• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

日本生命セ・パ交流戦の組み合わせについて

  • 質問No.8090197
  • 閲覧数1501
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 50% (2/4)

日本生命セ・パ交流戦の対戦相手(組み合わせ)は、どのようにして決められているのですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー
現在交流戦はホームで2カード×2試合、ビジターで2カード×2試合を3回繰り返します。
1カード3試合やっていた2005年・2006年は組み合わせもバラけてましたが、
2試合になった2007年以降は、

パ・リーグ
A=日本ハム(札幌)・楽天(仙台)
B=西武(所沢)・ロッテ(千葉)
C=オリックス(大阪or神戸)・ソフトバンク(福岡)

セ・リーグ
D=読売(東京)・DeNA(横浜)or ヤクルト(東京)
E=中日(名古屋)・ヤクルト(東京)or DeNA(横浜)
F=阪神(兵庫)・広島(広島)

ホームの近い2チーム同士でまとまって、それぞれのグループと交互に対戦するパターンになってます。
例えば、今年の初カードはBのロッテがまずDの読売と、同じく西武がヤクルトと対戦したあと、
それぞれ対戦相手を変えて、読売ー西武・ヤクルトーロッテとなります。
理由は、移動の軽減だと思います。
とくにパ・リーグはホームが離れているので、福岡でソフトバンクのあと仙台や札幌ってかなりきついですよね。(パ・リーグの試合ではありますけど)

最近はグループ毎に当たる順番も2007年と2011年を除いてそのまま(例えば、セ・リーグホーム試合が読売ーロッテ・西武ーヤクルトの順の場合、パ・リーグホーム試合もロッテー読売・ロッテーヤクルト、西武ーヤクルト・西武ー読売の順でカードが組まれる)なので、パターン化し過ぎて面白みがなくなってきました。

問題点は、先発投手の組み合わせがカード毎にほとんど同じになってしまって、他リーグの色んな先発が見たいファンにはちょっとガッカリです。
それから、客入りのいい土日の試合に対戦相手によって偏りもあります。
この時期は祝日もないので、土曜日と日曜日で別カードが組まれたり(月曜日の試合が多くなる)不自然に無理な移動があったり、ここらで交流戦も考え直したほうがいいのかも。
お礼コメント
jiro-2013

お礼率 50% (2/4)

ありがとうございました。問題点の指摘などもとても参考になりました。
投稿日時:2013/05/17 16:38

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 61% (439/715)

公表されていないので分かりません。
プロ野球の日程決定において一定のルールがあるのは、開幕戦のカードと開催地だけです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ