• ベストアンサー
  • 困ってます

不安障害は完治しない??

  • 質問No.8128877
  • 閲覧数360
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0
以前 不安障害に悩まされていました。

漠然とした不安が続き些細なことが気になり体調に現れるほどで...
とても苦しみました。

病院は拒否し続け 考え方の切り替えや森田療法を
勉強している中で 少しずつ改善されていき
ここ3ヶ月程はとても安定した穏やかな前向き思考でいられました。

昨日 少し体調が疲れぎみだったのですが
気分が不安障害に悩まされていた頃の感覚になり
まだ酷くはなっていないのですが
今も獲たいの知れない不安を抱えています。

またあの苦しみに戻ったら...と考えてはいけないのですが
怖いです。

質問は 一度不安障害になってしまうと完全に治ることはないのでしょうか?

私の場合はまだ完治したとは思っていませんが
回復に向かっていると思っていたので
異常な不安に苦しんだ感覚を忘れかけていた今
戻ってきたあの嫌な感覚に理解できません。

不安障害について調べて、私なりに勉強して、理解して納得して...
と克復してきたので 今回の自分の症状にも納得したいです。
こちらでもとてもお世話になりました。

どなたかまたご教授お願いできないでしょうか?

何卒 宜しくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (336/1088)

自分に身に降りかかってきた物事を不安を含めてどう捉えるか、ではないでしょうか?

不安=悪い、ではないと思います。不安があるから生きていける部分もあります。一度克服したのなら、再度克服できます。

私はパニック障害を克服して15年後に突然、パニック発作に見まわれました。計3回ありましたが、克服した時と同じ方法で撃退しました。

不安は自分で作り上げてしまうものです。大丈夫です!何も起こりません!
お礼コメント
noname#184100
お礼遅くなり申し訳ありません。

再度克服できる...
撃退した...

今の私にはとても励みになり勇気づけられます。

大丈夫!といってもらえて 元気がでました。

ありがとうございました!!
投稿日時:2013/06/15 22:14

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4
完治します。

個人差がありますが、何かのきっかけで嫌なことを思いだし、またそれを繰り返してしまうのは、よくある事なんです。

一度「治った」と言われたけど、再発してしまうのは仕方ないのです。

人間はロボットでないのです。


だから、また症状が再発したとしても、末期ガンとは違いますから、いつか治ると信じて、ゆっくり過ごしましょう。


自分をゆっくり見詰める時期かもしれませんね。

この期間は「考えない」事が大事ですから、身体に良いものをたくさん食べて、軽く散歩を心がけましょう。

朝日もできるだけ浴びて下さい。
お礼コメント
noname#184100
お礼遅くなり申し訳ありません。

そうですよね...。

ロボットではないし 目に見えないものの完治は判断ができませんよね。

命に関わるものではないのが救いですね。

信じることは大事ですね。

焦らないでまた少しずつ改善しようと思います。

ありがとうございました!!
投稿日時:2013/06/15 22:38
  • 回答No.3
不安障害のことでお悩みになっておられるのですね。

 :不安障害になってしまうと完全に治ることはないのでしょうか?

 先ず、「不安障害」には種々ありますが、その基本となる考え方として「脳内物質の乱れ」ということが、脳生理学では以前から言われているようです。

 典型的なタイプとして、ノルアドレナリン(NA)の過剰とセロトニン(5-HT)の欠乏です。

 NAは不安・恐怖と深い関係があり、ストレスにより増加します。元々は、「敵に出会ったときに敵から身を守るため、交感神経を刺激し心拍数や血圧をあげ敵に対抗するための原動力を作る」ので、基本的に悪者ではありません。
 しかし、ストレスが多い状態が続いたりすると、慢性的にNAが増加し「心が不安定、些細なことで不安になる」等の状態が起きやすくなります。
 また、体質的にNAが多いと、感情的、神経質、不安傾向等が強くなります。

 次に、5-HTは、NAや、他の色々な神経伝達物質の情報をコントロールし精神を安定させる作用があり ます。また、睡眠に関係していることも分かっています。これが不足すると「うつ状態やパニック発作」等が起きやすくなり、ストレスにより減少します。

 この先はやや複雑になるのですが、上記のことから、不安障害(≒神経症)では、NAが増加し、5-HTが不足することが深く関わっていると言われています。逆に、この不均衡を何らかの方法により是正するこができれば改善できることは容易にご理解いただけることと思います。

 治療法としては、大別して二通りの方法があり、併用されることもあります。

(1)精神療法
 不安、恐怖、ストレス等でNAが増加し過ぎないようにするもので、(各種の)行動療法、自律訓練法等の潜在意識に作用して心身を安定化させる方法があり広く利用されています。

(2)薬物療法
 上の(1)と組み合わせて、NAと5-HTのバランスを整える薬物も開発されています。

 良心的な医療機関であれば、(1)と(2)を適切に組み合わせて治療成績を高めています。既にお気付きのことと思いますが、メンタルの病気の場合は「専門医」に掛かることがとても大切なこととなります。 お大事になさってください。


.
お礼コメント
noname#184100
お礼遅くなり申し訳ありません。

私の症状は当に『脳内物質の乱れ』に感じます。

数ヶ月前まで脳内で起こっている私自身の矛盾を
ずっと整理しようともがいてました。

私の中で薬の力を借りることは更に不安を煽る気がして
精神療法のみで回復させました。
...と言っても独学ですが。

詳しい説明ありがとうございます。
再度 回復させたいと思います。

ありがとうございました!!
投稿日時:2013/06/15 22:32
  • 回答No.2

ベストアンサー率 30% (184/610)

>不安障害になってしまうと完全に治ることはないのでしょうか?

 治りません!つまり、治そうとするから治らないのです!
 治そうとする病気です!  諦め即全治
 
お礼コメント
noname#184100
お礼遅くなり申し訳ありません。

なるほど...

治そうと思うから治らないのかも...
と余計な不安を作り出すのかもしれませんね。

よい意味で諦めることも必要かもしれませんね。

ありがとうございました!!
投稿日時:2013/06/15 22:18
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ