• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

次の英文を和訳してほしいです。

  • 質問No.8128955
  • 閲覧数178
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 15% (2/13)

From the time that life first appeared on Earth, species have gone extinct. Extinction is a natural part of evolution. Species that are best at adapting to their environment survive. Other species are unable to adapt quickly enough – so they die off. So, why do endangered species get so much attention today? One reason is much of the extinction happening these days is unnatural. The leading reason for a species to become endangered is loss of habitat. As humans cut down forests for farmland, expand cities, or pollute waterways, to name a few ways that habitat is destroyed, animals, plants, and insects find it harder and harder to survive. Thus, the effect of humans on the natural world is causing species to become endangered, and, ultimately, go extinct. Another leading reason for a species to become endangered is climate change. For example, the lizards in this article could probably adapt to a gradual change in temperature. However, the rapid change in the climate, and the consequent decrease in lizard birthrate, threaten to doom many lizard species. If human activity is a major reason for climate change, then it would seem that we are changing our world far too rapidly for species to naturally adapt. Humans are highly adaptable, but most species need a lot of time to get used to changing conditions.

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 74% (2977/4021)

地球上に最初の生命が現れた時から、種は絶滅してきた。
絶滅とは進化の自然な過程なのである。
その環境にもっとも適した種が生き残る。
他の種は、瞬時に十分に適応することができず、故に死に絶える。
ではなぜ、今日絶滅危惧種がこんなにも注目をあびるのであろう?
ひとつの理由は、今日起っている多くの絶滅が、不自然だからである。
種が絶滅危惧となる主な理由は、生息地の喪失にある。
生息地が破壊される数例をあげると、人間が農地用に森林を伐採し、都市を拡大し、水路を汚染するので、動物、植物そして昆虫たちはどんどん生き残るのが困難になっているのだ。
このように、自然界における人間の影響が、種が絶滅の危機に瀕する原因を引き起こし、ひいては絶滅するのだ。
種が絶滅の危機に瀕するもう一つの主な理由は、気候変動である。
例えば、この記事の中に出てくるトカゲはおそらく、気温の段階的変化に適応することができるであろう。
しかし、気候の急激な変化とその結果としてのトカゲの出生率の減少は、多くのトカゲ種を破滅へと導く恐れがある。
人間の活動が気候変動の主な理由であるならば、我々は自分達の世界を種が自然に適応できないほどあまりにも急速に変えているように思える。
人間はものすごく適応性が高いが、ほとんどの種は変わり行く状況に慣れるために沢山の時間を必要とするのだ。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 47% (13989/29621)

英語 カテゴリマスター
     生命が地球上に最初に登場して以来、いろんな種が絶滅した。絶滅は進化の、自然な一部である。環境にもっとも良く順応した種は生き延び、環境への適応が遅い他の種は死ぬ。

    なのに絶滅に瀕した種が、今日こんなに注目を集めるのはなぜか? その理由の一つは、最近起こっている絶滅の多くは不自然だからである。

    種が絶滅する一番大きな理由は生活圏が無くなることだ。二三の例を挙げれば、人類が農地や都市を作るために森林を伐採したり、水流を汚染したりする度に、動物、植物、昆虫などの生存がだんだん難しくなる。

    こうして自然界に及ぼす人類の影響は、種の危機を招き、究極的には絶滅に至る。種が絶滅するもう一つの大きな原因は、気候の変化である。

    例えば、この記事にあるトカゲは、気温の変化が漸次に行われたのであれば、適応できたであろう、しかしながら、急激な気候の変化と、それに伴うトカゲの出生率の低下は、多くのトカゲの種類の将来を暗いものにしている。

    もし、人類の活動が気候変化の主因であれば、我々が主因となる変化の速度が速すぎるため、種が自然に順応出来ないのではないかと思われる。ヒトは順応が非常に速い、しかし他の種には、生活条件の変化に慣れるのに長い時間を必要とするものが多い。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ