

    ブルバキ数学原論 集合論1 p19の「証明」についての説明の中で 理論Fにおける「証明の全文」は次のものからなる: 1.Fの関係式や対象式に関する補助的な構成手続き: 2.Fの証明、すなわち、その補助的な構成手続き中に現れるFの関係式の列で、その列に属す各関係式Rに対し、次の条件のうち少なくとも1つが成立するもの: a1)RはFの明示的公理である a2)Rは補助的な構成手続き中に現れる対象式または関係式に対しFのあるシェーマを適用して得られる: とあったのですが「補助的な構成手続き」とは何のことを指しているのでしょうか?

  • 数学の体系

    数学の体系を次のように考えていますが、 どのような体系がいいですか できるだけ整理したいのですが よろしくお願いします mm(__)mm ______________ 数学より基礎部分  哲学  超数学 etc ______________ 数学の部分  論理学  集合論  位相空間論  代数学(群・・加群、体)   加群→線型代数  実数論   連続の公理・定理の関係   数ベクトル(ex 複素数、四元数)   行列としての数ベクトル  実数列・級数の理論  実関数の理論  位相幾何学  微分・積分  微分幾何学  確率論   確率分布   確率過程  関数解析   バナハ・ヒルベルト空間→関数空間  関数方程式・微分方程式 こうやってみると、数学の体系もまだまだ整理する余地があると思います

  • 体論

    Q[X] において, X^3 -2=q(X)(X^2 +X+1)+aX+b をみたす q(X) ∈ Q[X] と a, b ∈ Q を求めるにはどうしたらいいでしょうか。

  • 体論に出てくる根体とは

    森田康夫「代数概論」p183に根体というのがあります。他の文献では殆ど見かけませんが、必要なものでしょうか。また、その下の命題1.6の証明で剰余環が体になる所までは分かったのですが、定義により明らかというところがよく分かりません(根体が存在することの証明です)。ググっても根体自体説明があまり出てきませんでした。何れかでもよいのでお答えいただければ大変助かります。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 代数学(体論)の問題なのですが。

    (1)EがKの有限拡大ならば、EはKの代数拡大である。 (2)EがKの拡大体で、a1,a2,・・・an∈E がK上で代数的ならば、 K(a1,a2,・・・an)はKの有限拡大である。 (3) (2)よりK(a1,a2,・・・an)=K[a1,a2,・・・an]である。 上の三つの証明なんですけど、自分ではなんとなく理解できているんですけど、人に説明するときにうまくできそうにありません。 証明過程なども教えていただければありがたいです。

  • なぜ普及しない・・・・・?

    視力矯正手術には、 角膜を削る有水晶体眼内レンズ挿入、IPK、オルソ、フェイキックIOL・・・・・・・なんかと、 角膜を削る(イントラ、エピ、)レーシック、PRKなんかがありますが、 現在広く世間に普及してるのは、 後者の角膜を削るレーシックやPRKですか? でもどうして前者の手術はあまり普及してないのですかね? 普及しないのには、 やはり理由があるのですかね?