-PR-
解決済み

高速液体クロマトグラフィー(HPLC)

  • 暇なときにでも
  • 質問No.80609
  • 閲覧数1023
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 11% (5/43)

HPLCで分析をしたのですが、測定してえられたピークが予想していた物質ではなく全然ちがうものでした。この場合、やはり標準物質をふやしてリテンションタイムを調べて、試料中の物質がなんであるか調べるしか方法はないのでしょうか?
ちなみにカラムはShodex RSpak DC‐613で移動相は0.1N硫酸です。
ピークは9分30秒と29分にでました。糖分の分析をやっています。
不勉強ですみません
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

Shodexは経験ありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「RSpak D シリーズの分離条件:DC-613」
====================================
溶離液には水と有機溶媒との混合液を使用
====================================
移動層に0.1N硫酸を使用してのは何か意図があるのでしょうか?

http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/dc030213.htm
(順相カラムによる単糖、二糖、三糖の分析(2))
さらに以下のサイトで検索されては如何でしょうか?
http://www.sdk.co.jp/shodex/cgi-bin/namazu.cgi?key=DC613&whence=0&max=100&format=long
(Shodex全文検索)

さらにサポートに問い合わせてみては如何でしょうか?

ご参考まで。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

HPLC 分析の目的がよく分からないのですが,既知化合物の定量でしょうか。それとも未知化合物の同定でしょうか。

それによって対策が変わってきます。例えば,前者であれば,目的化合物なしとして済ますとか,後者なら分収してスペクトルデ-タに基づいた構造決定を行なうとか。

それと,MiJun さんもお書きですが,何故「移動相は0.1N硫酸」なのでしょうか。今,手持ちの「'95 改訂版 Shodex カラム総合デ-タ集」を見てみましたが,Shodex RSpak DC-613 での糖分の分析には水-アセトニトリル系が使用されており,「アノマ-分離を防ぐために溶離液をアルカリ性とし,60℃で分析する必要があります」とあります。

この内容は MiJun さん御紹介の Shodex のペ-ジにものっているようですので,御覧になって再検討された方が良いのではないでしょうか。

また,酸性溶離液を使う場合も酢酸酸性などで,0.1 N 硫酸は普通使わないと思いますが。よっぽど特殊な糖分なんでしょうか。


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ