• ベストアンサー
  • 困ってます

関係代名詞の省略

I bought the book that you spoke about last week.と言う文のthatは省略できるのでしょうか? 理由も合わせて教えて頂けると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数6
  • 閲覧数95
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • pearl17
  • ベストアンサー率35% (95/270)

う~ん、そうですね(苦笑)。 ごめんなさい、whereは省略不可という原則にのっとって考えていました。 whereはthatに置き換えられる、thatは省略可能。ならばwhereは省略可能……三段論法ですね。 となると、厳密にいえば出題ミスと考えてイイでしょう。 the placeじゃなくて、the parkとかにしてしまえば、省略不可だったのにな。 でもまあ、出題者の意図から考えるに、1の文章は目的格なので、文句なく省略可能なんですね。 それで、「原則的に」whereは省略不可である。 そこを問いたかったんでしょうね。 もし学校の先生の出題だったら、つっこんでみると面白いかも(笑)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 pearl17様のおかげで、とてもよく分かりました! これは高校の期末テストの問題でした。 たぶん先生は何気なく(?)出題したのでしょうが、“地雷”を踏んづけてしまったって感じなのでしょうね。 さ~て、つっこんでみましょうか。(^_-)-☆

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • nonoca
  • ベストアンサー率30% (8/26)

関係代名詞が目的語を修飾している場合は、省略できます。 I bought the book(last week).と You spoke about it(last week).を関係代名詞で一つの文章にすると、 I bought the book(that/which)you spoke about last week.となり、関係代名詞は省略可です。 もし、前置詞を先に持って来たい場合は、 I bought the book about which(thatは不可) you spoke last week.になって、この場合は省略できません。 前置詞が後に来るほうが、口語としては一般的なようです。 でも、もし関係代名詞が主語を修飾している場合は、その関係代名詞を省略できません。 例えば、The book is mine.と It(the book) is on the table.を関係代名詞でつなぐと The book that(which) is on the table is mine. となり、that(which)は、主語であるthe bookを修飾してるので、省略できません。仮に省略してしまうと、その文章が何言ってるのか分からなくなるでしょう?(動詞が二つあるのに、主語が一つしかない変な文章になる) 場所を修飾するときには、whereと、that/which+前置詞を使うことができます。 The apartment is very nice. My friend lives there(in the apartment).を一つの文章にすると、 The apartment where my friend lives is very nice. The apartment in which my friend lives is very nice. The apartment (which/that) my friend lives in is very nice. となり、最後の文章の場合のみ省略ができます。 なので、なんでチャート式の本で省略可能となっているのか、ちょっと疑問です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 NO4の回答及びお礼を参照頂ければと思います。

  • 回答No.4
  • pearl17
  • ベストアンサー率35% (95/270)

関係副詞の省略について。 旺文社の「徹底RAY会ロイヤル英文法」より引用します。 「where 以外の、when, why およびthatが省略される。 whereは省略不可とする人が多いが、くだけた言い方で、先行詞がplaceの場合にthatが用いられ、それが省略されることがある」 とあります。 チャート式はもっていないのでわかりませんが、 それはwhereのことではなく、くだけた表現のときに使うwhere代用のthatが、省略可能だという説明ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 まずはっきりさせるためにチャート式の解説をそのまま引用します。 <注>関係副詞の省略: This is the place(that=where)the accident happened. で、ご回答頂いた内容と照らし合わせると、whereの代用のthatが省略可能ならば、結果として This is the place the accident happened. はOKということになりませんか? ならばですね、 The place where the accident happened is very quiet. の関係副詞whereは省略できると考えるのが論理的だと思うのですが。 やっぱり、出題ミスのような…(^_^;)

  • 回答No.3

できますできます。 thatの先行詞はthe bookで、the bookはこの文全体では、boughtの目的語となっています。 こういう場合は省略していいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • pearl17
  • ベストアンサー率35% (95/270)

ご質問のthatは目的格なので省略可能です。 関係副詞は一般に省略可能ですが、whereだけは例外で、省略できません。 参考書をもう一度よくみてみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >参考書をもう一度よくみてみましょう。 よく見てみました。 チャート式という参考書の「関係副詞の省略」という 項目に、 The place(that=where)the accident happened… というのが省略できる例として載っているのですが。

  • 回答No.1

答え:省略できまっせ。 理由:目的格やさかいや。 ほな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 正解は分からないのですが、上記の文か、 (2)The place where the accident happened is very quiet. のどちらかの文の関係詞が省略できるらしいのです。 (2)の関係副詞whereは参考書で調べると省略出来るらしいので、とすると上記の文のthatは省略出来なくなってしまうのです… 出題のミスなのでしょうか。 last weekがどこにかかるかも紛らわしいし、嫌な文です(ーー;) 

関連するQ&A

  • 関係代名詞を巡って

    高校生に英語を教えているんですが、実際には使われていても学校では不適切とされる表現がありますよね。これを教えていただきたく質問を出しました。 「私が昨日話した男の人は私のおじです。」と言う文は英語では“The man to whom I spoke is my uncle.”となるはずですが、普通は “The man who I spoke to yesterday is my uncle.”で whoはthatに置き換えることができ、更には省略も可能ですね。学校で間違いとされるのはどの表現でしょうか? それから、今度は先行詞が物の場合です。 「それを私が買った店は閉まっていた。」は“The shop from which I bought it has closed.”になりますが、同様に “The shop which I bought it from has closed.”更にはwhichを省略した “The shop I bought it from has closed.”はどうでしょうか? 次に関係代名詞というより疑問代名詞です。 「あなたは何を見ていますか?」という意味で “At what are you looking?”という文は逆に学校では不適切でしょうか? 最後に「窓が割れた家」というのは“The house the windows of which are broken”となりますが、whoseを使って“The house whose windows are broken”は間違い扱いされますよね。

  • 関係代名詞の省略

    過去ログでは2003年1月29日に関係代名詞の省略について質問がされていますが、1年半たって議論は進展したのか、皆さんの意見を幅広くお伺いしたく思います。 学校文法では「関係代名詞が目的格だと省略できて、主格だと省略できない」とされていますが、paniniXXさんの言うとおり、先行詞の後ろに関係詞節の主語に当たる名詞句が続いた場合には主格でも省略できます(there is構文を除いて)。また、関係詞節の主語の前に(文修飾などの)副詞が置かれ「先行詞+名詞句」の形が崩れると目的格の関係詞であっても省略できないと言われます。 私が興味を持つのは目的格の省略が不可の場合で、そもそも主語の前に副詞を置いた関係詞節が可能かどうかということです。私のインフォーマントはaを不可とし、bかcが正しいとしています。  a) The book which probably he bought yesterday is Harry Potter.  b) The book which he probably bought yesterday is Harry Potter.  c) The book he probably bought yesterday is Harry Potter. つまり、もともとaが不可であれば、(目的格の関係詞であるないに関わらず)whichを省略した文が正しい訳がありません。そこで皆さんにお聞きします。 (1)副詞が関係詞節の主語に先行する正しい文章の例をご存知ですか。 (2)「先行詞+名詞句」の場合に関係詞が省略されると言う規則に賛成    ですか。反対ですか。 (3)賛成の場合、所有格はどう説明しますか。 (4)関係詞節内で副詞が主語の前に来ないのは、ひとつには「話題化」の    問題があると考えているのですが、どうでしょうか。例えば      The book which yesterday he bought is Harry Potter.    とした場合、元のYesterday he bought it.と言う文章が、そもそも    話題化の規則に反しているので非文法的です。他に何か理由をご存知    ですか。

  • 関係代名詞の which と that

    At the bookstore, I found a new book which I didn't see last week. と At the bookstore, I found a new book that I didn't see last week. とした場合、whichとthatでは意味合いの違いや適切、不適切等の違いなどがあるのでしょうか? どなたかご存じでしたらよろしくお願いします。

  • 関係代名詞の質問です

    次の文の(    )に最も適するものを選びなさい。 I will read the book (    ). 1 that you told me 2 which you told 3 you told me about 4 which told me tell は2重目的語をとるので1番かとも思いましたが、you told me the book という文章で考えたときに「あなたは私にその本を話す」となり変なので、3番だと考えました。しかし、自信がありません。 お分かりになる方教えてください。

  • 接触節と関係代名詞that

    NEW HORIZON3を勉強している大人です。 例文(接触節)   This is a book I bought in the United States. 例文(関係代名詞の目的格)   This is a book that she wrote last year. 目的格のthatは省略できるとあります。 (1)そこで疑問なのですが、接触節と目的格のthatは同じなのでしょうか? (2)違うのであればどうやって見分けるのでしょうか? 自分でもいろいろ検索してしらべたのですが、やはりわかりません。 文法に詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

  • 関係代名詞 省略の原則で?

    Have you read a book ∅ you thought was the best you’ve ever read? Or have you seen a movie that you thought was the worst you’ve ever seen? (http://www.positiveteensmag.com/ptforums/ptforums.htm) ...the movie ( which/that ) you said was the best. ...a book ( which/that) you thought was... と 通常主格の関係代名詞は省略しないのが原則ですが、実際には省略されています。  現代英語では、「“先行詞+関係代名詞+名詞句~”と連続して配列されている場合の関係詞は省略が可能」という原則があるようです。(ここで使っている「名詞句」は学校文法で教える概念とは異なります。 と参考文献にはあるのですが、ここでいう名詞句は you thoughtでいいのでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 関係代名詞と関係副詞

    解説お願いします。 I have been to the place( ) in the park. 選択肢 1 where he spoke of. 2 where he spoke. 3 that he spoke. 4 which he spoke of. 5 of that he spoke. 次のように考えました。 関係副詞の後の文は完全な文で、関係代名詞の後の文は不完全な文ということは 知っています。 この文でのspokeは自動詞ですね。 spoke ofの後は名詞が必要なので1と4は不完全。 1は不完全なので関係副詞は不可。 答えは4番。 そこで教えて欲しいのは、2はofがありません。完全な文です。 4はof which he spoke.でも言えるので前置詞+関係代名詞=関係副詞で 2の答えはof whichをwhereにした文だと思ってしまいます 2は なぜ ダメなんでしょうか? 質問の仕方がまずくてすいません。   2がだめな理由を教えてください。

  • 関係代名詞・省略

    英作文で私は This is the most wonderful picture I have never seen. と書いたのですが解答は This is the most wonderful picture that I have ever seen. と書いてありました。 この解答はどの問題も省略できるものには(that)のようになっているのですが これは( )がありませんでした。 先行詞のあとがSVの形になっているのですが省略できないのでしょうか? 回答よろしくおねがいしますm(_ _)m 上とは別の質問ですが 上の文の関係代名詞でwhichではなくthatが使われるのは ”先行詞にtheがついているから” ということで合っているのでしょうか? できたらこれも一緒に回答していただけると嬉しいです

  • 接触節と〔目的格の〕関係代名詞

    中学校3年生に家庭教師として英語を教えています。 (1)This is the book I bought yesterday. (2)This is the book [which/that] I bought yesterday. この2つの文について、教科書では、(1)は接触節、(2)は〔目的格の〕関係代名詞として説明しています。言ってることはわかるのですが、この2つ、違いはなんでしょうか?接触節と〔目的格の〕関係代名詞の根本的な違いはなんですか?(2)の[which/that]は省略可能ですが、その場合、接触節になるのか、〔目的格の〕関係代名詞になるのかは、どう説明すればわかりやすいでしょうか?言葉足らずで上手く説明できませんが、よろしくお願いします。

  • 関係代名詞はなんで省略するんですか?

    関係代名詞の文はそもそもなんで省略するんですか? What do you call the electric wheelchair that a handicapped person use the electric wheel chair to get around? と2回同じ名詞を話した方が確実だと思うんですが 話している時に、2回言わないように後半は省略しようと考えてはなしているんですかね?